プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
特製もりそば・らーめん サニー@ひばりヶ丘 / もりそば(並)
特製もりそば・らーめん サニー
もりそば(並)

[訪問日]
2017年2月11日(土)

[評価]★★★★☆

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)


1990年創業の「特製もりそば・らーめん サニー」。

2017年の今となっては、すでに老舗の部類に入るお店かもしれません。


そして、この屋号を見て何かを思い起こしている方も多いかもしれません。



「特製もりそば」・・・


この名前を見て思い起こすのは、「東池袋大勝軒」。


そう、「特製もりそば」といえば、「東池袋大勝軒」の故・山岸一雄さんが発案し、
世に知れ渡った、今となっては、当たり前となった「つけ麺」の元祖のこと。



その「特製もりそば」が、なぜ、屋号に使われているのか・・・



なぜかというと、この「サニー」というお店のご主人は、何を隠そう、
ラーメンの神様といわれた故・山岸一雄さんの一番弟子だった方なんです。 



創業からずっと弟子を取らずに家族経営だった「東池袋大勝軒」。


その「東池袋大勝軒」の故・山岸さんが初めて弟子を取ったのが、
1987年に入ってのこと。


そのときの初めての弟子は2人。

その1人が、今回の「サニー」の店主・新井規雄さんというわけです。



今となっては、「大勝軒」で修行をして独立したお店は数知れません。

田代浩二さん率いる「麺屋こうじグループ」など、その代表ですよね。


中には、故・山岸さんの名前をただの広告塔として利用しまくって
いるお店もありますが・・・


その乱立する大勝軒出身のお店の中でも、「大勝軒のれん会」に加盟しているのは、
約60店舗。



その筆頭にいるのが、今回の「サニー」なんです。


ちょっと、この「サニー」という名前からだけだと「大勝軒」出身とは
中々判断しずらいですよね。


でも、真っ先に大勝軒のDNAを引き継いだお店なんです。




この「サニー」。



場所は、西武池袋線「ひばりヶ丘」から歩いて数分のところにあります。


「ひばりヶ丘」といえば・・・

「ヒバジ」・・・


そう、「ラーメン二郎」ですよね。


でも、「ひばりヶ丘」は「ラーメン二郎」だけではないんです。


「サニー」という名店が、すでに存在してるんです。




ということで、「サニー」、約5年振り、久々の訪問です。



店舗外観、内観は、変わらず。


黒地に白文字で「もりそば・らーめん」、赤文字で「サニー」と書かれた
大きな看板が掲げられています。


建物は、「サニービル」とあるので、「サニー」の自社ビルなのでしょう。



店舗内は、厨房を前にして逆L字の13席ある長いカウンターがあり、
入口左には、4人掛けのテーブル席が2卓あります。


カウンターと厨房は、アクリル板で間仕切りされていて、カウンター越しでの
提供、やり取りはできないようになっています。


全体的に、広々とした空間で、気持ちが良いですね。




メニューは、基本は、2種類。


「もりそば」、「らーめん」の2つ。

ここから、いくつかバリエーションがあります。


まず、「もりそば」。

これに関しては、冷たい麺の「もりそば」、温かい麺の「あつもり」から
選ぶことができます。

そして、「もりそばワカメ」、「もりそばゆで卵」がバリエーションとしてあります。

さらに、並、大、小、極小の4種から麺量を選べます。


料金はそれぞれ違います。


次に、「らーめん」。

こちらは、トッピングバリエーションとして、「チャーシューらーめん」、
「コーンらーめん」、「メンマらーめん」があります。

そして、麺量も「もりそば」と同じく、並、大、小、極小があります。

ただし、それぞれの麺の量は、「もりそば」より少ない量になってます。


あとは、追加トッピングが各種。

チャーシュー、メンマ、ワカメ、コーン、ゆで卵、なま卵、バター、
ネギ、のりなどがあります。


おつまみ、サイドメニューとしては、メインに「餃子」があり、
チャーシュー盛り、メンマ盛りなどなど数種類あります。


もちろん、ライス、ドリンク、酒類も揃えています。




というラインナップになっています。



今回は、久しぶりの訪問。

以前、来たときは、「らーめん」をいただいて、実は、「もりそば」を
いただいてなかったんですね。


なので、今回は、「もりそば」をいただくことにしました。




ということで、「東池袋大勝軒」、「故・山岸一雄さん」のDNAを
一番に受け継いだ「サニー」。


本家との違いはあるのか。




早速ですが、いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう。




まずは、見た目から。

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)

ほぼ、「東池袋大勝軒」の「特製もりそば」と同じですね。

ってか、器こそ違いますが、内容は全く一緒で瓜二つですね。

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)_アップ

では、細かく。


まずは、麺から。
   
特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)_麺

中太ストレートの自家製麺。


麺肌がツルッとした美味しそうな麺ですね。

弾力性もありそうです。


水分を切りきらずに無造作に盛ってあるところなども大勝軒っぽい。



そして、つけ汁。

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)_つけ汁

このつけ汁のビジュアルは、「もろ」ですよね。


シャバシャバしていそうな清湯醤油。

そこに盛られているのは、ロースチャーシュー、1/2のゆで卵、メンマ、
ナルト、海苔、そして薬味の刻みネギ。


王道の具材なわけですが、このシンプルな構成が良いですね。




では、いただいてみましょう!



まずは、一口、つけ汁に浸けて・・・



かなりアッサリしてますね。


まさに大勝軒系の王道のつけ汁です。


いわゆる豚骨、鶏ガラ、魚介の清湯スープなわけですが、魚介をあまり
感じないですね。

どちらかというと動物系が先行している感じ。


醤油味と一緒に酸味も感じるんですが、ピリッとした辛味は
ほぼ感じられない。



そして、やはりシャバ系な印象。



これはこれですごく美味しいのですが、「大勝軒」ほどのインパクトは
感じられないのが正直なところですね。


その分、無難に食べやすい。



食べやすいので、ズルズルといっちゃう。




麺は、モッチリ食感で、ツルッとした麺肌がのど越し良く、口当たりも良い。


美味しいです。




具材は、特筆するほどのものではないですが、ロースのチャーシューは、
しっとりとした肉質で、味も沁みていて美味しいです。


メンマはシャキシャキノ食感。


ゆで卵は、まさにゆで卵(笑)。

つけ汁のと合わさって美味しいです。




見た目ほど、「大勝軒」そっくりの味ではないですが、直伝の味を
受け継いでいるんだなというのは良く分かります。


下手にアレンジして「改悪」してしまっている「大勝軒系列店」も
かなり多く見られますが、それに比べたら、天地ほどの違いがあって
とても美味しいです。


あっという間の完食です。



で、最後は、〆にスープ割り。

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)_スープ割り

アッサリした醤油スープは、最後の〆にはピッタリ。

スープ割りも完飲して完飲完食です。



美味しかったです。




以前、らーめんをいただいたときも、似たような印象があったのですが、
このブログを始める前のことなので、ここには未掲載。


なので、改めて「らーめん」もいただいてみて、味を確かめてみたいなと
思っているところです。


近々、時間を見つけて訪問してきたいと思います。

特製もりそば・らーめん サニー -- もりそば(並)_看板
     
特製もりそば・らーめん サニー

[データ]
●店名:特製もりそば・らーめん サニー
●住所:東京都西東京市ひばりが丘北3-2-5
●交通:西武池袋線「ひばりヶ丘」より徒歩2分
●営業:[月・金~日]11:30 ~21:00
●定休:火曜・水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント

データの住所間違ってますよぅー
2017-02-14 火 00:41:43 | URL | 名無し #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック