プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 きなり@駒込 / 醤油そば
麺処 きなり
醤油そば

[訪問日]
2017年3月9日(木)

[評価]★★★★☆

麺処 きなり -- 醤油そば


オープン以来、長らく宿題店になっていた「麺処 きなり」。

ようやく初訪です。


こちらのお店、オープン後わずか数年で名店の仲間入りを果たした
銀座路地裏の行列店「銀座 篝」出身の土橋健司さんが独立開業したお店。

土橋さんは、ラーメン以外にも和食など様々な料理に精通している方で、
相当経験豊富な方のようです。


そんな事前情報もあったので、早く訪問したかったのですが、
オープンから約2年も経ってしまいました・・・。


「銀座 篝」の「鶏白湯」、美味しかったですからね~。



でも、この「麺処 きなり」、「鶏白湯」が看板メニューのお店ではないんですよね。




では、どんなお店なのか。





とりあえず、まずは、アクセスから。



場所は、JR山手線、南北線の「駒込」。

「駒込」から歩いて5分程度のところ。


本郷通りを北上、霜降橋交差点を右に折れて少し行ったところの
路地を左に入ったところにあります。


「中華そば」という帯看板が出てるのですぐわかるとは思うのですが、
店名は、白い無地の暖簾に、青い糸で屋号を縫いこんでいるだけで目立たず
わかりにくいです。




店内は、厨房を前にしてL字型のカウンター席が8席あるだけ。

割りとこじんまりとしています。


でも、白を基調にした内装で清潔感があって良いです。




メニューは、基本は、4種類。


「醤油そば」、「汐そば」、「鶏白湯そば」、「煮干しつけそば」の4種類。


このそれぞれにトッピングバリエーションがあるのですが・・・


まず、「鶏白湯そば」、「煮干しつけそば」には、「味玉」をのせたもの。



この他の「醤油そば」、「汐そば」には、「味玉」に加えて、
「豚肩ロース」、「味玉豚肩ロース」の2種類のバリエーションがあります。


これ以外は、各種追加トッピングとご飯ものとして「炊き込みご飯」があり、
ビール、日本酒なども揃えています。




「鶏白湯そば」、ありますね~。

でも、メインではなさそう。


「篝」にもあったものといえば、「煮干しつけそば」か・・・


共通したメニューはあるものの、やはり、主軸においているのは違うようです。



こちらのメインとなるのは、「醤油そば」のようですね。

あと、「汐そば」も同列なのかな?


もしかしたら、この2枚看板なのかもしれません。



でも、やはりメインは「醤油そば」のようなので、こちらをチョイス。

で、例によって、デフォの状態でオーダーしました。



「篝」出身、しかも、和食の経験もある店主さんが作り出す「醤油そば」。


すごく期待しちゃいますよね。





ということで、その「醤油そば」、いただいてきました。


どんなお味だったのか、早速なんですが、感想のほうをレポしていきましょう!






まずは、見た目から。

麺処 きなり -- 醤油そば

「和」を感じさせる雰囲気あるどんぶりで登場。

のっけから上品さを醸し出しています。


シンプルで良いですね~。



では、細かく。

麺処 きなり -- 醤油そば_アップ

まず、スープ。


やや、濁り気味ではありますが、淡麗清湯醤油。

見るからに美味しそうです。



わずかに顔を覗かせている麺は、中細ストレート麺。



その上には、一際インパクトのあるレアチャーシューが2枚。

一瞬、「ローストビーフ」と見紛うほどのレア感。


ですが、「牛」ではなく「豚肩ロース」。


低温調理された、本当に綺麗なピンク色をしたれチャーシューです。



で、メンマは穂先メンマ。

オープン当初は、穂先ではなく普通のメンマだったようなんですが、
今は、穂先メンマを使ってますね。



あとは、薬味としては三つ葉が盛ってあり、どんぶりサイドには海苔が
2枚挿してあります。




先入観もあるのかもしれないですが、全体的に「和」の雰囲気を醸し出す
とても上品なビジュアルになっています。



とても美味しそうです。




では、いただいてみるとしましょう!




まずは、スープから。



レンゲで一口すくって・・・



とてもまろやか。


醤油のキレとか、そういうのではなく、もっと優しい上品な感じで、
舌を包み込んで、口の中に溶け込んでいくような感じ。



最近多いネオクラシカル的な「鶏そば」ともまた違ってます。


もちろん、スープには、鶏がベースとして使われているようなんですが、
そこには、とてもバランスよく煮干しがブレンドされていて、
鶏のじんわりとした旨味に加え、ほのかに煮干しが香ってくる
美味しいスープになっています。



で、ここがポイントなんですが・・・


タレには、醤油は醤油でも、「白醤油」がメインで使われています。


「白醤油」は、普通なら、「醤油味」でも「塩味」でも、アシスト的な
要素が強いのですが、こちらでは、「白醤油」がメインです。


逆にアシストする形で、「濃口」、「薄口」も使われているようです。


なので、「白醤油」だけではでない茶色い「醤油ブラウン」もしっかっりと
出ていますよね。




メチャクチャ美味しいです!



レンゲが止まらなくなってきました・・・。





そして、麺。



中細のストレート麺。


予想していたのは、ザックリくる食感の硬めの低加水麺。

でも、実際は・・・



どちらかというとモッチリした感じの、やや柔らかめな感じの麺。

加水もソコソコありそう。


スープとしっかり絡んで美味しい。

まあ、個人的に、もう少し硬くても良かったかなとは思いますが・・・




で、具材。



穂先メンマは、サクサクとして文句なしに美味しいですね。

穂先は、個人的に好きなので良かったのですが、普通のメンマの方が
合ってるような気がしないでも・・・


普通の、コリコリっとした食感のメンマで食べてみたかったかな。



それより何より。


秀逸なのが、肩ロースのレアチャーシュー。


前でも触れましたが、パッと見、ローストビーフのようですよね。

しっとりとした食感がたまらなく良いですね。


歯に食い込んでくるような肉感。

そして、噛めば噛むほど味が染み出る旨味チャーシュー。


これをおつまみでビール飲みたい!


かなりの逸品です!



薬味の三つ葉は、香りとともにサッパリと口直しの役目を担ってくれ
良い仕事をしています。



海苔も、面と絡めて食べると美味しいし・・・。





いやぁ~、とても美味しかった!


あっという間の完飲完食でした!




食べ終えてみると、「篝」、「鶏白湯」という先入観は、どこかに消え去り、
「きなり」オリジナルの味に舌鼓を打っていました。


これは、他のメニューもいただいてみないといけないですね。



特に「汐そば」。

これは、マストのような気がしてきました。



機会を見つけて再訪してみたいと思います。


ってか、もっと、早く訪問してれば良かったと、後悔してます。



美味しかったです。

麺処 きなり

[データ]
●店名:麺処 きなり
●住所:東京都北区西ヶ原1-1-15
●交通:JR山手線・南北線「駒込」より徒歩5分
●営業:[月~金]11:30~14:00・17:30~21:00[土・祝]11:30~14:30
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック