プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 あす花@内幸町 / らーめん
麺処 あす花
らーめん

[訪問日]
2017年3月13日(月)

[評価]★★★★☆

麺処 あす花 -- らーめん


昨年の5月にオープン、間もなく1週年を迎えようとしている「麺処 あす花」。

なんとなく存在は知っていたのですが、行き損じていたお店。


というのも、こちらのお店、居酒屋を間借りして、昼の2時間しか営業していない
とてもハードルの高いお店なんです。


なので、行ってみたいとも思いつつ、正直、忘れてしまってたんです。



ですが、今回、ちょっとしたキッカケで、お店の存在が再浮上。

急遽、訪問することに。



そのキッカケについては、後ほど。




とりあえず、お店について。


まず、オープンは、冒頭でも触れましたが、昨年の5月。

居酒屋「東京酒場 一八屋台」の昼間を間借りして営業しています。



そして、何といっても、このお店の注目する点は、こちらの店主さん。


とっても美人な若い女将さんなんです。

おそらく、屋号の由来でもあると思われる「あすかさん」という
とてもおしとやかで、美しい方が店主さんなんです。


しかも、白い割烹着姿での営業だし・・・。



かなりインパクトありますよね。



そんなことでも話題をさらっていたこともあり、「麺処 あす花」のことは、
おぼろげながら頭の片隅には記憶してたんですよね。


にもかかわらず、約1年近くも放置していたと不覚。

本当に不覚でした(汗)。



ただ、このあすかさん。

侮るなかれ、ただ若くて綺麗なだけの女性店主というわけではないんです。



なんと、「せたが屋」、「ひるがお」、「ラーメンゼロ」といった「せたが屋系列」で
しっかりとラーメン経験を積んできた方で、そのキャリアは間違いないんです。




そんな、ある意味かなり特徴のあるお店が「麺処 あす花」というわけです。





場所は、都営三田線の「内幸町」から歩いて1分程度。

JRの「新橋」からも歩いて5分かからないところにあります。


まわりは、飲食店が犇く繁華街。

昼も夜も、サラリーマンなどで溢れる最高の立地にあります。



このサラリーマンたちが、あすかさん目当てで食べに着たりしてるようなんですよね。

ま、気持ちはわかります・・・(笑)。




で、お店は、先程から触れてますが、居酒屋の間借り営業。


カウンターのみ7席のみの小さなお店です。


厨房を目の前にしてのまっすぐなカウンター。

目の前では、あすかさんの調理、所作、一部始終を眺めることができます。

そして、当然のことながら、言葉も交わすことができるアットホームな雰囲気。


これは良い雰囲気のお店ですね。




そして、肝心のメニュー。



メニューは、いたってシンプルです。



基本メニューは2種類のみ。

「らーめん」と「赤いらーめん」だけ。


これに「味玉」、「特製」といったバリエーションがそれぞれあるだけ。



他は、追加トッピング各種ももちろんあります。



ご飯ものは、「マヨ玉まかない丼」、「ピリ辛まかない丼」というのがあります。

そして、希望の人には、ラーメンスープで炊いた「炊き込みごはん」が
無料でサービスされます。




といった感じで、とてもわかりやすいメニュー構成ですよね。




で、僕が選んだのは、もちろん「らーめん」。


二者択一なわけですが、やはりベーシックなものをまずはいただかないと。

なので、トッピングもデフォで。



いつもの通りです。




ということで、若くて美人な店主・あすかさんのお店「麺処 あす花」で、
綺麗なだけでないしっかりとしたラーメン作りのバックボーンを持った
あすかさんの作った「らーめん」。


しっかりといただいてきました。



どんなラーメンを食べさせてくれるのか・・・


楽しみですよね。




では、早速ですが、いただいた感想などをレポしていきたいと思います。





まずは、見た目から。

麺処 あす花 -- らーめん

かわいらしい花の模様が描かれた丸い玉丼で登場。

女性店主の作ったラーメンって感じです。


パッと見、シンプルで、僕のタイプかもしれません。

美味しそう。



では、細かく。

麺処 あす花 -- らーめん_アップ

まず、スープ。


サラサラの清湯醤油ですね。

醤油ブラウンが美しい。



麺は、細麺ストレート。

しなやかで美味しそうです。



具材もいたってシンプル。

バラのロールチャーシューが手前を陣取り、サイドにはほうれん草が。


上部には、どんぶりにの縁に沿って、2本の穂先メンマが盛られていて、
そして、海苔が一枚置かれています。



センターには、薬味の刻みネギがたっぷり。



シンプルで、なんとなく、見た感じからノスタルジックな雰囲気も
醸し出していますよね。




美味しそうです。




では、いただいてみましょう!



まずは、スープから一口。



優しい・・・。


とても優しくじんわりとした味が染み渡ってきます。


やや甘めの醤油味、シンプルながらもしっかりと鶏ガラ出汁が効いていて、
予想通り、懐かしい味が口いっぱいに広がります。


最近よくある「鶏そば」とは違いますね。

もっとシンプルな「鶏ガラ製湯」で、やはり、ややノスタルジックな感じも。



奥行くがあって美味しいですね。


なんか、ほっこり、じんわりとホッとします。





麺は、ストレートの細麺。


しなやかな上に、食べるとツルツルシコシコとした食感でとても良い。

口当たり、のど越しも良く美味しいですね。


スープとしっかり絡みます。





そして、具材。



メイントッピングのバラロールチャーシュー。


しっとりとやわらかく美味しい。

麺と絡めてツルリと一口に・・・。


美味いです。



穂先メンマはサクサク食感で、文句なし。


ほうれん草もしっとりとして、これまたノスタルジックな気分を
味あわせてくれるトッピングです。



海苔も麺と絡めて食べれば、しっかりとしたトッピング。



薬味のネギは、サッパリと良い口直しに。





とても美味しい一杯でした。


あっという間の完飲完食です。




奇をてらうことなく、素直に作られた懐かしい味の醤油ラーメンは、
素朴で、あすかさんの人柄を表したかのような味。


正直、唸るような絶品で、中毒性のあるような美味さとは違いますが、
「あす花」の味は、これでいいのではないかと・・・


っていうか、「これがいいんじゃないか」と思いますね。



そして、ラーメンを通して、お客さんとあすかさんの間で対話が生まれ、
アットホームな場になれば最高なんじゃないかと・・・。


一日2時間の限定営業にしておくのはもったいないお店ですね。




さて、冒頭で触れましたが、今回、僕がこちらのお店にお邪魔しようとしたキッカケ。



実は、去る2月19日のことですが、1日限定で「らーめん居酒屋 あす花」として、
居酒屋形式での営業を限定で行ったんですよね。


で、その「らーめん居酒屋 あす花」が、再度営業されるんです。

それが、4月17日の金曜日。


その金曜日に、実はお邪魔することになってまして・・・。

親交のあるラーメン仲間の方にお誘いいただきまして・・・。



それで、一度もラーメンをいただかないまま、いきなり「らーめん居酒屋」ってのも
ちょっと失礼かなと思いまして、急遽訪問したわけです。


どうやら、この日は、「らーめん居酒屋営業限定のラーメン」もあるようで、
とても楽しみにしてるんです。



ということで、この「らーめん居酒屋 あす花」に訪問したしたら、
改めて感想をアップしたいと思います。




で、さらに、未食の「赤いらーめん」も、そのうち別途食べに行きたいですね。

麺処 あす花

[データ]
●店名:麺処 あす花
●住所:東京都港区新橋2-3-4 1F
●交通:都営三田線「内幸町」より徒歩1分/JR山手線・他各線「新橋」より徒歩3分
●営業:[月~土]11:30~13:30 ※スープがなくなり次第終了
●定休:日曜・祝日・第1・3土曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック