プロフィール

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 さとう 桜新町店@桜新町 / 貝出汁かけそば(2017年3月限定)
麺処 さとう 桜新町店
貝出汁かけそば(2017年3月限定)

[訪問日]
2017年3月19日(日)

[評価]★★★★★

麺処 さとう 桜新町店 -- 貝出汁かけそば(2017年3月限定)


今月も行ってまいりました「麺処 さとう 桜新町店」。


最近は、限定狙いで月1~2回程度訪問するようになりました。




で、今回も、その限定狙いで。


やや遅くなってしまいましたが、3月の限定をいただこうと思っての訪問です。



さて、「麺処 さとう」については、何度も記事アップしていますので、
その記事を参照していただくとして・・・
 ⇒ 「麺処 さとう 桜新町店」について書いてある記事





ところで、話は、先月の話に戻りますが、先月は「煮干かけそば」が限定でした。
 ⇒ 「麺処 さとう 桜新町店 / 煮干かけそば」の記事


メニュー名を見てもらえば一目瞭然ですが、「かけそば」です。



「NAKED」・・・


まさに、その味の真価が問われる、丸裸のラーメンです。

その「かけそば」を煮干出汁で作ってくれたのが、先月の限定でした。



「NAKED」で勝負してくるのは自信の表れですよね。


まさに、その自信を証明するかのごとく、美味しいラーメンでした。




で、3月の限定。


今月も、なんと「かけそば」なんです。



しかも、今月は、「貝出汁」の「NAKED」。


「煮干」の次は「貝出汁」。



これは、楽しみですよね。


「貝」と一口にいっても、浅蜊、蛤、牡蠣、しじみ、いろいろとあります。


これたち、それぞれ味が違いますからね。

出汁も当然違ってきます。



どんな貝を使って、どんな味に仕上げているのか。



すごく楽しみにしていました。




ちょっとね、お邪魔するのが遅くなっちゃたんですが、楽しみにしていた
「貝出汁かけそば」、いただいてきました。


おそらく、間違いないと思うんですけどね。

ってか、結果から言うと、メチャクチャ美味かったわけですが・・・




ということで、「麺処 さとう 桜新町店」の3月の限定「貝出汁かけそば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





例によって、まずは、見た目から。

麺処 さとう 桜新町店 -- 貝出汁かけそば(2017年3月限定)

どんぶりは、いつもの屋号のロゴが印字されたラッパ型の切り立ち丼。


前回の「煮干かけそば」とは、薬味こそ違えど、かなり似たビジュアル。

そりゃそうです。

「NAKED」ですから。



では、細かく。

麺処 さとう 桜新町店 -- 貝出汁かけそば(2017年3月限定)_アップ

まず、スープ。


透き通った淡麗醤油スープ。


醤油の割には、やや薄い色をしていて、淡い印象を受けます。



そのこに、ストレートの細麺がキレイな流線形を描いて、折りたたまれて
盛られています。


美しい盛り付けです。



「かけ」ですから、トッピングとかで飾ることができない分、この麺の
盛り付け次第で、美しさが変わってきますよね。


で、その上からは、色紙切りしたネギがパラパラと散らされていて、
トップには、カイワレがのっています。



これだけです。


あ、味玉は、ご厚意でいただいちゃいました。


佐藤社長、神谷店長、いつもありがとうございます。




という感じで、今月も薬味こそ違えど、余分なものを削ぎ落とした「NAKED」。

丸裸の「かけ」です。



潔くてカッコイイです。





では、早速いただいてみましょう!




まずは、スープから。




じんわりと内臓に染み入るような貝の出汁。


もう一口目から全開です。



貝独特の鉄分を含んだような風味、そして、旨味が口の中に広がります。

で、貝だけでは得られないようなコクも感じられます。


と思ったら、どうやら鶏も使っているようですね。


どのくらいの配分かはわかりませんが、しっかりと動物性の旨味に支えられながら、
貝の旨味が縦横無尽に駆け巡っている感じ。



これまでにもいくつか「貝出汁」のラーメンはいただいてきましたが、
どれも一応「鶏」をベースに使ってるのですが、動物性のコクなどは感じられず、
「貝」だけの風味で、良く言えば、「磯の香り」、悪く言えば「生臭い」、
そんな風に感じるものが多かったような気がします。


ですが、今回の「貝出汁かけそば」は、ちょっと違う。


「生臭さ」は皆無、しかも、動物性のコクもしっかりと感じられる。




いや~、これは美味しいです!



予想以上の美味さにビックリです。




貝は、基本的に「浅蜊」と「牡蠣」を使用しているとのこと。


日によって、両者のバランスを変えてみたりしてるようです。

あるいは、「蛤」が入手できたときは、「蛤」も入れていたようですし、
このあと、「しじみ」も試してみたいようなことを言ってましたし・・・



同じ「貝出汁」でも、日によって、微妙に味が違っているということですね。


これは、リピートしないといけないてことかな(笑)?



「蛤」を入れてたときなんか、最高ですよね!

「蛤」はラーメンと相性いいですから。



ちなみに、今回の僕のときは、「牡蠣」がやや強めだったようです。




さて、そして、タレ。



このタレが、「塩」ではなく「醤油」だったのも良かったです。

意外と「貝出汁」って「塩」が多いですからね。



で、この醤油ダレも、凝っています。



メインに使っているのは、「白醤油」。


「白醤油」って、あまりメインでは使わないですよね。

「塩」のアシスト的なものだったり、「醤油」でも同じく、少量使う程度だったり。



でも、今回は、メインが「白醤油」で、そこに「再仕込み醤油」、「溜まり醤油」を
ブレンドしていっているようです。


独特な甘さを持つ小麦主体の「白醤油」、そして、大豆主体の「溜まり」の濃厚さ、
さらに、「再仕込み」の深みが合わさった美味しいタレ。


すごく味に深みがあるのは、貝出汁だけではなく、タレのせいでもあるんでしょうね。




しかも、油には「鴨脂」を使っているとのことで、まろやかな感じで、
味にまとまりが出ているというか・・・


「鶏油」とは違った美味しさがあって良いですよね。





で、麺。



低加水の細麺ストレート。

このツルパツ、ザクザク食感がたまらないですよね。


これは、前回の「煮干かけそば」のときと同じかな?



口当たり、のど越しも良いですし、しっかりとスープも吸い上げてくれるし。



とても美味しい麺で、このスープとの相性も抜群だと思います。





そして、個人的に気に入ったのは、薬味。


色紙切りしたネギとカイワレ。

なぜか、この2つの味がすごく引き立っていて、単なる薬味以上に美味しかった。


ネギの香りと食感、カイワレ特有の辛味と食感。


どちらも、このラーメンにマッチしていて最高の薬味でしたね。

これが、普通の刻みネギだと、印象変わると思うんですよね。



どこまで意図的にやってるのかはわかりませんが、僕が感じた中では、
それぞれの素材が上手に使われ、いい仕事をしているなと思いました。
小ネギ、紫玉ネギもポリポリ、そして、さっぱりと良い仕事をしています。



結果、すごく美味しく仕上がっている・・・




最高ですね!





もう、スルスルと啜って、あっという間に完飲完食です。


とても美味しかったです。






ということで、「麺処 さとう 桜新町店」の3月限定「貝出汁かけそば」でした。





また、来月あたりに「地鶏」をやるとのことで・・・


「はかた地鶏」、「天草大王」を使ってみるとか。



それとか、故・佐野実さんの「山水地鶏」も使ってみるとか・・・




楽しみがいっぱいですね。



期待して待ってます!

麺処 さとう 桜新町店 -- 貝出汁かけそば(2017年3月限定)_メニュー

麺処 さとう 桜新町店(2017年3月限定)

[データ]
●店名:麺処 さとう 桜新町店
●住所:東京都世田谷区桜新町1-13-9
●交通:東急田園都市線「桜新町」より徒歩1分
●営業:[月~日]11:30~15:00・18:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック