プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 味噌ラーメン ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」3月23日(水)限定)
麺処 秋もと
味噌ラーメン ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」3月23日(水)限定)

[訪問日]
2017年1月22日(水)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン + 味玉 ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」2017年3月22日(水)限定)(55回目)


田園都市線「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


久々の登場です。



このブログには、久々の登場なのですが、僕が食べに行ってないということではなく、
むしろ、一番食べに行っているお店なのですが、ブログには久々なんです。


というのも、いただいているメニューは、いつものメニューなので、
ツイッターにはあげてるのですが、ブログには、最近はあまり・・・



ですが、今回は、久々のアップです。



ということは・・・


そう、いつもとちょっと違うメニューが登場なんです。



ちなみに、このブログを読んでいただいてる方は、「麺処 秋もと」について、
ご存知だとは思いますが、よくご存じない方は、下のリンクの記事を見ていただければ、
お店について触れてますので、良かったら、参照していただければ助かります。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら




で、今回なんですが・・・



その前に・・・



昨年の10月末から、毎週水曜日と隔週日曜日(隔週じゃないときもありましたが)は、
「味噌ラーメン」のみを提供する「味噌の日」として営業してきました。


今季は、今日を除いて29回、「味噌の日」の営業がされています。



もちろん、僕は、全て食べています。

しかも、2回ずつ・・・(笑)


というのも、秋本さんの場合、全く同じ味の日というのがないので、
全部食べないことには、僕的には、未食扱い的な・・・(笑)

それは極端ですが、一回も食べ逃すことができないのが正直なところなんです。



で、そういう毎回の微妙な違いの中、大きくバージョン違いを出してくることも・・・


それが、年末年始に食べさせてくれた2つの別バージョン。

その記事は、こちら。
 ⇒ 年末「麺処 秋もと / 味噌ラーメン 別バージョン『鶏と鰹の清湯スープ』」の記事
 ⇒ 年始「味噌ラーメン ~別バージョンⅡ~」の記事


こんなのをやってくれたんですよね。


その後の普通の「味噌の日」営業でも、いろいろとバージョンを変えて
提供してくれてはいたのですが、大きなものは、この2つ。



そして、今回。

「味噌の日」の営業も、残すところ3回となった今回。



またまた、最後の最後に特別バージョンをやってくれました。



これは、やはり記事にすべきだろうということで、久々の登場なわけです。




で、それが、今回の「味噌ラーメン ~鰹(枕崎産)本枯節バージョン~」
ということなわけです。




枕崎産の本枯節・・・



最高級の鰹節です。




これを使った「味噌ラーメン」。

美味しくないわけがありませんよね!


これは間違いないでしょう!




事前に「本枯節」をやるとは聞いていたので、楽しみでなりませんでした。



これまでにも、「鰹節」はやっているのですが、「本枯節」ではないです。

いわゆる「荒節」というやつですね。


この「荒節」と「本枯節」では、正直、味が違います。



どう違うかは食べてみればわかることなんですが・・・



とにかく、美味いです。


そして、高いです・・・(笑)



原価、大丈夫かな・・・

ってなことも心配しつつ・・・




ということで、今回は、まもなく終了する「麺処 秋もと」の「味噌の日」。

最終日の前々日にぶつけてきた「味噌ラーメン ~鰹(枕崎産)本枯節バージョン~」。




早速ですが、いただいてきましたので、感想の方をレポしていきたいと思います!





まずは、見た目から。

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン + 味玉 ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」2017年3月22日(水)限定)(55回目)

見た目的には、特に大きな変化はつけてないですね。


いつものトッピング、いつもの丼顔です。

いつもながら美しいですが・・・

麺処 秋もと -- 味噌ラーメン + 味玉 ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」2017年3月22日(水)限定)(55回目)_アップ

では、一応、細かく。



まず、スープ。


あえて、違いを言うのであれば、見た目的にも、このスープが違いますね。


普段なら、「鶏白湯」がメインのスープなわけですが、今回は違います。

もちろん味噌ダレの配合とかでも違ってくるとは思うのですが、やはり、
見た目の色や濃度がなんとなく違ってみえます。


色は濃く、だけど、スープ自体の濃度は、あまり感じられないスープ。

そんな感じです。



で、スープには、小鍋でスープと一緒に日を通した玉ネギもたっぷり。





そして、麺。


麺は、いつもの中太の手揉み縮れ麺。


「中細の熟成縮れ麺」と迷ったみたいなんですけどね。。

結果的に、手揉み縮れ麺を。




で、具材は、いつものラインナップ。


センターには、あえて炒めずに湯がいただけの細もやしがこんもりと。

その上には、挽肉が盛られ、さらに薬味のネギ、紫玉ネギが盛られています。



サイドには、いつものメンマと水菜。

水菜の上には大葉の千切りが・・・。


今回は、のってません!

大葉の香りが本枯節の風味を邪魔しちゃうからでしょうかね。


ここだけ違います。



で、チャーシューは、いつものバラチャーシューを炙ったもの。

そのチャーシューには、さいの目のように散らされたおろし生姜。



そして、海苔。



味玉は・・・


いつもご厚意ありがとうございます!

こんなにサービスしてもらっちゃっていいのでしょうか?




とにかく、非の打ちどころのない盛り付け。



まずは、目でご馳走さまです。






では、いただいてみましょう!




まずは、スープ。




なんていったらいいんでしょう・・・


まず、とにかく、鰹がいるんですが・・・



いわゆる「鰹の風味」がガツンっていうのとは違うんですよね。

そういう鰹のインパクトはないんですが、その分、深いんです。



普通の「荒節」だと、若干魚っぽさが残ってるんですが、「本枯節」は、
まず、それがない。


「荒節」をさらに熟成させて作るわけですが、そのため、えぐみなど雑味が
ほとんど感じられないんです。


すごく上品で優しい。

しかも、香り高い。


すっきりとしているんですけど、鰹節の余韻をいつまでも感じていられる
とても深い味。



これはヤバイですね。



もちろん、「本枯節」は、「醤油ラーメン」とかでも使われることは多いですが、
この「味噌」とのマッチングが素晴らしい。


濃厚な味噌ダレと合わさることで、より深みが増す。


味噌の風味を損なうことなく、鰹が生きている。



しかも、鶏白湯と合わせているので、スープ全体が濃厚。




これは、メチャクチャ美味い!



前回から多めにしたラードと背脂の力も借りてか、より濃厚になってます。



これ、相当「本枯節」使ってるな・・・

やっぱ、原価、ヤバイんじゃないの(笑)?




本当に美味いです。


年末年始にやった「鶏と鰹の清湯スープ」や「牡蠣と烏賊煮干のバージョン」より
美味いかもしれない。


いや、間違いなく美味いと思います。




で、このスープが、中太の手揉み麺とよく絡むんです。


この美味しいスープをしっかりと持ち上げてくれます。



モチモチした麺をしっかりスープが包み込んでくれて、ヤバイ美味さ!





具材も申し分ないです。



シャキシャキの細もやし。

あえて、炒めてないところが「秋もと味噌」も美味しいところ。



メンマもコリコリ。


紫玉ネギ、ネギなどの薬味もポリポリと美味しい。

水菜と合わせて、サッパリさせてくれますよね。


大葉は、なくして正解でしょう。

やはり、香りが強いですから。


炙ったバラチャーシューも、香ばしく文句なしの美味さ。


チャーシューに散らしてある生姜もサッパリしてて良いですよね。




いや~、美味かった~!



やはり、間違いなかったです。


当然のことながらの完飲完食。

あっという間でした。



前回での記事でも言いましたが、なんか今シーズンは、秋本さんの味噌ラーメン、
いろんな種類を食べれてうれしいです。


いつもの「鶏白湯」の濃厚味噌がメチャクチャ美味しいのはもちろんのこと、
年末の「鶏と鰹の清湯」や年始の「牡蠣」をメインとした魚介味噌も美味い。

それと、今シーズンは、その回ごとに、微妙に違う「味噌ラーメン」を
提供してくれてますしね。


「カレーっぽいスパイシーなもの」、「味噌の配合を変えたもの」、
「鰹清湯」、「麺を変えたもの」・・・

いろいろです。



で、今回の「本枯節」です。



全く飽きさせません。


最高ですね。




で、今シーズン、僕は、全て2杯ずつ食べているのですが・・・


もちろん、今回の「本枯節味噌」も2杯いただきました。

それが、これ・・・

麺処 秋もと -- 特製味噌ラーメン ~鰹(枕崎産)の本枯節バージョン~(2016年冬季「味噌の日」2017年3月22日(水)限定)(56回目)

これ、実は、微妙に1杯目のものと違うんです。

まず、スープが、やや清湯に近い。


そして、麺が違う。


こっちは、中細熟成縮れ麺。



ちょっと食べ比べですね。




面白いもので、スープの濃度で、麺の印象が変わるんですよね。


どちらも美味しいのですが、白湯で濃厚なスープだと、「手揉み麺」の方が
合うように思えるのですが・・・


逆に、清湯に近い、ややサラサラ気味のスープだと「熟成縮れ麺」の方が
合うような気がするんです。


あとは、好みの問題だと思うのですが、面白いですね。



実は、次回の「味噌の日」で、また違う「節系」のスープを予定してるのですが、
そのスープで、どちらの麺を使うかの試食も兼ねてたわけですが、選ぶのは難しいです。


どっちも美味しいですし。



もう、あとは天才秋本さんに委ねるしかないですよね(笑)。



お任せしておけば、間違いなく美味しいのを作ってくれると思います。



楽しみにしていましょう!





ということで、あと残すところ2回となってしまった「味噌の日」。


今触れた、別の「節系味噌」も含め、存分に味わいたいと思います。

麺処 秋もと_味噌の日2016_暖簾

麺処 秋もと_味噌の日2016
※この写真は、11月に撮影した「味噌の日」の店舗写真です。

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜・第一/第三火曜・木曜午後




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/鶏(白湯)+節 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック