プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
焼きあご塩らー麺 たかはし@西武新宿 / 焼きあご塩らー麺
焼きあご塩らー麺 たかはし
焼きあご塩らー麺

[訪問日]
2017年4月10日(月)

[評価]★★★★☆

焼きあご塩らー麺 たかはし -- 焼きあご塩らー麺


2015年にオープンした「焼きあご塩らー麺 たかはし」。


もっと早くに訪問しようと思っていたのですが、機会を逸してしまい、
遅まきながらの訪問です。



こちらのお店。


2012年に茗荷谷にオープンした「らー麺 たかぎ」というお店があったのですが、
そのお店が、移転、リニューアルしてできたお店。


この「らー麺 たかぎ」時代には、一度お邪魔してるんですけどね。


で、移転前の2013年には、一度、屋号を「らー麺とご飯のたかぎ」と改名もしてて
それを経ての移転、リニューアルです。



「らー麺 たかぎ」は、厚木の「本丸亭」、「純連」、「らーめん潤」などで
修行をしたご主人と、その奥様の夫婦で切り盛りしていたお店。

ただ、このお店を運営しているのは、奥様が社長を務める㈱ヒカリッチアソシエイツ
という飲食経営の会社であり、オーナーも奥様という・・・



で、珍しいのは、こちらの店の誕生の経緯というのが普通と違うところ。


もともとは、奥様、高橋夕佳さんという方なんですが、この高橋夕佳さんが
飲食業の会社を設立したことから始まるんです。


2011年に設立した、先にあげた㈱ヒカリアソシエイツの前身となる
㈱高樹食研という会社がそれ。


その会社で、ラーメン食べ歩きが好きだったという高橋さんのご主人とともに
ラーメン店の開業を目指すことになります。

ご主人は、先にあげたようなお店で修行をされているわけですが、
奥様が会社を設立し、ラーメン店を開業するということで、ご主人が
ラーメン店で修行をしてノウハウを身に着けたというわけです。


つまり、最初に会社ありき、しかも、社長は、奥様という形でのスタート
だったわけです。



そして、まず、最初にオープンしたのが、「らー麺 たかぎ」というお店。


「らー麺 たかぎ」という屋号は、「高樹食研」という会社名からとったもの。

「高樹食研」という会社名は、高橋社長のご主人が高橋直樹さんということから、
「高」と「樹」で「高樹」というわけです。


で、当初は「らー麺 たかぎ」、そして、「らー麺とご飯のたかぎ」へと改名したのですが、
2015年、茗荷谷という土地から、一気に大都会、新宿の歌舞伎町へと進出。

屋号も、「たかぎ」ではなく、わかりやすく「焼きあご塩らー麺 たかはし」と、
そのまま苗字を屋号に掲げ、リニューアルオープンしたわけです。



ちょっと、変わった展開ですよね。


一個人事業というより、最初から、資本ありきのビジネスとしてのスタート。


で、2015年に新宿に移転してきたのも束の間、わずか1年半で、2号店となる
「上野店」を2016年11月にオープンするなど飛ぶ鳥落とす勢いなんです。



女性ながら、すごいですよね。




そんな「焼きあご塩らー麺 たかはし」なわけですが、場所は、先ほどから
触れている通り新宿歌舞伎町にあります。


西武新宿線の「西武新宿」から歩いて1分もかからない、歌舞伎町の入り口にあります。


入り口には、大きく屋号が書かれているのですぐにわかるでしょう。



「眠らない街」にふさわしく、11:00~翌朝の5:00まで営業、年中無休というスタイル。



席は、厨房を前にしたL字型のカウンター13席のみ。


スタッフは、店長を務める高橋直樹さんをはじめ数人が常に入っているので、
回転も速いです。




メニューは、基本は2種類。


メインとなる「焼きあご塩らー麺」、「背脂醤油らー麺」、「塩つけ麺」。

このうち、「塩つけ麺」のみデフォルトしかなく、他は、「味玉入り」、
「“得”製」の2つのトッピングバリエーションがあります。


また、こちらのお店は、屋号を変える前は「らー麺とご飯のたかぎ」と
いっていたくらいで、「ご飯」も看板メニューの一つ。

社長、店長の高橋夫妻が新潟出身ということもあって、新潟コシヒカリを使った
ご飯メニューも充実していて、看板メニューになっているんです。


しかも、このコシヒカリは、「高橋農園」という農園なんですが、
店長の高橋直樹さんも関わっているようで、もしかしたら実家?
かもしれないですね。


そこで収穫したコシヒカリを使っているんです。


で、このコシヒカリの販売事業も「お米屋 新潟ひかり」というWQEB店舗で
やってるんですね。




そのお米を使ったご飯もの。


まずは、「白めし」。



これ以外に、「和風ちゃーしゅー丼」、「明太しらす贅沢丼」、「塩だれロース丼」
の3種類の丼ものがあります。


さらに、これらと、先ほどの基本のラーメンの中から好きな組み合わせで
セットにできるセットメニューサービスもあるんです。


あとは、各種追加トッピングとビールが用意されています。



かなり充実したメニュー構成ですよね。




さて、こんな充実していると目移りして迷ってしまうのですが、例のごとく
初訪問ですので、僕のチョイスは決まっています。


よっぽどのことがない限りデフォです。


なので、今回も基本の看板メニュー「焼きあご塩らー麺」をチョイス。



以前、移転前である「らー麺 たかぎ」のときと、基本的なラーメンコンセプトは
変わっていないようなので、なんとなく味は想像できるのですが・・・


でも、もしかしたら、大きく進化しているかもしれないですし、
楽しみですよね。




ということで、約1年半放置していた「焼きあご塩らー麺 たかはし」の
「焼きあご塩らー麺」、いただいてまいりました。



なので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




それでは!





まずは、見た目から。

焼きあご塩らー麺 たかはし -- 焼きあご塩らー麺

和調の茶器のような歪でシックなどんぶりで登場。

カッコイイです。


パッと見の印象はいいんですね~。

しかも、「たかぎ」の頃よりも見た目が良い。


これは期待できるかも。



では、細かく。

焼きあご塩らー麺 たかはし -- 焼きあご塩らー麺_アップ

まず、スープ。


これは、清湯?

それとも、白湯?


どっちともとれる半透明なスープ。

「たかぎ」のときは「白湯」だったのですが、どちらかというと「清湯」に
近いような気もするのですが・・・


そのスープの表面には茶色系の油が張っています。


色合い的に「塩」には見えないです。



そして、麺。

よくは見えないのですが、中太い平打ちの縮れ麺のようです。

手揉み麺っぽくも見えて、すごくスープとの絡みは良さそう。



で、次に具材。


上方には、やや細めのメンマ。


サイドから下方にかけて2種類のチャーシュー。


1つは、バラのロールチャーシュー。

もう1つは、ロースを薄切りにしてほぐしたもの。


ハムみたいな感じですね。



そして、緑系は、水菜。

薬味には、白髪ネギがトップにたっぷり盛ってあります。


さらに、その上から、パラパラッと桜海老が。



とても美味しそうなビジュアルです。

やはり、「たかぎ」のときよりも美味しそう。


すごい期待大。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから。



白湯か清湯かわからなかったけど、スープを飲んでみるとわかりますね。

これは、清湯です。



以前の「たかぎ」のときは、豚骨白湯だったので、スープをマイナーチェンジ
したようですね。

そして、そこに、たっぷりの焼きあごのスープを重ねたもの。



まず、香りがすごいですね。

「焼きあご」全開って感じです。


焼き干し特有の香ばしさが漂い、すごく良い香り。

食欲を掻き立てられます。



実際に飲んでみると・・・


豚骨のコクのあるスープをベースに、香り高い焼きあごのスープが重なり、
旨味たっぷり、奥の深い味がします。


塩味は、やや強めで、これも食欲を掻き立てますね。




いや、これは美味しいですね!


僕が思っていた通り、「たかぎ」のころより進化しています。


「たかぎ」のときも、基本、豚骨ベースに、焼きあごをはじめとした
魚介を合わせたWスープで、コンセプト自体に大きな違いはないです。

ただ、白湯でしたけど。


でも、その白湯よりも、今回の清湯の方がコクがあって、焼きあごの香りも高く
とても美味しいんですよね。



あごは、長崎県平戸産の高級焼きあご干しを使ってるようです。


原価高そう・・・。


そういう素材のせいもあるのかもしれないですが、豚骨と焼きあごの
バランスが非常に良く取れていて、焼きあごのお臭みとかもなく、逆に香りが良くて
焼きあごの良いところばかりを抽出したかのよう。


スープが、茶色がかっているのは、焼きあごからとれる出汁のようですね。



美味いです。



そして、麺。


麺は、どうやら自家製麺のようです。


中太の平打ち麺を使っていて、まるで手揉みしたかのような大きな縮れが
良いですね。


まず、スープをしっかりと絡めとってくれますからね。


で、そのスープが絡んだ麺を啜り上げる・・・



しっかりとスープが絡んだ麺は、プリップリの食感。

コシもしっかりとしていて、美味しい!



麺もいけますね~。




具材のメンマは、コリコリとして良い歯応え。



そして、2種類のチャーシュー。



バラロールは、箸で掴むと崩れてしまうようなやわらかさ。


で、もう1つのロースのほぐしたチャーシュー。

これがハムのようで美味しいんですね。


柔らかいし、薄いし、麺と絡めて食べると「、より美味しい。



水菜、白髪ネギ、ともにサッパリとして良い感じ。



パラッと振りかけられた桜海老も香ばしく良いアクセントに。





いや~、美味しかったです!


当然のことながら完飲完食です。



けっこうスープが後を引きますね。



「たかぎ」のころは、なんとなく淡白な印象だったのですが、
この「たかはし」のは、コクや旨味もしっかりとしていて美味しい!


何度でも言いますが、僕の想像通り、「たかぎ」のころより、確実に進化してます。



今回、訪問するのが遅くなってしまったのですが、もっと早くに訪問してればと、
やや後悔したところもありました。


そのうち再訪して、自慢のご飯メニューもいただいてみようかと思ってます。



その前でも後でも良いのですが、「上野店」の方にもお邪魔したいですね。

焼きあご塩らー麺 たかはし

[データ]
●店名:焼きあご塩らー麺 たかはし
●住所:東京都新宿区歌舞伎町1-27-3 KKビル 1F
●交通:西武新宿線線「西武新宿」より徒歩1分/JR山手線他各線「新宿」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:00~29:00
●定休:無休(年末年始を除く)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/豚骨+魚介(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック