プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 我龍@内幸町 / 極上桜姫
麺屋 我龍
極上桜姫

[訪問日]
2017年5月15日(月)

[評価]★★★☆☆

麺屋 我龍 -- 極上桜姫


先月、移転オープンした「麺屋 我龍」。


元々は、埼玉県の北坂戸に2002年にオープンし、市内での移転をしながらも
15年にも渡って営業してきたお店。


それが、今回、打って変わって都内中心のビジネス街・新橋に移転オープンしたわけです。


なんとなく気になっていたので、訪問してみることに。



店主さんは、新井さんという方で、ネット情報によると、キッチンヒョードーの
「プロの為のラーメン塾」というラーメン塾出身の方のよう。

そこを卒業したあとは、上尾の家系「井門家」とおいうお店で修行してからの
独立開業をされたようです。



埼玉から東京・・・



全く違うロケーションでの営業。


人の出入りは激しいとは思われますが、味が悪ければ、都内であっても閑古鳥が鳴き、
閉店へと思い込まれてしまうのが都内の厳しさ。



勝負に出た感じですね。




さて、冒頭でも触れましたが、今回の移転オープンした場所は「新橋」。


一番の最寄駅は「内幸町」になるのですが、「新橋」からでも近い場所で、
ロケーション的には最高の場所です。



元々は、「麺屋 大斗」、「新橋おらが」があった場所。



お店は、「おらが」のほぼ居抜きですね。


厨房を前にしたカウンター席が8席。

その後ろに、テーブル席といった具合。


広々としてるわけではないですが、それなりの広さの空間。


悪くはないです。




で、メニューなんですが、基本的には2種類。


「極上桜姫」、「濃厚魚介つけ麺」の2枚看板。


元々は、北坂戸での営業時代は、「豚骨魚介つけ麺」をメインにしたメニューで
そのほかにも「みそつけ」、「カレーつけ」、「つけ担々」などもあったようですが、
やはり、「つけ麺」がメインのメニュー構成だったようです。


ですが、今回の移転を機に、もともとの看板であったつけ麺である「濃厚魚介つけ麺」に
新たに「極上桜姫」を加えての2枚看板の営業にリニューアルしたようですね。



で、基本は、この2つなのですが、これらのバリエーションがあります。


「極上桜姫」は、「極」と「半熟味玉」。

「濃厚魚介つけ麺」は、「全部のせ」といった具合です。


他には、ご飯もので「海鮮丼」、「叉焼丼」があります。


あとは、追加トッピング各種とドリンク類ですね。



で、2枚看板ではあるのですが、新しく始めた「極上桜姫」というメニュー、
こちらの方が、なんとなく推しのように思えまして・・・

新メニューだからでしょうかね。



なので、今回は、この「極上桜姫」をデフォでいただいてみることにしました。


どうやら、鶏そばのようなんですが、どんなもんなんでしょうね?


僕は、鶏そばは大好きなので、ツボに嵌まってくれるかどうか・・・




とりあえず、いただいてみないとわかりませんね。



ということで、「麺屋 我龍」の新メニュー「極上桜姫」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!




それでは!





例によって、まずは、見た目から。

麺屋 我龍 -- 極上桜姫

何ともゴージャスなどんぶりで登場です。


何やら黄色の文字で印字されていますが、どうやら屋号が印字されているようですね。


その金色の文字とスープの色がリンクして、とても派手な感じが・・・



では、細かく。

麺屋 我龍 -- 極上桜姫_アップ

スープ・・・


金色です・・・

多分、清湯だとは思うのですが、かなり濃厚にも思えて、薄めに炊いた
鶏白湯にも見えなくもない色合い。

味は、この色からだと「醤油」なのか「塩」なのかわかりません。

どちらにも取れるカラー。


そこにややウェーブのかかった細麺が盛られています。



で、具材としては、まずは、メンマ。

そして、鶏ムネ肉のチャーシューが2枚。


センターには、笹切りしたネギが盛られていて、トップに糸唐辛子。



あえて、このようにしたのか、色合いがすごく単調です。


どんぶりの金文字から始まり、スープ、メンマ、麺、何もかもが「金色系」で、
色合いの付いたものは糸唐辛子の「赤」だけ。


ちょっと寂しい感じのカラーですね。


これだと、正直、食欲を掻き立てられる色ではないです。




まっ、でも、実際に食べてみないとわからないですよね。


なので、とりあえず、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



すごく微妙な感じです・・・。


微妙というのは、味のことではなく、清湯なのか白湯なのか
という意味での微妙ということです。


ファーストインプレッションとしては、清湯のようなサラサラ感もあるのですが、
舌にまとわりつく白湯の濃厚さも兼ね備えている感じ。



すごく個性的ですね。



たしかに清湯なのですが、スープを炊くときの水の量を、例えば、普通なら
10リットルで炊くところを5リットルで炊いたため、かなり濃縮された・・・


そんな感じの印象です。



そんなこともあり、清湯でありながらも濃厚な鶏感が口に広がります。



鶏の旨味、コクがものすごく出ている。


悪く言うと、清湯なのに濃厚すぎてくどくなってしまっている感じもします。



タレは、おそらく醤油だと思うのですが、色合い的には、塩にも見えますよね。


薄口醤油、あるいは、白醤油を使っているのでしょうか?



たしかに醤油ではあるのですが、タレの印象は醤油にしては弱いですね。



好みは分かれるかもしれませんね。




でも、普通に美味しいとは思います。




麺は、軽くウェーブのかかった細麺。


シコシコとした食感は、歯応え抜群で美味しい麺ですね。

スープとの絡みもしっかりしてます。



具材の鶏チャーシューも贅沢に2枚。


やわらかくしっとりとした食感は、やさしく美味しいですね。


太目のメンマは、サクサクとした食感で、中々。




そして、途中からオススメの卓上の柚子胡椒を入れてみると・・・


これが、中々の味変で美味しい。



すごくサッパリとして食が進みます。


清湯ではあるものの、かなり鶏が濃厚なので、この柚子胡椒投入は必須かも。


全く違う印象の味になって、すごく美味しくなりました。



薬味の糸唐辛子も意外に辛味の主張が強く良い仕事をしています。




何だかんだ言いながらも、あっという間の完食。


結果的には美味しい一杯でした。




もし機会があれば、2枚看板の「つけ麺」もいただいてみたいですね。

元々は、そちらがメインだったようですから美味しいのでは?



ぜひ、機会を見つけたいです。

麺屋 我龍

[データ]
●店名:麺屋 我龍
●住所:東京都港区西新橋1-15-7 曽根ビル 1F 
●交通:都営三田線「内幸町」より徒歩2分/JR山手線「新橋」より徒歩5分
●営業:[月~土]11:00~24:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック