プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
RAMEN GOTTSU@練馬 / らーめん
RAMEN GOTTSU
らーめん

[訪問日]
2017年5月16日(火)

[評価]★★★★★

RAMEN GOTTSU -- らーめん


ずっと行きたくて、大きな宿題店になっていた「RAMEN GOTTSU」。



オープン当初から、その店主さんの経歴などから注目されていたお店が
この「RAMEN GOTTSU」というお店。


もっと早くに訪問したかったんですけどね~。

なぜか訪問しませんでした。

そうこうしているうちに4年もの年月が経過してしまって・・・



ようやく訪問してきました。




「RAMEN GOTTSU」、創業は、2013年3月。

店主は、斎藤雅文さん。


斎藤さんは、あの高田馬場の名店「渡なべ」で修行をされていた方。


「渡なべ」出身のお店は、いろいろとありますが、代表的なのが「いつ樹」、
残念ながら閉店してしまった「パパパパパイン」などがあります。

あと、仙台の「くろく」もそうですね。


そして、その後を追いかけて独立したのが「GOTTSU」ということになります。


「くろく」以外は、いただいたことがありますが、それぞれ個性的ですよね。




場所は、西武池袋線の「練馬」。


駅からは、歩いて5分程度。

北口の商店街を東の方に逸れた、ちょい端の方にあります。



店舗は、暖簾とかかかってはいなく、うっかりしていると見落としてしまうほど
ラーメン屋らしくなく、ちょっとしたカフェのような雰囲気の外観のお店です。


茶色の木で縁取ったガラス張りのお店。


中は、厨房を前に逆L字型のカウンターが8席ほど。

席の後ろには、待ち席のシートが数席分。

そのシートの上の壁には、大きな「GOTTSU」と書かれた額縁が飾られています。


とにかく雰囲気の良いスタイリッシュなお店です。


そして、何より清潔感がある。



ものすごく好感の持てるお店です。




メニューは、基本は4種類。


「らーめん」、「煮干しそば」、「つけめん」、「燻製油そば」の4種類。


で、トッピングでのバリエーションがあるのですが、そてぞれ違うんですよね。


共通しているのが「GOTTSU」という屋号を冠した特製トッピングのものと、
「味玉」をトッピングしたもの。


それ以外は、「煮干し」には、「燻製味玉」、「ワンタン」、「味玉ワンタン」、
「らーめん」には、「辛肉玉」、「焼豚」、「味玉焼豚」があります。

「つけめん」、「燻製油そば」、「GOTTSU」と「味玉」のみですね。


あとは、「お子様セット」というのも見かけました。


ご飯ものとしても、「奥久慈卵のたまごかけごはん」、「焼豚ごはん」など、
もちろん追加トッピングも各種揃っていますし、ビールもあります。



シンプルなようで、意外と豊富なメニューバリエーションになってます。



この中でも、やはり、一番の看板メニューは「らーめん」。




先ほど、「渡なべ」出身という話に触れました。

そして、同じく「渡なべ」出身のお店の話もしましたし、それぞれ個性的だという話も・・・


そんな「渡なべ」出身の中でも、一番、「渡なべ」のDNAを継承しているのが、
この「GOTTSU」だといってもおかしくないです。


その味を継承しているのが看板の「らーめん」なわけです。


その辺は、また実食の感想の方で触れますが、かなり「渡なべチック」なんです。



つまり、「美味い」ってことなんですけどね。



まっ、そんなこともあり、いろいろとメニューはありましたが、僕は、迷わず
「らーめん」をチョイス。


まずはベーシックな看板メニューをいただかないことには始まりませんから。




ということで、今やミシュランビブグルマンにも選出されるほどのお店となった
人気店「RAMEN GOTTSU」の「らーめん」。



やっとのことでいただくことができましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。





それでは、まずは、見た目から。

RAMEN GOTTSU -- らーめん

「RAMEN GOTTSU」のロゴが印字された白いラッパ型の切立ち丼で登場。

パッと見、ものすごく濃厚そうな感じのスープ。


見た感じも「渡なべ」を彷彿とさせるものがあり、期待大です。



では、細かく。

RAMEN GOTTSU -- らーめん_アップ

まずは、スープ。

先ほども触れましたが、かなり濃厚そう。


茶濁色のスープは、トロミがありそうな感じの白湯ベースの醤油味。

「渡なべ」の味の継承ということで考えれば、美味いはず。



そして、麺は、中細のストレート。

中太といってもおかしくない微妙な太さの中細ストレートです。



具材は、かなり大判の肩ロースチャーシューが1枚。

太いメンマが2本。


サイドには、海苔が1枚。


センターには、刻んだ九条ネギと柚子皮。



とてもシンプルです。



でも、美味しいオーラをにじませています。





それでは、いただいてみましょう!




まずは、スープから。



適度にトロミがあり、たしかに濃厚。

でも、意外なほどサラリとして飲みやすい。


そして、鶏豚骨の動物系白湯のコクと旨味、それに合わさる魚介。


そのバランスが抜群で、申し分がない。


魚介は、一番に感じるのが鰹節。


出汁というよりも魚粉系で「節感」が出されているのだと思うのですが、
「鰹全開」で「節感」がすごく前面に出ているんですね。




で、この味、紛れもなく「渡なべ」の味なんですよね。



全く同じかといわれると、もちろん違うとは思うのですが、ベースにある
「濃厚豚骨と鰹節」という組み合わせは同じ。


一番最初に「渡なべ」を食べたときの衝撃を思い出しました。




それと、スープだけでなく、タレに使われている「再仕込み醤油」が
全体の味のバランスを決定付けてる?



スープの白湯に負けないほどのタレの主張。




いや~、ものすごく美味しい。


なぜ、もっと早くに来なかったのかと後悔です。

マジ、美味いっす。





で、麺は、中細のストレート麺。


麺箱に「RAMEN GOTTSU」と書かれていたので、自家製麺かと思ったのですが、
特注麺ということで、自家製ではないようですね。


ですが、自家製麺くらい主張の強い麺。


ツルツルで、コシもあり、しなやかで口当たりも良く・・・


ものすごく美味しい麺。



スープとの絡みも抜群。




そして、具材。



やたらと大きい肩ロースチャーシュー。


これ、ちょっと変わった香りがするチャーシューだなと思ったら、
燻製にしてあるようなんですね。


ややビターな印象の味が、とてもスープに合う。


肉質はやわらかく、麺と絡めてもいただける。



美味しいチャーシューです。



メンマは、極太。


太い割には、サクサクと噛み切れるメンマで、これも「渡なべ」を
感じる一面でしたね。



九条ネギ、柚子皮も良い箸休めになって美味しいです。



麺を食べ終わるころには、ほぼスープもなくなりそうなくらいの絡みで、
気づけば完飲完食でした。




予想通り、というか、予想以上に美味しい一杯でした。


すばらしいです!




こうなってくると、他のメニューも気になってきちゃいますよね。


個人的には、「燻製油そば」がものすごく気になってしまって・・・。



できれば、次回、この「燻製油そば」をいただいてみたいですね。


必ず、時間を見つけて再訪したいと思います。




美味しかったです。

RAMEN GOTTSU_屋号額縁

RAMEN GOTTSU

[データ]
●店名:RAMEN GOTTSU
●住所:東京都練馬区練馬1-29-16
●交通:西武池袋線「練馬」より徒歩5分
●営業:[火~土]11:00~15:00・18:00~21:00/[日]11:00~15:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック