プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
貝節麺raik@永福町 / 貝節潮そば
貝節麺raik
貝節潮そば

[訪問日]
2017年5月22日(月)

[評価]★★★★☆

貝節麺raik -- 貝節潮そば


永福町、方南通り沿いにある「Bonito Soup Noodle RAIK」。



「京鰹節つけ麺 愛宕ATAGO」出身の店主、郡山一孝さんが、
「鰹」にこだわったラーメンを提供することで人気を博しているお店です。



「らー麺」と「つけ麺」の2枚看板なんですが、どちらも「鰹」と「鶏」、
あるいは、「鰹」と「豚」といった具合に、動物系とのWスープになっています。




創業が、2015年の6月ですから、間も無く2周年になるんですね。


そんな「Bonito Soup Noodle RAIK」なんですが・・・。




最近、新しい試みをされています。




新しいといっても、多くのお店がやっていることなのですが、いわゆる
「二毛作営業」ってやつですね。



定休日が、月曜日なんですが、その日を使って2ndブランドを立ち上げたんです。




それが、今回お邪魔した「貝節麺raik」というわけです。






「貝節麺」・・・。


ちょっと聞きなれない名前ですよね。



「貝」を使ったラーメンであることは、容易に想像できるのですが、
「貝節」って何でしょう?


「貝」を節加工したものでしょうかね?


「アサリ節」というのは、聞いたことがあるのですが・・・。




けっこう、興味津々です!



まぁ、食べてみればわかること。





で、メニューなんですが、バリエーション含めて2種類のみ。


「貝節潮そば」と「特製貝節潮そば」。



追加トッピングもいくつかありましたが、基本、これだけ。



あとは、〆用に「貝節ご飯」というのがありました。




シンプルですね。




以前、「Bonito Soup Noodle RAIK」でお邪魔したときは、特製タイプのものを
いただいたのですが、今回は、デフォで行くことにしました。


なので、シンプルに「貝節潮そば」です。




ということで、今年の3月にスタートしたばかりの二毛作営業「貝節麺raik」、
いただいてきましたので、早速、感想をレポしていきたいと思います!




それでは!




まずは、見た目から。

貝節麺raik -- 貝節潮そば

デフォにもかかわらず、豪勢な丼顔。



色のコントラストも良いし、これは、美味しそうな顔をしています。



では、細かく。

貝節麺raik -- 貝節潮そば_アップ

まずほ、スープ。


透き通った黄金色の清湯淡麗塩スープ。

スープの表面で煌めく油もキレイです。



麺は、しなやかな細麺ストレート。

キレイに折り畳まれて盛られています。



その上には、デフォにしては、贅沢な具材たち。


まずは、2種類のチャーシュー。

鶏ムネ、豚肩ロース、どちらも低温調理したレア感のあるもの。


グリーンにほ、ほうれん草。


メンマは、穂先メンマがどんぶりの縁に沿ってグルリと。

そして、その上には、何やらペースト状のものがかけられています。


薬味には、刻みネギ。

ネギの上には、黒っぽいものものっています。

揚げ物系かな?



とにかく美味しそうです!




では、いただきましょう!



まずは、スープから一口。



鰹・・・。

鰹節の風味が口の中いっぱいに広がってくる・・・。


ちょっと想像していたのとは違う感じ。



「貝」という言葉が前面に出てたので、「貝」のインパクトが強いと
思っていたのですが・・・。



でも、ファーストインパクトは、「鰹」。

まぁ、もともと「鰹」が売りのお店なので、おかしくはないのですが・・・。



つまり、「節」というのは、「貝節」ではなくて、「鰹節」のことだったんですね。



この「鰹節」が、良い感じで、広がってくるんです。

一気に口の中を支配してしまいました。




と、思ったら、それを追いかけるように「貝」の風味が・・・。


特に感じたのが、蛤。



使っている「貝」は、アサリ、蛤、ホンビノス貝のようなんですが、
蛤インパクトが強く感じましたね。


蛤、ホンビノスは、重なるものがあるので仕方ないとして・・・。

アサリももう少しいるかなと思ったのですが・・・。


ただ、蛤を感じられたのは、ある意味ラッキーですよね。



でも、「鰹節」の風味と「貝」の出汁とがうまく融合して、ものすごく美味しく
仕上がっています。




塩味も程良く、良い塩加減です。


ピンクソルト、ゲランドの塩、福塩などをブレンドして、
昆布、椎茸、鰹節などからも出汁をとって塩ダレに合わせてるようですね。




美味いです!


ただ、ホタテがいないですね。

ホタテがいても良かったのですが・・・。





そして、麺。


ライ麦の全粒粉入りの細麺。


プリッとした感じで、喉越しも良く美味しい麺。

しなやかで、口当たりも良く美味しいです。




そして、具材。


2種のチャーシュー。


まず、鶏。

見た目からはわからないですが、これ、かなり、レアです。


食感が、生に近い食感。

良い意味で、ガリっとする食感で肉を味わえる。


豚の方が、しっとりと柔らかいレアチャーシュー。



どちらも美味い!




で、穂先メンマ。


個人的に好きなので、文句なしに美味いのですが・・・。



問題は、上にかかっているペースト状のもの。


これ、最初は何かわからなかったのですが・・・


貝をペースト状にしたものなんですね。



で、おそらく、メインになってるのは、アサリだと思います。


この「貝のペースト」が思った以上に濃厚で、あっさり塩スープに
濃厚の旨味を加えてくれるんです。


やや、ざらついた食感も良し。



美味いです!



ほうれん草も良い箸休めに。



そして、薬味のネギにのっていた黒いもの。

これ、やはり、揚げ物だったんですが、キノコを揚げたものだったんです。


そこまでの存在感はなかったものの、ほんのりと香ばしく、良い感じでした。





いや~、美味しかったです。



当初、僕が想像していたものとは、ちょっと違っていたのですが、ある意味、良い誤算。


美味しくて、あっという間に完飲完食でした。




今回の「貝節麺raik」、どうやら郡山店主ではなく、助手の方がメインのようなんですね。

なので、2ndブランドというよりは、やはり二毛作。


やや実験的要素も強いようで。



でも、これで、お弟子さんが育っていって、また美味しいラーメンが
生まれていけば言うことなしですよね。


今後、潮そばだけでなく、いろいろとバリエーションも増えそうなので、
楽しみです。



がんばってほしいですね。

貝節麺raik_ポップ

Bonito Soup Noodle RAIK

[データ]
●店名:貝節麺raik
●住所:東京都杉並区大宮1-2-3
●交通:京王井の頭線「永福町」より徒歩10分/丸の内線「方南町」より徒歩12分
●営業:[月]11:30~15:00・17:30~21:00
●定休:火曜~日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/貝+節(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック