プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺や 彩~iro~@川越 / 塩そば
麺や 彩~iro~
塩そば

[訪問日]
2017年6月12日(月)

[評価]★★★★☆

麺や 彩~iro~ -- 塩そば


地味にラーメン激戦区の川越市。

その川越市内で、常に人気ランキング上位に君臨する「麺や 彩~iro~」。


今回、初訪です。


川越も、いろいろと伺いたいお店はあるんですが、中々機会がなくて・・・。

「頑者」とかは行ったことあるんですけどね。



で、今回、たまたまお邪魔する機会ができたので訪問してみました。




まず、お店について。



創業は、2014年10月。

まだ2年半強の若いお店です。


ですが、若いといっても、次々に閉店していくお店が多い中で、
2年以上続けているというのは、すごいですし、一山越えたかなって
感じもしますよね。



店主さんは、齋藤弘樹さんという方。


草加市の松原団地の人気店「NOODLE STOCK 鶴おか」の出身。

「NOODLE STOCK 鶴おか」は、今年の3月に残念ながら閉店しちゃったようですね。

僕は未訪のままです。


どうやら、新しいお店を出すとか出さないとか・・・。

そちらにも期待したいですが・・・。



で、その「NOODLE STOCK 鶴おか」で修行されての独立なわけですが、
修行先とはやや異なるメニューでの独立です。


看板メニューは、「塩そば」。

修行先とは異なる「淡麗系」を主軸にしています。


細かいメニューは、後ほど。




場所は、JR川越線、東武東上線の「川越」から歩いて6分程度のところ。

三番町通りという通りがあるのですが、その通り沿いにあります。


川越は、JRの「川越」、東武東上線の「川越市」、西武新宿線の「本川越」が、
隣接している街なので、全部の駅が利用できますが、最寄は「川越」になります。



お店は、大きく屋号が書かれた黒い看板が出ているのですぐわかるでしょう。


石畳のアプローチ、レンガに囲まれた砂利の上に白いベンチ、和風のロゴに
和風の入り口という和洋デザインを併せ持ったお店構え。

しかも、店内は、もろ洋風デザインのお洒落な空間。


なんか不思議な雰囲気です。


店内は、L字型のカウンター席が10席のみ。

今も言いましたが、木調とかではなく、白い石造りのようなピカピカの
カウンターになってます。


店内のいろいろなディスプレイも洋風デザインですし、ますます不思議。


でも、清潔感があって、余裕のある空間で気持ちが良いお店ですね。




そして、メニュー。


基本は、3種類。


「塩そば」、「醤油そば」、「つけそば」の3つです。

この前までは、これに「牛油そば」というのがあったのですが、
今は販売していないようです。


で、この上記3種類に「特製」バージョンのバリエーションが加わります。


あとは、「味玉」、「チャーシュー」の2種類だけですが、追加トッピングがあり、
サイドメニューとして、「炙りチャーシュー丼」、「ライス」などがあります。


それと、酒類を含めたドリンク類ですね。



かなりシンプルな構成です。



で、先ほども触れましたが、一番の看板メニューは「塩そば」。


「つけそば」もけっこう特徴的なないようになっていたのですが、
一番は「塩そば」だということです。



初めてなので、店員さんにオススメを聞いたら、「塩そば」と即答だったので、
本当にそうなのでしょう。


普通は、意外と曖昧な返事をするものなんですけどね。

自信があるんだと思います。




であれば、オーダーするものは、自ずと決まってきますよね。


こちらも迷わずに「塩そば」をチョイス。

初めてなので、「特製」ではなく、デフォを選びました。


いつものことです。




ということで、初めての「麺や 彩~iro~」。


どんな味なんでしょうね~。



楽しみにしてきました。



では、早速ですが、「麺や 彩~iro~」の「塩そば」、いただいてきましたので、
感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

麺や 彩~iro~ -- 塩そば

白のシンプルなどんぶりで登場です。

そして、けっこうインパクトもあり、屋号の通り、彩りがキレイな丼顔です。


しかも、トッピングの内容も個性的。


これは、面白いですね~。




では、細かく。

麺や 彩~iro~ -- 塩そば_アップ

まずは、スープ。


淡麗清湯スープなのですが、やや濁り気味のスープ。

旨味が強そうな感じがしますね。



で、トッピングが豪華で、しかも面白い。


まず、チャーシュー。


かなり大きいです。

しかも、厚みもあります。


一瞬、ローストビーフかと思わせるような、ピンクのレアチャーシュー。

肩ロースで、かなりレアな感じですね。


これはインパクトあります。



そして、面白いのが、蓮根。


いわゆる煮物のような感じの蓮根が3枚ほどのっています。



そして、グリーンには、水菜。


薬味には、紫玉ネギを刻んだものと青い小ネギ。



紫、グリーン、ピンク、白、茶系・・・


ホント彩りがキレイな顔をしています。



麺は、見にくいですが、細麺のストレート。




美味しそうですね~。


これは、けっこうイケるかも。




では、早速いただいてみましょう!





まずは、スープから。



清湯ということで、もっとサラッとしたイメージだったのですが、意外にも
濃厚な味わい。


「清湯」なのに「白湯」を食べているかのような錯覚をしてしまいそうな・・・


でも、その分、口当たりはまろやかで、やさしい印象のスープです。



スープは、名古屋コーチンの丸鶏、ガラ、手羽先と香味野菜でとったものということで、
たしかに、上品な地鶏の味が感じられます。


特に、手羽先の味の印象が強く、それが、濃厚さをさらに深めているような気も・・・。



タレは、塩味の塩梅も良く、角のとれたやさしい味。


スープにマッチしていますね。




美味しいと思います!





そして、麺。



細麺のストレートで、麺肌滑らかでいて、噛むとツルパツ食感の麺。

僕の好きなタイプの麺です。



パッツンという歯切れの良さが一番好きなんですけどね。




具材は、何といっても、大きな厚いレアチャーシューです。

大きいだけでなく、厚みもあるのですが、すごく柔らかい。


小さめのステーキを食べてる感覚かな。


すごく贅沢ですよね。



で、変わっているのが、蓮根。


メンマがのってないので、メンマの代わりに蓮根をのせたのかも。

サクサクとした歯応えは、煮物を食べてるかのよう。


味も、和風の、やはり、まさに「煮物」のようです。



これは、良いアクセントになって美味しいです。



水菜はサッパリと口直しの箸休めにもなって、良い仕事っぷり。

紫玉ネギもポリポリと良い食感で美味しいです。




あっという間の完食です。


さすが看板メニューにするだけのことはあるハイクオリティーな味でした。



先ほども言いましたが、清湯なのに白湯のような・・・。

けっこう鶏感が出ていて、それが、まさに白湯の味を演出しているような・・・。


でも、それが独特で、上品でとても良かったと思います。




とても美味しかったです。




機会があれば、次回は「醤油そば」を食べてみたいですね。


看板メニューは「塩そば」のようですが、このスープ、「醤油」とすごく相性が
良さそうな感じなんですが、そう思ってるのは、僕だけかな?



とにかく、「醤油そば」は食べてみたいかな?



もし、再訪する機会があったら、そのときは、またレポしたいと思います。

麺や 彩~iro~_看板

麺や 彩~iro~

[データ]
●店名:麺や 彩~iro~
●住所:埼玉県川越市仙波町2-17-36
●交通:JR川越線・東武東上線「川越」より徒歩6分
●営業:[月・火・木~日]11:30~14:00・18:00~21:30
●定休:水曜/第一第・三木曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック