プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
寛~くつろぎ~@鶴瀬 / 醤油そば
寛~くつろぎ~
醤油そば

[訪問日]
2017年6月20日(火)

[評価]★★★★☆

寛~くつろぎ~ -- 醤油そば


昨年の4月にオープンしたばかりの「寛~くつろぎ~」。

オープンして丸一年を迎えたわけですね。


そして、僕は、1年経っての初訪です。



こちら、埼玉県では、けっこう前評判が高い状態でオープンした話題のお店。


というのも、店主さんが、都内の超有名店の出身だからなんですね。

オープン当初は、出身店を伏せてましたが、現在は公開されているようなので、
後ほど紹介します。




では、まず、お店について。



オープンは、冒頭で触れたとおり、2016年の4月。


店主さんは、高橋寛さんという方。

屋号の「寛~くつろぎ~」というのは、名前に由来してるんですね。


で、問題の出身店なんですが・・・

今や、日本を代表するお店となってしまった「Japanese Soba Noodle 蔦」。

そう、「蔦」の出身なんですね。


「蔦」、それと、今は閉店してしまった2号店の「蔦の葉」で、合わせて
3年間修行していたようです。


これは、期待してしまいますよね。



お店は、東武東上線の「鶴瀬」から歩いて10分ほどのところ。

そこまで不便な場所ではないのですが、専用駐車場も3台分あって、
車での訪問にも対応しています。


これは、嬉しいですね。



ただ、お店は、通り沿いなのですが、ちょっとわかりにくく、見落としがちです。


大きな屋号の日除け暖簾を、店舗の壁面に貼り付けてあるのですが、
ちょっと目立たないんですよね。


というのも、もともと、こちらのお店は、店主の高橋さんのお母様が、
木曜、金曜の夜に営業する「呑み処 マ・ドンナ」を間借りしてるんです。


なので、しっかりとしたテントなり看板なりが設置されてないため、
うっかり通り過ぎてしまうんです。


ちなみに、間借り営業の関係で、定休日も、木曜の夜と金曜になっています。



店内は、厨房を前にしたカウンターが6席。

その奥に、小上がりの座敷席が5席あります。


カウンターには、各席ごとにランチョンマットがセットされています。


小奇麗にしてあり、好感が持てますね。



営業は、高橋店主と、そのお母様の2人での営業のようです。




さて、では、メニューです。



メニューの基本は、4種類。


「醤油そば」、「煮干そば」、「まぜそば」、「煮干しつけそば」の4つです。


「醤油そば」、「煮干そば」については、「特製」、「チャーシュー」が
バリエーションとしてあります。


「まぜそば」は、「味玉」がバリエーションとしてあります。


もちろん、追加トッピングはあります。

和え玉風の替え玉もあります。


ご飯ものとしては、「白ごはん」と「肉ごはん」。


あとは、ドリンク類です。



と、いたってシンプルな構成。




で、僕はというと・・・



やはり、「蔦」さん出身ですからね。

まずは、「醤油そば」をいただいてみたいですよね。



そんなことで、「醤油そば」をデフォでいただくことに。



かなり楽しみです。



ということで、「蔦」出身の高橋さんの営業する「寛」。

看板の「醤油そば」、いただいてきましたので、早速ですが、感想のほうを!





それでは。




まずは、見た目から。

寛~くつろぎ~ -- 醤油そば

白の受け皿に白のどんぶりがのせられての登場。


やや油分厚めに感じられる醤油ブラウンな淡麗清湯スープ。

パッと見の印象としては、かなりストライクな感じですね。


美味しそうです。


では、細かく。

寛~くつろぎ~ -- 醤油そば_アップ

スープは、キレイな透き通ったブラウンですね。

先ほども言いましたが、やや油膜が厚めに感じる清湯スープです。


麺は、細麺ストレート。

透き通ったスープの中にキレイに盛られています。


チャーシューは2種類。

豚肩ロースと鶏ムネ肉のチャーシュー。


意外と大振りな感じで、お得感がありますよね。


そして、どんぶり上部には、黒いものが・・・

最初は海苔か何かかと思ったのですが、これが「揚げネギ」なんですよね。


「揚げネギ」というと、刻みネギを揚げるパターンが多いと思うのですが、
この「揚げネギ」は長めにブツ切りしたものを揚げてるんですね。

なので、大きいです。

「揚げネギ」の締める割合が大きい。

面白いです。


あとは、メンマ。

メンマの量も割りと多いですね。


全体的に、具材は多めな印象を受けます。



薬味には、小口ネギと白髪ネギが添えられています。



シンプルですが、何か重厚感というか、厚みを感じる盛り付けです。




では、いただいてみましょう!



まずは、スープを一口。



メニューの説明文には、豚、鶏と魚介系を合わせたスープと書いてあったのですが・・・


飲んでみると・・・


まず、感じるのが、「貝」なんです。

しかも、「蛤」。


一口目から、「蛤」の風味が口いっぱいに広がってきます。


説明文には、「貝」のことは全く触れてなかったので、高橋さんに、

「これ、「貝」を使ってますよね?」

と聞いてみると、

「はい、「蛤」を使ってます」

と、即答。


いろいろな事前情報からも、ちょっと予想していなかったので、意外な感じ。


でも、この「蛤」の風味がたまらなく美味しい。



そして、ほのかに感じる煮干し。


で、それらを支える動物系スープ。



動物系は、基本は丸鶏を使ってるようなんですが、肉の旨味を
より一層出すために、豚バラ軟骨も使っているようなんです。

しかも、出汁の出方が違うので、同じ寸胴で時間差で投入して炊いてるとか。



「蛤」、「煮干し」、そして「鶏と豚」、これらを別々に炊いたトリプルスープ。


「蛤」、「煮干し」の風味に、動物系のコク、旨味が加わった芳醇な醤油スープは、
まろやかでやさしい。




これは、美味しいですね!



油は、鶏油だと思うのですが、油の甘味も加わって、より美味しい。




さすが、「蔦」で学んだだけのことはあるって感じです。




そして、麺。



ストレートの細麺は、ツルモチ食感で、しかもコシがある。

のど越しも良い。



美味しい麺ですね。


スープとの相性も良い。




そして、具材。


2種類のチャーシューは、どちらも真空低温調理されたもの。

しっとりとした食感で、ソフトで、噛むほどに味が染み出る美味しさ。



メンマもコリコリと良い食感。



さらに、個人的にヒットだったのが、「揚げネギ」。


長くブツ切りにしたネギを真っ黒に焦げるほど揚げているのですが、
これが香ばしくて美味しい!


しかも、この香ばしさが、スープに広がって、ちょっとした味変にも。


普通なら、刻みネギを揚げる程度のものをブツ切りの大きさで揚げてるから
その存在感は、薬味というよりは、ひとつの具材。


麺と絡めても美味しいし、良かったですね。



さて、そうこうしているうちにあっという間の完食。

スープも完飲。



美味しかったです。




すでにオープンして1年以上が経つので、落ち着いてきたせいか、
客足は少なかったです。


時間帯がピーク時から反れてたからかな?



ゆっくりと落ち着いていただけました。



「蔦」の出身というだけでも楽しみなのに、美味しい一杯をいただくと、
なおのこと、今後に期待したくなります。



ぜひ、機会を作って再訪し、別のメニューもいただいてみたいですね。

寛~くつろぎ~

[データ]
●店名:寛~くつろぎ~
●住所:埼玉県富士見市鶴瀬東2-27-27
●交通:東武東上線「鶴瀬」より徒歩10分
●営業:[月~水・土・日]11:30~14:30・18:00~21:00/[木]11:30~14:30
●定休:木曜午後・金曜



【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+貝+煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック