FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 特製鰹油そば(限定)
麺処 秋もと
特製鰹油そば(限定)

[訪問日]
2017年6月21日(水)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)


田園都市線「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


なんども言いますが、「市が尾」というラーメン店不毛地帯に
新風を吹き込んだ実力店。


最高のお店です。

ちなみに、麺処 秋もと」について、あまりご存知でない方、
下のリンクの記事を参照していただければ、お店について触れてますので、
良かったらどうぞ。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら


さて、その「麺処 秋もと」さん。

先月、オープン二周年を向かえ、周年イベントを開催したのですが、
それ以来、限定モノをたくさん出してくれてまして・・・

なんとなく、6月は、「限定の月?」になりそうな予感がしたのですが、
実際にそうなりつつあります。


ここ最近の「麺処 秋もと」さんの記事なんですが、

 ⇒ 「麺処 秋もと / 担々麺(しめのご飯付き)(二周年特別限定)」の記事
 ⇒ 「麺処 秋もと / 醤油(地球の中華そば・自家製麺ver.) + 味噌焼きチャーシュー飯」の記事
 ⇒ 「麺処 秋もと / 塩(地球の中華そば・自家製麺ver.)」の記事
 ⇒ 「麺処 秋もと / 麻~辣~海老つけ麺」の記事
 ⇒ 「麺処 秋もと / 鰹カレーつけ麺」の記事

こんな感じになってまして・・・


6月に入ってからの限定は、「麻~辣~海老つけ麺」からになるのですが、
その前から合わせると5つも限定を出しています。


そして、またまた、今回も限定モノです。



今回の限定は、「鰹油そば」です。


この「鰹油そば」、「鰹味噌つけ麺」と同時に出され、「麺処 秋もと」としては、
不動の人気を得ている限定なのですが・・・



かなり久しぶりの登場です。


何ヶ月振りなんでしょう?

約9ヶ月振りですね。


正直、お客さん、待ち焦がれていたと思います。



しかも、今回は、今までにない「鰹油そば」もあるんです。

それが、「特製鰹油そば」。


「鰹油そば」の「特製バージョン」です。



考えてみたら、「鰹油そば」、「特製」というのがなかったんですよね。


具材や盛り付けも、普通のラーメンではなく油そばなので、当然違います。

なので、中々、「特製」にしずらかったんでしょうね。



そんなことで、これまで「特製」というのがなかった「鰹油そば」。


今回、満を持しての「特製鰹油そば」の登場なわけです。




というわけで、僕も当然、「特製鰹油そば」を求めての訪問です。

僕の場合、「特製鰹油そば」がなくても、頻繁に訪問してるんですけどね(笑)。




さて、では、今回初めて登場した「特製鰹油そば」。


どんな盛り付けで、どんなお味だったのか。

いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう。





まずは、見た目から。

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)

いつもながらのキレイな丼顔です。


特製ということで、ちょっと様子が違いますよね。

豪勢になってます。


では、細かく見てみましょう。

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)_アップ

まず、基本の盛り付け。


しっかりと、香味油と醤油ダレで合えた麺の上には、たくさんの具が
盛り付けてあります。


まず、センターに盛られているのは、細もやし。

このもやしの山を中心に、その周りには、細かく切った豚バラチャーシュー、
鶏ムネ肉のチャーシュー、メンマが盛られています。


で、さらに、グリーンとして、水菜、カイワレが盛られていて、
薬味の刻んだ紫玉ネギ、色紙切りしたネギ、小口ネギなどがパラパラと
盛られています。

そして、ブラックペッパー、粗挽き唐辛子が振られています。


ここまでは同じですよね。

ただ、「糸唐辛子」をなくしたようです。




で、ここに「特製バージョン」として、新たな具材が盛られています。


まず、チャーシュー。


この前の周年イベント以来、好評で、イレギュラーなメニューとして
仲間入りした「味噌焼きチャーシュー」。

これが、細かく切られて盛られています。


トッピングとして、別皿で出されたときも、細かく切られて、丼飯として
盛られて出されたときも、メチャクチャ美味しかった「味噌焼きチャーシュー」。


これが、さらに盛られているという・・・。


間違いないでしょうね。



で、トップには、「卵黄」。

「味玉」ではなく「卵黄」。


これもストライクでしょう。



さらに、その周りには、「フライドオニオン」がパラパラと・・・



これらが「特製」として加わっています。



どれも間違いないトッピングですね。


いつもの絶品トッピングに加えて、「これ」ですから。

食べずして、美味さは証明されたようなもの。



さすがですね。


ま、でも、やはり、いただいてみないとわかりません。

いただいてみましょう。




まずは、全体をしっかりと混ぜて・・・。



一口・・・




やっぱり、ヤバイな、これ。


すごい・・・。


鰹の風味と香ばしい香味油の香り、醤油ダレの香りが、一気に口の中を占拠する。


ハッキリ言って、この「鰹油そば」、僕に言わせてもらえば、
具材、いらないんですけど・・・(笑)


香味油、タレ、薬味、これだけで成立しちゃう「油そば」。


「かけ油そば」の状態で、一気食いできちゃう・・・



そのくらい美味い!


ベースの味がしっかりできすぎている。




ちょっと、話がそれちゃいますが・・・


「秋もと」さんのメニューは、みんなそれぞれ美味しいし、スープも、タレも
麺も、みんな美味しいのですが・・・



こういった素材の中で、一番の功労者は、「香味油」と「薬味」。

功労者というか、この2つを完成させた秋本さんの勝ち、みたいなところがあるような・・・。



とにかく、この香ばしい「香味油」、刻んだ「紫玉ネギ」、色紙切りした「白ネギ」、
そして、小口ネギの3種類を混ぜ合わせた「薬味」、この2つが、とにかく万能なんです。


何にでも合う。


当然、この「鰹油そば」の味の主役の1つにもなっているのは、「香味油」。

で、当たり前のように「薬味」は盛られている。


やっぱり、この2つは、「麺処 秋もと」の味を語る上で、絶対に欠かせないもの。



そう思うんですよね。



ちょっと、それましたね。



で、その味付けがなされた麺の上に、豊富な具材が・・・?



もう鉄壁でしょう!




まずは、レギュラーでも使われている豚バラチャーシューをブロック状に切って
炙ったもの。


これが、トロトロで美味い!



あ、このチャーシューを作り上げたことも、秋本さんの勝利かな?


で、今回は、この絶品チャーシューに、もう1つ特別なチャーシューが
加わっているんです。


それが、周年イベントのときに初登場した「味噌焼きチャーシュー」。

これをやはり細かく切ったものが盛られているんです。


仕込みに4日間もかかるという手の込んだ「味噌焼きチャーシュー」。


「味噌」の焼けた香ばしい味と、やわらかくも肉感もバッチリ味わえる
絶品チャーシュー。


で、この2つのチャーシューが、混ぜ合わされた油そばの麺と相性が良い!

美味しさがダブルで押し寄せてくる。


そして、もう1つ、鶏ムネ肉の細切りチャーシューもあるんです。


ソフトで食べやすく、もともとが薄味なので、油そばのタレの味が絡んで
これまた、最高に美味しい。



で、山盛りに盛られた細もやしはシャキシャキと、また別の食感を楽しませてくれる。


「フライドオニオン」は少量ながら、さらに香ばしさを加える一助になっている。


メンマはコリコリ、水菜、カイワレ瑞々しく美味しい。



つけ入る隙がないな。



で、何といっても、「卵黄」でしょう。


混ぜてしまえば、影も形もなくなってしまうのですが、この「卵黄」が、
トロ~リとまろやかさを加えてくれて、パンチのある「油そば」の味を
また違ったものへと変えてくれる。


見た目的には、最初から盛ってあったほうが美しくて良いのだけれど、
食べるときは、一旦避けておいて、途中から混ぜるというのもありかも。


まろやかな味と、そうでないパンチの効いた味と2つ楽しめるかもしれないですね。



いずれにせよ、「卵黄」は、これは必須の具材ですね。




けっこうなボリュームなんですけど、あっという間に完食・・・

と行きたいところなんですが・・・


ただ・・・


完全に食べ終わる前にやらなければいけない食べ方がありまして・・・




それが、スープ割り。

これです、これ。

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)_スープ割り

2/3くらい食べ終えたところに「秋もと」さんのスープを入れてもらうんです。


スープ割りなんですが、麺も若干残しておけば、プチラーメンとしても楽しめます。

で、しっかり、ここにも薬味が登場。


やっぱり、万能なんです。



で、スープ割りで、プチラーメンを楽しんだら、今度は、これ。

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)_プチご飯

サービスでついてくる「プチごはん」。

これを、スープ割りにの中に、ドボンと投入。

麺処 秋もと -- 特製鰹油そば(限定)(12回目)_ご飯割り

ご飯割りです。


残ったスープとご飯で、プチ雑炊。


これで、どんぶりにこびりついて残ったタレも残さず洗い流して
僕の口の中に・・・


一粒一滴残らず完食です。





いや~、美味かったです。



ホント、完璧ですね。


約9ヶ月振りということもあって、「秋もと」ファンは、みんな待ってたんでしょうね。

この日は、嵐のような雨風のすごい日だったのですが、それにもかかわらず大行列。


びしょ濡れになって店内に入ってきて、みなさん食べてたようです。


そして、夜営業になると、残り24食だったのですが、PPの人から14人目のお客さんまで、
すべて「特製鰹油そば」のオーダー。


一種にして、残り10食となって、最速最短での売り切れとなってしまいました。



食べられなかった人、続出です。



僕は、運よく食べれたのでラッキーでした。




で、そんな食べれなかった人のために、また来週「鰹油そば」、やるようです。


また、すごいことになりそうですね。



僕も、また食べたいので、がんばって並びます。



とにかく完璧な美味さでした!

麺処 秋もと(2017.夜)

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜・木曜午後




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/油そば ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント