プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋 ジャイアン 弐@田無 / 鰹つけ麺(並盛)
麺屋 ジャイアン 弐
鰹つけ麺(並盛)

[訪問日]
2017年7月2日(日)

[評価]★★★★☆

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺


田無の人気店「麺屋 ジャイアン」。


地元でありながら、長らく未訪のままで、先々月にようやく初訪。

定番のメニューをいただいてきたのですが・・・

そのときの記事は、こちら。
 ⇒ 「麺屋 ジャイアン / 濃厚鰹つけめん」の記事


「麺屋 ジャイアン」についても、この記事で詳しく触れてますので、
ぜひ、参照してもらえればと思うのですが・・・



で、早速、リンク先を参照していただいたこととしてお話しますが・・・


「麺屋 ジャイアン」は、全部で3つあります。


まず、本店にあたる「麺屋 ジャイアン」。

で、2号店の「麺屋 ジャイアン 弐」。

そして、3号店が「ホルモン豚骨 麺屋 ジャイアン3」です。



この3つ、全て、味のコンセプトが違っていまして・・・



本店は、「豚骨」をベースにしたもの。

2号店は、「鶏白湯」をベースにしたもの。

3号店が、上記してあるとおり、「ホルモン豚骨」というようになっています。



基本的には、本店、2号店の看板メニューは、「つけ麺」。

3号店は違うようなんですが・・・


先々月に、本店の人気メニューである「濃厚鰹つけめん」をいただいたときは、
けっこう美味しかったので、2号店の方も気にはなっていたんですよね。


なので、機会をうかがっていたのですが、訪問するチャンスがありまして・・・



で、今回は、2号店の「麺屋 ジャイアン 弐」に訪問してきたわけです。

もちろん、こちらも初訪です。





ということで、「麺屋 ジャイアン 弐」。




場所は、冒頭でも触れてますが、西武新宿線の「田無」。


駅から歩いて4分程度のところ。

西武「リヴィン」の裏手にあります。


黄色のテントに大きく「ジャイアン」と書かれているので、すぐに見つかります。



店内は、奥にまっすぐに伸びていて、厨房を前にしてカウンター席が
10席ほど並んでいます。

後ろには、ウェイティングスペースもあって、広くはないですが、
ゆったりした空間ではあります。



メニューは、大きく分けると「つけ麺」と「ラーメン」になるのですが、
割りと細かく酒類が分かれています。


まず、「つけ麺」。

「鰹つけ麺」、「煮干つけ麺」、「ニボ塩つけ麺」が基本のメニュー。

これらが、それぞれ、無料で、麺の量を並盛250g、中盛350gから選べます。


そして、つけ麺には、この他にも、「辛つけ麺」というのがありまして。
これが、「辛つけ麺」、「極辛つけ麺」、「絶頂辛つけ麺」の3段階に
辛さが分かれています。

こちらは、麺量は選べません。


そして、「ラーメン」。

「ラーメン鶏」、「ラーメン豚」、「ウオウオ中華そば」の3つが基本。

これらも並盛150g、大盛230gから選べます。


さらに、ランチ時には、「つけ麺ランチセット」、「ラーメンランチセット」という
お得なセットメニューも用意されています。


ご飯ものも豊富で、「豚角煮丼」、「牛すじ丼」、「ローストビーフ丼」などが
揃えられています。


あとは、追加トッピングですね。



そして、「つけ麺」に関していえば、「鰹」、「煮干」、「ニボ塩」全てが、
鶏白湯ベースのつけ汁になっているんですね。

ラーメンは、それぞれメニューで味が分かれちゃっているので、このお店の
コンセプトを味わうには、やはり、「つけ麺」を食べるべきなんでしょうね。



ということもあり、食べるメニューは最初から「つけ麺」の一択。

ただ、「鰹」、「煮干」、「ニボ塩」にするかなんですが・・・


本店でいただいたのが、「濃厚鰹つけめん」でしたので、やはり、2号店でも
「鰹つけ麺」をいただくことにしました。

このほうが、味の比較もできますからね。




さて、ということで、「麺屋 ジャイアン 弐」の看板メニュー「鰹つけ麺」、
いただいてきました!



なので、早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います。


本店の「豚骨」ベースと比べると「鶏白湯」ベースは、どうなんでしょうね?

そんな違いの楽しみもあったり・・・




それでは!




まずは、見た目から。

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺

パッと見た感じ、明らかに違いますね。

本店と基本的に同じ部分はあるのですが、大きな違いがあります。


では、細かく。

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺_アップ

まずは、麺から。

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺_麺

この麺の盛り付けが基本的に違うんですよね。


麺自体は、ウェーブのかかった太麺で同じように見えます。

ただ、トッピングが違います。


こちらのトッピングが、茹で野菜。

もやしを主体に、キャベツ、にんじん、ニラなどが盛られています。


軽く火を通してあるようですが、シャキシャキ感満載で美味しそうですね。


本店は、味玉ハーフと海苔でしたから、全く違います。



で、つけ汁。

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺_つけ汁

こちらは、ほぼ同じ構成ですね。


ベースは、「鶏白湯」ですが、茶濁色の濃厚な醤油のつけ汁。

外見的には見えませんが、中には、メンマ、ブロックチャーシューが入っていて、
表面には、刻みネギ、水菜、ナルト、魚粉という構成で、ベースの味を除けば、
見た目的には同じです。


けっこう濃厚そうですね。


美味しそう。




では、いただいてみましょう!




まずは、一口、つけ汁につけて・・・


ズズッと・・・



第一印象は、やはり、鰹ですよね。


これは、やはり、魚粉のパワーが効いてます。

鰹の風味がブワッと広がって良い感じです。


ただ、スープ自体を鰹でとっているわけではないので、やはり、
表面上での鰹風味であることは否めないですが・・・。


でも、良い風味です。


ただ、その分、ベースになっている「鶏白湯」は、甘味たっぷりで、
しっかりと鶏白湯の旨味が出ていましたね。

でも、コクという意味では、やはり、本店の「豚骨」の方が濃厚で、
しっかりとしていたような気がしますが・・・。



でも、美味しいです。



けっこうガツガツとイッちゃいます。



で、何より、麺に盛ってあった野菜が良いですよね。

シャキシャキとした食管は、麺と一緒に食べると最高!


野菜増しにしても良かったくらい・・・。



麺派、モッチモチで、しっかりとコシもあって・・・



つけ汁に入っているブロックチャーシューやメンマも美味しい。

チャーシューはやわらかく煮込まれていて、メンマはシャクシャクとして。



食べだしたら、ほとんど一気に食べつくしちゃった感じ。



そして、最後の〆は、やはり、スープ割り。

麺屋 ジャイアン 弐 -- 鰹つけ麺_スープ割り

備え付けのポットに割り出汁が入っていて、お好みで割っていく。


スープ割りでホッと一息。




とても美味しかったです。



で、当然、本店の豚骨ベースとどっちが好みかという話にもなるわけですが・・・。


甲乙つけがたいところではあるのですが、強いて言えば、本店の方が好きかな?


あくまでも好みですけどね。

やはり、豚骨の方が、コクがあって良かったかな。



でも、両方美味しかったです。




さて、「麺屋 ジャイアン」、本店、2号店と、訪問しました。


次は、3号店ですね。


3号店は、またちょっと違う系統で・・・


「ホルモン豚骨」・・・

どうやら、こちらは、ラーメンがメインのようなんですよね。



近々、3号店の方もトライしにお邪魔しようと思ってます。


その時は、またレポしますので。

麺屋 ジャイアン 弐

[データ]
●店名:麺屋 ジャイアン 弐
●住所:東京都西東京市田無町2-9-1
●交通:西武新宿線「田無」より徒歩4分
●営業:[火~日]11:00~22:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック