プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺匠 清兵衛@川越 / 淡麗とりそば
麺匠 清兵衛
淡麗とりそば

[訪問日]
2017年7月3日(月)

[評価]★★★★☆

麺匠 清兵衛 -- 淡麗とりそば


先々月、初めて訪問して、このブログでも紹介した「中華そば 幻六」。


朝霞台にある小さなお店なんですが、動物系と蛤出汁を合わせた
美味しい醤油ラーメンがいただけるお店です。

そのときの記事は、こちら。
 ⇒ 「中華そば 幻六 / 幻六 醤油そば」の記事


このお店、実は、本店に当たるお店がありまして、また違った系統の
ラーメンを食べさせてくれるお店なんです。



それが、川越にある「麺匠 清兵衛」というお店。


今回訪問したお店ですね。



本店といっても、いわゆる個人店とは違うようでして、飲食店経営の会社が
運営するラーメン店の1つなんですが・・・

ま、ここら辺についても上記の「中華そば 幻六」の記事で触れていますので、
良かったら参照してみてください。




とりあえずは、「中華そば 幻六」の本店に当たる「麺匠 清兵衛」、
初めてお邪魔してきました。


「幻六」の方は、お店の名前は知っていて宿題店にしていたのですが、
実は、「清兵衛」の方は、全く知りませんでした。



ただ、「幻六」同様に、川越界隈では、人気ランキングの上位を競うほどで
とても人気のあるお店なんですよね。


ちょっと不勉強でした。



こちらのお店、「幻六」とは違い、美味しい「鶏そば」をいただけるお店。


そう、こちら、「鶏塩専門店」なんですね。



これは、楽しみです。




で、その「麺匠 清兵衛」、お邪魔してきたのですが・・・



まずは、お店について。



場所は、JR川越線、東武東上線の「川越」から歩いて2分もかからない
すごく便利な立地にあります。


線路沿いです。

まさに駅近ですよね。



店構えは、和食店かと思わせるような風貌で、中々の雰囲気を
醸し出していて、美味しいオーラが滲み出た感じです。



店内は、カウンター席とテーブル席。



カウンターは、厨房を前にした直線カウンターで8席あります。


その背後に、4人掛けのテーブル席が2卓。



合計16席ある広々とした店内です。




メニューは、基本は4種類。


「とりそば」と「つけめん」に分かれていまして・・・


まずは、「淡麗とりそば」と「濃厚とりそば」の2つ。

そして、「鶏塩つけめん」と「濃厚つけめん」の2つ。


この合計4種類が基本になっています。



で、これらに、それぞれ「特選」、「味玉」、「焼豚」、「蒸し鶏」の
4種類のトッピングバリエーションあがあります。


あとは、追加トッピングやらおつまみやらとドリンク類。


ご飯ものは、「焼おにぎり」だけのようです。



バリエーション豊かではありますが、スッキリわかりやすいメニュー構成ですね。



そして、この中で、一番の人気メニューが「淡麗とりそば」。

バリエーション的には「特選」のようなんですが・・・



やはり、基本的な「淡麗」が人気なんですね。



ってなことで、僕も例に漏れず、まずは、「淡麗とりそば」をいただくことに。

僕の場合「特選」ではなく、デフォですが・・・




では、早速ですが、初めての訪問となる「麺匠 清兵衛」の「淡麗とりそば」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!





それでは!





まずは、見た目から。

麺匠 清兵衛 -- 淡麗とりそば

ブルーの唐草模様の入ったシンプルなどんぶりで登場です。

デフォでも、中々豪勢な盛り付けですね。


美味しそうです。


では、細かく。

麺匠 清兵衛 -- 淡麗とりそば_アップ

キレイな透き通ったスープですね。

まさに「淡麗」って感じです。


麺は、中細のウェーブのかかった麺。

スープとの絡みが良さそうな麺です。


トッピングには、2種類のチャーシューが・・・

1つは、豚バラチャーシュー。
見るからにやわらかそうな感じで、食感が想像できちゃいます。


で、もう1つは、鶏のモモ肉。

これが、小振りなのが2片入ってますね。


そして、スライスした筍。

これは、メンマの代わりでしょう。


薬味には、三つ葉と刻みネギ。


どんぶりサイドには、海苔が一枚。



これは期待できそうな感じのビジュアル。

僕の好みですね。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



淡麗、清湯スープながら、鶏の旨味が濃厚ですね。

しっかりと鶏が感じられるスープ。


名古屋コーチン、日向鶏などをメインに数種類の鶏をブレンドして
スープをとっているようなんですが、鶏の旨味が全開です。


しかも、鶏だけではないですね。


ほんのりと魚介も感じる。

すごくすっきりとした感じで、鶏のコクと相性が抜群。


こちらのお店、魚介に関しては、魚の「アラ」を炊いているようなんです。

しかも、この「アラ」、日替わり。


日替わりのアラをじっくりと炊いて、そこにホタテ、昆布、かつおなどを加え、
厚みをくわえているようです。


天然の生の魚のアラを使っているにしては、生臭さは一切感じず、
鶏とのマッチングがすばらしく、非常にバランスよくブレンドされています。



ちなみに、この日のアラは「天然平目」、「のどぐろ」、「天然鯛」、「帆立貝柱」の
4種類だったようです。


天然の「アラ」を使ったスープといえば、「海神」が知られていますが、
そことはまた違い、鶏の旨味も加わって深みが増してますね。



とても、美味しいです!


けっこう後を引くスープです。

グビグビいっちゃいます(笑)。




そして、麺。



ややウェーブがかった中細麺は、想像通りのスープの持ち上げで、しっかりと
スープを絡めてくれて良いです。


モチッとした食感も抜群。


スルスルといっちゃいますね(笑)。


美味しいです。




で、具材。



これまた予想通りの展開。


豚バラチャーシューは、ホロけんばかりの柔らかさで、口の中でとろけて
肉汁とともにジュワーッと味が広がり美味しい。


鶏のモモ肉も良いですね~。


鶏チャーシューだと、ムネ肉が多いですが、モモ肉も美味しいです。



筍は、サクサク食感で、食べていて気持ちが良い。

最近メンマの代わりに筍を使うラーメン屋さん、増えましたよね。


個人的には、筍、全然オッケーなんで大歓迎です。



薬味のネギや三つ葉も、香り良く、良い仕事をしてくれてます。


海苔だって、もちろん美味しい!




いやぁ~、美味しかった。


あっという間の完飲完食です。


味が違うので比較のしようがないですが、「幻六」より好きかも。

さすが本店って感じです。



こうなってくると、「濃厚」も食べてみたくなりますよね。

それとか、「つけめん」も。



ぜひ、時間を見つけて、再訪してチャレンジしてみたいですね。

麺匠 清兵衛

[データ]
●店名:麺匠 清兵衛
●住所:埼玉県川越市脇田本町1-7 川越西口ビル
●交通:東武東上線/JR川越線「川越」より徒歩1分
●営業:[月~日]11:00~24:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏+魚介+貝(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック