プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
長浜ナンバーワン 東京大岡山店@大岡山 / 長浜らーめん
長浜ナンバーワン 東京大岡山店
長浜らーめん

[訪問日]
2017年8月4日(金)

[評価]★★★☆☆

長浜ナンバーワン 東京大岡山店 -- 長浜らーめん


長浜ラーメンの名店「長浜ナンバーワン」の初の東京進出店がオープン。

早速、訪問してきました。



「長浜ナンバーワン」・・・

福岡を中心に海外も含め8店舗を展開。

今回の東京進出店が9店舗目になります。



ただ、「長浜ナンバーワン」といえば、なんといっても、「屋台」。

1971年創業の、まさにナンバーワン人気店である、老舗屋台店です。



創業者は、竹中忠勝さん。

元々、「昇龍軒」という屋号だった屋台を、長浜で一番になりたいという思いから
「長浜ナンバーワン」と改名して営業してきました。


それが、名実ともに「ナンバーワン」になったわけです。



お店は、順調に売り上げを伸ばして行き、絶頂期には、竹中さんの娘婿である、
現在の店主の種村剛生さんとともにお店を切り盛りしてきました。


そして、2002年くらいからは、種村さんが中心になってお店を運営するようになり、
しかも、新たに、種村さんは、屋台だけでなく、店舗型の「長浜ナンバーワン」に
力を注ぐべく、屋台からは退いていくようになったようです。


同時に、竹中さんも、体調を悪くし、中々屋台に立てなくなることが多くなり始め、
2015年には、40年以上続いた「長浜ナンバーワン」の屋台を閉めることに・・・。


ただ、普通に考えれば、現店主の種村さんに代を譲り屋台を続ければいいのですが、
福岡の条例で、「屋台の運営権利の代を継ぐことはできない」ことになっていて、
竹中さんが屋台に立てなくなったとなっては、閉店せざるを得なかったわけです。


そうして、長い年月にわたる屋台の歴史を2015年3月に閉じた「長浜ナンバーワン」は、
店舗型オンリーの「長浜ナンバーワン」として、二代目種村さんを中心に展開していき、
今では、海外にも出店するほどのお店へと成長したわけです。



屋台が代名詞だった「長浜ナンバーワン」が、店舗だけになってしまったのは、
さびしいかもしれませんが、その味は、しっかりと受け継がれているようです。



で、二代目種村さんは、㈱テイクワンという会社組織にして、店舗展開をしています。


冒頭でも触れましたが、その店舗型の「長浜ナンバーワン」の1号店として
「祇園店」を開業して以来、福岡県内に「長浜店」、「天神店」、「博多デイトス店」、
「箱崎店」を開業、県外では、愛媛県に「松山店」を、そして、海外店舗として、
香港に「香港店」、台湾に「台北店」を展開するまでに成長しました。



ただ、東京にだけは、まだできてなかったんですね。


それが、満を持して、ついに東京にもオープンしたわけです。


その東京進出第一号店が、「長浜ナンバーワン 東京大岡山店」ということです。




さて、その「長浜ナンバーワン 東京大岡山店」。



屋号からもわかるとおり、東急目黒線・東急大井町線の「大岡山」にあります。

歩いて2分程度のところです。



なぜ、東京進出の1号店として、この立地を選んだかはわかりませんが、
考えられることとしては、東京工業大学のお膝元であるということでしょうか?


「麺屋こころ」や「ひるがお」とかもありますしね。


やはり、若者の胃袋が狙いだったのかな?



とにかく、駅近の立地で、場所的には良いところですね。



お店は、ビルテナントの半地下に降りたところにあります。




席は、厨房を前に一直線のカウンターがあり、そこに12席。

カウンターの後ろには、4人掛けのテーブル席が1卓だけあります。



お店自体は、蛍光灯の白い光で明るい店内ですね。


割りと余裕のある空間です。




メニューは、いたってシンプル。



まず、ベースになっているのは、「長浜らーめん」。


当然のことながら、「豚骨」です。



これをベースに、トッピングバリエーションとしていくつかあります。

「煮玉子らーめん」、「辛子高菜らーめん」、「チャーシューめん」の3つ。


他は、追加トッピング各種と替え玉。

替え玉には、半替え玉というのもあったり、替肉というのもありました。



あとは、「博多ひとくち餃子」、「半餃子」、「ねぎチャーシュー」といった
おつまみ類が少々。

ご飯ものには、「チャーハン」、「半チャーハン」、「明太ごはん」、「チャーシューごはん」、
「ごはん小」などが揃ってます。


そして、酒類とソフトドリンクですね。


「お土産らーめん」もありました。




麺類メニューとしては、基本的にシンプルですよね。



もっとバリエーションがあっても良さそうですが・・・




で、僕が、選んだのは、もちろんデフォの「長浜らーめん」。


初めてですし、まずは、ここからですよね。





さて、本場、長浜の味を引っさげて東京進出してきた「長浜ナンバーワン」。


一体、どんな美味しい「豚骨ラーメン」を食べさせてくれるんでしょうね。

楽しみです。




ということで、初訪となる「長浜ナンバーワン」の「長浜らーめん」、
いただいてきましたので、早速、感想の方をレポしていきましょう!




それでは!




まずは、例によって、見た目から。

長浜ナンバーワン 東京大岡山店 -- 長浜らーめん

「No1.長浜ナンバーワン」というロゴが印字されたどんぶりで登場。


ものすごくシンプルな盛り付けでの登場です。



細かく解説するまでもないようですが、一応細かく見てみましょう。

長浜ナンバーワン 東京大岡山店 -- 長浜らーめん_アップ

スープは、白濁として、「いわゆる豚骨スープ」です。


ただ、「長浜ラーメン」というと、もう少しあっさりした感じの見た目を
想像していたのですが、けっこう濃度もありそうで、こってりしていそうです。


トッピングは、潔いです。


チャーシューが2枚。


以上。


あとは、薬味の刻みネギのみ。



「博多ラーメン」に大抵入っているキクラゲとかもありません。



シンプル過ぎますよね。




このシンプル過ぎる「長浜らーめん」、どんなお味なのか。


早速いただいてみましょう。





では、まずは、スープから一口。



けっこうまろやかですね。


そしてコクもあり、豚骨の旨味もしっかりある。



何より、想像していたとおり、かなり濃厚なこと。



現在では、「博多ラーメン」も「長浜ラーメン」も定義的には同じようなもので、
いわゆる「豚骨ラーメン」ではありますが、僕の印象としては、「長浜ラーメン」の方が、
あっさりとした、やや薄めのスープの印象があったのですが・・・


例えば、「長浜ラーメン」の元祖といわれる「元祖長浜屋」とか。

これなんか、僕は食べたことはないのですが、スープ、けっこう薄そうですよね。


でも、「長浜ナンバーワン」は、見た目から濃厚そうですし。


そして、実際に食べてみると、けっこうトロミもあり濃厚な豚骨スープ。



美味しいと思います。


「豚骨ラーメン」って、濃厚な方が美味しいですもんね。

度が過ぎるのも何だとは思いますが・・・


適度に濃厚な方が、適度に豚骨臭い方が個人的には好きだったり・・・



そういう意味でも、やはり、美味しいですね。




麺は、細麺。


茹で方は、3種類。


ばりかた、かた、ふつう。

種類少ないのは意外だったのですが、3種類しかありませんでした。


本当は、粉落とし、ナマくらいにしたいほどだったんですが・・・



で、この麺が、細麺といっても、いわゆる「超極細」よりやや太め。


普通の細麺より、やや細いくらい。

もっと細い方が、「らしい」んですけどね。



でも、食感はザックザクで美味しかったです。

もっと硬くても良かったくらいですが・・・



チャーシューは、薄めにスライスしたロースチャーシュー2枚。


特筆するほどではないですが、薄めなので麺と絡めて食べるにはちょうど良いですね。



そして、薬味のネギ。


ネギ・・・。

これが、個人的にちょっと苦手だったかな・・・。


このネギが、万能ネギかなんかだったら、もっと良かったんですが・・・。


やや青臭い気がして、ちょっと食べにくかったかな。



ま、若干ですので、気にせずいただきましたが、強いて言えばってことですかね。




全体的には、さすが、これが本場の味なんだろうなあと思わせるもので、
美味しかったです。


なんだかんだと、完飲完食でしたからね。



替え玉はしませんでしたが・・・。

腹八分目なので・・・(笑)。




腹八分目とかいって、替え玉もせずに言うのもなんですが、量的に、おやつ感覚で
サクッといただけますね。


小腹が空いてるときとか、呑んだあととかには最高でしょうね。





ま、とにかく、美味しくいただきました。




ただ、もう1つ言えば、学生の胃袋相手にするには、「長浜ラーメン」は
もしかしたら物足りないのかなという気も・・・


なので、もっと都心の、繁華街に出店した方が、本領発揮できるような・・・


大体、この辺の豚骨ラーメンの出店場所って、そういうところが多いじゃないですか。


「博多天神」とか「博多風龍」とか・・・



なので、ぜひ、新宿とか渋谷とかにも出店してほしいですね。




今後を楽しみにしています。

長浜ナンバーワン 東京大岡山店_看板

長浜ナンバーワン 東京大岡山店_提灯

長浜ナンバーワン 東京大岡山店

[データ]
●店名:長浜ナンバーワン 東京大岡山店
●住所:東京都大田区北千束1-44-5 甲菱社ビル1F
●交通:東急目黒線・東急大井町線「大岡山」より徒歩2分
●営業:[月~水・金]11:00~15:30・18:00~23:00/[木]11:00~15:30/[土・日・祝]11:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 博多・長浜/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック