プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
MENYA 食い味の道有楽@北柏 / 和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))
MENYA 食い味の道有楽
和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))

[訪問日]
2017年8月13日(日)

[評価]★★★★☆

MENYA 食い味の道有楽 -- 和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))


千葉県柏市の人気店「MENYA 食い味の道有楽」。


お恥ずかしながら、ノーマークの店でして、ラーメン仲間に紹介されるまで、
その存在すら知らなかったという・・・


ただ、話を聞いてみると、地元ではもちろんのこと、県外からもラーメン通が
集まってくる人気店のようで・・・


これは、まずは1度は行ってみないとマズイなと思っていたのですが・・・

なんと、僕の実家がある市のとなりの市、しかも、僕の通っていた
母校の高校へのチャリ通の通学路にあったという偶然。


であれば、帰省途中にでも訪問できるなと思い、今夏お盆での帰省を利用して
訪問してきた次第で。

もちろん、初訪です。




そんなこんなで、「MENYA 食い味の道有楽」です。


まずは、お店について。



創業は、2009年の11月。


すでに丸7年が経過、あと数ヶ月で8周年を迎えようかというキャリアです。



しかも、こちらの店主さん。

この「道有楽」を創業する前は、茨城県つくば市の人気店「麺や 武蒼」で
店長を務めていた方だそうです。


もともとは和食歴20年というキャリアの方で、独学でラーメン作りを学び、
2008年に「麺や 武蒼」を開いたらしいのですが、そのお店は、実のお兄さんに譲り、
ご自分は「道有楽」を創業したようでして。


で、その「麺や 武蒼」は、姉妹店として「麺や 蒼 AOI」、「麺や 蒼輝」など
「蒼(まるそう)グループオゼシン 」というラーメン店グループとして、
現在もつくば市では人気を博しているようですね。


ちょっと不確かな部分もあるのですが、そんな感じの出自らしいです。




さて、では、アクセスなども含め、もう少しお店について。




場所は、冒頭でも触れたとおり、千葉県の柏市。


最寄り駅は、JR常磐線各駅停車の「北柏」。

「北柏」から歩いて10分程度のところです。



10分ですから、十分に歩けるところなのですが、ただ、こちら、車で訪問した方が
ものすごく便利で良いと思います。



というのも、立地が、「MARUKIN」というパチンコ屋の敷地内にあって、パチンコ屋の
駐車スペースが有に300台分はあるという恵まれたものなんです。


ですから、駐車場に困ることもなければ、駐車料金もかからないという・・・



これは、来訪者にとっては、かなりのメリットですよね。


実は僕も、訪問するまで知らなかったことなので、着いて「ラッキー」って感じでした。




店内は、入口を入ると、目の前から左奥に向かって一直線のカウンター席。

席は、12席あって、そのカウンターの目の前は厨房。


で、店の右奥には、テーブル席。

6人掛けのテーブル席が2卓ありました。



全部で24席。

けっこう広々としていますね。




さあ、そして、肝心のメニューです。



こちらのお店、何が看板のメニューなのかというと・・・



どうやら、「和え蕎麦」のようですね。



ただ、この「和え蕎麦」も、今年の3月にメニュー改定があって、そこで初めて
加わったメニューのようでして・・・


もともとは、「つけ麺」がメインだったようで・・・

このお店の前の「麺や 武蒼」が、濃厚豚骨魚介のつけ麺を看板メニューに
していたようですからね。


だから、最初は、そうだったのかもしれないです。




それが、今は、メニューを見る限りでは、「和え蕎麦」がメインのようで。




で、当然なのですが、「和え蕎麦」以外にも、もともとあった「つけ麺」、「ラーメン」、
などもあります。


あとは、これもメニュー改定で加わったメニューの「ワンタン麺」もあります。




で、一応、看板メニューと考えていい「和え蕎麦」なんですが・・・。

これも、かなり種類が豊富です。



まず、味なんですが、2種類あります。


簡単に言っちゃえば、「塩」と「醤油」。



ただ、これらも単純に「塩」、「醤油」というメニューの分け方ではなく、
以下のようになっています。


「塩」が、「塩味(宗田鰹返し)」で、
「醤油」が、「生琥珀醤油(八正醤油鰹返し)」となってます。

それぞれのタレの素材をメニュー名に表記した形ですね。


この2種類を基本に、それぞれバリーションが揃ってます。


まず、共通なのが、デフォの「和え蕎麦」と「辛肉辛麺和え蕎麦」の2つ。

これは、「塩」も「醤油」も共通したバリエーションです。


他は、バラバラなので、列記しておきます。


まず、「塩」の方は、

「海老和え蕎麦」
「三味肉和え蕎麦」

の2種類があります。


そして、「醤油」の方は、

「1本たら子和え蕎麦」
「道有楽和え蕎麦」

の2種類があります。



で、どちらも、「麺DOUBLE 生麺500g」という麺増量メニューがあるのですが、これを注文すると
「野菜増し」、「解し肉」もプラスされるというおまけ付き。

他に、「和え蕎麦麺ダブル」というのもあるのですが、それとは違うものなんですね。



これが、看板メニューの「和え蕎麦」です。




で、これ以外には、

「道有楽つけ麺」、「ラーメン」、「辛味噌ラーメン」、「豚骨魚介ラーメン」、
「豚骨辛味噌ラーメン」、「俺のワンタン麺」、「ワンタン麺焼豚2枚」、
「ワンタン麺塊焼豚」というのがあります。



ちなみに、先ほども触れましたが、「ワンタン麺」は、もともと気まぐれに提供されていた
限定麺だったようなんですが、人気があってレギュラー化したみたいです。




あとは、追加トッピング各種とドリンク類も揃っています。




さらに!


実は、これをお目当てのラーメンフリークの方も多いようなのですが・・・


「毎月の一杯」という月替わりの限定メニューがあるんです。

2011年からスタートしたメニューのようなんですが、これがかなり人気のようでして・・・



僕の場合は、初訪の場合は、大抵、レギュラーメニューをデフォでいただくのが
当たり前のようになっているのですが・・・


こちらのお店の場合は、初めてのお客さんでも、この「毎月の一杯」を
オーダーしていく人が多いのだそうで・・・



ただ、この「毎月の一杯」。

オーダーするのにルールがありまして・・・



どんなルールかといいますと・・・


「限定の食券を購入する前に、必ず、店主さんに限定の有無を確認しなければいけない」

というルールなんです。



もし、これを守らなかったら、限定の食券を購入しても提供を断られるという・・・


なんとも厳しいルールがありまして。



当然、初訪の人は、これを知らずに限定を購入する人もいるようでして・・・。


ただ、このことは、券売機にしっかりと掲示してあるので何も言えないのですが・・・



そして、それもこれも、限定だと数に限りがあるので、しっかりと提供できるようにとの
配慮からのようなんですけどね。


初めての人は気をつけないといけないですよね。




で、この「限定」をチョイスした人に限り、「限定専用のセットご飯」もあるんです。

これも特別なメニューなので見逃せないです。



ちなみに、今回、僕がお邪魔したときの限定は・・・


「肉しゃぶ冷中」。


「スタンダード」、「和牛叩き入り」、「和牛ダブル」の3バリエーションが
ありました。


で、セットご飯は、「解し鮭とたら子飯」。



ものすごい惹かれるメニューですよね。




さて、こんな感じのメニュー構成の「MENYA 食い味の道有楽」。


かなりメニュー豊富で目移りして選ぶのに困ってしまいますよね。




いろいろと事前に下調べはしていたのですが、僕は、最初から決めていました。


やはり、最初は、レギュラー。

一番の看板メニューをいただく。



これが、僕のある意味ルールになっているので、今回もそれに則って・・・



まずは、「和え蕎麦」をデフォいただくことに。


味は、「醤油」です。



メニュー表では、「塩」の方が先に書かれていたのですが、券売機では、「醤油」が頭。

なので、「醤油」にしました。





さて、ということで、初めての訪問となる「MENYA 食い味の道有楽」。


そして、初めていただく「和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))」。




一体どんなお味なんでしょうかね。




では、早速なんですが、いただいた感想をレポしていきましょう!




それでは!





まずは、例によって見た目から。

MENYA 食い味の道有楽 -- 和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))

デフォなので、やや大人しめ?


正直、そうとは思えない基本のトッピング。

かなり豪華でビックリです。


これはすごそうです・・・。



では、細かく。

MENYA 食い味の道有楽 -- 和え蕎麦(生琥珀醤油(八正醤油鰹返し))_アップ

ほとんど麺が隠れて見えないほどに敷きつめられた具材。


まず、中央に「温泉玉子」。


デフォで、これが付いてくること自体嬉しいです。


で、その「温玉」を囲うように・・・


左側から、まずは、「蒸し鶏」、「メンマ」、「小松菜」、「糸がき」、「バラチャーシュー」、
たっぷりの「刻みネギ」という具合で盛られています。


そして、隙間から覗かせている太い角麺。



見えないですが、その下には、たっぷりのタレが沈んでいるのでしょう。



これは、かなり食べ応えのありそうな「和え蕎麦」です。


楽しみ楽しみ!




では、いただいてみましょう!



まずは、しっかりとタレと麺を混ぜ合わせて・・・


一口。


ズルズルっと、一口、そして、噛んでみると・・・



適度なコシと弾力性、そして、モッチモチの食感の麺。


茹で加減もちょうど良い。



タレは、鶏と鰹をベースとしたものに、薄口醤油を合わせたもののようで、
醤油味なのですが、すごくサッパリとした感じで塩味と勘違いするような感覚。


八正醤油の生を使っているようで、薄口醤油特有の「塩味はしっかりしてる」けど、
見た目は淡くサッパリした感じが、「塩味」を連想させるんでしょうね。



すごく、サッパリとしてキリッとした塩分が、舌を刺激してきます。



鰹をはじめとした乾物類を使った和風味も、香り豊かで芳醇な味わい。




美味しいですね!



これは、けっこうガツガツと行ってしまう美味さです。




最初は、「温玉」は混ざらないように気をつけて食べていたのですが、途中から
「温玉」を混ぜ合わせると、卵黄のまろやかさが加わり、また違った味に変化して美味しい。


時折、歯に感じるシャキッとした食感は、刻みネギ。


この刻みネギもサッパリとした感覚を与えてくれて良い仕事をしてくれてます。

けっこうたっぷりと入っているのですが、このくらいの量だからこそネギの存在感も
アピールできているんでしょうね。

少なかったら、ネギを感じることをできません。


考えられた量なのかも。



そして、他の具材。


メンマが、しっかりと味が沁みたシャクシャクとした食感のもの。

これも良いですね。



で、肉類。



「蒸し鶏」は、表面にハーブをまぶしてるのかな?

サッパリとした風味とムッチリとした食感の鶏モモ肉。



豚バラも、結構な厚みがありつつもやわらかくほぐれて、麺と絡めながらいただける。



どちらも美味い!




そして、実は、大きな存在感を放っているのが、「糸がき」。


メニューには、「糸賀喜」と漢字で表記してありましたね。



これが、和の風味を余計に感じさせてくれます。


ベースになっている鰹に加え、まぐろ節の風味が麺を啜るごとに感じられ、
すごく上品な味わいに変化する。



これは、和食出身の店主だからこそのアイデアかもしれないですね。




忘れてましたが、小松菜もサッパリと良い箸休めになっていて美味しかったです。




けっこうなボリュームでしたが、あっという間の完食です!


ハイレベルな美味しさに大満足です。



ただ、後悔したのが、〆にご飯を入れなかったこと。

これ、マストでしたね。



お店を出てから後悔しました。




でも、それ抜きでも美味しくいただけたので良かったですが・・・


ま、次回は、〆ライスを忘れないようにしないと。




ただ、次回訪問するとしたら、限定も食べてみたいし、常連さんオススメの
「ワンタン麺」も食べてみたいし、迷っちゃいますね。



これは、何回も通わないといけないってことかな?



場所が自宅から遠いので中々機会は少ないですが、幸い実家は近いので、
帰省のときは、なるべく立ち寄るようにしましょうかね。


そうすれば、訪問できる機会も増えるでしょうし。




良いお店に出会うことができました。


また次回を楽しみにしています。

MENYA 食い味の道有楽

[データ]
●店名:MENYA 食い味の道有楽
●住所:千葉県柏市松ヶ崎435-1
●交通:JR常磐線「北柏」より徒歩10分
●営業:[水~金]11:30~14:30・17:30~21:00/[土・日]11:30~21:00
●定休:月曜・火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/まぜそば ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック