プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン 星印@反町 / 冷静塩麺~ボニート&ピーチ(麺処 秋もと×ラーメン 星印 コラボ/2017年8月20日(日)限定)
ラーメン 星印
冷静塩麺~ボニート&ピーチ(麺処 秋もと×ラーメン 星印 コラボ/2017年8月20日(日)限定)

[訪問日]
2017年8月20日(日)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)


約1ヶ月前の7月17日。


反町の「ラーメン 星印」で、伊勢佐木長者町の「地球の中華そば」との
豪華コラボラーメンが提供されました。


残念ながら、僕は、いただくことができませんでした。


ですが、その美味しさ、評判は、いろいろな方から伝わってきて、
もう、羨ましい限りでして・・・。



そんな豪華コラボがまだ記憶に新しい8月20日。


またまた豪華なコラボが実現しました。




今回は、僕もたくさん・・・

っていうか、一番多くお邪魔している市が尾の「麺処 秋もと」とのコラボ。


「星印」の沖崎さんいわく、

「市が尾のリッチマン」
「市が尾の鰹の魔術師」

とのことなのですが・・・


その「麺処 秋もと」店主の秋本さんが、反町に光臨。


初めての「麺処 秋もと×ラーメン 星印」のコラボが実現したんです。




これは、両店の大ファンの僕としては、行かないわけにはいきません。



ってなことで、「ラーメン 星印」へと出向いてきました。




実は、前々から、このコラボについては計画を聞いていたので、楽しみだったんです。


一体、どんなすごいラーメンを食べさせてくれるんでしょうね。




では、早速。



オープンは、11:00。


それに合わせ、9:00には着いていたいなと思い、それを目指して、7時前には出発。

8時40分くらいに到着すると・・・


すでに、4名の待ちが・・・

みなさん知ってる方ばかり。

早いですね~(笑)


ってなことで、5番目に接続。


ま、1巡目にはいただけるので問題なし。


オープンまでの約2時間半。

ゆっくり待ちましょう。



そして、待っていると、続々と両店の常連さんたちが現れ、あっという間に行列に。

すぐに30~40名くらいの行列になってしまいました。


ようやくオープンというときには、すでに60名を超えてたと思います。




さすがですね。




さあ、いろんな知り合いたちがいれば、2時間半の待ちなどすぐに過ぎ、
あっという間にオープンの時間です。


ほぼ定時にシャッターが開き、暖簾がかかると・・・





っと、その前に、今回のメニューについて全く触れてませんでした。



なので、まずはメニューについて。



一体どんなメニューなのかと思っていたのですが・・・


あまりにも斬新過ぎて、っちょっとビックリ。



なんと、「鰹と桃のラーメン」で・・・


その名も、

「冷製塩麺~ボニート&ピーチ」。



おそらく、

「え?」

って思った人も多いのでは?


「鰹に桃?」

そんなの合うのか?



普通は、そう思いますよね。



でも・・・


結論から言っちゃえば、これが、不思議なくらいのベストマッチ。

ホント、不思議なくらい・・・


さすが、天才ラーメン職人の2人って感じ。



そんな感じの仕上がりだったんです。




で、今回のコラボ。


どういう役割分担だったのかというと・・・


とりあえず、このメニューを見ていただければ大体わかると思うのですが・・・

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)_メニュー

ここに書いてある通りなんですが、まず、ベースのスープ。


これは、「麺処 秋もと」の秋本さん。


「鰹の魔術師」ですから・・・


ベースの鰹を使ったスープ、塩ダレ、油を秋本さんが担当。



麺は、「支那そばや麺工房」の麺を使用。



そして、このスープ、タレ、油、麺を使ったラーメンをアイデア豊富な
具材でまとめ上げるのが「ラーメン 星印」の沖崎さん。

沖崎さんの、これまでのキャリアを十分に活かした斬新なアイデアを盛り込み、
「鰹と桃」が見事に融合。


完璧なまでの味に仕上げたわけでして・・・




とにかく、最強のタッグです。




では、どんな感じで仕上がって、どんな味に仕上がったのか。

すでに、冒頭で写真は見ていただいちゃってますが・・・




そんなことで、いよいよオープン。

この斬新なラーメンがいよいよいただけるわけで・・・




ま、四の五の言わずに、早速、感想をレポしていきましょう!





それでは!





まずは、例によって、見た目から。

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)

これは、いつもの星印さんの「塩ラーメン」の器ですね。


それよりも、なんかすごいビジュアルのものが登場ですよね。


ファーストインプレッション。


「これ、冷製パスタ?」

ってな感じ。



すごく彩りもキレイだし、なんともラーメンっぽくないビジュアル。


美しい・・・




では、細かく。

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)_アップ

まず、スープ。


パッと見のスープの量は少なめに見えますね。

透き通った清湯冷製塩スープが、しっかりとベースを支えています。


そこに若干顔を覗かせている麺。


ストレートの細麺。

けっこう細いです。


切刃26番だそうです。

細いですね。



さ、そして、その上にのる具材たち。


これがすごい。



まず、センターから攻めて行きましょう。


中央の下に敷かれている薄切りにした、ピンク色のもの。

これ、「桃」ですね。


僕は、勝手に「ビントロ」とか失礼なことを言ってしまいましたが、
ただ、ホント、見た目が魚の切り身のような感じなんです。



「なるほど、こういう「桃」の使い方をしたんですね」って感じ。




実は、「支那そばや」さんでも「桃の冷やしラーメン」をやってるんですよね。


僕は、食べていないので味はわからないですが、写真だけを見る限り、
「秋もと×星印」とは全く違う使い方をしてますね。


あまりにも直接的に「桃」をフィーチャリングしすぎてる感じ。


きっと美味しいんでしょうけど、「桃のラーメン」を食べるというより、
「桃」と「ラーメン」を食べるといった感じでしょうか。


1つの料理としての2つの融合性があまり感じられない印象が・・・




でも、今回のコラボは違います。


一応、主役でもありながら、主張しすぎず、全体の一部を担った形での
使い方がされています。


こういうところにセンスを感じますよね。




で、その薄くスライスした桃が一番下に敷かれています。

しかも、それが放射線のように、下に敷かれてます。


まるで、「星」のようですね。



その上には、今度は、桃とトマトをダイスカットしたものをオリーブオイルで
和えたものがのっています。


さらに上には、「スモークサーモン」が折りたたまれて盛られています。



桃、トマト、サーモン、オリーブオイル・・・


なんか・・・



で、どんぶりの上部には、「ベビーリーフ」が数枚。


時計周りに回って行くと、チーズパン粉がたっぷりと。


そして、スライスレモンが添えられて・・・



全体に、カラスミが振りかけられていて・・・

同時に、香味油も振りかけられていて・・・




これ、やっぱり、イタリアンですよね。


どう考えてもイタリアンの発想だと思うんですけど。



すごいなぁ。


ベースになっているのは、鰹節をベースとした冷製塩スープ。

で、麺は細麺でこそありますが、その上を彩るのは、まさにイタリアン。


ピンク、グリーン、オレンジ、赤、黄色、茶色。

すごい彩り。



見た目的に美しすぎる。



また話は戻っちゃいますが、ものすごく凝った「桃」の使い方をしてる。


何度も言いますが、主張しすぎていないところが良い。


だって、桃を食べにきたわけじゃないから。



すばらしいと思います。





ってか、これ、一体、どんな味するのかな?

まずは、そう思っちゃいますよね。




もう、これはいただいてみるしかありません。





ということで、いただいてみましょう!




では、まず、スープから。



あ~、これは、まさに「秋もと」さんの味ですね。


しっかりと「節」が効いている。



荒削り、花鰹、煮干し、昆布・・・

おそらく、この節の効きかただと鶏節も入ってるんじゃないかな?


間違ってたらゴメンナサイ。



で、塩ダレには、貝柱。



「秋もと」さんらしいベースに煮干しがあるんだけど、そこに鰹を被せる形で
節感を出していく感じ。


まさに、「秋もと」さんの「ボニートスープ」です。



美味しい。


ヤバイくらい美味しい。



塩味は、おそらく他の具材との兼ね合いで、あまりぶつからないように
やや控えめにしてるのではないでしょうか?

しっかりと塩味は感じつつも、角のない塩味でまろやかで良い感じです。



そして、このスープに絡んでくる麺と具材。



麺はね、間違いなく美味しいです。



ツルパツの細麺。

しっかりと〆られていて、キンキンに冷たく、ザックリした食感はたまりません。


麺肌ツルツルで口当たりも最高。




で、問題の具材。



まずは、「桃」。


「桃」というと、熟した甘く柔らかいのを想像しますが、そんなことないんです。

逆に、しっかりとした歯応え、極端に言うとサクッとした食感で、甘さも控えめ、
スープと全くぶつからず、逆に、スープの塩味と桃の甘味とが合わさって
どちらをも引き立てあった絶妙な味に。

こうなることを想像して作ったのかどうか、ものすごい発想ですね。


しかも、もう1つの桃は、トマトと一緒にオリーブオイルと和えられて。


トマトの酸味もやや加わり、オリーブオイルの香りとともに口に広がる。



その上、スモークサーモンですから。

で、さらにカラスミ。


さらにさらに、チーズパン粉という・・・


このチーズパン粉というのは、粉チーズとパン粉を混ぜて作るのでしょうか?


チーズの風味とパン粉の食感が良い感じですよね。


で、これが、また他の具材に合うんですよね。



やっぱり、この発想、イタリアンですよね。




とにかく、それぞれの具材が、どれ1つとして独立していなくて、合わさって
初めて効果的な味になるように計算されているというか・・・



だから、「ボニート&ピーチ」であっても、桃が突出してるわけでもなく、
鰹やほかの具材と上手く調和している。


「桃」と「ラーメン」ではなく、「桃」も一部使っているラーメン。



完璧に融合してるんですね。



なんかすごいなぁ~。



もう食べてるのと同時に、この発想のすばらしさにビックリしちゃって。


そんなこと思ってたら、いつの間にか食べ終えてしまって・・・。




激ウマでしたね。




正直、これが、この日一日しか食べれないなんて、なんてもったいないことなんでしょう。


でも、これこそ限定の醍醐味でしょうね。



一回しか食べれないからこそ価値がある。




でも、機会があれば、何回も食べてみたいラーメンですね。


まあ、、仕込みがかなり大変だったみたいなので、そう何回もできる
メニューじゃなさそうですが・・・




とにかく美味しかったです!

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)_星印

麺処 秋もと×ラーメン 星印コラボ -- 冷製塩麺~ボニート&ピーチ(2017年8月20日(日)限定)_メニュー

ラーメン 星印

[データ]
●店名:ラーメン 星印
●住所:神奈川県横浜市神奈川区反町1-3-4 ルミノ反町 1F
●交通:東急東横線「反町」より徒歩5分/京浜急行本線「神奈川」より徒歩6分/JR京浜東北線「東神奈川」より徒歩10分
●営業:[月・水~金]11:00~15:00・18:00~21:00/[土・日・祝]11:00~15:00
●定休:火曜(祝日の場合、翌日)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/塩(鶏+節)(桃・創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック