プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺や でこ@新丸子 / 特製醤油そば
麺や でこ
特製醤油そば

[訪問日]
2017年8月20日(日)

[評価]★★★★★

麺や でこ -- 特製醤油そば


東横線「新丸子」の人気店「麺や でこ」。


僕が良くお邪魔する市が尾の「麺処 秋もと」さんらも参加する神奈川の新進気鋭の
ラーメン店が集まったコミュニティーTAG(Take Action Group)にも参加しているので、
当然、お店のことは以前から知っていました。

そして、ぜひお邪魔したいとも思っていたのですが、中々調整ができず、
長らくの宿題店になっていたお店です。


それが、今になってようやくの訪問です。

もちろん、初です。




こちらの「麺や でこ」さん、創業は、2014年の5月。


店主の方は、中島幹尚さん。


出身地が鹿児島県なのかはわかりませんが、鹿児島の「みそや・堂 別庵」、
同じく鹿児島の「ラーメン 一軒目」等での修行を経て独立されたようです。



ただ、いきなり「麺や でこ」を創業したわけではないんです。

実は、「麺や でこ」創業までにいろいろと紆余曲折あったようなんですよね。



ちょっと失礼ながら、いろいろと調べてみたんですが・・・



中島さん、「麺や でこ」をオープンする前は、東急目黒線の「西小山」で、
ラーメンダイニングの「麺喰酒場 月音」を営んでらしたそうです。

お恥ずかしながら、こちらのお店のことは知らなかったのですが・・・


この「月音」というお店、「ラーメンダイニング」ということで、日・祝以外は、
夕方から夜中までの営業のお店で、屋号の通り、お酒とおつまみを楽しめて
ラーメンも食べられるというコンセプトのお店。


2007年の5月にオープンして以来、好評を得ていたようなんですが、残念ながら、
2010年の11月に閉店してしまったんですね。



中島さんいわく、

「ラーメンダイニングという業態としての限界を感じた」

ために一旦お店を閉めたということらしいです。



そして、新たに「ラーメン専門店」を開業すべく準備に入り、3年半の歳月を経て
めでたく開業に至ったのが「麺や でこ」ということのようです。


「月音」を閉め、「でこ」を開業するまでの間、無収入で3人のお子さんを
養いながらの開業準備ということで、かなり苦労されてるようです。



そして、「麺や でこ」の開業にいたるわけですが、その「麺や でこ」も
開店当初は、今とは全く違うメニュー構成、コンセプトだったようです。


中心となっていたのは、「鶏白湯」。


ですが、オープンした年の8月に中島店主、肘を痛めたそうで一時休業、
1ヵ月後にお店を再開したのですが、そのときには、メニューの内容を一新し、
新たに現在の形にほぼ近い形で再開をされたようです。



そして、現在に至ると・・・



今では、行列必至の神奈川県下でも指折りの人気店になったわけですから、
中島店主、素晴らしいですよね。




めでたしめでたし・・・


っと、ここで終わってしまってはお話になりませんね(笑)。



そんな紆余曲折の出自をお持ちの中島店主。

苦労されてきてるだけのことはあります。


笑顔が絶えません。

とにかく明るい方です。


実は、ちゃんとお話をするのは今回が初めてなのですが、話をしていて気持ちが良い。

すごく気さくに受け答えしてくれるし・・・



店主の方が、そういう方だと、お店も明るく活気が出てきますし、
自然と人が集まってきますよね。



いま、「麺や でこ」が成功しているのは、そういうことなのでは?
と思いますけどね。


もちろん、ラーメンが美味しいのは大前提にありますが・・・



それだけでは、お店は繁盛しませんから。




そんな名店「麺や でこ」に今の今まで未訪だったとは!


我ながらお恥ずかしい。



でも、今回、しっかりとお邪魔して美味しいラーメンを堪能させていただきましたから。




ということで、今回いただいたラーメンの感想のレポといきたいところですが、
お店についても少々触れておきましょう。



これまでの出自については、長々と書いたとおり(汗)。



ここでは、実際のお店について。




まず、アクセスですね。



場所は、冒頭でも触れましたが、東横線「新丸子」が最寄り駅になります。


となりの「武蔵小杉」からも徒歩圏内なのですが、「新丸子」ですと歩いて3分。

商店街を通ってすぐの場所にあるので、こちらの方が便利です。



もともとは、白地に黒文字で屋号が書かれ、大きく「らーめん」、「つけそば」、
「まぜそば」と書かれていたのですが、今は赤地に白文字なので、余計に目立つので、
すぐにわかるでしょう。



店内は、厨房を囲うように逆L字型のカウンター席が8席。


そのカウンターの背後に、2人掛けのテーブル席が2卓あります。


先ほども言いましたが、お店にすごく活気がある。



元気な雰囲気なんですよね。

すごく居心地の良いお店です。



厨房には、中島店主と助手の方。

ホールに女性スタッフが1人という3人体制での切り盛りです。




で、肝心のメニューです。



先ほども触れましたが、オープン当初は、今とは全然違うメニューだったようですね。


でも、結果的に、現在のメニュー構成にして正解だったんでしょう。



そのメニューというのが、基本、4種類のメニューになっています。


「醤油そば」、「塩そば」、「つけそば」、「まぜそば」の4種類です。


これに、トッピングバリエーションとして、「味玉」、「チャーシュー」、
「味玉チャーシュー」、「特製」があります。

ただ、「まぜそば」のみバリエーションは、「特製」しかないようです。


で、冬季には「味噌そば」が限定で、夏季には「冷やし」が限定でラインナップ。



今夏は、「和風冷やしらーめん」というのが出てました。



ご飯ものとしては、「たまごかけご飯」、「チャーシューまぜご飯」、「葱チャーシュー丼」、
普通の「白飯」が揃ってます。



あとは、お好みでの追加トッピング各種ですね。


それと、酒類を含むドリンク。




こんな感じのラインナップです。


冬の「味噌」・・・魅力的ですよね。

それに、夏季限定の「和風冷やしらーめん」も!



すごく魅力的なんですが、僕的なポリシーで、やはり初訪ではレギュラーを食べる、
これがルールになってますので、今回も誘惑に負けることなく「醤油そば」を
チョイスしていただくことに。



みなさん、常連さんに話しを聞くと、

「まぜそば」が美味いだととか、「塩そば」が良いだとか・・・


いろいろと惑わせることを言う方が多いのですが、やっぱり、最初は「醤油」ですよね。



ってなことで、迷うことなく「醤油そば」をいただいてきました。


なので、感想の方をレポしていきましょうかね!




それでは!





まずは、例によって、見た目から。

麺や でこ -- 特製醤油そば

いやいや、中島さん、僕はお邪魔するの初めてだというのに、
ものすごいご厚意をいただきまして・・・


なんと「特製」で盛り付けていただいちゃったようで・・・



なんか、中々訪問もせずにいたのに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。


でも、お気持ち、ありがたく頂戴します・・・

ありがとうごまいす!



で、その「特製」の盛り付けなんですが・・・



ストライクです。


正直、僕は、盛り付けにはうるさい方なんです。


その僕が、パッと見た瞬間釘付けになるほどキレイな盛り付け。



やはり、食べ物は、見た目から入らないと。

これ、重要です。



どんなに美味しくても、見た目が良くないと味は半減します。



そういう意味で、「でこ」さんの「特製醤油そば」、完璧な掴みです。




では、細かく。

麺や でこ -- 特製醤油そば_アップ

まずは、スープ。


やや濃い目の色合いをした醤油スープ。

淡麗清湯の美味しそうなスープです。


油分は、やや少なめですね。



そして、麺が見えないほどに場所をとって並べられているチャーシュー。

鶏チャーシューが2枚、豚肩ロースチャーシューが3枚。


キレイに扇型に広がった形で並べられています。



そして、どんぶりの周囲を囲うように、長い穂先メンマが数本。


で、味玉。



薬味は、たっぷりのネギ。



どんぶりサイドには、海苔が張りつけてあります。

実は、この海苔の盛り付けスタイル、好きなんですよね。


海苔がスープに浸って、グチャッてならない。

なんで、見た目が崩れることがない。



美しいです。


食べるのがもったいないくらいキレイですが、いただいちゃいましょう!

やっぱり食べないとね。





ということで、実食です。




まずは、スープを一口。


優しい・・・

まず感じるのは、人間が作ったラーメンなんだというのがダイレクトに伝わってくる。


そんな優しさが伝わってきます。



醤油の味が、すごくマイルド。

かといってダレてしまう味ではなく、スッキリとしている。



ベースの出汁は、鶏のしっかりとしたコクに支えられ、魚介の風味がほんのりと香る、
すごく鶏と魚介のバランスが取れたものになっています。


鶏は大山鶏を使ってるみたいですね。



そこに、イリコと節系の香り加わり、味和深いスープになっています。




これは美味いぞ!



スイスイと飲めちゃう。


ヤバイなこれ。




そして、麺。


ツルツルの麺肌は口当たりが良く、食感もプリッとして最高。


中細のストレートなんですが、すごい麺との絡みが良いんですよね。



食べ終わる頃には、スープの大部分がなくなってしまってるほど。

それだけ絡みが良いんでしょうね。



麺も最高に美味しいです!




で、豪華なトッピング。



まずは、チャーシューから。


鶏ムネ肉のチャーシューは、やわらかく、サイズも大きすぎず小さすぎずで良好。


豚肩ロースは、しっかりととした肉感を味わえ、噛めば噛むほどに
肉の旨味を感じられる美味しいチャーシューです。

これが、三枚も!



これは、贅沢ですね。



長細い穂先メンマもサックサク。


穂先メンマ、大好きなんですよね。




味玉は、しっかりと味が沁みていて・・・


と思ったら、なんと味玉の白身部分に網状の切れ目がついてるんですよね。

これだと、ラーメンのスープも吸い込んでダブルの味付けになって・・・


細かい工夫が見られます。




美味しいですね。




たっぷりのネギもシャキシャキで、甘味があって薬味にしておくのがもったいないくらい。


海苔も面に絡めてしっかりいただいて。





いや~、メチャクチャ美味しかったなぁ~!


すごく素朴なんですが、とにかく鶏と魚介のバランスが良い。

イリコも節類もほんのりと控えめなんですが、そこがかえって良かったり・・・


で、鶏のコクがしっかりしていて・・・



本当に美味しかったです!


あっという間の完飲完食でした!




これは、他のメニューも絶対にいいただかないといけないですね。


「塩そば」も美味しそうだし・・・

「まぜそば」も・・・



そう、次は、「まぜそば」にトライかな?


そうしよう!



そして、早いところレギュラーをコンプしないといけないですね。




また近々時間を作ってお邪魔したいと思います!

麺や でこ

[データ]
●店名:麺や でこ
●住所:神奈川県川崎市中原区小杉町1-520-6
●交通:東急東横線線「新丸子」より徒歩3分/東急東横線・JR南武線「武蔵小杉駅」より徒歩5分
●営業:[月・水~金]11:30~15:00・18:00~21:00/[土・日・祝]11:00~15:00・18:00~21:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック