プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
Tombo@井の頭公園 / 味玉醤油の旨味ソバ
Tombo
味玉醤油の旨味ソバ

[訪問日]
2017年9月11日(月)

[評価]★★★★★

Tombo -- 味玉醤油の旨味ソバ


とても残念な話なのですが・・・



結局一度も食べずに閉店してしまった名店があります。


それが、「我流旨味ソバ 地雷源」というお店。



正確には、違うコンセプトのお店へとリニューアルしたわけでして・・・、
それが、現在でも中野に本店を置く「肉煮干し中華そば さいころ」。



「我流旨味ソバ 地雷源」は、鯉谷剛至さんが、杉並の方南町に2002年に創業した名店。

2010年に中野に移転し、そして、翌年の2011年に、「肉煮干し中華そば さいころ」へと
リニューアルしたんです。



で、リニューアル前の「地雷源」で提供されていた幻の名作ラーメン。

それが、屋号にも冠されていた「我流旨味ソバ」というもの。



それを、惜しくも食べ損じてしまったというわけです。


もう食べられない。

なのに食べていない。


こんな残念で悔しい話はありません。



ちょうど、そのころ個人的な事情でラーメン食べ歩きをお休みしていた時期で、
食べ損じていたわけですが・・・


とにかく、とても残念です。





それが、この「我流旨味ソバ」を食べるチャンスが再び巡ってきたんです。


2013年に福生にオープンした「The Finest Noodls El Dorado」というお店。

これが、実質、名店「地雷源」が屋号を変えての復活ということで、名作「我流旨味ソバ」も
提供されるという話で・・・



ただ・・・


場所は、福生、平日昼営業のみ、日曜休みなどハードルが高過ぎて・・・


結局、訪問するタイミングを逸したまま、2014年12月下旬をもって無期限休業に
入ってしまいまして・・・


またもや「我流旨味ソバ」をいただくチャンスを逃してしまいました。




そして、この「地雷源」の「我流旨味ソバ」というもの。


門外不出のもので、創業者の鯉谷剛至さんのみしか、そのレシピを知らないという・・・



そのため、「地雷源」出身の人でも、この「我流旨味ソバ」に類するものを
メニューとして扱ってきた人がいなかったという話で・・・



つまり、本物の「我流旨味ソバ」のみならず、そのDNAを受け継いだ味をも
口にすることができないほどの幻の名作となってしまっていたわけです。




ところが、今回、まさかの、その「我流旨味ソバ」のDNAを受け継ぎつつも、
新たな「我流旨味ソバ」として生まれ変わった作品をいただけるお店が誕生したんです。




それが、つい先日鳴り物入りでオープンした「Tombo」というお店。



このお店、「地雷源グループ」で8年間もの修行を積み、その屋台骨を支えてきた
榎本直記さんが満を持してオープンさせたお店。


榎本さんは、「地雷源」の「我流旨味ソバ」に憧れて「地雷源」に入門し、
決して開示される事のなかったレシピを研究し続け、ようやくその成果を以って
独立に至ったようです。



「地雷源」の「我流旨味ソバ」ではないけれど、その系譜の、そして新たな「我流」の
榎本さんの手による「旨味ソバ」をいただけるという・・・



これは、訪問しないわけにはいかないですよね。




そんなことで、早速訪問してきたというわけです。





ということで、「Tombo」について。



店主さんは、先にも触れたとおり「地雷源」出身の榎本直記さん。

8年もの修行を積んでこられた強者です。



お店の屋号の「Tombo」というのは、想像つくかもしれませんが、長渕剛さんの
「とんぼ」に由来しているそうなんですが、それ以外にも、「とんぼ」という虫が、
「勝ち虫」と呼ばれている縁起の良いものだったからでもあるそうです。

言われてみれば、店主の榎本さん、長渕っぽいし、好きそうな感じしますね(笑)。



場所は、井ノ頭通り沿いで、京王井の頭線「井の頭公園」が一番の最寄リ駅で、
歩いて8分程度。

「吉祥寺」からも歩いて13分ほどなので全然徒歩圏内、道順としては、井ノ頭通りを
まっすぐ一本歩いてくればいいので、吉祥寺の方がわかりやすいかもしれません。


通り沿いに、ブルーのテントにローマ字で「Tombo」と書かれているのですぐにわかります。

行列目安でもいいかもしれませんが・・・。



店内は、奥に長い造りで、厨房を前にストレートのカウンターがあり、
席は10席ほどのシンプルな造り。


店主の榎本さんと、サポートのスタッフ2名での体制。




そして、メニュー。


基本は、「ラーメン」、「つけ麺」、「油そば」の3種類なんですが・・・


「ラーメン」は、「醤油の旨味ソバ」と「汐の旨味ソバ」。

「つけ麺」は、「醤油のつけソバ」と「汐のつけソバ」。

「油そば」は、「まぜソバ」と「辛まぜソバ」。


こんな感じになっています。


さらに、「醤油の旨味ソバ」と「汐の旨味ソバ」は、「味玉」のバリエーションがあって、
「醤油のつけソバ」と「汐のつけソバ」は、、「小」と「大」が別料金であって、
「まぜソバ」と「辛まぜソバ」は「大」が別料金であります。


ただし、現在は、オープン間もないという事もあって、慣れるまでの間は、
「醤油の旨味ソバ」と「汐の旨味ソバ」とバリエーションのみの提供になっています。



ご飯ものは、「炙りチャーシュー飯」、「ブタめし」、「メンマごはん」、「ごはん」、
「きまぐれごはん」など充実しています。



あとは、追加トッピング各種と「ビール」、「コーラ」ですね。




「醤油の旨味ソバ」と「汐の旨味ソバ」・・・

しっかりと「地雷源」の「我流旨味ソバ」に倣ったネーミングになってますね。



楽しみです!




で、僕はというと・・・



もちろん一番のベーシックなものを・・・


つまり、「醤油の旨味ソバ」・・・



のつもりだったんですが・・・



うっかり間違えて「味玉醤油の旨味ソバ」をチョイスしてしまって・・・。



ま、正直、味玉がのっていても全く問題がないのですが、普段の僕からすると
珍しい事でして・・・




ということで、今回は、デフォではなく「味玉醤油の旨味ソバ」をいただくことに。




さて、「地雷源」の「我流旨味ソバ」の系譜を引く「Tombo」の「醤油の旨味ソバ」。


「地雷源」の「我流旨味ソバ」が未食ですので、比較はできませんが、「Tombo」の
「我流」である「醤油の旨味ソバ」をしっかりといただいてきました。



なので、早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います!





それでは!





まずは、見た目から。

Tombo -- 味玉醤油の旨味ソバ

ステンレスの丸いトレーにのせられ、白いシンプルな反高台丼で登場です。


やや薄めの茶色をした透き通った清湯醤油。


見た目から、ど真ん中な感じで美味しそうです!




では、細かく。

Tombo -- 味玉醤油の旨味ソバ_アップ

スープは、薄めの茶色の清湯醤油。


油は、厚めの香味油が張られています。

同時に揚げネギも。



麺は、細麺ストレート。


けっこう細い印象。

角麺で、しなやかな印象を受けます。



具材は、シンプル。


やや細めのメンマ数本と見るからにトロットロで柔らかそうなバラチャーシュー。


薬味には、トップに白髪ネギと万能ネギ。

その白髪ネギに立てかけられた海苔。


そして、僕が間違ってオーダーしてしまった味玉。



基本的には、シンプルな布陣。



でも、メチャクチャ美味しそうです。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




正直、「地雷源」の「我流旨味ソバ」という、すごい名作という先入観を持って
食べてしまったせいなのか、正直、すごいギャップが・・・


「地雷源」の「我流旨味ソバ」の味を知らないだけに・・・



ただ、そのギャップというのは、決して悪い意味ではありません。


「地雷源」の「我流旨味ソバ」自体が、ものすごい特徴的な味のラーメンだと
思い込んでしまっていたというだけのこと。



実は、その名の通り、究極の旨味を抽出した、それこそ、素朴だけれど、
味覚にも心にも訴えるような味のラーメンこそが、「我流旨味ソバ」だったのかな?

そう思わせる味。



つまり、すごく、シンプルなんだけど、じんわりと沁みてくる美味しさで、
食べれば食べるほどに、その旨味が増してくる。


鶏、豚骨、魚介がバランスよくまとめあげられていて、クセというものが全くない。


言い換えると、「普通」なアプローチなんですけど、「究極の普通」というか・・・。



優しく心に沁みる味で、懐かしくもあり新しくもあり、まさにネオクラシカル的な。



なるほど、この味が、「我流旨味ソバ」の系譜の味なのか・・・


もちろん、全く同じではなく、榎本さんの「我流」である「旨味ソバ」なんでしょうけど。




これは、激ウマですね。


ヤバイな、ハマるかも。



レンゲが止まりません。




そして、麺。



しなやかな細麺ストレート。

けっこう細いような・・・


茹で加減は、ちょっと柔めな感じですね。


個人的には、もう少し硬めの方が好みではあるのですが・・・


ただ、しっかりとスープを吸い上げてくれるし、啜り心地も良い。




で、トッピング。


メンマは、コリコリ。


バラチャーシューは、予想通りのトロトロな柔らかさでものすごい美味しい!

これならチャーシュートッピングしてもいいかも!


味玉は、小振りサイズですが、半熟黄身がジューシーな美味しいヤツ。



揚げネギは適度に香ばしく、ただ、そこまで主張はなく程好い感じ。





いや~、美味い!



初めての「地雷源」系譜ですが、これは美味いですね。

っていうか、もろ僕の好み。



最近のスタイルの「鶏と水」タイプの清湯醤油も好きではあるのですが、
この懐かしい滋味深いタイプもど真ん中。



美味過ぎて、あっという間の完食です。




これは、間違いなくハマりますね。



「つけソバ」、「まぜソバ」も提供開始したら、ぜひ、食べてみたい。

場所が、吉祥寺と、地元に近いので、メニューコンプ目指してがんばっちゃうかも(笑)。



ただ、まだ、全メニューが登場していないので、とりあえず、「汐の旨味ソバ」を
いただきに伺いたいですね。




再訪決定です。



とても美味しかったです!

Tombo

[データ]
●店名:Tombo
●住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町4-16-12 リトハイム101号
●交通:京王井の頭線「井の頭公園」より徒歩8分/JR中央線「吉祥寺」より徒歩13分
●営業:[月・火・木~日]11:00~14:30・17:30~21:00
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック