プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
櫻井中華そば店@保土ケ谷 / 中華そば
櫻井中華そば店
中華そば

[訪問日]
2017年10月5日(木)

[評価]★★★★★

櫻井中華そば店 -- 中華そば


9月に神奈川県の保土ケ谷にオープンしたばかりの新店「櫻井中華そば店」。


半月経って、そろそろ落ち着き気味かなと思いつつ訪問。



こちらのお店、何かと話題に上がっていまして・・・。




ということで、いきなり、お店について解説しちゃいますが・・・。



こちらのお店の店主さん、櫻井啓吾さんという方。


先ほど、いろいろと話題になっていると言いましたが、要は、彼の出自などが
いろいろと話題になっていて、期待が高まっているんですね。



まずは、その出身店。


府中の名店「麺創研」のグループ店出身ということでして・・・。



「麺創研」といえば、「奏」、「紅」など、コンセプトごとに店舗展開する人気店。


今となっては、有名な西早稲田の「らぁ麺 やまぐち」店主の山口裕史さんが、
店舗責任者だった事でも知られてますよね。


まず、この山口さんがいたお店出身ということだけで、なんとなく期待が高まるのが
不思議なものでして・・・(笑)。


同じく、「麺創研」出身で同時期に修行をしていた方で、埼玉県熊谷市で
「らあめん 吟」を経営しているのが宅見浩二さん。

彼も、かなり推しているみたいです。



そして、もう1つの話題のタネとなっているのが、藤沢の人気店「らぁめん 鴇」の
横山巧店主と、どちらかのお店一緒に働いていたという・・・。


横山さんといえば、「麺や 維新」出身ですが、櫻井さんは、「維新」には
いなかったようなので、横山さんとは、「維新」以前のお店で一緒だったのかも。


で、この横山さんと一緒だったという事でも期待が高まったりしていまして・・・




いろいろと前評判が高くなると櫻井さんとしてもプレッシャーがのしかかって
やりづらいんじゃないでしょうかね~(笑)。



でも、いろいろと評判を聞くと、その前評判、まんざら嘘でもなく、
かなりクオリティーが高いようでして・・・




そんなことで、けっこう訪問するのを楽しみにしていたお店です。


なので、遠いけど来ちゃいました(笑)。




ということで、そんな「櫻井中華そば店」です。




冒頭でも言いましたが、場所は、神奈川県横浜市の保土ケ谷。


駅もJR横須賀線、湘南新宿ラインの「保土ケ谷」から歩いて3分程度。

国道1号線沿いのアーケード商店街にあります。



ちなみに、僕も今回初めて知ったんですが、「保土ケ谷」って、正式には、
「保土ヶ谷」でなく「保土ケ谷」なんですってね。


小さい「ヶ」でなく大きい「ケ」なんだそうです。



ちょっと話はそれましたが、その「保土ケ谷」が最寄。




お店は、アーケード商店街なんで、アーケードからの吊るし看板にも表示されていて、
かつ、大きな「櫻井中華そば店」と白地に黒文字で書かれた店舗看板があるので
すぐにわかると思います。



入り口は、ガラス張りで、ドアの脇には製麺室があって覗き見ることもできます。



店内は、奥にスペースが伸びていて、右側に厨房スペースがあり、その前に
直線カウンターがあります。


カウンター席は、8席。


そして、カウンタースペースの後ろ側に、2人掛けのテーブル席も2卓あります。



メニューは、いたってシンプル。



基本は、2種類。


「中華そば」と「つけそば」の2種類。


ただ、現在は、まだオープン仕立てなのか、「中華そば」のみの提供になっていて、
「つけそば」は、今後予定しているようですね。


なので、現状は、「中華そば」のみ。



で、その「中華そば」も、「味玉」、「チャーシュー」、「特製」という
トッピングバリエーションはありますが、それでもシンプルな構成ですよね。


わかりやすくて良いです。


追加トッピングは、「寿雀卵の味玉」、「チャーシュー4枚増し」の2種類。


あとは、ご飯ものとして、「寿雀卵の卵かけご飯」、「炙りチャーシュー丼」、
「ライス」、「小ライス」があります。



さて、ということで、こうなってくると僕的には選択の余地はないですね。


迷わず、デフォの「中華そば」をチョイス。

まずは、基本の味をいただいてみることに。



後で、解説しますが、いろいろとこだわった食材を使っているということで、
楽しみですよね。




では、早速ですが、話題の新店「櫻井中華そば店」の「中華そば」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!





それでは!





まずは、いつもの通り見た目から。

櫻井中華そば店 -- 中華そば

ロクロ目の入った高台丼で登場。

和を感じさせる上品な器です。


パッと見は、何となく、どこかで見たことあるような感じを覚えるもので・・・


最近流行の「鶏醤油系」に見えなくもないですが、シンプルで美味しそうです。




では、細かく見てみましょう。

櫻井中華そば店 -- 中華そば_アップ

スープは、比較的濃い目の茶色をした清湯醤油。

表面には鶏油が厚めに張られています。


トッピングには、部位の違うチャーシューが2枚。

低温調理されたと思われるミディアムレアな感じのチャーシューです。


そして、メンマが数本。


薬味には、刻んだ小ネギ。


構成はいたってシンプルですよね。



で、特徴的なのが、麺。


シンプルなトッピングの下にどっしりと沈みこんでいるのですが・・・


これが、この系統のラーメンだとあまり見られない「中太手揉み麺」。


白河ラーメンを彷彿とさせるような麺で、個性的ですよね。



ちょっと面白いです。





では、早速いただいてみましょう!



まずは、スープから一口。




第一印象としては、「麺創研」出身だからというわけではないですが、
「らぁ麺 やまぐち」さんの「鶏そば」のスープに似た印象を覚えますね。



やはりというか、他にも、どこかで食べたことがあるような・・・

そんな気がしないでもない「流行の鶏そば」って感じがしなくもないですが・・・




ただ、美味しい・・・。



個人的な好みの問題でもあるんでしょうけど、これは、美味いです。




しっかりとした鶏の旨味とコク。


キレというよりは、厚みのある感じの醤油味で。


奥行きもあって、深い味わい。



正直、レンゲが止まりません。


ヤバイ。

どストライクです(笑)。





「櫻井中華そば店」さんの売りの1つではあるのですが・・・


けっこう珍しい食材を使ってるんですよね。


それがスープのベースで使われている「信州黄金シャモ」という地鶏。



信州で品種改良された地鶏なんですが、比較的新しい品種のようです。


あまりラーメンのスープの食材として使われているのは聞いたことがないですよね。


この鶏を使っていることが、美味さの原因かどうかは別として、
この「信州黄金シャモ」の丸鶏をメインに、生ガラ、鶏ムネ挽肉、手羽先等、
これでもかというほどの鶏素材を使ったスープなので、この厚みも納得です。


おそらく、「鶏と水」だけのスープなんじゃないでしょうかね?



で、ここに、合わせられている醤油も特別なもののようで。


ヨネビシ醤油という200年以上続くブランドで、特注した「生揚げ醤油」を
使っているらしいんですね。


芳醇な香り、丸大豆の特有のまろやかさ、深みを与えてくれてるんですね。




いやいや、どこかで食べてことがあるとか、似てるとか、流行ってるといいましたが、
失礼千万、いろいろとオリジナルなこだわりを持ったもので、とても美味しいです。




しかも、オリジナルなのは、これだけではないんですよね。




それが、麺。


麺は、自家製麺なわけですが・・・


先ほどから言っている「流行の鶏そば」系ですと、大抵は細麺ストレートというのが
よくあるパターンでして・・・。



でも、こちらは違います。



中太平打ち麺で、しかも、手揉み麺。


白河ラーメンを彷彿とさせる麺で、この手のラーメンだとかなり個性的。



けっこう加水も高いようで、スープを吸うというより、手揉みして縮れた麺が、
しっかりと絡めて持ち上げてくれるといった感じ。


なので、麺の味と、スープの味をそれぞれ感じることができる。




やはり、美味しい・・・。




トッピングは、バラと肩ロースの2種類を低温調理したもの。


しっとりとやわらかくジューシーで・・・



美味しいです。



メンマもコリコリと、良い食感。




いやぁ~、あっという間の完飲完食です。


僕的にどストライクだったので、ものすごく美味しくいただきました。



先ほども触れましたが、この手の醤油ラーメンってストレートの細麺が多く、
こちらのように、白河ラーメンばりの中太平打ち手揉み縮れ麺は中々ない。


で、それが単に特徴的なだけでなく、すごくマッチしていて美味しい。

スープとの相性も抜群ですし・・・


そして、スープも、分厚く深い地鶏出汁で、鶏油と甘さとともに美味しい。




かなりのヒットでした。


大満足です。



これは、まだ未発売になっている「つけそば」が楽しみですね。


ちょっと場所的に遠いですが、「つけそば」が始まったら、がんばって時間を
作ってお邪魔したいと思います。

櫻井中華そば店

[データ]
●店名:櫻井中華そば店
●住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区岩井町53 稲村ビル 1F
●交通:JR横須賀線・湘南新宿ライン「保土ケ谷」より徒歩3分
●営業:[月・火・木~日]11:30~14:30・18:00~21:00
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック