FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
濃菜麺 井の庄@練馬 / 濃菜麺
濃菜麺 井の庄
濃菜麺

[訪問日]
2017年11月2日(木)

[評価]★★★★☆

濃菜麺 井の庄 -- 濃菜麺


前々から行きたいと思っていつつ、未訪問になっていた「濃菜麺 井の庄」。


ようやく初訪問です。



こちらのお店、「辛辛魚」で有名な石神井公園の「麺処 井の庄」の系列店。


「井の庄」については、下記記事で詳細を書いてますので、ぜひ、参照してみてください。
 ⇒ 「麺処 井の庄 / 辛辛魚らーめん」の記事



さて、今回の「濃菜麺 井の庄」。


今上げた「麺処 井の庄」の系列店なわけですが、ただの支店ではなく、
掲げている屋号からわかるとおり、コンセプトが異なります。



「麺処 井の庄」が、「豚骨魚介」をコンセプトにメニューメニュー構成をしてるのに対し、
「濃菜麺 井の庄」は、「豚骨」と「野菜」をコンセプトにしたメニュー構成にしています。


両方とも、「辛い」ものに関しては共通して出していますが・・・。




で、こちらの店主さん。


当然のことながら、「麺処 井の庄」と同じく中村泰介さん。


創業は、「麺処 井の庄」に遅れること3年の2009年になります。



割りと速い展開での2号店出店だったんですね。


「麺処 井の庄」と同じコンセプト、つまり支店としての出店も2店ほど。


立川の「麺処 井の庄 立川」と保谷の「INOSHOW」。

こちらは、「麺処 井の庄」とほぼ同じコンセプトです。


「濃菜麺 井の庄」だけが、違ったコンセプトだったんですね。



でも、賢いところは、あまり多く展開しすぎてないところ。



すばらしいです。




場所は、西武池袋線の「練馬」から歩いて1分程度の好立地。


高架下沿いの道のマンションの1階に入ってます。



店内は、広々。


コの字型のカウンターが縦に伸びていて12席あり、厨房は、奥にあります。




そして、メニュー。



基本は、「濃采麺」と「濃采つけ麺」。

この2つが、メインです。



で、これに、まさに「井の庄」らしく「辛いバージョン」である
「辛辛濃采麺」、「辛辛濃采つけ麺」というのもあります。



この「豚骨」と「野菜」をコンセプトに下メニューがメインなのですが、
さらに、「魚香ラーメン」という魚介系ラーメン、、「魚躍つけ麺」という
豚骨魚介系つけ麺、「博多そば」といったものもあります。



そして、豊富な追加トッピング。

かなりいろいろとあります。



で、もう1つ。

「濃采麺 井の庄」の名物でもあるのですが、「ジロベジ」というものがあります。


これが、野菜、背脂とかが入った別皿メニューで、そのまま食べられるし、麺やご飯に
かけて食べてもいい、要は、「アレンジ野菜トッピング」です。

いろいろと種類があって・・・


元祖の「ジロベジ」。

これに「ウオベジ」、「カレベジ」、「カラベジ」、「トマベジ」、「すっぱベジ」、
こんな感じのバリエーションがあります。


これ、以前、記事としてあげた「麺処 一笑」と同じですね。


ってか、「麺処 一笑」が「濃采麺 井の庄」出身で、これを継承してるわけですが・・・。



ご飯ものは、「豚ご飯」、「ご飯」の大と小。


あと、「ビール」と「黒ウーロン茶」といった感じ。



ベーシックなものは、「濃采麺」と「濃采つけ麺」ですけど、けっこうバリエーション豊かです。




さて、こんな豊富なメニューですが、僕は今回初めてなので、基本中の基本を
いただこうかと思いまして、一番ベーシックな「濃采麺」をチョイス。


まずは、ここからですよね。



美味しければ、また再訪して、いろいろとバリエーションを楽しむとして・・・




ということで、初めての「濃采麺 井の庄」。



いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目からです。

濃菜麺 井の庄 -- 濃菜麺

「濃采麺 井の庄」のロゴマークの入った白いどんぶりで登場。


パッと見は、「タンメン」のような丼顔。


でも、そこには大きなチャーシューも盛られ、何よりスープが・・・


単なる「タンメン」とは違うようですね。



では、細かく見てみましょう。

濃菜麺 井の庄 -- 濃菜麺_アップ

まずは、そのスープ。


かなり濃厚そうです。


まさに「豚骨スープ」なわけですが、色が茶濁色で、相当濃そうです。



で、スープと具材に埋もれて見えませんが、麺は、丸太のストレート麺。

たっぷりと盛られています。



その上には、このラーメンのメインでもある「野菜」がごっそり。


シャキシャキとした感じよりもシナッとした感じの印象。

キャベツ、もやし、人参、ニラの4種類の野菜が盛られています。


その野菜に立てかけるように置かれているのが、大振りチャーシュー2枚。


モモ肉だと思うのですが、見た感じもしっかり味が沁みていそうで美味しそう。



全体的にボリューミーな一杯ですね。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから。


レンゲですくって・・・



お~、濃い~!

見た目からの予想を裏切らない濃厚さ。


豚のコクがしっかりと感じられ、しかも、臭みとかは一切ない。

けっこう粘度があるのかと思えばそうでもなく、程好いクリーミーさで良い。



3日間かけて炊き上げ、骨の髄まで抽出したスープ。

濃厚なはずです。



タレの醤油味ともマッチしていて最高!




美味しいです!




そして、そのスープを絡めとるのは、丸太のストレート麺。


濃厚な豚骨スープの味に負けることなく、しっかりと小麦の香りを感じさせる麺。


口当たりの良いツルツルとした麺肌。

モッチリとした食感に、コシのある歯応え。


スープとの絡みも最高。



美味しい麺です!




そして、具材。



炒めたものではなく、小鍋で温めるという、温野菜感覚の野菜。

シナッした食感で、麺と絡めて食べるにはちょうど良い柔らかさ。


もっとシャキッとした食感も良いかなとも思うのですが、これはこれで美味しい。



思ってたよりも野菜の量が多くなかったので、野菜大盛りでも良いかもしれないですね。



チャーシューは、これも想像してたとおりの味の沁みこみ方で美味しい。


しっかりと歯が食い込む肉感と、噛むと染み出てくるジューシーな肉汁が美味しい!


肩ロースっぽくもあるんだけど、多分、モモ肉だと思うんですけどね。



いずれにしろ、このチャーシューは秀逸。


美味いです!




全体的にボリューミーな感じの「濃采麺」でしたが、なんなく完食。

あっという間でした。



これでベーシックなバージョンは体験したわけですが・・・


これは、「辛辛」も食べてみたいですね~。

やっぱり「井の庄」ですから。

そこは体験してみないと・・・。


あとは、「ジロベジ」。

これも興味あります。


「麺処 一笑」の7種類ある別皿野菜も食べてみたいなあと思ってたのですが、
それも、この「濃采麺 井の庄」の「ジロベジ」に端を発してるわけで、
やはり「ジロベジ」を先に食べてみたいかな。


そう考えると、「辛辛濃采麺」を食べて、「ジロベジ」も食べて・・・


あと何回かは訪問しないといけないですね。



がんばって時間を作らないと!



「濃采麺」、美味しかったです!

濃菜麺 井の庄

[データ]
●店名:濃菜麺 井の庄
●住所:東京都練馬区練馬1-6-18 コンフォートIII 1階B号室
●交通:西武池袋線「練馬」より徒歩1分
●営業:[月~土]11:00~16:30・17:30~25:30/[日]11:00~16:30・17:30~23:30
●定休:無休





人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨らーめん [ 東京/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント