FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺や でこ@新丸子 / 味噌そば(期間限定)
麺や でこ
味噌そば(期間限定)

[訪問日]
2017年11月8日(水)

[評価]★★★★★

麺や でこ -- 特製味噌そば(期間限定)


新丸子の人気店「麺や でこ」。


11月13日をもって、現在のメニューを終了。

15日からは「まぜそば」を除きメニューを一新し、新たに「煮干しそば専門店」として
新たに再スタートすることになっている「麺や でこ」。


これまでにも、メニューのリニューアルは行ってきたでこさんですが、
今回のリニューアルは、けっこう大改革になりそうな気配です。

一応、これまでの「麺や でこ」については、下記記事で解説してますので、
参考にしていただければと思います。
 ⇒ 「麺や でこ / 醤油そば」の記事


で、そんなリニューアルが行われるということもあって、これまでのメニューを
最後に食べておこうと、常連さんたちが続々と来店されているようで・・・



僕もその一人。


僕は、まだ、数回しかお邪魔したことがないので、常連とはいえないのですが、
やはり、最後に現在のメニューを食べておきたいという気持ちは同じ。


そんなことで、約2週間前もお邪魔しているのですが・・・


その時は、「塩そば」をいただきました。
 ⇒ 「麺や でこ / 塩そば」の記事


このとき、本当は、冬季限定の「味噌そば」を食べたいと思っていたのですが・・・


まもなく「塩そば」のタレが終わってしまうかもしれないという情報があり、
この日は、急遽、「塩そば」に変更したわけです。


結果的に、ものすごく美味しかったし、リニューアル前に食べてこうとは
思っていたので、順番が変わっただけで全く問題なかったのですが・・・



で、今回は、そのときに食べようと思っていた「味噌そば」をいただこうと
約2週間振りに訪問してきました。


「味噌そば」もね、リニューアル後も続くということなんですが、ベースのスープが
今のものとは変わってしまうということでしたので、現在のバージョンのものを
食べておかなければ後々後悔しちゃいますからね。




ということで、今回は、最初から決め打ち。


冬季限定の「味噌そば」をいただいてきました。




これ、前から、食べてみたかったんですよね。




では、早速ですが、「麺や でこ」の「味噌そば」、いただいてきた感想の方を
レポしていきたいと思います。






例によって、まずは、見た目から。

麺や でこ -- 特製味噌そば(期間限定)

デザイン、形こそ同じですが、配色が全く違う「味噌専用」の器で登場。


赤地に黒文字という仕様で、器からして味噌っぽいですよね。


そこに豪華に盛られた具材と、まさに「味噌」といった感じのスープ。



っていうか、こんなに豪華に盛っていただき、ご厚意ありがとうございます。

本当にすみません・・・



ってことで、ご好意により、「特製」と変わらぬ盛り付けで登場した「味噌そば」。



もう少し、細かく見てみましょう。

麺や でこ -- 特製味噌そば(期間限定)_アップ

まず、スープ。


話には聞いていましたし、先日、ご一緒したラーメン仲間の方から、
一口だけスープを飲ませていただいていたので、わかってはいたのですが・・・


「赤味噌」です。

見るからに「赤味噌」をメインにしたスープ。


香りも「赤味噌」。


これは、まさにストライクって感じかな。



そして、麺。


麺は、ちょっと見づらいですが、中太の手揉み縮れ麺。

「醤油そば」や「塩そば」とは変えていますね。


やはり、そこら辺は、よく考えてらっしゃる。


モチッとした感じで美味しそう。


これは、味噌には間違いなく合いますよね。



で、具材。



まず、メインのチャーシュー。


鶏ムネ肉のチャーシューと豚肩ロースのチャーシュー。

本来であれば一枚ずつなんですが、ご好意で、こんなにたくさん。


いつもながらの美味しそうなチャーシュー。

これは、たまりませんなぁ・・・



そして、味玉。

こちらもサービスしていただいて・・・


表面は白い味玉なんですが、網の目状に切り込みが入っているので、
見た目以上に味が染み込んでいるんですよね。


美味しそうです。



そして、丼の縁に沿うように長い穂先メンマが数本。


薬味には、たっぷりの笹切りした白ネギに糸唐辛子。

そして香り付けで三つ葉。



美味しそうです。

ってか、間違いないでしょうね、これ(笑)。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープから。



レンゲで一口すくって・・・



「赤だし全開!」


まさに「赤味噌」です。


赤味噌のコク、そして、独特の塩味と酸味が口のいっぱいに広がります。

この微妙な酸味、ヤバイですね~。


さらに、一緒に感じるわずかな渋味。

これも独特です。


「味噌ラーメン」というと、当然「赤味噌」も使いますが、どちらかというと
「白味噌」がメインになっているものが多いと思います。

「赤味噌」は、ブレンド味噌の中の隠し味的な・・・


でも、でこさんのは、明らかに「赤味噌」がメイン。

味噌は5種類をブレンドしているようなんですが、「白」を使ってるか、
それすら怪しいくらいです。


「赤味噌」は、大阪の「さくら味噌」をメインに、八丁味噌も加え、それらを
前面に押し出した仕様にしているようです。



酸味は、「赤味噌」、「渋味」は、「八丁味噌」からくるものですね。


「赤」以外も使っているのかもしれないですが、支配しているのは「赤」。



正直、初めて食べるタイプの「味噌ラーメン」です。



メチャクチャ美味しい!




スープのベースは、鶏。

そして、それに魚介を合わせた旨味の濃いもの。


貝も使われているような印象だったんですが、勘違いかな?



このベースになっているスープがあってこその、この味。



これが、「煮干しスープ」に変わるわけで、美味しいとしても、全く違う味に
変わることは間違いないんですよね。




これは、やはり食べておいて良かった・・・。





そして、麺。



他のレギュラーメニューよりも切刃を太くして、手揉みを加えた縮れ麺。


スープを良く持ち上げます。


食感はモチモチで、想像していたとおりのもの。



スープとの相性抜群で美味しいです。




で、具材。



コンフィした肩ロースチャーシューは、やわらかいけど、しっかりとした噛み応えもあり。

真空低温調理した鶏ムネチャーシューは、しっとりとした食感で。


どちらも美味しいです。



味玉は、味が染み込んでいて美味しい!


僕の大好きな穂先メンマは、サックサク。



薬味の白ネギや糸唐辛子も、サッパリとしていいですね。

香り付けの三つ葉も良い仕事をしています。





文句なし!



やはり、間違いなかったです。




しかも、今まで味わったことのないような「赤味噌」メインの「味噌ラーメン」。


これ、一歩間違うと「味噌汁」っぽくなりそうな味噌の味ですが、
やはり、そこは、ベースのスープが生きてますよね。



メチャクチャ美味しかったです!



あっという間の完飲完食でした!





さて、ということで、メニューリニューアル前に食べておこうと思った「味噌そば」。



この「鶏魚介スープ」がベースの「味噌そば」は、これが最初で最後になるのかな?

もっと食べておけば良かったなと後悔しつつ・・・



できればもう一回くらい食べたいなとスケジュール調整も考えてたり・・・


ただ、「まぜそば」も食べたいんですよね。

でも、「まぜそば」は、リニューアル後もあるし・・・



ん~、迷う(笑)。




ま、とりあえず、「味噌そば」、最後に一回は食べれたので良かったです。

麺や でこ

[データ]
●店名:麺や でこ
●住所:神奈川県川崎市中原区小杉町1-520-6
●交通:東急東横線線「新丸子」より徒歩3分/東急東横線・JR南武線「武蔵小杉駅」より徒歩5分
●営業:[月・水~金]11:30~15:00・18:00~21:00/[土・日・祝]11:00~15:00・18:00~21:00
●定休:火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/鶏(清湯)+魚介+貝 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント