FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らーめん くまくら@野方 / しおらーめん
らーめん くまくら
しおらーめん

[訪問日]
2018年1月15日(月)

[評価]★★★☆☆

らーめん くまくら -- しおらーめん


昨年の12月にオープンしたばかりの「らーめん くまくら」。


この「らーめん くまくら」にお邪魔してきました。




ところで、いきなりですが・・・


いきなり、話が飛んで申し訳ないのですが・・・




僕が若い頃、大好きだったラーメン店があります。



そのお店というのが・・・

旭川ラーメンの「らーめん 山頭火」。



当時は、北海道の本店に行かないと食べられなかったのですが、初めて東京に進出、
恵比寿に出店すると聞いて、喜び勇んで訪問したものです。


初めて東京に進出したかと思うと、FC化して、あっという間に全国区に、
そして、世界規模のラーメン店となってしまいました。

今では当時のような人気はなく下火になってしまいましたが、当時は、すごい人気でした。



大きくなりすぎちゃったんでしょうね。


それに伴い、やはり、味の方も・・・



ですが、当時、恵比寿の東京1号店を出し、そこを閉めた後、「山頭火」の味を踏襲すべく、
「山頭火 恵比寿店」の創業スタッフが開いたお店もあったんです。

それが、高田馬場の「北狼」というお店。


「山頭火」によく似た味だったんですけど、すでに閉店してしまいました。


ちょっと、残念です。




ですが、この「北狼」のオープンよりも5年早い2000年。

「山頭火 恵比寿店」ではなく、旭川にある「山頭火 本店」修行して
独立した方がいるんですね。


その方が開いたのが、「らーめん 風来居」というお店なんです。



今でも安定した人気のお店です。


新宿を拠点に、渋谷、秋葉原と店舗を展開して、総店舗数は「山頭火」よりも
規模は小さいですが、堅実に成功を収めているお店ではないでしょうか?


最近では、僕もまだ未訪ですが、市ヶ谷に初のセカンドブランドとなるお店
「コヨシ」もオープンしてますよね。



「風来居」は、当時の「山頭火」のDNAをしっかりと受け継いでいます。



他にも、「山頭火」出身のお店はあります。


2001年に札幌にオープンして、2012年に鶴瀬に移転してきた「三四郎」。

それとか、2006年に北綾瀬にオープンした「波(シー)」など・・・。


ただ、この2つとも、確かに「山頭火」っぽいんですが、かなりオリジナル色が強い。



そして、全くといっていいほど「山頭火」を感じさせないのが、「RAMEN 1/20」。

意外ですが、この人気店も「山頭火」出身なんですよね。




こう考えると、純粋に踏襲しているのは、やっぱり「風来居」なのかな?


そんな感じですよね。






さて、いきなり話は飛んでしまいましが、もとに戻します。


いつもながら、前置きが長いですね(汗)

ただ、ここから、話は繋がるんです(笑)




実は、今回、お邪魔した「らーめん くまくら」というお店。


この「風来居」で約14年もの間修行した方が、満を持して独立開業したお店なんです。


しかも、「三四郎」、「波(シー)」のようなオリジナル色はなく、
孫店ではありながら、しっかりと「山頭火」、「風来居」のDNAを継いだ
お店のようなんです。



なので、訪問してみようかなと思ったわけなんですが・・・



ちなみに、「風来居」出身のお店ですと、2005年に桶川にオープンしたお店で
「らーめん ふくのや」というお店もあります。

こちらも、大分継承してますけどね。




さて、また逸れそうになったので、話を戻します。




そんなことで、「風来居」出身の方が開いた方のお店「らーめん くまくら」。


このお店についてお話していきましょう。




まず、店主さん。



店主さんは、熊倉健太さん。


先ほども言いましたが、「風来居」で14年もの間修行されたようです。

ほとんどオープン当初に近い頃からということですよね。


新宿店、渋谷店と経験しているようです。



けっこうお若い方のように見えたのですが、若くして修行に入ったんでしょうかね。


とにかく、お店のためというよりは、お客さんのために自分のラーメンを
作りたいと思って独立を決心したそうです。




場所は、西武新宿線の野方から歩いて5分ほどのところ。


新青梅街道沿いにあります。



看板自体は、あまり大きなものはなく、暖簾と「らーめん」の提灯が目印。



店内は、奥に長く、厨房を囲うように、途中に通路を挟んだL字型カウンターがあり、
席は全部で10席あります。


木調のウッディなカウンターで洒落てます。




メニューは、まさに「風来居(山頭火系)」といった感じの内容。


基本は、「しおらーめん」、「しょうゆらーめん」、「みそらーめん」の3種類。


これにトッピングバリエーションとして、「味付玉子」、「チャーシュー」、
「限定トロ肉」といったものが揃っています。


で、この基本メニュー以外に、季節限定として「辛みそらーめん」というのもありました。


あとは、基本3メニューの小さいサイズの「小さいらーめん」というのもあります。


そして、各種追加トッピング。


それと、「風来居」の名物でもある「玉子かけごはん」もありました。



大体、こんな感じのメニュー構成です。




通常、「風来居」も「山頭火」も「しおらーめん」は数量限定なんですよね。

にもかかわらず、それが一番の看板メニュー。


でも、「風来居」も「山頭火」も「しおらーめん」を食べないと。



ラッキーなことに「くまくら」は、「しおらーめん」が限定ではなかったので、
迷うことなく「しおらーめん」をいただくことに。





さて、それでは、「風来居」、「山頭火」の流れを汲む「らーめん くまくら」の
「しおらーめん」、いただいてきましたので感想の方をレポしていくことにしましょう!





それでは、例によって、見た目から。

らーめん くまくら -- しおらーめん

しかし、これほどまで似ていていいのか!ってほど似てますね。


まず、どんぶりが、「風来居」、「山頭火」でも使われている多用丼。

デザインこそ違いますが、全く同じ形のものを使っています。


そして、中身も「風来居」にはそっくりです。


「山頭火」とは、ちょっと違いますけどね。

「風来居」も、細かいところでは「山頭火」とは違うので、やはり、
「風来居」出身というのが濃厚に出てる感じです。




では、細かく見てみましょう。

らーめん くまくら -- しおらーめん_アップ

まず、スープ。


白濁とした豚骨スープが、「まさに」って感じですよね。


トッピングには、大きめな豚バラチャーシューが2枚。

そして、メンマにきくらげ。


薬味には刻みネギ。


上からは、白ゴマが振りかけられています。


表面上は見えないですが、麺は、中細の縮れ麺。



ほぼ、寸分なく同じですね。



ここまで似てるのもあまりありません。




あとは、味がどんな感じか、ですね。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープを一口。



しっかりと豚骨の刻が出ていて、旨味もしっかり出ている。

でも、あっさりとした飲み口で飲みやすい。


「風来居」のスープの方が、よりクリーミーな印象がありました。


この「くまくら」のスープも、濃厚でクリーミー感はあるのですが、
あっさりした印象の方が強いかもしれないですね。


とても上品ですね。



なんでも、国産生豚骨のみを下処理に丸一日、炊き出しに丸二日かけているらしいです。

豚骨に香味野菜も混ぜてとったスープ。




くどくなくてとても美味しいです。


白ゴマの風味も良いですよね。




麺は、中細縮れ麺でありながらも、やや様子が違う。


製麺所が、「山頭火」とも「風来居」とも違うんですね。



「山頭火」は、加藤ラーメン、「風来居」は、小林製麺。

でも、「くまくら」は、三河屋製麺。


理由はわかりませんが、本場の麺は使用しなかったようですね。



それでも、縮れた麺は、しっかりとスープを持ち上げ、絡みも良い。

やや加水は低め、硬めで、僕の好みの食感の麺でした。



具材も良質。


豚バラチャーシューなどは、一瞬、「トロ肉」かと思ってしまうほど柔らかく、
ジューシーなチャーシューで美味しかった。

それが二枚も入ってるんですから贅沢。


メンマはシャクシャク、きくらげははコリコリとした食感で食べていて気持ち良い。



気がつけば、一気に完食。


あっという間でした。




とても美味しかったです。




実は、「山頭火」は、「しお」、「しょうゆ」と食べたことがあるのですが、
「風来居」は、「しお」しか食べたことがありません。


なので、機会あれば、「くまくら」では、「しょうゆ」、「みそ」と食べてみたいですね。


旭川ラーメンといえば、本来は、「しょうゆ」か「みそ」ですからね。

特に、「しょうゆ」。


ぜひ、試したいですね。




それと、記事中で挙げた「三四郎」、「波(シー)」、「ふくのや」など、
実は、未訪なんですよね。


ここらへんも時間を見つけて食べに行ってみたいですね。




とりあえず、「山頭火」、「風来居」の本流系統を継承している「くまくら」。


ぜひ、がんばっていってほしいですね。




それにしても、ワンオペで通し営業、しかも、無休って・・・

大丈夫ですかね?



がんばりすぎも良くないですね。

らーめん くまくら

[データ]
●店名:らーめん くまくら
●住所:東京都中野区丸山2-20-3 パレドール中野第5
●交通:西武新宿線「野方」より徒歩5分
●営業:[月~日]11:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 北海道/豚骨(旭川らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント