FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
東京味噌らーめん 鶉@武蔵境 / 辛味噌らーめん
東京味噌らーめん 鶉
辛味噌らーめん

[訪問日]
2018年1月16日(火)

[評価]★★★★☆

東京味噌らーめん 鶉 -- 辛味噌らーめん


味噌らーめん専門の人気店「東京味噌らーめん 鶉」。


「麺や 七彩」、「くるり」で研鑚を積んできた近藤龍臣さんが、兄弟子である
下村浩介さんの「くじら食堂」の手伝いなどを経て独立して開いたお店。



約半年振りに訪問してきました。



昨年の夏に、夏季限定の「味噌冷やし中華」をいただきに訪問して以来ですね。


あの「味噌冷やし中華」は美味かった・・・

そのときの記事はこちら
 ⇒ 「東京味噌らーめん / 味噌冷やし中華」の記事


でも、本当に美味しいのは、レギュラーのメニュー。



今回は、そのレギュラーメニューの未食のものをいただきに訪問しました。



ちなみに、そのメニューや、「鶉」さんについては、上記の記事の中で触れてますので、
ぜひ参照してみてください。




さて、「鶉」さん。



中央線の「武蔵境」から歩いて5分程度のところにあるのですが・・・

実は、僕の自宅からも車で行けば、そう遠くない、どちらかというと近いところで、
来ようと思えばすぐにでも来れる場所にあります。


それが返って良くないのか、中々足が向かなかったり・・・。



なので、今回も約半年振り。

前回にいたっては、2年半もブランクが空いてしまったくらいでして・・・



なので、未食メニューがいろいろとあるんですよね。



その中でも、是非いただきたいと思っていたメニューがありまして、
それをいただきにあがりました。



そのメニューが、「辛味噌らーめん」。


これ、食べたかったんですよね。




来れば、すぐに食べられたものを、自ら遠のけていたメニュー。


ようやくいただくことができました。





ということで、「東京味噌らーめん 鶉」の「辛味噌らーめん」、いただいてきましたので、
早速ですが感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

東京味噌らーめん 鶉 -- 辛味噌らーめん

見るからに辛そうな表情をした丼顔のラーメンがでてきました。


ただ、、ベースになっているのは、レギュラーメインの「味噌らーめん」と
ほぼ変わらないように見えますね。




では、細かく。

東京味噌らーめん 鶉 -- 辛味噌らーめん_アップ

まず、スープ。


表面を覆っているのは、真っ赤なスープ。

ラー油ですね。


オレンジというよりも赤という印象の強い、見た目辛そうなラー油です。


でも、その下にあるのは、レギュラーの味噌スープのようですね。

普段は、この味噌スープの上に、ラー油ではなくごぼう油が張っています。



そして、その上には、スープと一緒に炒めた野菜炒め。

もやし、ニンジン、玉ネギ、ニラなど・・・


程良い火の入り具合で、食感も良さそう。


その上には、刻みネギがのっていて、さらに糸唐辛子がのってます。


通常は、糸唐辛子ではなく、揚げごぼうがのっています。



要は、違いは、仕上げ油と薬味だけのように見えますね。



あとは、ベーシックなまま。



で、表面上は見えないですが、このスープの中には、「鶉」特製の手揉み平打ち麺が
ズッシリと沈んでいるんでしょう。



「くじら食堂」さんとかもそうなんですが、ベーシックなスープが決まってると、
仕上げ油、トッピング等を変えるだけで、いろんなバリエーションの味のメニューが
出来上がっちゃうんですよね。


この「辛味噌らーめん」も、その良い例かと。





では、いただいてみましょう!


まずは、スープから一口。




けっこう、辛っ!


仕上げ油のラー油だけのようなので、そこまでは辛くないかなと思ったのですが、
けっこうヒリヒリくる辛さ。

気にせず、勢い良く飲んだら、咽そうになりました。



でも、ヒリヒリと辛いのですが、それは、ファーストインパクトの話で・・・



飲み進めると、その奥には、コク深い味噌の味がしっかりと待ち構えています。



鶏と豚をベースにしたスープに、白味噌と赤味噌をバランス良く配合した
味噌ダレの味がじんわりと染み渡ってきます。


さらに、トッピングされた炒めた野菜の甘味も加わって・・・


辛い中にも、鶏豚のコク、味噌の風味、野菜の甘味が渾然一体となって広がってきます。




これは、美味しい!


辛ウマです!




そして、この「鶉」さんも「くじら食堂」さんと同じく、自家製手揉み麺が売り。


やはり、これが美味いんです!



「鶉」さんの麺は、けっこう幅広で、ランダムな太さの平打ち麺で、厚みも
場所によって違ってたりします。


ピロピロと、そして、モチモチとして、コシも強い麺。



美味しいです~!



この麺が、辛いラー油を含んだ味噌スープと絡んで・・・

さらに、甘味があり、ややシャキシャキ感も残った歯応えの良い野菜炒めも絡み、
美味しさが倍増です。




で、トッピングのチャーシュー。


豚肩ロースをパストラミ風に調理したレアチャーシュー。


ブラックペッパーなどをまぶしてあり、チャーシューだけでいただいても美味い。

野菜炒めは、すでに触れたとおり。



シンプルながらも、クオリティーの高い具材。


満足です。




辛いながらも鶏豚の味噌スープのコクと旨味を味わいながら、あっという間の完飲完食。


とても美味しかったです。





さて、今回は、「辛味噌らーめん」をいただいたのですが、実は、また食べてないものが・・・。


そう、「つけ麺」類です。



なので、今度は、「味噌つけ麺」か「辛味噌つけ麺」をいただこうかと・・・。



っていうか、自宅からソコソコ近いわけですし、もっと頻繁にお邪魔しても良いですよね。


今年は、「くじら食堂」さんと「鶉」さんの訪問率が上がりそうです。

東京味噌らーめん 鶉

[データ]
●店名:東京味噌らーめん 鶉
●住所:東京都武蔵野市境2-3-20
●交通:JR中央線「武蔵境」より徒歩5分
●営業:[月~水・金]11:30~14:30・18:00~22:00/[木]11:30~15:00/[土・祝]11:30~16:00・18:00~21:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■辛味噌らーめん [ 東京/鶏+豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント