FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏@宝町 / 鶏ゅ白湯醤油らーめん
東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏
鶏ゅ白湯醤油らーめん

[訪問日]
2018年1月18日(木)

[評価]★★★☆☆

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏 -- 鶏ゅ白湯醤油らーめん


東京を代表する味噌ラーメン専門店として絶大な人気を誇る「ど・みそ」。


いわゆる北海道ラーメンの味噌ラーメンとは一線を画したもので、その濃厚さや
個性溢れる味噌ラーメンは、一目見れば「ど・みそ」のものだとわかるほど。


味噌ラーメンの一ジャンルを築いたといっても過言ではないほどです。



その「ど・みそ」を創業し、繁盛店へと発展させたのが、齋藤賢治さん。

もとバリバリの証券マン。


錦糸町にある「らーめん ときせい」での修業の後、2006年に「ど・みそ」を京橋に開業。


その後、京橋の本店を拠点に、

2010年4月に「八丁堀店」
2010年9月に「JRA中山競馬場店」
2011年2月に「町田店」
2012年11月に「ららぽーと豊洲店」
2015年2月に「西新井店」
2015年9月に「JRA東京競馬場店」

を次々にオープン。


また、2010年5月には、「八丁堀店」の2階を利用し、「みそ鍋ダイニング」もオープン、
ラーメンだけにとどまらない、まさに、飛ぶ鳥落とす勢いのようでした。



そんな「ど・みそ」なんですが、ここしばらく出店がないなと思っていたのですが・・・


なんと、今回、「ど・みそ」初のセカンドブランドとなるお店がオープンしたんです。



それが、「東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏」です。



「ど・みそ」がセカンドブランドとして選んだのは「鶏」。

ちょっと意外な感じではあったのですが、かなり興味深いものはありますよね。



ってなことで、早速、お邪魔してみることにしました。





ということで、「ど・みそ」初のセカンドブランド「東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏」です。




オープンしたのは、つい先日。

年が明けた1月9日。



まだできたてホヤホヤです。



場所は、最寄り駅は、都営浅草線「宝町」。

歩いて4分程度のところ。


銀座線の「京橋」からも歩いて5分程度ですので、どちらも利用できますね。




店舗の外装、というか、看板がかなり派手ですので、歩いていればすぐに見つかります。


ちょっと派手過ぎ。

もう少し、「ど・みそ」らしく、スタイリッシュにすれば良かったのにと
思わずにはいられませんが・・・。




で、店内に入ると・・・



まず、右側に厨房を前にしたストレートのカウンター席が8席ほど。


この厨房なんですが、厨房といっても、スープを炊いたりする仕込みの厨房は
さらに奥まったところにあり、ここは、麺茹で、スープ、具材の盛り付けようの
厨房になってます。



で、そのカウンーの後ろ、入り口からは左側には、2人掛けのテーブルが2卓、
4人掛けのテーブルが1卓あります。


さらに、突き当たると、壁に沿って右に折れ、壁沿いに4人掛けのテーブルが2卓、
6人掛けのテーブル席が1卓あります。


全部で30席もあります。



広いですね。




そして、メニュー。



ここが肝心ですね。


メニューは、屋号が示すとおり。

「鶏らーめん」です。



しかも、「白湯」オンリーです。



先に言っちゃいますと、この「ど・みそ鶏」の最大の売りは、

「鶏白湯」×「トリュフオイル」

という組み合わせ。



この新感覚の組み合わせこそが、「ど・みそ鶏」の売りなんです。



そういえば、「鶏白湯」と「トリュフオイル」の組み合わせって食べたことないかも。




では、具体的にメニュー紹介。


味は3種類を基本にしています。


「鶏ゅ白湯醤油らーめん」、「鶏ゅ白湯塩らーめん」、「鶏味噌らーめん」の3種類。


気付いた方もいらっしゃると思うのですが、メニュー名の中に「ゅ」という文字が
入っていますが、これが、前の「鶏」と合わさって「とりゅパイタン」と読むわけで、
「鶏白湯」×「トリュフオイル」を表しているわけです。


ということは・・・


そう「味噌」は「トリュフ入り」ではないのです。


ただ、ベースは「鶏白湯」で、これまでの「ど・みそ」の「鶏豚魚介+背脂」とは
違う味を提示してきています。




で、この3種類をベースにトッピングバリエーションがいくつか。

「特製」、「味玉」、「チャーシュー」の3バリエーションです。



ご飯ものが、意外と豊富ですね。


「鶏ごはん(レギュラー)」、「鶏ごはんハーフ」、「鶏ゅ玉子かけごはん」、
「鶏そぼろ丼」、「鶏チャーシュー丼」があります。


あとは、各種追加トッピングとドリンク類。



あ、「ど・みそ」のカップ麺も売ってましたが・・・(笑)




大体、こんな感じの構成です。




さて、さて。


「ど・みそ」ですからね。

つい「味噌」を選びたくなっちゃうのですが・・・。



ここは、ちょっと我慢。


やはり、看板メニューをいただかなくては。




お店の一番のオススメは「鶏ゅ白湯醤油らーめん」。


なんと「白湯醤油」なんですね。



「白湯醤油」というのも、意外に少ないですからね。



これは面白そう。


なんで、「鶏ゅ白湯醤油らーめん」をいただくことにしました。





ということで、「ど・みそ」初のセカンドブランド「東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏」の
「鶏ゅ白湯醤油らーめん」、いただいてきましたので、早速、感想の方をレポしていきましょう!





それでは、まずは、見た目から。

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏 -- 鶏ゅ白湯醤油らーめん

けっこう小さめなラッパ型をした切立丼で登場。

「ど・みそ」というと、口径が広めな多用丼のイメージですが、色は白く、
全く違うイメージのどんぶりでの登場です。




では、細かく見てみましょう。

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏 -- 鶏ゅ白湯醤油らーめん_アップ

まず、スープですが、「醤油」といわれれば「醤油」なんですが、色合いが薄く、
「塩」といわれてもわからないような薄い色合い。


ただ、トロミのありそうなスープは、白湯ならでは。

ポタージュを連想させます。


そして、表面には、キラキラとトリュフオイルが光っています。



麺は、見え難いですが、やや太めのストレート麺がズッシリと盛られています。



トッピングは、シンプル。


とはいいつつも、チャーシューは鶏ムネ肉、豚肩ロースの2種類がのってますが。

で、太めのメンマが2本。刻みネギとカイワレが薬味としてのっています。


けっこうキレイにまとめあげられたビジュアル。


好印象です。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。



クリーミーで口当たりが良く、マイルドな味。

鶏の旨味とコクがぎっしりと詰まった濃厚スープです。


見た目の印象の通り、ややトロミがあり、ポタージュ系。


味は、食べてみると、やはり醤油です。


ただ、そこまで醤油の印象が強いわけではなく、ベースの鶏白湯スープが
先行している感じ。

もっと醤油が立っても良かったかもしれませんね。



そして、意外にも自然にスープに馴染んでしまっているトリュフオイル。


たしかにトリュフの香りが立ち、良いのですが・・・

これ、もしかしたら、前情報がなかったら気付かないかもしれません。



盛り付けを見ていたのですが、けっこうトリュフオイルはかけてるんですよね。

二回し、三回しくらいはかけてたような・・・



これ、良く言えば、鶏白湯とすごく馴染んで、相性が良いととれますが、
悪く考えると、トリュフを入れている意味が感じられないともいえなくない。


とても微妙な感じです。


やっぱり、鶏白湯が強いんでしょうかね。




でも、僕は、知っていたせいもあってか、トリュフを感じることはできました。





そして、麺。



太めの丸ストレート麺。

かなりむっちりとした歯応えで、食べ応えはありますね。


あまりスープと絡み過ぎても濃厚になりすぎるので、そういう意味では、
程良いスープとの絡みで、良い感じでした。




チャーシュー2種も、低温調理したもので、しっとりとした食感が好感を持て、
美味しくいただけました。


メンマもシャクシャクとして良いですね。



カイワレ、ネギは、くどくなりがちな鶏白湯の良い口直しになって良かったと思います。




汁完まではいきませんでしたが、美味しく完食しました。





なるほど、「鶏白湯とトリュフオイル」の組み合わせね・・・



結局、バランス次第だと思うのですが、バランスさえ整えられれば、香り良く、
濃厚な白湯の味も味わいながら美味しくいただけるのではないでしょうか。



もちろん、今回のレベルでも美味しかったのですが、おそらく、さらに進化し、
美味しくしていっていただけるかと思います。



当然、「塩」も興味ありますし、何より、「味噌」も興味あるので、今度お邪魔したら、
どちらかをいただいてみようと思います。


ま、お店のコンセプトからいったら「鶏ゅ白湯塩らーめん」優先かな。




ただ、今回、「鶏白湯×トリュフオイル」をコンセプトにしていますが・・・。



やはり、「ど・みそ」は、あの濃厚な「東京スタイル味噌らーめん」が
一番美味しいですけどね。



なんか「ど・みそ」の「味噌」を食べたくなってきちゃいました(笑)。

東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏

[データ]
●店名:東京スタイル鶏らーめん ど・みそ鶏
●住所:東京都中央区京橋1‐17‐12 吉住ビル 1F
●交通:都営浅草線「宝町」より徒歩4分/銀座線「京橋」より徒歩5分
●営業:[月~金]11:00~23:00/[土・日・祝]11:00~21:30
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏(白湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント