プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば ムタヒロ@国分寺 / 亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)
中華そば ムタヒロ
亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)

[訪問日]
2018年2月3日(土)

[評価]★★★★☆

中華そば ムタヒロ -- 亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)


西東京を代表する人気店「ムタヒロ」。

今や海外にも進出するほどのお店へと成長。


ムタさんとヒロさんの2人で始めた個人店も、今や、その見る影もなく、
大きく「企業」へと発展しつつあります。


最近では、10店舗目となる二郎インスパイアのお店「ラーメン ブタヒロ」を
ホームである国分寺にオープン。

続いて、海外2店舗目となる「鶏そば ムタヒロ ベトナム7ホーチミン店」を
オープンしましたね。


すばらしいことです。


「ムタヒロ」が、どれだけ成長してきたか・・・

これまでの軌跡は、下記リンク先で触れてますので、ぜひ、参照してください。
 ⇒ 「ムタヒロ」について書かれている記事




さて、そんな「ムタヒロ」。


これまでは、かなりのペースでお邪魔にしてきたのですが・・・。

最近は、ちょっとご無沙汰気味でして・・・。


おそらく、それまでは、ムタヒロ常連客の中でも、トップ5に入るくらいの
訪問回数だったと思うのですけどね・・・。



ただ、最近は、中々時間も取れなくて・・・



それでも、「ムタヒロ」が毎月提供している「月替わり限定」の中で、
美味しそうなのがあるときは、お邪魔するようにはしてたのですが・・・。



で、あいかわらず、この「月替わり限定」が好評を博しているようでして。


かなりパワーアップしてるみたいですね。




そんなことで、2月の限定をチェックしていると、今月は、中々面白そうで。


ここのところ、毎月、テーマを設けての各店限定なのですが・・・

2月のテーマは、「辛」。



これをテーマに各店のエース、店長がアイデアを凝らして創作麺を
作り出しているようです。



けっこう、興味を惹かれました。


辛いの好きですしね。




で、その中でも、一番僕の木を惹いたのが、これだったんです。



「中華そば ムタヒロ」・・・

つまり、本店ですね。


ここの限定である「亞覇覇麻婆混麺」、これです。



全部漢字で読みにくいですが、「あははまーぼーまぜめん」と読みます。

つまり「マーボーまぜそば」ですね。


僕、「マーボー麺系」、大好きなんです。



先日も、銀座にできた「蝋燭屋」というお店で、絶品「麻婆豆腐麺」をいただきましたし、
それよりも前に、僕的にヒットだったのが、「らぁ麺 やまぐち」さんの限定だった
「麻婆まぜそば」。

この後、「やまぐち」さん、この「麻婆まぜそば」を引っさげて2店舗目を
オープンしちゃいましたしね。



そんな感じで、「麻婆系」は、けっこう好きなんです。



で、今回、「ムタヒロ本店」で、「麻婆まぜそば」を出すと聞いて、
飛びついたわけですが・・・


実は、これには、ちょっとワケがありまして・・・。



今、「ムタヒロ本店」の店長を務めてらっしゃる梶原壽之さん。

カジさんと呼んでるんですが・・・


このカジさん、実は、某有名中華料理店でのキャリアが長く、中華系を作らせたら、
ムタヒロの中でも右に出るものがいないほどの腕前。

ま、中華だけではなく、他の料理にもかなり通じていて、すごい料理人なんですが。



で、以前、「やまぐち」さんが「麻婆まぜそば」をオープンしたときに、カジさんが、

「僕も美味しい麻婆、作れますよ」

と言っていたことがあるんです。


それ以来、カジさんには、僕は、ずっと「麻婆系」をリクエストしてたんですね。


でも、中々機会が訪れなくて・・・。



それが、今になって、梶原作の「麻婆まぜそば」が登場というではないですか!


これは、僕にとっては、願ったり叶ったりでして。



当然のことながら、食べに行くことは即決。


それも、早めに行きたいと思っての今回の訪問なわけです。



「ムタヒロ本店」の限定は、久しぶりなんですよね。


でも、カジさんの作った「麻婆」は食べてみたい。

そう思って、喜び勇んで行ってまいりました。




ということで、今回は、ムタヒロ、久々の登場。


しかも、久々の「中華そば ムタヒロ」の限定ということで・・・




それでは、その「中華そば ムタヒロ」の2月限定「亞覇覇麻婆混麺」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきことにしましょう!





まず、見た目からです!

中華そば ムタヒロ -- 亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)

普段とは違った、やや楕円気味の白い皿に盛られての登場です。


いやいや、見るからに辛そう・・・。

でも、ただ、辛いだけではなさそうな、いろいろな具材での盛り付け。


美味しそうですね。




では、細かく。

中華そば ムタヒロ -- 亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)_アップ

まず、麺。


これには、ビックリですね。

幅広の平打ち麺。


きしめんかと思いました。

おそらく、切り刃4~6番くらいの太さはあるんじゃないでしょうか。


まさかこんな麺で来るとは想像してなかったんで、ビックリです。



で、その上には、たっぷりの麻婆餡。


中々のトロミで、しっかりと絹ごし豆腐も入っていて、まさに「麻婆豆腐」が
のっているといった感じです。


で、普通であれば、肉は、挽肉を混ぜたものなのですが、ここでは、
豚バラの角肉を麻婆餡で和えたものをのせています。

チャーシュー感覚ですね。


そして、ブラックマッペがたっぷりと盛られていて、その脇には青菜が
添えられています。


トップには、白髪ネギがたっぷりとのり、その上には糸唐辛子をまぶしてある。



こんな感じのビジュアルです。



ちょっといわゆる「麻婆麺」とは違った構成の盛り付けになっていますし、
ま、汁無しですから当然なのですが、「やまぐち」さんの「麻婆まぜそば」とも
違った内容になっていますね。


同じだったら面白くないので、全くもってOKです。





では、いただいてみましょう!



まずは、よーく混ぜ合わせて・・・。


とりあえず、一口。



・・・辛い。

こいつは、辛いぞ。



唐辛子の辛さがダイレクトに伝わってきて、初っ端からヒリヒリ感が・・・


ただし、啜れる・・・。


この手の「麻婆」であれば、啜ったら一発で咽てしまって食べられないはずが、
しっかりと啜れる。


ものすごく辛いんですが、ほとんど感じるのは唐辛子系の辛さ。

つまり、花椒系の「痺れ系」があまり感じられないんです。


だから、その分、咽ることがない。


辛いけど食べやすい辛さ。

激辛だけど、啜れる辛さ。


美味しいですね~。


でも、この辛さは強烈です。


メニューの説明によると、唐辛子をはじめとした8種類のスパイス、
国産豆板醤をはじめとした数種類の調味料、4種類の油を使用して作った
麻婆豆腐のようです。


8種類のスパイス・・・


何が入ってるんでしょうね。


本格麻婆だと思ったので、当然、「痺れ」も効かせた花椒系も
ふんだんに入れたものだと想像していたのですが、そうでもなかったので、
おそらくスパイスも唐辛子系がメインになってると思うのですが・・・。


豆板醤の辛みが、よりそれを引き立ててる感じ。


油を4種類も使ってるとのことですが、これも何なんでしょうかね?

想像するところだと・・・


「ラード」、「ネギ油」、「大豆油」、「ごま油」とかでしょうか・・・


でも、あまり「ごま油」は感じなかったような・・・。

もしかしたら、辛さに隠れて実際は使われていたのかも。


中華だと、必須の油ですもんね。


とにかく、花椒の「痺れ」こそ弱かったものの、本格的な辛さを持ったもので、
マジ、美味い「麻婆」です。




で、これに絡める麺が、また独特。


まず、細麺はありえないので、太麺であることは間違いないと思っていたのですが、
まさか、このきしめんのような平打ちとは・・・ね~。


でも、これが、不思議とマッチしてるんです。


麺の上に麻婆の餡がのっかってくるというか・・・

麺に餡が纏うというよりも、幅広の平打ち麺に餡がのっかって口の中に
運ばれてくる感じ。


だから、当然、絡みは良いわけで。



そして、麺の食感が良い。


おそらく、加水は少な目のオーションに近い感じではないかと思われるのですが、
コシの強い食感で、食べ応えが十分。


啜っても良し、ワシワシと口に詰め込んで食べても良し。



美味しい麺でした。


当然、この麺には、ブラックマッペを絡めて食べる。

シャキシャキの細もやし、麺とも麻婆餡とも相性は抜群。


白髪ネギや糸唐辛子も、自然な辛味をさらに加えてくれて良し。



そして、秀逸だったのは、角切りチャーシュー。


箸でつかむとホロけそうなほど柔らかく、崩して面と絡めても良し、
そのまま口入れて肉として食べても良し。


美味い美味い。


作ってるのを見たんですが、しっかりテボのような小さい笊に肉を入れ、
調理している麻婆餡に浸けながら火を通していたんです。


柔らかいから、そのまま餡に入れて調理すると間違いなく崩れますから、
かといって、別に温めたら麻婆の味が染みてこないし・・・。


なのでテボに入れ、餡の味を浸み込ませながら温めていたんです。


ですから、形が崩れることなく、麻婆の味もしっかりついたやわらかお肉が
添えられてきたというわけで。



で、口直しには、青菜。

これ、食べたとき、「野沢菜」?って思ったんですけど、どうなんでしょう?


それとも「野沢菜風の小松菜漬け」なのかな?


でも、しっかりと塩分の効いた菜っ葉の漬物で、ヒリヒリした口の中を
和らげてくれる、良い箸休め。


食感も良いし、美味しかったです。




いや~、美味しかった。


辛かったけど、休むことなく、大発汗のまま完食。

良い汗かきました(笑)。




なるほど、さすが、カジさん。

中華のキャリアを存分に発揮した「麻婆まぜそば」でした。


「やまぐち」さんの「麻婆まぜそば」とは、基本的に違う作りなので、
あまり比べようがないですが、遜色のない美味しさだったと思います。



今度は、汁ありの「麻婆麺」も食べてみたいですね。



美味しかったです。


ご馳走様でした!

中華そば ムタヒロ -- 亞覇覇麻婆混麺(2018年2月限定)_メニュー

中華そば ムタヒロ
※この店舗外観写真は、以前撮影したものですので、現在の外観とは多少異なります。

[データ]
●店名:中華そば ムタヒロ
●住所:東京都国分寺市南町3-15-9
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩1分
●営業:[火~土]11:30~15:00・18:00~23:00/[日・連休最終日]11:30~15:00・18:00~21:00
●定休:月曜(休まず営業の月もあり)




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■汁なし麺 [ 東京/麻婆まぜそば(創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント