FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂@東小金井 / 白醤油ラーメン(限定)
くじら食堂
白醤油ラーメン(限定)

[訪問日]
2018年2月6日(火)

[評価]★★★★☆

くじら食堂 -- 白醤油ラーメン(限定)


ご存知、名店「くじら食堂」。


店主である下村浩介さんが、都立家政の名店「麺や 七彩」で3年の修行を経て
2013年の9月に独立して開いたお店。


昨年からは、「貝そば専門店」として、昼間限定営業の「まるえ食堂」もスタート、
二毛作営業で美味しい「貝そば」を提供してくれています。



毎度のこと書いているので、ご承知だとは思いますが・・・


もし、知らない人がいたら、こちらの記事にメニュー等詳しく書いてあるので、
そちらを参照してもらえると助かるのですが・・・。
 ⇒ 「くじら食堂」について書かれた記事




さて、約2週間空けての「くじら食堂」です。



昨年の暮れから、試験的に提供を続けている「味噌ラーメン」。


ほぼ毎週のように新しい「味噌ラーメン」を提供してくれてたので、
この先「週替わり限定」的な扱いで出てくるのかなと思ったのですが・・・


一旦お休みのようです。


先週もリリースなし。

そして、今週も「味噌ラーメン」ではなく、別の限定の登場です。




ってなことで、今回は、その限定をいただきに。




さて、今回の限定なのですが・・・


実は、店主の下村さん作ではなくお弟子さんによるものなんですね。

これまでにも何回かお弟子さんが創ったラーメンを出したことがあるのですが、
僕は見事に食べ逃してまして・・・。


で、実は、今回もお店に行ってからお弟子さんによるものだと知ったり・・・



とにかく、僕にとってはお弟子さんの作品はお初なわけでして・・・。




そのお弟子さんなんですが・・・

下村さんには、お弟子さんが2人いらっしゃいます。


石井君と関塚君の2人。



現在、下村店主は、「まるえ食堂」に専念し、「くじら食堂」の営業は、
今や彼ら2人に任せているほど信頼を置いているお弟子さんたちです。


彼らは、しっかりと下村店主の教えを守り、それを実践しているので、
下村さんが厨房に立たずとも、「くじら食堂」の味が落ちることはありません。


店にいるとき、お客さんに「ありがとうございました!」と声をかける2人の声を
顔を見ずに聞いていると、一瞬、下村さんがそこにいるように錯覚を起こすことがあります。

そういうところまで、影響を受け似てきているほど。



こんなに信頼できるお弟子さん、下村さんにとっては誇りでしょう。



そんなお弟子さんの作となる今回の限定。


それは、味に疑いを持つことはないですよね。




で、今回の限定なのですが、2人のうちの関塚君によるものです。



メニュー名は、


「白醤油ラーメン」


という・・・。



何ともシンプルでストレートな名前で。




でも、こういう素朴な感じのものこそ美味しかったりするんでねすよね。



それでは、そのお弟子さん関塚君作の限定「白醤油ラーメン」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

くじら食堂 -- 白醤油ラーメン(限定)

いつものレギュラーメニューで使用している真っ白などんぶりで登場。


パッと見、塩ラーメンとも見紛うほどの当面間あるビジュアル。

シンプルな丼顔は、僕の好みのタイプ。


美味しそうです。




では、細かく。

くじら食堂 -- 白醤油ラーメン(限定)_アップ

それにしても、このスープ。


凄い透明感。


「白醤油」というと、確かに「塩」に近い黄金色っぽさもありますが、
もう少し醤油っぽさが出た琥珀色も混ざった黄金色といった印象があるのですが・・・。


でも、この「白醤油」のスープは、まさに「黄金色」。

透き通っていて、麺がなければどんぶりの底まで見えるのではないかと
思えるほどの透明感です。


美しいです。




その透明感溢れるスープの中に自由奔放に泳ぐのは、中細のストレート麺。

普段の「くじら食堂」さんのピロモチの手揉み平打ち麺とは違いますね。



で、その上には、いつもの細切りのメンマ。


ここ何回か使っている、トロ豚バラチャーシューが2枚。


そして、薬味の刻みネギという、必要最低限のラインを保った具材たちです。



「スープと麺」で食べさせようってなことでしょうか?


自身のほどが伺えますし、それも、まんざら嘘でもなさそうな予感。



マジで美味しそう。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープ。



一口啜ってみると・・・




なんて言うんでしょう・・・


すごく上品で、角のとれたまろやかな味わい。

しっかりと塩味を感じ取れるのですが、同時に甘味も感じる。


すごくじわ~っと染み渡る味ですね。



元々、「白醤油」というものが、大豆よりも小麦の成分が強いので、
その原材料から、普通の醤油とは違った「香り」、「甘味」といったものを
兼ね備えたものになってるんですね。



この上品で、甘味のある醤油味は、その「小麦由来」によるもの。


とてもやさしく美味しいです。




カエシだけにスポットを当ててしまいましたが、スープ自体の美味しさも
光るモノがあります。


鶏をベースに魚介を合わせたもの。


このスープのバランスも秀逸。

最初、一口飲むと、ほんのりとした魚介風味を感じるのですが・・・

スープの温度が下がっていくにしたがって魚介風味が増していって、より深い味の
スープに変化していくという・・・


鶏、魚介のバランス、白醤油の芳醇な香りと甘味。


とても分厚く美味しいスープです。




そして、このスープとガッチリ絡んでくるのが中細のストレート麺。



この麺がまた美味い!


普段の手揉み平打ち麺とは違った印象で、コシがあって、モッチリと
歯に絡み付いてくるような食感。


噛み応えがあって美味しい。



スープとの相性も良く、しっかりとスープを纏って口に運んでくれる。




そして、具材。


シンプルながらもそれぞれが秀逸なのが「くじら食堂」さんの具材。


特に、このチャーシュー。


ここ数回、このチャーシューを食べてますが、脂身もプルンプルンして
肉もとろけるような柔らかさで、ものすごく美味しい。

これが2枚。


正直、こんなチャーシューなら、具材はシンプルでOKですよ。



メンマは、いつものコリコリした食感の美味しいメンマ。


薬味もサッパリとして、スープ、麺と合う。




いや~、美味しい!


ホント、美味しい。


あっという間の完飲完食です。


下村さんが太鼓判を押していた限定のようですが、その通りでした!



ご馳走様でした!




それにしても・・・



この美味しいスープ、お弟子さんが作った?


しかも、麺も関塚君が製麺した麺だとか・・・



すごいです。



店を出せるレベルなんじゃないでしょうか?



普段の仕事をしている姿を見ると、すごく素朴で、素直そうで、まじめそうな、
そんな印象を受ける関塚君ですが、ラーメンにも人間性が出てるなって感じ。

おそらく独立したら、優しいラーメンを出す人気店になるんだと思います。



とても楽しみですね。




さて、次は、もう1人のお弟子さんの石井君ですね。



そのうち美味しい限定を創ってくれると思うのですが・・・


今から楽しみです。




それにしても、下村さん、良いお弟子さんを持ちましたね。


近い将来、この2人も独立していくんでしょうけど、間違いないお店を出しそう。



絶対応援しちゃいますよね。



楽しみです。

くじら食堂 -- 白醤油ラーメン(限定)_看板

くじら食堂(2018.02)

[データ]
●店名:くじら食堂
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-19
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩2分
●営業:[月~金]18:00~25:00/[土]11:30~14:30(材料なくなり次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■白醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント