FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
ラーメン ブタヒロ@国分寺 / ブタまぜ
ラーメン ブタヒロ
ブタまぜ

[訪問日]
2018年2月10日(土)

[評価]★★★★☆

ラーメン ブタヒロ -- ブタまぜ


西東京を代表する人気店「ムタヒロ」。

今や海外にも進出するほどのお店へと成長。


ムタさんとヒロさんの2人で始めた個人店も、今や、その見る影もなく、
大きく「企業」へと発展しつつあります。


先日は、海外2店舗目となる「鶏そば ムタヒロ ベトナム7ホーチミン店」も
オープンしました。



すばらしいですね。


「ムタヒロ」が、どれだけ成長してきたか・・・

これまでの軌跡は、下記リンク先で触れてますので、ぜひ、参照してください。
 ⇒ 「ムタヒロ」について書かれている記事



さて、そんな「ムタヒロ」なんですが・・・。


先ほどの「鶏そば ムタヒロ ベトナムホーチミン店」のオープンに先立ち、
昨年の11月ですが、二郎インスパイアのお店「ラーメン ブタヒロ」を
ホームである国分寺にオープンしています。


ムタヒロ、国内外合わせて10店舗目ですね。


こちらのお店、老若男女楽しめることのできる「ライトな二郎系」として、
中々の人気を博しています。


当然、僕もお邪魔しているので、「ラーメン ブタヒロ」についての詳細は、
前回お邪魔したときの記事を参照していただければと思います。
 ⇒ 「ラーメン ブタヒロ / ブタメン(並)」の記事



で、今回、前回訪問してからしばらく空いてしまいましたが久しぶりに
「ブタヒロ」にお邪魔してきました。。


約2ヶ月半振りです。



「ブタヒロ」は、基本はワンメニューで、それのバリエーションをお好みで楽しむ、
そういうメニュー構成だったのですが、ちょっとだけメニューが増えたようで、
今回は、それがお目当てです。



増えたメニューは、2種類。


「ブタツケ」と「ブタまぜ」の2つ。

「ブタまぜ」の方は、ちょっと前から「夜限定メニュー」として登場していたのですが、
今回、正式にレギュラーメニューになったようで・・・。



で、今回は、この2つのうちの「ブタまぜ」をいただこうと思ってお邪魔しました。



「ムタヒロ」には、3号店の「まぜまぜ ムタヒロ」に「親父郎」という
二郎系のまぜそばの名作(勝手に僕が言ってるだけですが・・・)があるので、
それとどう差別化してくるのかという思いもあったのですが・・・

「親父郎」、僕の大好きなメニューの1つなので。


そんなこともあり、とても興味のあったメニューが「ブタまぜ」なんです。


なので、「ブタツケ」も魅力的だったのですが、まずは「ブタまぜ」を
いただきに行ってきたというわけです。




ということで、2ヵ月半振りの「ラーメン ブタヒロ」。


新たにメニューに加わった「ブタまぜ」をいただいてきましたので、早速ですが、
感想の方をレポしていくことにしましょう!




それでは!




まずは、見た目から。

ラーメン ブタヒロ -- ブタまぜ

「ブタヒロ」という大きなロゴマークが印字された白いどんぶりに盛られて
白い受け皿にのせられての登場です。


「ブタメン」と同じですね。


ソコソコがっつりなイメージのビジュアル。


美味しそうな気配・・・




では、細かく。

ラーメン ブタヒロ -- ブタまぜ_アップ

表面に具材がたっぷりと盛られているので、麺は、ちょっと見づらいですね。

ですが、隙間からちょこっと顔を覗かせている麺は、「ブタメン」と同じく、
小麦たっぷりのオーション麺が盛られているようです。


で、その上の具材。


メインは、センターにこんもりと盛られたもやし。

それを中心に、ニラ、刻み玉ネギ、ほぐし豚が囲うように盛られています。


そして、紅生姜も添えられています。


トップには、生卵がのっていて、その脇には、背脂が。


中々美味しそうなビジュアルで。


卵黄の黄色、紅生姜の赤、ニラの緑、もやし&玉ネギの白、豚の茶色など、
色のコントラスト的にもキレイな見た目ですね。




ではでは、いただいてみましょう!



まずは、しっかりと混ぜて・・・


下の方には、たっぷりと豚骨醤油のタレが沈んでいます。

これを全体に混ぜて。


ただ、生卵と紅生姜は、極力混ざらないように気をつけて、後で味変を
楽しめるようにとっておきます。


卵と紅生姜で大分味が変わので、デフォの味を楽しめなくなっちゃいますから。




では、一口いただいてみましょう!



ワシワシと口の中に運んで・・・



いや~、美味い!


このしょっぱウマな感じが何ともいえない。

化調たっぷりの感覚が舌を刺激して、脳を直撃。


この味を脳は忘れないんですよね。


だから二郎系は、中毒者が続出する。


この「ブタまぜ」もしかり。


確かにライトな印象ではありますが、中毒性はバッチリ。


豚の旨味と醤油の濃さ、しょっぱさがピリピリと伝わってきて美味しい!


良い感じです!



麺は、小麦密度たっぷりのオーション麺。

コシが強く、噛み応えがあって美味しいですね!


ホント、ワシワシいっちゃいます!



ニラの風味、刻み玉ネギの自然な辛味とシャキシャキ感。

当然、もやしのシャキシャキ感も抜群。


そして、秀逸なのが、「ほぐし豚」。

やわらかく、しっかりと味が染みた煮豚は最高!


おつまみにしてビールを飲みたい!


背脂の甘味もしっかりと感じられ、美味しい「豚まぜそば」になっています。



で、途中から、生卵を混ぜていただく。


これまでのしょっぱウマな味にマイルドな甘さが加わって、さらに美味しく!

卵黄の独特な自然な甘さが良い感じで口の中に残って・・・



さらに、紅生姜もミックス!


やはり、後混ぜにしておいて正解。

味の印象がすごく変わります。


酸味としょっぱさが加わり、なぜか紅生姜が加わると、お好み焼きとか
焼きそばの味へと感覚がシフトしてしまうんですよね。

わずかしかのっていない紅生姜ですが、すごい味変アイテムだと思います。


これまで食べていた「豚の味」をスッキリとさせてくれ、まとめてくれます。



そんなこんなで、自分なりの味変を楽しみながら、一気に掻きこんでフィニッシュ!


あっという間の完食です!




いや~、美味しかったです。


記事の途中でも触れた「親父郎」も美味しいけど、「ブタまぜ」も美味しい。

「ブタまぜ」の方が、「二郎」に寄せてる感があるのは、お店のコンセプトから
仕方のないことですが、それぞれ美味しく甲乙つけがたいですね。


あくまでも、個人的な好みですが・・・



どちらも美味しいです!



一番の違いは、麺と豚かな?


麺と豚を楽しみたいのなら「ブタまぜ」。

そこらへんは意識しなくて、「二郎っぽい味」だけを求めるのなら、「親父郎」でも
全然問題ない。



そんな感じ。



いずれにしろ、とても美味しかったです。




ということで、「ラーメン ブタヒロ」の新メニュー「ブタまぜ」をいただいたのですが、
次は、もちろん「ブタツケ」ですね。


これも楽しみにしているので、近いうちに時間を作って食べに行きたいと思ってます。

ラーメン ブタヒロ

[データ]
●店名:ラーメン ブタヒロ
●住所:東京都国分寺市南町2-17-9 ARTビル 1F
●交通:JR中央線「国分寺」より徒歩3分
●営業:[火~日]11:30~17:00・18:00~21:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■二郎系 [ 東京/まぜそば(豚骨醤油) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント