FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂@東小金井 / 漆黒味噌らーめん(限定)
くじら食堂
漆黒味噌らーめん(限定)

[訪問日]
2018年2月12日(月)

[評価]★★★★☆

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)


ご存知、名店「くじら食堂」。


店主である下村浩介さんが、都立家政の名店「麺や 七彩」で3年の修行を経て
2013年の9月に独立して開いたお店。


昨年からは、「貝そば専門店」として、昼間限定営業の「まるえ食堂」もスタート、
二毛作営業で美味しい「貝そば」を提供してくれています。



毎度のこと書いているので、ご承知だとは思いますが・・・


もし、知らない人がいたら、こちらの記事にメニュー等詳しく書いてあるので、
そちらを参照してもらえると助かるのですが・・・。
 ⇒ 「くじら食堂」について書かれた記事




さて、先週に引き続いての登場です。



昨年の暮れから、試験的に提供を続けている「味噌ラーメン」。

ほぼ毎週のように新しい「味噌ラーメン」を提供してくれてたので、
この先「週替わり限定」的な扱いで出てくるのかなと思ったのですが・・・


それが、先週、先々週とお休みしていまして・・・


で、先週は、お弟子さん作の違う限定を提供してくれてたのですが、
今週は、また「味噌ラーメン」の提供に戻ってくれたようです。



一応、これまでの「くじら味噌」についておさらいしておきますと・・・




すでに、6種類の「味噌ラーメン」を出してきています。


・「味噌ラーメン」
・「豚骨味噌つけ麺」
・「大吟醸味噌中華」
・「ニラ味噌ラーメン」
・「海老味噌ラーメン」
・「食べる背脂味噌ラーメン」

残念なことに、二回目の「豚骨味噌つけ麺」、三回目の「大吟醸味噌中華」は、
食べ損じてしまいました。


それ以外は、とりあえず、コンプしてます。


一応、そのときの記事をリンクしておきます。


まず、一発目の「味噌ラーメン」。

そのときの記事は、こちらなんですが。
 ⇒ 「くじら食堂 / 味噌ラーメン」の記事

今年に入って最初の「味噌ラーメン」となったのが、前回記事にした
「ニラ味噌ラーメン ~豚骨100%骨太スープ~」。
 ⇒ 「くじら食堂 / ニラ味噌ラーメン ~豚骨100%骨太スープ~」の記事

で、「海老味噌ラーメン」がこちら。
 ⇒ 「くじら食堂 / 海老味噌ラーメン」の記事

そして、一番最近のものが、こちら。
 ⇒ 「くじら食堂 / 食べる背脂味噌ラーメン」の記事


こんな感じです。



そして、2週間振りのリリースとなる今回の「くじら味噌」なんですが・・・


これが、またものすごくオリジナリティに富んだものでして・・・


どんなものかというと・・・


「漆黒味噌らーめん」

という・・・



もう、名前の通りでして、「真っ黒な味噌ラーメン」なんです。


冒頭の写真を見てもらえればわかりますよね。



これは、興味津々です。


好奇心を掻き立てられますね。



それでなくても「くじら味噌」には注目しているのに、こうきたら
食べに行かないわけにいかないです。




そんなことで、僕的には当然のことなのですが、食べに行ってまいりました。




ということで、その「漆黒味噌らーめん」、いただいてまいりましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきたいと思います。





それでは、見た目から。

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)

「まるえ食堂」の「貝そば」で使われている模様の入ったどんぶりで登場。


そして・・・


わかってはいたのですが・・・


当然、トッピング等で、全面「黒」というわけではないのですが、パッと見は、
真っ黒です。





では、細かく見てみましょう。

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)_アップ

まず、スープ。

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)_スープ

これは、食べ終わったときのスープの写真なんですが、この方がわかりやすいですよね。


とにかく、どうこう説明する必要もないでしょう。


黒いです。

真っ黒です。



まるで、「墨」のようです。


どう考えても味噌には思えないです。



なんとなく、サラサラ感を感じるスープなのですが、どうなんでしょう?




そして、そのスープの中に、ほぼ保護色さながらに同化して盛られているのが
真っ黒な中太麺。

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)_麺

ややウェーブがかかっていますが。ほぼストレート。

くじらさんには珍しく、手揉みしてないようですね。



このスープと麺、すごいインパクトです。



そして、ここに盛られているトッピングが・・・


表面からは見えないですが、センターの一番下には、いつもの細切りメンマが。


で、その上に、豚バラのトロチャーシュー。



さらに、その上にもやしがどっさりと山盛りに盛られれていて、トップには糸唐辛子。



で、どんぶりの縁に沿うようにチンゲン菜が1本置かれています。



スープ、麺は真っ黒なんですが、もやしの白や、チンゲン菜の緑が映えて
コントラスト的にキレイですね。





さて、この真っ黒なラーメン、一体、どんな味がするのでしょう。




では、実際にいただいてみることにしましょう。



まずは、スープから一口。



なんとなくオドロドロしくて一瞬気が引けるのですが・・・


とりあえず・・・




あれ?


味噌ラーメンの味がする・・・


当たり前なのですが、このビジュアルからは想像できないのですが、しっかりと
味噌ラーメンの味がします。


しかも、豚骨ベースにしたスープの味で、こってりというよりは、むしろ、サラサラ感があり、
飲み口の良いスープ。


豚骨の旨味はしっかりと詰まっている。

しかも、なんかわからないけどコクがある。



ちょっと不思議。



見た目からは想像できない味がします。



一体何を使って黒くしているのでしょう?


種明かしをしちゃうと・・・



それは、「竹炭」です。


「竹炭」を使ってスープを黒くしてるんです。



ただ、単純に「竹炭」を食用に使うといっても、飲料水や炊飯、煮物などに使っても
色が黒くなることはありません。


もし、「竹炭」を使って、色を黒くするのであれば・・・


使うのは、「竹炭パウダー」でしょう。



ここからは、直接話を聞いてないので想像なのですが・・・



まず、ベースになっているスープは、豚骨白湯100%のスープ。

これは、間違いないです。




だとすれば、味噌ダレですよね。


おそらく、「味噌ダレに竹炭パウダーを練りこんでいる」のでは?



それか、味噌ダレに練りこまずに、豚骨スープに味噌ダレを溶かすときに
一緒に「竹炭パウダー」を入れて色を黒くしたか。


どちらかでしょうね。



「竹炭」は無味無臭だそうで、豊富なミネラルが含まれているので栄養があるとか。


スープにコクが増してたのは、「竹炭」のいせい?



この無味無臭の「竹炭」を使うことで、色だけを変え、味噌の味、風味を損なうことなく、
まさに「味噌ラーメン」の味を表現してるんですね。



さすが。


抜群のアイデアですね。




そして、麺。



この麺も真っ黒なんですよね。


自家製麺だからこそできることなんでしょうけど・・・。



麺は、ややウェーブがかかってますが、ほぼストレートの中太麺。

太麺といってもおかしくないかな?


この麺が、ものすごくコシがあって、モッチリとした食感で、あいかわらずの
「くじら自家製麺」のクオリティーを保っていて美味しいです。



で、この麺も食べている分には、美味しい麺で、色は気になりません。


しかも、味に変化があるのかといっても何もない。




では、これは、何で黒くしているのか・・・



この黒い麺の正体は・・・


「イカ墨」です。



「イカ墨」というと、思いつくのが「イカスミスパゲッティー」ですよね。


「イカ墨」を使うことで、「磯の香りがする」だとか、悪くいえば「生臭い」とか
そんなことが言われたりするのですが・・・



今回の黒い麺・・・


全然生臭さなどありません。

磯の香りもしません。


単純に黒くなっただけの、コシの強い美味しい麺なんです。



どうやって「イカ墨」を使って製麺したのかはわかりませんが、全然嫌味がなく
いつもの「くじらクオリティー」の麺なんですよね。


量もたっぷりあって、食べ応えも十分、美味しいんです!




スープと麺。


どちらも同じ方法で黒くしていないのはなぜだかわかりません。

無味無臭ということで考えれば、両方とも「竹炭」でも良かったような気がするのです、
そこらへんの意図は下村さんのみ知るところ。


なんかしらに考えがあってのことなのでしょう。




とりあえず、「色が黒い」ということ以外は、美味しい味噌ラーメンだということ。


話題性、意外性ということでいえば、「色物的」なところもありますが、
個人的には、こういうのは好きなので、全然オッケーですね。




この麺、スープ以外の具材などは、いたって普通の、これまで通りのもの。



シャキシャキのもやしにトロトロのバラチャーシュー。


もう、ここらへんは言うことなし。

美味しいです!



特にチャーシューは、激ウマ!


珍しく、チンゲン菜が1本のせられてましたが、色味的にキレイでしたね。




ということで、黒くても、なんら変わることなく完飲完食。


エンターテインメント性もあって、良かったです。






ところでなんですが・・・


今回の「竹炭」と「イカ墨」を使ったラーメン・・・



今、「まるえ食堂」で、下村さんが「塩」を試作で提供してくれてるのですが、
これでやってみたら面白いなと思いました。


というのも、この「塩」、にんにくの効いたぺペロンチーノっぽいラーメンなんですね。


「イカスミスパゲッティー」がベースになっているのがぺペロンチーノのことが多いので、
もしかしたら面白いのができるのかなと思ったもので・・・


「貝」×「塩」×「ガーリック」×「イカ墨&竹炭」・・・


イケると思うんですけどね。



今度提案してみようかな・・・(笑)。




ということで、「漆黒味噌らーめん」、美味しくいただきました。


また、次のバージョンの「くじら味噌」を楽しみにしております。

くじら食堂 -- 漆黒味噌らーめん(限定)_看板

[データ]
●店名:くじら食堂
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-19
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩2分
●営業:[月~金]18:00~25:00/[土]11:30~14:30(材料なくなり次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/豚骨(創作系) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント