FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂@東小金井 / 豚そばブラック(限定)
くじら食堂
豚そばブラック(限定)

[訪問日]
2018年3月5日(月)

[評価]★★★★★

くじら食堂 -- 豚そばブラック(限定)


ご存知、名店「くじら食堂」。


店主である下村浩介さんが、都立家政の名店「麺や 七彩」で3年の修行を経て
2013年の9月に独立して開いたお店。


昨年からは、「貝そば専門店」として、昼間限定営業の「まるえ食堂」もスタート、
二毛作営業で美味しい「貝そば」を提供してくれています。



毎度のことなので、すでにコピペ状態です(笑)!


メニュー等の詳細については、こちらを参照していただければと思います。
 ⇒ 「くじら食堂」について書かれた記事




さて、3月は、初めての登場です。

3週間振りですね。



昨年の暮れから、試験的に「味噌ラーメン」を提供し続けているのですが、
今回は違います。


「味噌ラーメン」については、また新しいのが提供されたときにでも
改めて記事アップしますので。




で、今回。



今回は、「くじら食堂」では、頻繁に登場する「ブラックシリーズ」です。


「ブラックシリーズ」というのは、僕が勝手にそう呼んでいるだけなのですが・・・

いくつか「ブラック」と名前のつくメニューが限定で出されています。



僕が、最近いただいたものは、こんな感じ。

「くじらブラック」
 ⇒ 「くじら食堂 / くじらブラック」の記事
「生姜ブラック」
 ⇒ 「くじら食堂 / 生姜ブラック」の記事


僕は、この2つしかいただいてないのですが、他にもいくつか出ていたような気がします。

おそらく・・・ですけど。



で、また別の「ブラック」が登場したんです。


それが、今回の

「豚そばブラック」

というものです。



今回は、これをいただきにいってきました。



「くじら食堂」の「ブラック」、美味しいですからね!


楽しみです。




それでは、早速ですが、「くじら食堂」の「豚そばブラック」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

くじら食堂 -- 豚そばブラック(限定)

ここ最近多い「まるえどんぶり」での登場です。


あいかわらずの「黒さ」ですね~。


実は、「豚そばブラック」と聞いて、濃厚豚骨白湯にマー油といった構成を
想像していたのですが、全く違ってました。


今までと同じような「清湯ブラック」ですね。




では、細かく見てみましょう。

くじら食堂 -- 豚そばブラック(限定)_アップ

まずは、スープ。



今も触れましたが、白湯豚骨ではないです。


おそらく、コトコトとじっくり炊いたのでしょう、清湯の豚骨スープです。

そして、例のごとく、真っ黒な「醤油ブラック」です。


表面は、若干の油層ができてますね。




で、麺。



今回、麺がいつもと違うようなんですよね。


当然、下村店主の手による自家製麺なのですが、「中細麺」なんです。


いつもであれば、中太の平打ちで、しっかり手揉みした手打ち風の麺。


でも、今回は、中細麺。

形状は、平打ちで、当然、中細といえども、しっかりと揉まれているんですけどね。


麺量は、190gとやや多めです。




そして、具材。



具材は、いつものとおりシンプルです。



細切りしたメンマと豚バラチャーシュー2枚。

これに薬味の刻みネギ。


ものすごくシンプルです。



「シンプル・イズ・ベスト」ですね。



で、全体にブラックペッパーが振りかけてあります。




このシンプルさが、たまらなく好き。

そして、たまらなく美味しそうに見えちゃうんですよね。





では、早速いただいてみましょう!



まずは、スープから一口。



豚が効いてますね~!


豚のコクと旨味がたっぷりと詰まっているスープで、「豚そば」という
メニュー名のとおりの味がします。


「豚」というと、けっこう「重い」イメージな感じがしますが、そんなことないです。


意外なほどスッキリとしています。

油の重さも全くないですし・・・。



そして、ほんのりですが、「生姜」を感じることができます。



全開の「生姜ブラック」のようなガッツリした感じ方ではなく、ほんのりと
香ってくる程度です。


にんにくの味もしないですね。




とても、ライトに豚のコクと旨味を感じながら、スッキリした生姜も香って
軽くいただけるスープです。



スープ自体は、「豚骨」、「豚」、「生姜」でとってるみたいですね。


「生姜」を感じるのは、これが理由。

でも、スープの出汁としてとっているので、ほんのり感じる程度なんです。


豚も、「豚骨」だけを煮くずすほど炊き込むのではなく、「豚」と一緒に
じっくり炊いたものなので、重くならずにいただけるんですね。




美味しいです!




醤油も、色は濃いですが、味は全く濃くありません。


しょっぱくなく、程好い塩味でいただけます。

焦がしているわけでもなく、醤油本来の味。



「濃口」、「溜まり」、「再仕込み」あたりをブレンドしてるんでようかね。



醤油のコクを感じつつも、塩っ辛くない程良い塩味。



とても美味しいです。





そして、麺。




麺はいつもと違う中細麺。


でも、しっかりと手揉みしてあるので、適度に縮れ、スープと良く絡む。

やや硬茹での腰のある麺は、いつもの中太平打ち手揉み麺に負けず劣らずの美味さ。



やはり、「くじら食堂」さん、麺で裏切ることは絶対にありません。


とにかく、コシが強く歯応えが良い、最高の麺です。




トッピングも、シンプルながら、絶品。



メンマは、いつもの細切りメンマ。

コリコリとした食感が良いアクセントになっています。



そして、秀逸なのが、豚バラチャーシュー。


ここ最近、ずっとこれなのですが、凄く美味しい!



箸で掴むとホロけてしまいそうになるほど柔らかい。

味もしっかりと染みこんでいるし・・・


なおかつ、「ブラック」のスープも染み込み、絶頂的な美味しさ!



全体的には、ブラックペッパーがピリ辛で、味を引き締めてくれてます。





いや~、美味しかった。


この「ブラックシリーズ」は、全くはずれがないですね。

ま、他のメニューもはずれはないのですが、これは特にです。



若干多めの麺量でしたが、あっという間の完飲完食です。




今後また、この「ブラックシリーズ」でのバリエーションが登場するのか、
もしそうだとして、どんなものが登場するのか楽しみですよね。



楽しみにしています!

くじら食堂 -- 豚そばブラック(限定)_看板

くじら食堂(2018.03.05)

[データ]
●店名:くじら食堂
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-19
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩2分
●営業:[月~金]18:00~25:00/[土]11:30~14:30(材料なくなり次第終了)
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/豚骨 ]
Trackback:(0) | Comments:(1)
コメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2018-03-10 土 15:07:06 | | # [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント