FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
支那麺 はしご 本店@銀座 / だんだんめん(担々麺)
支那麺 はしご 本店
だんだんめん(担々麺)

[訪問日]
2018年3月6日(火)

[評価]★★★☆☆

支那麺 はしご 本店 -- だんだんめん(担々麺)


1964年創業の老舗「支那麺 はしご」。


かなり久しぶりの訪問です。

25年振りくらいかもしれません。



そして、今さらながら気づいたんですが、このお店、けっこう店舗があるんですね。

知りませんでした。




もともとは、1964年に数寄屋橋の銀座東芝ビルの地下に本店がオープンしたのですが、
それ以降、支店展開していたようなんです。



僕が行ったことあるのは、「支那麺 はしご 銀座八丁目店」だったと思うのですが、
そこは、たしか、1992年にオープンした店舗。


でも、僕が知らなかっただけで、すでに本店以外に支店がオープンしてたんですよね。

それが、「支那麺 はしご 新小岩店」。


創業が1979年ということですから、かなり古いです。

全く知りませんでした。



これ以外にも、

「支那麺 はしご 赤坂店」
「支那麺 はしご 入船店」

というのがあるようです。


「支那麺 はしご 谷中店」という店舗も千駄木にあったのですが、こちらは、
すでに閉店しています。



で、2009年に銀座六丁目にも店舗がオープンしたのですが、その「はしご」に
数寄屋橋の本店が統合されて、六丁目の店舗の方が「本店」になったようですね。


いやいや、全然知りませんでした・・・。



で、偶然にも新しく本店になっている六丁目の店の近くに行く機会がありまして、
ちょっと立ち寄ってみようかと思い、「新しい本店」にお邪魔してみることにしたわけです。




ということで、今回は、「支那麺 はしご 本店」です。




では、まずは簡単に「支那麺 はしご 本店」について。



場所は、もともとの本店があった数寄屋橋に程近いところです。


住所でいうと、銀座六丁目。


最寄は、「銀座」になります。

ま、「銀座」が最寄とはいっても、このあたりなら、いろんな駅が利用できますよね。




お店は、テナントビルの1階に入っているのですが、「橋梧」と書かれた
大きい木製の看板が目印です。


「はしご」は、「橋梧」って書くんですね。




で、店内に入ると奥に長く伸びた逆L字の木製の広いカウンターが伸びています。

カウンターだけですが、席数は、24席もあります。



メニューは、けっこう豊富です。



まず、最初に言っておきますが、こちらのメニューは、全て「担々麺」は、
「だんだんめん」と読みますので。


で、豊富なメニューを羅列すると・・・

「担々麺」、「搾菜担々麺」、「鶏絲担々麺」、「太肉担々麺」、「排骨担々麺」、
「搾菜麺」、「鶏絲麺」、「太肉麺」、「排骨麺」、「酸紅麺」、「鶏絲涼麺」、
「太肉涼麺」といったラインナップです。


これ以外に、「シュウマイ」、「餃子」といったサイドメニューや、「太肉」、「排骨」、
「搾菜」などといったおつまみ。

そして、ドリンク類ですね。



いわゆる「中華麺」が中心のメニュー構成です。



そして、こちらのお店、なんといっても有名なのが「担々麺」。

先ほども触れましたし、タイトルにも書いてますが、「だんだんめん」と読みます。


これ、実は、中国語の発音に倣った読み方で、ある意味、正しい発音なんですよね。

中国語だと

「担担面」と書いて、

「dàn dàn miàn」という読み方をするのが正しいようなんです。


なので、このお店では、あえて、「だんだんめん」と読んでいるわけです。



一応、参考までに。




で、その「だんだんめん」の中でも人気なのが、「排骨担々麺」のようなんですが・・・



ここは、あえて、デフォの「だんだんめん」をいただこうかと・・・

かなり久しぶりで、味も忘れてますからね。




ということで、約25年ぶりにお邪魔した「支那麺 はしご」の「だんだんめん」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

支那麺 はしご 本店 -- だんだんめん(担々麺)

いかにも「中華麺」っていう感じのどんぶりで、全体的にも雰囲気たっぷりですね。

パッと見、オレンジ色で、すごく辛そうです。



では、細かく。

支那麺 はしご 本店 -- だんだんめん(担々麺)_アップ

スープは、ホントにオレンジ色して辛そうなんですが、よく見ると、表面だけなんですね。


表面のオレンジ色の下には、醤油色したブラウンのスープが隠れています。



そして、その中に盛られている麺は、ストレート細麺で、しなやかな印象を受けますね。


で、トッピングは二種類のみ。


バラロールのチャーシューがセンターに一枚。

そのそばに、チンゲン菜が一本添えられているだけ。



いたってシンプルです。





では、いただいてみましょう!





まずは、スープから。



ピリッとする辛味が一瞬感じられますが、実は、そこまで辛くはないです。


ラー油と芝麻醤を効かせたスープ・・・

といいたいところなのですが、それは表面上のものだけで、実は、ベースは、
鶏ガラ清湯の醤油ラーメンなんです。


なので、表面に、ラー油と芝麻醤をミックスしたものを浮かせているだけで、
スープの味自体は醤油ラーメン。


ただ、その表面のラー油と芝麻醤が少量ながらもピリッとする辛さを出していて、
中々心地良い。


とはいいつつも、いわゆる「麻辣」の印象は少なく、特に痺れはほとんど感じられない。

そのかわりに、すごく感じるのが「八角」の香り。


「八角」は四川料理には欠かせないといいますが、「麻辣」の方が強く感じるのが
僕の印象だったんですが、ここでは、「八角」の主張が強いです。



なので、辛い、痺れる、というよりも、独特のスパイシーさが先行して、
ある意味、好みの分かれる味かと・・・。


「八角」を好まない人って多いですからね。



僕的には、全然大丈夫。


ただ、もっと「カラシビ」は欲しいところですよね。

「本場四川の味」を謳ってるくらいですから。



ま、その分、ベースが醤油ラーメンで、辛さもそこまでではないので、あっさりと
いただけますから良いですけどね。





そして、麺。




麺は、ストレートの細麺。


これが、中々コシがあって美味しい。



啜り心地も、スルスルと、そして、のど越し良く、中々美味しい麺です。




そして、具材。


唯一のトッピングなわけですが・・・

このままいただいても良かったのですが・・・



実は、お好みサービスでご飯が付いてくるんですね。

支那麺 はしご 本店 -- だんだんめん(担々麺)_ごはん

せっかくなので、お願いしたんですが・・・


ご飯を頼んだんであれば、こうやって食べてみようかと・・・

支那麺 はしご 本店 -- だんだんめん(担々麺)_チャーシューごはん

セルフチャーシュー担々丼を作っていただきました。



このチャーシューが、トロトロの柔らかく煮込んだチャーシューで。

キレイにご飯にのせるのが難しかったくらい柔らかかった。



でも、その分、ホロリと崩れるチャーシューの肉と、ご飯、担々スープが
ベストマッチング。


〆として美味しくいただきました。




久々に、この手のタイプの担々麺をいただいたのですが、なんだかんだと完食。


たまには良いものですね。



でも、やはり、汁ありなら、もっと芝麻醤の効いたスープで、
汁なしなら「麻辣」の効いた汗かくような辛さのものが好きですね。


あくまでも好みですけど。



機会があれば、ぜひ、「排骨担々麺」をいただきたいですね。

支那麺 はしご 本店

[データ]
●店名:支那麺 はしご 本店
●住所:東京都中央区銀座6-3-5 第二ソワレ・ド・ビル 1F
●交通:丸ノ内線・日比谷線・銀座線「銀座」より徒歩2分/日比谷線・千代田線、都営三田線「日比谷」より徒歩4分/JR山手線・有楽町線「有楽町」より徒歩5分
●営業:[月~金]11:00~29:00/[土・日・祝]11:00~21:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■担々麺 [ 東京/担々麺(汁あり) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント