FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ@中村麺三郎商店(淵野辺) / 焼き味噌担々麺 + 香福豚の炭火焼豚御飯
麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ
焼き味噌担々麺 + 香福豚の炭火焼豚御飯

[訪問日]
2018年4月1日(日)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 焼き味噌担々麺
麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 香福豚の炭火焼豚御飯


神奈川屈指の人気店2店によるコラボ。



横浜中華街広東料理の名店「聘珍楼」で中華料理を学び、その後、名店「麺の坊 砦」で
修業を積んだ店主の中村健太郎さんが、2016年5月に独立オープンした「中村麺三郎商店」。

中村店主が伊勢佐木長者町の人気店「地球の中華そば」の樋上店主の後輩だということで、
それも話題になって一躍行列店の仲間入り、それからすでに2年近くも経ってしまいました。



そして、熊本桂花、札幌純連などをはじめとした様々なジャンルのお店での修行を経た
店主の秋本博樹さんが、2015年5月に独立オープンした「麺処 秋もと」。

いろんなジャンルのラーメンを経験した結果辿りついた答えが、「鰹」を使った
淡麗清湯ラーメン。

また、「純連」仕込みの絶品味噌ラーメンを冬季曜日限定で提供していることでも
話題を呼んでいるのは、すでに周知のことでしょう。


ま、僕のブログには、幾度となく登場してますしね・・・。




そんな2つの人気行列店が、まさかのコラボ。



ありそうでなかったコラボですね。


当然、お店同士の接点はあるものの、ちょっと考えにくいコラボだったので、
しかも、開催日が4月1日のエイプリールフールということもあって、
「もしかしたら、嘘なのでは?」と囁かれつつも、しっかりと開催されたので、
僕もお邪魔してきました(笑)。



ま、嘘のわけないですし・・・。




個人的には、「中村麺三郎商店」には、中々チャンスがなくて一度しか
お邪魔したことがありません。


本当は、もっと頻繁に訪問したいのですが、いかんせん、場所が遠いです。


でも、今後は時間を見つけてもっと訪問したいと思っているのですが・・・




一方の「麺処 秋もと」。


こちらは、すごく通っています。


おそらく世界一通っているのが僕だと思います。

すでに、食べている杯数は、460杯を越えてますし。



なので、そんな「麺処 秋もと」が絡んでいるコラボ、僕が行かないわけがないんです。




コラボの情報自体も相当前に入手していましたしね。





で、今回のコラボ。


どんなコラボかというと・・・




それぞれのお店の人気メニューをドッキングさせちゃおうというもの。




「中村麺三郎商店」といえば、看板メニューは、淡麗の「醤油らぁ麺」、「塩らぁ麺」。


なのですが、もう1つ人気メニューがあるんです。

それが、「担担麺」。


この「中村麺三郎商店」の「担担麺」と・・・



そして、「麺処 秋もと」といえば、丸鶏と鰹を使った淡麗の「醤油」と「塩」。

これが看板メニュー。


ですが、季節限定メニューとして、レギュラーに劣らないくらい人気があるのが、
鶏白湯をベースにした「味噌」。

本来、「醤油」と「塩」がメインなのですが、「味噌」の方が一人歩きしている、
そんな感じがしなくもない・・・。



で、先ほどの「中村麺三郎商店」の「担担麺」と「麺処 秋もと」の「味噌」を
ドッキングさせて、「味噌担々麺」を作っちゃおうというのが今回のコラボ。



その名も、

「焼き味噌担々麺」

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- メニュー

これは、もう間違いないでしょう。


名前見ただけで想像できちゃうくらいです。



これは、楽しみです。



しかも、限定200食。

当然、並んででも食べたいですよね。





そして、この2つのメニューのドッキングなわけですが・・・


それぞれの役割はどんな感じなのかというと・・・




まず、「麺処 秋もと」。


当然ですが、「味噌ダレ」。


「麺処 秋もと」の「信州山吹味噌」をメインとして数種類の味噌を
ブランドした絶品「味噌ダレ」です。



で、この「味噌ダレ」に合わせるスープは、「中村麺三郎商店」の鶏清湯。

普段から使用している「比内地鶏」のスープを合わせます。



そして、「担々麺」には欠かせない「ラー油」と「芝麻醤」は「中村麺三郎商店」。



でさらに肝心の麺。


これは、中村さんの自家製麺。




要は、簡単にいっちゃうと「中村麺三郎商店」の自慢の「担担麺」を
「麺処 秋もと」の自慢味の「噌ダレ」で作ってしまうということですね。



「味噌」と「担々麺」の相性は抜群です。


なんども良いすが、やはり、これは間違いないでしょう。




そして、サイドメニューとして、

「香福豚の炭火焼き豚御飯」

という、何やら美味しそうなご飯もの。




これも、マストメニューのような気が・・・


普段は、ご飯もの、そんなに食べないんですけどね。





さて、こんな感じのコラボなわけですが・・・



もうオーダーするものは、決まっています。


追加トッピングがいくつかりましたが、僕は、それには目もくれず、
今回のメニューをデフォでいただくことに。

そして、ご飯ものも。




ということで、「麺処 秋もと」×「中村麺三郎商店」のコラボイベント、
「焼き味噌担々麺」と「香福豚の炭火焼き豚御飯」をいただいてきました。



なので、早速ですが、いただいた感想のレポをしていくことにしましょう!





では、まずは、見た目から。

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 焼き味噌担々麺

「中村麺三郎」さんの金色の雷文模様は入った切立ち丼で登場。


パッと見は、いわゆる「汁あり担々麺」ですね。

普通に美味しそうです。




では、細かく見てみましょう。

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 焼き味噌担々麺

まず、スープ。


オレンジ色したスープ。


見た目濃厚そうに見えますが、これ清湯か白湯か。


「中村麺三郎」さんの担々麺、清湯のときも白湯のときもあるようなんですよね。

僕、食べたことがないので知らなかったのですが・・・


ただ、今回は、清湯だと思うんですよね。

でも、かなり濃厚そう。


これも、「味噌」のせいでしょうね。


見た目上は、「味噌のスープ」なのかはわからないですが、この濃厚そうな感じが
「味噌」を思わせますよね。

それに、芝麻醤がたっぷり使われてますから。



表面のオレンジ色は、当然のことながらラー油のせい。


見た目、辛そうにも見えますけどね。





そして、わずかですが顔を覗かせているのが、「中村麺三郎」さんの自家製麺。


今回は、このコラボのためだけに製麺した切刃16番の平打ち熟成卵麺。

しなやかなストレート麺。


実は、この麺。

すでに試作段階でいただいてるんです。


「中村麺三郎」さんでいただいたのではなくて、「麺処 秋もと」さんで
いただいたんです。


試作段階で、「秋もと」さんの「味噌ラーメンの日」にこの麺を数量限定で
出していたんですね。

しかも、二回も。


なので、このときにすでにいただいていたんです。



ということは・・・

味は、ある程度知っている。



ただし、毎回、微妙に、加水だとか小麦の配合だとか、微妙に変わっているので、
全く同じではないようですが・・・





で、具材。



具材はシンプルですよね。



「肉味噌」、これは必須ですね。

そして、美味しそうな豚バラチャーシュー。


で、これ以外は、ほぼ薬味関係ですね。

刻み青ネギ、紫玉ねぎ、さらに、茗荷がのっています。




最後は、スパイス。


上から斜めに2本の線を描くように、2種類の山椒がかかっています。

赤山椒と青山椒でしょう。






見るからに美味しそうです。




では、早速いたいてみましょう。





まずは、スープから一口。




芝麻醤の胡麻の風味が豊かで、濃厚な味わい。

それと同時にピリッとした辛味が広がってきて、担々麺ならではの美味しさ。


メニュー表には、そんなに辛くないと書いてありましたが、けっこう痺れがきます。

線を描いて振りかけられていた赤と青の山椒が効いているのでしょう。



そして、このいわゆる担々麺の辛味のある味を追いかけるように広がってくるのが、
濃厚な味噌の味。


胡麻風味や辛味、痺れに負けることなく、むしろ、それらをドッシリと
支えるような存在感で味噌のコクと風味が広がってきます。



こりゃぁ、美味いなぁ!



予想通りの美味しさに脱帽です!




先ほども言いましたが、担々麺と味噌の相性は抜群ですからね。


スープ自体は清湯なんですが、芝麻醤や味噌の濃厚さで、清湯なんだけれども
まるで白湯のような濃厚さが出ています。


後引く美味しさ。





そして、麺。



しなやかストレート平打ち。


麺肌がシルキーで、なんとも心地良い啜り具合。


啜るたびに、芝麻醤の風味とラー油の辛味、追いかけるように味噌の風味が感じられ、
麺との絡み、一体感がものすごく良い。


この麺は、「秋もと」さんの味噌ラーメンで、2回ほど試食しているので、
なんとなく雰囲気はわかっていました。


でも、こうやって「焼き味噌担々麺」として食べてみて、改めて美味しさを感じます。




具材の肉味噌もスパイシーで美味しい。


薬味の刻み紫玉ネギは、ポリポリと食感も演出してくれて良いですね~。


そして、トップにのっていた茗荷。

これが、なんとも言いがたい清涼感で。


甘酢漬けにしてあるようなんですが、濃厚な「焼き味噌担々スープ」でいっぱいの口内を
サッパリと洗い流してくれるようで、最高の口直し。


このトピはヒットですね。



さらに、豚バラチャーシュー。

これが最高に美味しい!


香ばしく柔らかく。


これ最高!

肉増しにしても良かったくらいです。




辛味はそこまでではなかったものの、意外なほどの痺れがあったので、もう汗だく。

でも、汗だくになりながらも、ほとんど一気食い。


あっという間の完飲完食でした。





さて、これとは別にもう1つ。



そう、サイドメニューの「香福豚の炭火焼き豚御飯」。

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 香福豚の炭火焼豚御飯

これが、ヤバかった・・・。



「香福豚」という相模原のブランド豚なんですが、すごい脂ののりが良い。

部位としては、肩ロースなんですが、香ばしく、柔らかく、とろけるような美味しさ。


これに、今回のコラボ2店のタレをブレンドした特製ダレで合わせて・・・


甘辛で美味い!


しかも、添えてある大根おろしが、またサッパリとして美味しい。


これは、どんぶりで食べたいほど。

サイドにしておくにはもったいない逸品でした!



こちらも、あっという間にペロリと完食。





最高に美味しかったです!





さて、ということで、今回の「麺処 秋もと」×「中村麺三郎商店」のスペシャルコラボ。



最高に楽しませていただきました。




今回は、僕は、家から遠いということもあり、早めに出発。


お店には、7時45分くらいに到着していたのですが、すでに一人並んでいる人が・・・



オープンまで、3時間強。


先頭の人も、後続の人も、みなさん知り合いの方ばかりでしたので、
待ち時間もあっという間に過ぎ、美味しいラーメンをいただくことができて、
最高の一時でした。




ぜひ、また、できれば、年イチくらいででも定期的にやってもらいたい企画です。




楽しかったし、美味しかった。




ご馳走様でした!

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 看板

麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ -- 暖簾

[データ]
●イベント:麺処 秋もと×中村麺三郎商店コラボ
●開催場所:中村麺三郎商店
●住所:神奈川県相模原市中央区淵野辺4-37-23
●交通:JR横浜線「淵野辺」より徒歩5分
●開催日:2018年4月1日(日)
●時間:11:00~15:00・17:00~売り切れまで




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■担々麺 [ 東京/担々麺(汁あり)(味噌) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント