FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
拉麺 時代遅れ@水海道 / 昭和のラーメン
拉麺 時代遅れ
昭和のラーメン

[訪問日]
2018年5月5日(土)

[評価]★★★★☆

拉麺 時代遅れ -- 昭和のラーメン


さて、今回は、前回の記事の続き・・・のようなもので。


というのも、前回の「拉麺 人生」あっての今回のお店ですし、いわばセットで
考えてもいいくらいなので。



ということで、今回は、「拉麺 人生」と鬼怒川を挟んで対岸にある前回の記事でも触れた
「拉麺 時代遅れ」というお店。



まず、この「拉麺 時代遅れ」についてお話しするには、「拉麺 人生」について
知っておいていただかないとわかりずらいので、前回の記事をぜひ参照してほしいのですが。

前回の記事は、こちら。
 ⇒ 「拉麺 人生 / 人生ラーメン」の記事


ま、簡単に言ってしまえば、「拉麺 人生」の創業者である新井芳雄さんが
息子さんにお店を譲って、新しく開いたのが「拉麺 時代遅れ」ということです。





では、「拉麺 時代遅れ」について触れていきましょう。



「拉麺 人生」の創業者である新井芳雄さん。


ご自身は引退して、お店を息子さんに譲ったのですが・・・

体調のせいだとも、年齢のせいだとも言われてますが、本当のところは
定かではないです。


で、鬼怒川を挟んだ対岸に新しく開いたのが「拉麺 時代遅れ」。


これは、先ほども言いましたね。



ただ、すぐにこの「拉麺 時代遅れ」をオープンしたわけではないんですね。



最初は、なんと「天ぷら居酒屋」を開いたんです。

その居酒屋というのが、「天ぷら 人生」というお店。


「IZAKAYA 10PURA SHI"NSEI」という表記の屋号。


いきさつ理由などはわかりませんが、なぜか「天ぷら屋」をオープン。


しばらくは、この「天ぷら 人生」を切り盛りするのですが・・・
その「天ぷら 人生」も閉めてしまったようで。


そして、しばらくは何もせずにいたようですが、暇で人と話がしたくて・・・

そこで、もう1度ラーメンでも作るかと「天ぷら 人生」の場所で、屋号も変えずに
そのままの状態で始めたのが「拉麺 時代遅れ」というお店。


さすがに看板は変えたようですが・・・(笑)



それが、今年の1月。


最初は、ひっそりと誰に教えることもなく始めた「拉麺 時代遅れ」。


それが、いつの間にかSNS上で話題となり始めて・・・


本当にいつの間にかです。

気づいたら、いろんな人が噂をし始めていて。



新井さんも

「最初はこっそりやるつもりだったのが、いつの間にか知られちまってよ・・・」

とか言ってましたし・・・。



あっという間に有名店になってしまいました。


ま、それもこれも「拉麺 人生」というバックボーンがあったからですが・・・




で、この「拉麺 時代遅れ」、メニューの中身こそ違いますが、お店のコンセプトというか
考え方は「拉麺 人生」とそっくり。



まず、営業しているかどうかの確認。


これは、屋根に取り付けた信号機が「青」のとき。

「人生」は、一応定休日を設けていますが、こちらは本家本元。


本当に、信号を見ないとやってるかわからないんです。

行ってみなければわからない。


だから、「青信号」だったらラッキーなんです。


なにせ、店の休日が、

「雨の日」
「風の強い日」
「暑い日」
「寒い日」
「俺の体調の良くない日」

というからすごい。


天候はわかりますが、体調だけは行ってみないとわからないですからね。


ってことは、夏はやってないのかな?

真冬とか・・・



こんなことからもうかがい知ることができますが、「儲けようと思ってない」んです。


なにせ「暇で人と話したかったから」始めたお店ですから。


なので、すごくお店ものんびりとした空気が流れています。

すごく落ち着きます。




さて、そんなお店なんですが・・・


到底お店だとは思えない佇まい。



屋根の信号、のぼり、帯看板、これがなければほぼラーメン屋だとは気づかれない。

そんな佇まいです。



木の柵で囲われた店舗は、木戸をくぐり、さらに引き戸を開けて中に入り・・・


店の外にはオープンテラスのような屋外席があります。

実際に使われているかどうかはわかりませんが、あります。


で、店内は、入ると右側に厨房があり、その前に6席のカウンター席。

その後方にはお座敷席があり、6人ほど掛けられます。


もう1つ座敷テーブルがありましたが、物置になってました。


オープンテラスがどう使われているかわかりませんが、使ってないのだとしたら、
わずか12席の小さなお店です。



厨房では、新井さんが一人でゆっくりと調理しています。



なんか、このお店の雰囲気を味わっていると、お店が休みになる条件、
あれが、まさにしっくりくるんですよね。

あの条件をクリアしないと、このお店、開けないなぁなんて思っちゃうんです。





さてさて、肝心のメニューです。



メニューは、「拉麺 人生」とどんな違いがあるのか・・・



メニューは、4種類あります。


とりあえず、ザッあげてみましょう。


「昭和の素ラーメン」
「昭和のラーメン」
「つけ麺」
「水ラーメン」

この4種類です。



ただし、「つけ麺」、「水ラーメン」には条件があります。

「つけ麺」は「ひまなときだけ」、「水ラーメン」は「暑いときだけ」という・・・


なので、常に提供可能なのは「昭和の素ラーメン」と「昭和のラーメン」
ということになります。



しかも、この「時代遅れ」というお店。

暇だったから始めたのは確かなのですが、新井さんが納得のいくような仕事をしたい、
そう思い始めたお店でもあります。

なので、全てを自分でするため、提供数に限りが出てきます。


オープンは、11時半からなのですが、終わりは決まってません。


提供数20食程度が終わるまでということになるんです。



なんとなく隠居生活をラーメン店経営で過ごしているように思えなくもない。



さて、メニューの話に戻って。



安定供給されるであろう「昭和の素ラーメン」と「昭和のラーメン」。


違いは、これは、「拉麺 人生」と同じですね。


「人生ラーメン」=「昭和の素ラーメン」
「ラーメン」=「昭和のラーメン」

ということです。



やはり、「素」が究極と考えてるんですね。

そして、何かとキーワードになってくるのが「昭和」という時代。



この「昭和のラーメン」も新井さんが昔食べた味を再現したくて作ったものなんでしょう。




さて、「拉麺 人生」では、「素ラーメン」である「人生ラーメン」が人気でした。

ですが、この「拉麺 時代遅れ」では、トッピングがある「昭和のラーメン」の方が
人気があるようなんですよね。



「拉麺 人生」では、「人生ラーメン」で「素」を食べたことですし、「拉麺 時代遅れ」では
「具あり」を食べようかと、「昭和のラーメン」をいただくことにしました。





ということで、前置きが長くなりましたが、運よく「青信号」で入店することができた
「拉麺 時代遅れ」の看板メニュー「昭和のラーメン」。


いただいてきましたので、感想の方をレポしていくことにしましょう!






まずは、ビジュアルから。

拉麺 時代遅れ -- 昭和のラーメン

どんぶり・・・

ほぼ「拉麺 人生」と同じですね。


こちらの方が、ややカラフルな印象はありますが基本で材は同じです。

デフォトッピングにしては豪華な顔ぶれ。


美味しそうですね。

まさに雰囲気的には「昭和の顔」をしています。





では、細かく見てみましょう。

拉麺 時代遅れ -- 昭和のラーメン_アップ

まず、スープ。


具材に埋もれて、スープが確認しずらいですが、キレイな清湯醤油スープです。


表面が油層でキラキラしています。


このスープの油、実は作る過程でちょっとしたパフォーマンスがあって。

ま、パフォーマンスというと大げさですけど・・・


このスープの表面の油なんですけど、提供前に熱したものを「ジュッ」と
一回しかけるんですよね。

それが中々良くて・・・


熱々の状態で提供されますしね。



さて、見た目の続き。


そのスープの中には、麺線がキレイに揃えられた中細ストレート麺が盛られてます。

具で隠れちゃってるのがもったいないくらいキレイな麺線です。


で、そのキレイな麺線で盛られた麺の両端には2種類のネギ。

切り方とかは違いますが、この盛り付けの仕方、「人生ラーメン」と
同じですよね。



どんぶり上部には、贅沢にもバラロールが3枚ものっています。


そして、下部には、細切りのメンマがたっぷりと。

このメンマ、辛味オイルか何かで和えてあって、やや赤味を帯びてるんですよね。


で、センターにはナルト。



ちょっと豪勢な「昭和の顔」をしていますよね。


とても美味しそうです。




では、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。




あ、これは・・・



なんと「鴨」ではないですか!


旨味たっぷりの「鴨出汁」。

しかも、「ジュッ」と一回しかけていた油。


それも「鴨脂」だったみたいで・・・



甘み感じる醤油スープに、奥深い鴨の旨味。

じんわりと染み入る美味しさ。




いや、これ美味いなぁ!



てか、これ、「昭和のラーメン」にしては、新しくない?


そんな印象さえ受ける。



全然「時代遅れ」じゃない!




麺は、ツルツルモチモチの中細麺。

口当たり、喉越しも良いし・・・


美味しい!



バラロールのチャーシューは、しっかりとしょっぱめな味が染み込んでいて
柔らかくて美味しい!

これがデフォで3枚は贅沢すぎでしょ!



で、あえて、最後の方に残しておいたメンマ。


辛味オイルで和えてあるので、ピリッとした刺激が・・・。


あくまでもピリ辛なので味に影響はないですが、ちょっとしたスープの味変にはなって良いかも。



全体的に甘めなところはあったので、ちょうど良い味変ですね。




いや~、美味しかった!


新井さんの軽妙で味のあるトークをスパイスにあっという間の完飲完食です。

これは人気出るのわかりますわ。


遠いけど、また行きたくなりましたから。



「拉麺 人生」もそうですけど、時間を見つけて再訪したいですね。

拉麺 時代遅れ

拉麺 時代遅れ

拉麺 時代遅れ_看板

拉麺 時代遅れ

[データ]
●店名:拉麺 時代遅れ
●住所:茨城県常総市水海道元町3459
●交通:関東鉄道常総線「水海道」より徒歩15分
●営業:[月~日]11:30~未定
●定休:不定休





人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鴨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント