FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺 / 虎洞つけ麺
麺屋武蔵 虎洞
虎洞つけ麺

[訪問日]
2018年5月12日(土)

[評価]★★★★☆

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺


かなり久しぶりの「麺屋武蔵」です。

「麺屋武蔵」自体、かれこれ2年ぶりくらいになるのかしら?



今回は、「麺屋武蔵」の中でも古い方に入る吉祥寺の「虎洞」へ。


吉祥寺のラーメン店は、ほぼ食べつくしたと思っていたんですけどね・・・

そうでもなかったようです。


まだまだいくつもありました。



で、今回の「虎洞」も訪問してたつもりでいたんですよね。

以前のブログ記事でも訪問済のようなことを書いてたし・・・



でも、実は未訪でした。


なので、改めて訪問です。




「麺屋武蔵」といえば、いわゆる「96年組」といわれる「青葉」、「くじら軒」
などとともに、それぞれのお店の店主が、独学で、既成のものに縛られない自由な発想で
ラーメン作りをしていたことから「ご当人ラーメン」とも呼ばれていたお店。


懐かしいですね~。


オープン当初は、かなりの行列で、「麺屋武蔵」も大行列に並んで食べた憶えがあります。



今では、すでにピークは過ぎてますけどね。


それでも、20年以上に渡って、第一線で営業しているのですから、すごいとしか
言いようがありません。



ま、そこらへんの、「麺屋武蔵」のコンセプトやら何やらについては、下記記事に
詳しく書いてるので参照してみてください。
 ⇒ 「麺屋武蔵 鷹虎 / 濃厚鷹虎つけ麺」の記事
 ⇒ 「麺屋武蔵 武骨外伝 / 外伝つけ麺」の記事




さて、今回の「虎洞」なんですが、先ほども触れましたが、「麺屋武蔵」の中でも
昔からあるお店です。



2005年2月のオープンですから、すでに13年ですか・・・

すごいですね。



ま、かなり立地的にも良いですから、繁盛してるんでしょうね。




では、その「虎洞」、場所などから。



最寄り駅は、吉祥寺。


僕の地元エリアです。



その吉祥寺のメインエリアのど真ん中にあります。


有名な「ハモニカ横丁」などを含むメイン商店街。


ここは、まさに食べ歩きグルメの宝庫といってもおかしくない。

いろいろなお店が犇く場所。



こんなところにお店を構えていたら、お客さんが入らないほうがおかしい。


そのくらいの好立地です。



吉祥寺駅からも歩いて数分。


最高ですね。




で、お店は、そんな商店街のど真ん中。


大きな看板が出ているので、すぐにわかるでしょう。



しかも、このお店、ちょっと面白い造りになっていまして・・・


なんと厨房を挟んで入口が二つあるんです。



1つは通りに面したメインの方。

もう1つは、ハモニカ横丁から入れる方。



それぞれ、7席、6席のカウンター席。


今でも場所柄行列ができることもあるんですが、どっちの入口に並べば
良いんでしょうね?




そんな変わった造りになってます。




メニューは、ベーシックなものが4種類。

「濃厚つけ麺」、「濃厚辛つけ麺」、「つけ麺」、「ら~麺」の4種類。


これがそれぞれ、「虎洞」、「角煮」、「虎のしっぽ」、「肉虎洞」
の4つのバリエーションがあります。


で、この4つのベーシックメニュー。

どれが看板メニューなのかというと、正直、わかりません。


というのも、お店の方でも、時期によってオススメを変えているので、お店として
どれを勧めているのかわからないんです。



でも、あえて言うのであれば、「つけ麺」かな?


しかも、お店の屋号を冠した「虎洞つけ麺」。



「麺屋武蔵」は、大体、屋号を冠したメニューを食べれば、間違いないです。



と、いつもなら、デフォトッピングでいくところなんですけどね。



「麺屋武蔵」は大体、屋号冠メニューを選びます。

例外です。


だって、屋号冠メニューを食べないと、他の「麺屋武蔵」との違いを楽しめないから。



ということで、今回も「虎洞つけ麺」をチョイスしました。




ちなみに、上記4種類以外にも「虎のしっぽ牛すじつけ麺」というのがありましたが、
もしかしたら限定かもしれないですね。

そして、各種トッピングもあります。



そして、「麺屋武蔵」は、つけ麺の場合、麺の量が「並」、「中」、「大」、「特」
まで同料金で、つけ汁も1杯までおかわりできるんです。


これは、若い人には嬉しいですよね。



ま、僕は、「並」にしましたが・・・





ということで、そんな食べていたと思っていたら食べてなかった「麺屋武蔵 虎洞」、
看板メニューの「虎洞つけ麺」をいただいてきました。



では、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目からです。

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺

いつもながら個性的なトッピングですよね。

盛り付けが、本当に豪華です。


二郎系ではないですけど、かなりガッツリきますよね。





では、細かく。

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺_アップ

まずは、麺から。

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺_麺

麺の方にたくさん具がのってますね。


麺は、やや平打ちタイプの角切りの太麺ストレート。

見るからにモッチリ感たっぷりで。


その上には、まず、メンマ。

お決まりの味玉がのっています。



そして、メインのトッピングとなるチャーシュー類。


これが2種類のってます。



「角煮」と「ソーセージ」。


元々は、「角煮」が2つのってるのですが、1つをソーセージに変更できるんです。


で、このソーセージこそ「虎洞」の名物。


「虎としっぽ」と呼ばれるチャーシューソーセージなんです。

詳しくは後ほど。




そして、つけ汁。

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺_つけ汁

やや濁った白湯系のつけ汁。


茶濁色といった感じですが、そこまで濃厚そうには見えません。

割りとシンプルで、折り紙切りしたネギと刻んだ青ネギが浮いているだけ。



甘じょっぱく、節の香りが漂ってきて美味しそうです。





では、いただいてみましょう!





箸でひとつまみ摘んでつけ汁に浸けて・・・


ツルツルッと一口。




甘じょっぱい・・・


これが、一口啜ってみての印象。



割りと「麺屋武蔵」のスープって甘めのものが多い傾向ですよね。



そして、豚骨鶏ガラをベースに節の風味が香るつけ汁は、見た目よりも
しつこくなく、むしろあっさりといただけます。



美味しいです。


個人的に好きですね。





若干のとろみもあるので、麺との絡みは良好ですし・・・。



麺は、ツルツルの麺肌が気持ち良く、噛めばモッチリとした食感で食べ応え十分。


これなら、大盛りとかでもぺロリとイケちゃいそうな感じ。





先ほども言いましたが、「麺屋武蔵」のスープって、基本似た感じのところがある。

豚骨鶏ガラベースに節系を中心にした魚介を合わせたWスープ。



そして、麺も、厳密に言えば違いますが、ザックリ言えば、太麺で似ています。



ですが、いわゆる「Double Brand」(これについては、上記リンク先を参照)の店舗は、
それぞれがコンセプトを変えて個性を出しています。


その個性の大きな違いは、やはり、トッピングなんですよね。


で、そのトッピングが美味しい。




今回の「虎洞」もしかりです。



「虎洞」の場合は、「角煮」と「ソーセージ」。


これについては、絶品でしたね。




「角煮」は、ホロッとほぐれるほど柔らかい。

脂身もとろけるようで甘くて美味しい。


文句なしです。



で、この「角煮」だけでも良いのですが、これに加えて「ソーセージ」がある。


この「ソーセージ」、「虎のしっぽ」と呼ばれているもので、これこそ
「虎洞」の最大の個性といってもおかしくないものです。


ですから、これを食べなければ「虎洞」は、未食扱い。

そんな感じ?



この「虎のしっぽ」、最高に美味しいです。


ラーメンやつけ麺のトッピングとしても良いのですが、おつまみとして
食べれたらもっと最高なのではと思うくらい。



表面はパリッとしていて、噛むと中はジューシーで。

溢れ出す肉汁がたまりません。


豚の粗挽き肉、肩ロース、タン、玉ねぎなどを秘伝のタレで味付けしたもの、
これが「虎のしっぽ」なのですが・・・


スパイシーなところもあり、これはホントに美味かった。


「角煮」が甘辛いのと対照的で、2種類の違う味を楽しめて良いですね。

食感もまるで違いますし。




つけ汁、麺、両方とも美味しいけど無難な感じのものだったんですが・・・


このトッピングでポイントが上がりましたね。



とても美味しかったです。




で、最後は、備え付けのポッとに入った割りースープでスープ割り。

麺屋武蔵 虎洞 -- 虎洞つけ麺_スープ割り

ホッと一息つきながら、完飲完食です。




美味しかったです。




久しぶりに「麺屋武蔵」に行きましたが、たまには良いですね。


てか、長続きしているのには意味があるわけで、つまり、美味しいということなんでしょう。




ちょっと振り返ってみたら、「Double Brand」でいうと、未訪の店舗がいくつか
ありますね。


○「二天」@池袋
×「武骨」@御徒町
○「虎洞」@吉祥寺
○「武骨外伝」@渋谷
○「鷹虎」@高田馬場
○「神山」@神田
○「武仁」@秋葉原
×「巌虎」@秋葉原
×「武骨相傳」@上野
○「虎繍」@六本木


こんな感じ。


上の界隈がまだですね。


今度時間見つけて行ってみようかな。

そんなことを思ってます。



ちなみに、「Single Brand」は新宿本店以外は全て未訪。



久しぶりに新宿本店も行ってみたいですね。

麺屋武蔵 虎洞

[データ]
●店名:麺屋武蔵 虎洞
●住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7
●交通:JR中央線・京王井の頭線「吉祥寺」より徒歩3分
●営業:[月~日]11:00~23:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/鶏+豚骨+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント