FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
NOODLE MEISTER 源九 GENK@九段下 / 貝だし塩
NOODLE MEISTER 源九 GENK
貝だし塩

[訪問日]
2018年5月31日(木)

[評価]★★★☆☆

NOODLE MEISTER 源九 GENK -- 貝だし塩


5月28日にグランドオープンしたばかりの「NOODLE MEISTER 源九 GENK」。

すでに16日にはプレオープンしてたみたいですが・・・


ちょっと気になり訪問です。



こちらの店主さんなんですが・・・


前田雄一郎さんという方で、もともとは、代々木にある「九州らーめん学金」や
他家系ラーメン店などで約7年間ほど修行経験がある方のようです。

その前田さんが、「大和麺学校」で本格的にラーメン作りを学んで、
今回独立出店されたのが、「NOODLE MEISTER 源九 GENK」のようですね。




場所は、九段下。


駅からは、歩いて3分というアクセスですし、近くはオフィス街、学生街ですので、
立地的には最高の場所だと思います。


ある意味、神保町、水道橋の方までエリアを広げて考えると激戦区ではあって
ライバル店も多いので凌いでいくのも大変そうですが・・・


すぐ目と鼻の先に、あの人気店「八咫烏」もありますし・・・




お店は、全面ガラス張りのお店で、看板が正方形の帯看板が出ているだけですので
ちょっと見つけにくいですが、ま、わかるでしょう。


で、店内は、広々と開放的です。


席は、厨房を囲うように凹型のカウンターになっていて10席あります。

カウンターもピカピカでキレイで清潔感があって良いですね。




そして、メニュー。



メニューは、基本は、4種類。


「貝だし塩」、「丸鶏醤油」、「煮干塩」、「煮干醤油」の4つ。

これにそれぞれトッピングバリエーションが、「特製」、「味玉」とあります。


で、追加トッピングが各種。


ご飯ものは、「ライス」、「卵かけご飯」、「炙りコロチャー丼」があります。


あとは、ドリンク類。




で、メニューは、この内容なんですが・・・


面白いのは、営業形態。



メニューによって営業日を変えてるんです。


具体的にいうと・・・


月・火・土・日が「煮干しの日」。

水・木・金が「貝と丸鶏の日」。


この2パターンに分けています。



ただ、前田店主いわく、一番のオススメは「貝だし」だということで・・・


僕が訪問した日は、たまたま「貝と丸鶏の日」。

だったので、迷わず「貝だし塩」をチョイスしました。



いろいろと、ラーメンについての説明書きも書いてあって、期待度が上がります。





ということで、オープンしたばかりの「NOODLE MEISTER 源九 GENK」の「貝だし塩」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、見た目から。

NOODLE MEISTER 源九 GENK -- 貝だし塩

かなり広い口径の大きなどんぶりで登場。

大きいけど、縁の部分が広いだけで、容量は少なそう・・・


パッと見、色合いのコントラストがキレイなビジュアル。


美味しそうです。





細かく見てみましょう。

NOODLE MEISTER 源九 GENK -- 貝だし塩_アップ

スープは、白濁としたスープ。


清湯なんですけど、貝出汁にありがちな濁り方ですね。




麺は、中細ストレート麺。


しなやかに貝スープの中に浮かんでいます。

自家製麺です。




で、具材。


ピンク色したレアチャーシューが数枚ランダムに置かれています。


かなり薄くスライスしているせいか、形が崩れてランダムになってしまってるよう。

もう少し盛り方がキレイだったら良かったんですけどね。


でも、ピンクが映えてキレイですね。



他には具材はなく、あとは薬味。


笹切りにした白ネギ、刻んだ紫玉ねぎ、そして、三つ葉です。


メンマは・・・

入ってなかったですね。



内容的には、かなりシンプル。


シンプルでも、味さえしっかりしていれば問題なし。





では、いただいてみましょう!




まずは、スープを一口・・・



お!


貝だし全開・・・



と、言いたいところなのですが・・



正直、貝をあまり感じないんです。


なんかおかしいな・・・



それに、貝というより煮干しの風味が前面に出ていて、貝が消されているような・・・




ラーメンの説明書きを見てみると・・・


真昆布で出汁をとって、そこに、一人前300gの白ハマグリを使用、さらに、アサリと
帆立の出汁を合わせているとのこと。


で、カエシには、沖縄ぬちまーすと白醤油を使っているとのこと。



これを見ていると、どこにも煮干しのことは書かれていないようで・・・



でも、どう考えても僕の舌には煮干ししか感じないので、前田店主に聞いてみると・・・


「たまに言われるんですよね。」

「煮干しの味がするって。」


てなことで。



で、なんでかっていうと・・・



スープには、間違いなく大量の白ハマグリを使っているようで・・・

ただ、アサリ、帆立は、出汁というより油に使っているだけという・・・


それでも、スープが「白ハマグリ」メインであれば、貝出汁全開のはずなんだけど。



それでも、煮干しを感じたのは・・・



なんと、カエシに「ウルメイワシ」を合わせているとのことで。



なるほど、これで納得です。

要は、バランスの問題ですね。



カエシの「ウルメイワシ」が勝っちゃってるんでね。


だから、せっかくの白ハマグリの出汁が消されちゃってたのかもしれません。



けっこういろんな人のレビューだと、ハマグリ全開みたいな書かれ方をしてるんですが、
本当にそうだったのかな?

僕のだけがバランスが違ってたのかな?


ちょっと疑問です。



決して、ラーメンが美味しくないといってるのではありません。


「貝だし」なのに、「煮干し」の味しか感じないのはおかしくないの?

っていうだけ。


もっとハマグリを感じたかった。

ただ、それだけなんですけどね。



ラーメン自体は美味しいので、ちょっと惜しいなと思いまして。




麺も、ツルモチの滑らかな麺で美味しいし、ピンクレアチャーシューも
見た目はよろしくないですがしっとりとして美味しいし。


薬味もね、サッパリとして良い仕事してるし。



特に麺は、「春よ恋」などの国産小麦を使用した香り高い麺で美味しい。


なんかちょっともったいないなぁって感じで。



おそらくなんですが、カエシに「ウルメ」を使わずに、貝出汁をストレートに
ぶつけてきたらもっと美味しいような気がするんですけどね。


ま、ラーメン自体は美味しかったので、しっかりと完食しましたが、ブラッシュアップを
期待したいところですね。



僕の主観で申し訳ないですが、ホント、惜しいです。

僕の感想は、前田店主さんに、やんわりとは伝えたんで、変わるといいのですが・・・




機会があれば、進化しているか試しにお邪魔したいですね。


それに、「丸鶏醤油」とか「煮干し」とかもありますから、そちらも試したいですし。




とにかく、今後に期待です!

NOODLE MEISTER 源九 GENK

[データ]
●店名:NOODLE MEISTER 源九 GENK
●住所:東京都千代田区九段北1-8-3 カサイビルII 1F
●交通:半蔵門線・東西線・都営新宿線「九段下」より徒歩3分
●営業:[月~土]11:00~22:00/[日]11:00~15:00
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/貝+煮干 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント