FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば 満鶏軒@錦糸町 / 鴨中華そば(醤油)
中華そば 満鶏軒
鴨中華そば(醤油)

[訪問日]
2018年6月12日(火)

[評価]★★★★☆

中華そば 満鶏軒 -- 鴨中華そば(醤油)


4月にオープンしたばかりの「中華そば 満鶏軒」。


とはいいつつも、すでに約2ヶ月が経過、僕も、先月ようやく初訪したところで。



こちらのお店、鮮魚系ラーメン界に旋風を巻き起こした「真鯛らーめん 麺魚」の
セカンドブランドということもあって話題を呼んだお店です。


ま、ここら辺のお店のことについては、前回の記事で触れてますので、
詳細を知りたい方は、ぜひ、参照していただきたいのですが。
 ⇒ 中華そば 満鶏軒 / 鴨中華そば(塩)の記事



で、この「満鶏軒」。


一言で言ってしまえば、「鴨出汁ラーメン」のお店。

しかも、キーワードとなっているのは、「鴨と水」という・・・


ここ数年流行っている「鶏と水」の鴨バージョンですね。


さらに言えば、僕の経験から言えば、「鴨」といえば、「醤油味」なわけで、
おそらく多くの人がそう思っていると思うのですが、その既成概念を覆す、

「塩味の鴨ラーメン」がイチオシ

ということでも興味を惹かれるお店でした。



そんなこともあって、オープンから1ヶ月も経ってしまったのですが、先月、
初訪問してきたわけでして・・・。



で、実際、いただいたのですが、塩味、イコール、醤油よりも味が薄めということで、
鴨がダイレクトに伝わってきて、まさに「鴨と水」を感じることができた一杯でした。



ですが、やはり、「醤油」を食べてみたいなと思っていたところ、先月の22日から
いよいよ「醤油」の提供を開始したようで。




それは行かねばと、早速、いただきに行ってきた次第で。


早速とはいいつつも、20日も経ってしまいましたが・・・





ということで、今回は、「中華そば 満鶏軒」の「鴨中華そば(醤油)」を
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

中華そば 満鶏軒 -- 鴨中華そば(醤油)

「鴨中華そば(塩)」と同じく「鴨ロゴ」の入った多用丼で登場。


てか、パッと見は、「塩」のスープの色違いって感じ。


スープ以外は、全て同じのような・・・。


でも、第一印象としては、この醤油ブラウンの方が、「鴨」としてしっくり
くるように感じるのは僕だけでしょうか?





それでは、細かく。

中華そば 満鶏軒 -- 鴨中華そば(醤油)_アップ

まずは、スープ。


しっかりとした醤油ブラウン。

サラサラの清湯醤油で。


表面には鴨脂が張られているのかな?


そして、少量ですが、仕上げにポツンポツンと落とされていたのは、
おそらく、「フォアグラ脂」かもしれません。



で、先ほども言いましたが、「塩」との違いは、このくらいでして。

あとは、盛り付けや麺も同じ。



まず、麺。


麺は、ストレートの中細麺。



で、その上には、2種類の「鴨チャーシュー」が2つずつ盛られています。

脇には、割りと多めのに小松菜が盛られていて、全体には、色紙切りしたネギが
多めに散りばめられています。


そして、トップには、柚子が。




基本的に、スープ以外は、「塩」と同じなわけですが、スープが違うと
やはり印象も変わりますよね。




より、美味しそうに見えます。





では、早速いただいてみましょう。





まずは、スープから一口。



あ~、やっぱり、「鴨」はこれだよね。

この味こそ、「鴨出汁のラーメン」って感じだよね。



これが、真っ先に感じたこと。



前回、「塩」を食べたときは、これまで味わったことがないような「鴨感」を
味わうことができました。


つまり、より鴨を感じることができたわけです。


おそらく「塩」という味のせいでしょう。


すごくストレートにダイレクトに鴨が伝わってきたんです。


それこそ、お店がコンセプトに掲げている「鴨と水」を一番表現できている
味なのではないかと思われます。



だからこそ、まずお店がオープンするにあたって、最初に提供したのが
「鴨中華そば(塩)」だったのでしょうし。


これが、看板メニューなのでしょうし。




ただ・・・


もちろん、好みの問題もあるでしょうけども。



やはり、鴨には「醤油」が合いますね。



醤油の旨味やコクが鴨の出汁を引き立てて、ストレートに感じる鴨より、
一層鴨の美味しいところを前面に押し出してくれてるような気がしました。


独特の甘みもそうですし、香りもそうですし。



で、スープの味が良いと、自ずと麺と絡んだときの味も良くなるわけですし。




何度も言います。


あくまでも好みの問題です。



ですが、「醤油」の方が美味しいですし、好みですね。


そういう人、多いのではないかと思われます。




オリジナリティとしては、「塩」。


より多くの人に受け入れられるのは「醤油」。



そんな感じだと思うのですが。




で、このスープに合わせた麺や具材。


これは、中身は「塩」と同じなわけですが・・・



それでも、スープの味が変われば、当然違って感じるわけで。


それぞれが、「鴨と醤油」の味を帯びたものになり、より美味しく感じる。



麺は、鴨の出汁をたっぷり含んだ醤油スープを絡めとリ、啜るたびに
スープとともに口の中に麺が滑り込んでくる。


スルスルとした啜り心地は食べていて気持ち良い。

食感もツルシコで申し分ないです。



メインの具材のチャーシュー。


スモークした鴨のチャーシュー2種のモモもロースも美味しいです。



小松菜もシャキシャキとした食感で申し分ない。



薬味のはずの色紙切りしたネギも、薬味以上に良い仕事をしてくれていて、
存在感があって美味しい。



トップの柚子をスープに混ぜれば、清涼感と香りで、良い味変に。




さらに、これは、「塩」と同様に後から味変用の薬味をもらえるのですが・・・


「わさび」、「柚子胡椒」、「生姜」、このうちから選べます。



迷ったのですが、「塩」と同じく「柚子胡椒」で。

中華そば 満鶏軒 -- 鴨中華そば(醤油)_柚子胡椒

これが、文句なしの相性で!


ピリッとして香りも良く、ものすごく醤油に合う。



最高の味変。




あ~、やっぱり、鴨は醤油が良いなぁ~。


あっという間に完食です。

スープも飲み干して汁完してしまいました。



とても美味しかったです。




もし、すでに「塩」を食べていて「醤油」がまだの人がいましたら、ぜひとも
食べ比べて欲しいですね。


すごく個性が現れ、感じれると思います。





ということで、「中華そば 満鶏軒」の「中華そば(醤油)」でした。


これで、「塩」と「醤油」をいただいたのですが、まだ他にもメニューが
たくさんあるんですよね。



今回で、全てのメニューが出揃ったようですし。



「つけそば」も美味しそうですよね。

でも、話題の「フォアグラ油そば」かな?



時間を見つけてトライしてみようと思います。




ご馳走様でした!

中華そば 満鶏軒

[データ]
●店名:中華そば 満鶏軒
●住所:東京都墨田区江東橋2-5-3
●交通:JR総武線「錦糸町」より徒歩5分
●営業:[火~日]11:00~21:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鴨 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント