プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
饗 くろ㐂@秋葉原 / あさり味噌そば
饗 くろ㐂
あさり味噌そば

[訪問日]
2018年6月15日(金)

[評価]★★★★☆

饗 くろ喜 -- あさり味噌そば


ご存知、日本のラーメン界が世界に誇る名店「饗 くろ㐂」。


ミシュランガイドのビブグルマンにも2年連続で選出されてはいるものの、
まだ星を獲得していない「饗 くろ㐂」。

でも、この「饗 くろ㐂」こそ日本を代表するラーメン店として、星を獲得しても
おかしくないと常々思ってはいるんですけどね。


そのくらい「和」というものを表現しつつも、いろんな料理のエッセンスを
一杯の丼の中に盛り込み表現したラーメンを提供してくれるお店だと思うし。


ま、近い将来実現するのではないかとは思っているのですが・・・




さて、そんな「饗 くろ㐂」。


またまた久しぶりの訪問になってしまいました。


何年か前は、すごく凝っていて毎週のように通ってたんですが・・・




前回訪問したのは、2017年の暮れ。


それまで金曜日の二毛作営業としてやっていた「紫 くろ㐂」が終了し、
新しく「貝そば専門」ということで「潮 くろ㐂」がスタートしていたのを
見逃していて、慌てて訪問したのが最後でした。

そのときの記事はこちら
 ⇒ 「潮 くろ㐂 / 特製潮そば」の記事


その前は、2011年に創業して以来不動の味として提供してきたメニューを
5周年の2016年6月に、なんと全面リニューアルしていたのに訪問せず、
ほったらかしていたのを約1年経ってから訪問したとき。

そのときの記事はこちら
 ⇒ 「饗 くろ㐂 / 特製塩そば(細麺)(リニューアルver.)」の記事


そんな感じで、どうも節目節目のときにしか訪問しなくなってしまって・・・。




で、今回もそんな節目のときだったり・・・



なんと2016年の6月にメニューを全面リニューアルしたばかりなのに、
またまたメニューを変えるというのです。


すでに、今年の始め頃からその話は出ていたようなんですが、本格的に
メニューが一新されるようで・・・



まだ、具体的な日は決まっていないようですが、ここ数週間の間には変わるようで。


しかも、今回のリニューアルは、けっこう大きい。



まず、これまでは、リニューアルはあったものの、基本的には「塩そば」と「味噌そば」、
この2本を看板メニューに営業してきました。



ですが、今回のリニューアルでは、「味噌そば」を完全に終了して、今度は、
「塩そば」と「醤油そば」の店に生まれ変わるとのことでして。


「塩そば」も現行のものとは違うものにリニューアルするとのことで。



これはね、最後に食べておかないといけないですよね。


しかも、完全に終了してしまう「味噌そば」、正確には「あさり味噌そば」は、
リニューアル後、まだいただいていなかったり・・・



これは、もう行かないわけにはいきません。




そんなことで、再度のメニュー一新を前に未食の「あさり味噌そば」を
いただこうと思い、お邪魔してきた次第です。




ちょうど、美味しそうな限定もやっていたのですが、そちらには目もくれず、
「あさり味噌そば」にまっしぐら。


最後の最後にようやくいただいてまいりました。





ということで、今回は、「饗 くろ㐂」の「あさり味噌そば」の記事です。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

饗 くろ喜 -- あさり味噌そば

いつもながらの凝った盛り付けで。


この「あさり味噌そば」は、バリエーションとして「味玉」があるだけで、
「特製」というようなものはないので、そこまで派手なビジュアルには
なっていないですね。


それでも、凝ってますが。




では、細かく見てみましょう!

饗 くろ喜 -- あさり味噌そば_アップ

まず、スープ。



このスープ・・・


以前の「味噌そば」もそうだったのですが、普通の味噌ラーメンのスープとは
全く違います。


スープの量も少なめ、そして、粘度というか、とろみ具合がハンパないんです。

「天一」も真っ青的な・・・(笑)


とろみというか、むしろドロドロといった方が表現的には合ってるかも。


色は、白味噌をベースにしているのがすぐにわかるほど、白っぽい味噌色。

その中には、ただの味噌ダレを使っているのではなく、いろんな食材が、
擦りこまれているのだろうことが見ただけでもわかります。


そのドロドロ味噌スープの中には、ちょっと見えにくいですが、太い平打ち麺が
ドッシリと沈んでいます。

切刃6番くらいとも思える、きしめんのような太い平打ち麺で、ものすごい
コシが強そうな印象を受けます。


そして、これまた見えにくいのですが、スープの中には、ちょっと厚めにいちょう切りした
大根がゴロゴロと入っているんです。


そして、見た目でわかるとおり殻付きのあさりが2個。


チャーシューの代わりにケイジャンチキンが2切れ。



九条ネギの青い部分をブツ切りにして煮込んだものが数片。

トップには糸唐辛子が盛ってあります。


で、どんぶりサイドには海苔といった布陣です。



豪華というか、なんか独創的、個性的なトッピング内容で、他にはないですよね。



すごく面白いです。





では、いただいてみましょう!




まずは、ドロドロのスープを一口。




レンゲですくって・・・




すごい・・・


一口目から、あさりがガツンと口の中に飛び込んできます。



まさに「あさり味噌」。


これは、完璧にスープは「あさり」ですね。


とかなんとか思って、メニューの説明書きを見てみると、スープはノンアニ、
あさりと昆布のみでとっているとのことで。


これ、相当なあさりの量を使ってるんじゃないでしょうかね。


あさりのパンチがすごいです。



そして・・・



それを追いかけるように、今度は、山椒のヒリリとした辛みと香りが
口の中を支配し始めます。


これが、アクセントがあって独特。



あさりの風味と山椒の辛味が絡み合って・・・




美味しい・・・


これまで味わったことのない「味噌ラーメン」の味。



「味噌ダレ」にもいろいろ仕込んでいるようで・・・


説明によると・・・


信州、京都の味噌に昆布、椎茸、胡麻、生姜などを練りこんだもののようで。


たしかに、椎茸のようなもの、胡麻を練りこんであるような粘度を感じました。


ただ、逆に味噌の風味はなくなってしまっているようにも思えましたが。



この味噌ダレとあさり&昆布のスープを大根、ネギと一緒に中華鍋で炒め、
それを麺の上にぶっかけて調理してました。


作り方は札幌風。


でも、中身はまるで違うもの。



っていうか、これは、もはや「ラーメン」ではないですね。

「麺」を使った「創作料理」。


そんな感じです。




麺は、予想通りの食感。


モチモチしつつもコシが強く食べ応え抜群。


何よりも、スープがスープなので、絡みがすごく、麺を食べ終える頃には
自然とスープがなくなり、ほぼ汁完しているという具合で・・・



この麺の太さは、必然ですね。


この太さでないと、スープに負けちゃう。



でも、結果的に負けることなく相性抜群で、両方を楽しむことができる。




具材の大根もサクッと歯が食い込む柔らかさで独特で、やはり、ラーメンを
食べているという感覚から遠ざかっていく。



ネギも、九条ネギの青い部分をぶつ切りにして使っているので、ほぼ皮だけ。

でも、これが甘みがあり、味噌スープと馴染んでいて効果的。




さらには、ケイジャンチキン。


これが、スパイシーでエスニックで・・・



それでなくても山椒のインパクトで、いわゆる「味噌らしさ」を感じさせない、
そんなスープなのにもかかわらず、ケイジャンチキンを食べると、また違う世界へ
味覚が飛んでいく。


ケイジャンチキンとしても柔らかくスパイシーで。


これだけで食べたいくらい。

ビールにも合うだろうし・・・





それにしても、これは一体に何料理?


「和」でもあり「洋」でもあり、エスニックな要素もあり・・・



もう、これは、絶対に「ラーメン」じゃない!


決定(笑)




でも、メチャクチャ美味しい。


もうマジックですね。




こういう味になることを計算して作っている黒木店主は、やはりすごいな。


さすが、いろんな料理を経験してきているキャリアの持ち主だけある。




とにかくビックリさせられることばかりで、美味しいんだけども、驚きの方が
先行してしまって・・・



これは、後を引く美味さですね。



食べ終わる頃には、もう1度食べたくなってる。


面白いです。

不思議な創作料理です。



気をつけなければいけないのは、この「味噌そば」に限ったことではないですが、
黒木店主の作る「ラーメン」は、「麺料理」なので、普通のラーメンだと思って
食べると意外性に驚かされるばかりで、本来のラーメンの味は味わえないかもしれません。


だからこそ、すごいんですけどね。


でも、普通の素朴なラーメンを食べたいという人は、そういうお店に
行ったほうが良いかもしれないです。




この「あさり味噌そば」もすですが、僕は、黒木店主の作る「麺料理」は
大好きです。


これからもたくさん驚かせてほしいですし、美味しいものをたくさん作ってほしいです。




まだ試作もしていないようですが、新しい「塩そば」と「醤油そば」、
今から楽しみでなりません。



リニューアルしたら、必ず食べに行きたいと思います。



その前に、食べれたら「塩そば」をもう一回食べたいかな。

間に合うようであれば、行きたいと思います。

饗 くろ喜

[データ]
●店名:饗 くろ㐂
●住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
●交通:JR山手線「秋葉原」より徒歩7分
●営業:[月・火・木~土]11:30~15:00・18:00~21:00/[水]11:30~15:00(水曜のみ夜間営業なし)
●定休:日曜・祝日・水曜の夜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■味噌らーめん [ 東京/浅利+昆布 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント