FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
饗 くろ㐂@秋葉原 / 特製塩そば(平打ち麺)
饗 くろ㐂
特製塩そば(平打ち麺)

[訪問日]
2018年6月19日(火)

[評価]★★★★☆

饗 くろ喜 -- 特製塩そば(平打ち麺)


都内はおろか全国屈指の名店といっても過言ではない「饗 くろ㐂」。


中3日での訪問です。

こんなに連続で訪問するのは久しぶりです。



なぜ、こんなに短いスパンでの訪問になったかというと・・・


前回の記事を読んでいただければすぐにわかるのですが・・・
 ⇒ 「饗 くろ㐂 / あさり味噌そば」の記事


実は、「メニューリニューアル」があるんです。


先週の時点では、まだ実施日がハッキリしていなかったのですが、
今週に入って、22日の金曜日からメニューを新しいものにするということで。



先日訪問したときは、未食の「あさり味噌そば」をいただいたのですが、
メニュー替えの前に、「塩そば」の平打ち麺をいただいておこうかなと
思っていまして。


近々・・・とか思っていたら、メニューリニューアルまで日がなくなってしまって・・・


それで、慌ててお邪魔した次第で。

なので、中3日というスパンになってしまったのです。



メニューリニューアルの内容は、ザックリ言ってしまうと・・・


まず、「味噌そば」の終了。

代わりに「醤油そば」が加わるということで。


で、看板メニューの「塩そば」はというと・・・

こちらは、ブラッシュアップということなんですが、どこまで変わるか
正直わからないので、現行のものを食べておいた方が良いかなと思いまして。


ただ、話によると麺も変わるということなので、けっこう大幅なブラッシュアップに
なるのではないかと思われます。



やっぱり、急いで食べに来て良かったかな・・・とか。




で、今回は、最初から「塩そば」の平打ち麺をいただこうと狙い撃ちで来たのですが、
いざ、食券を購入する段になって、

「麺も変わるということは、この細麺も食べられなくなるのか・・・」

とか思ったら、やっぱり細麺を食べたくなってしまい、つい細麺を・・・

饗 くろ喜 -- 特製塩そば(細麺)

やっぱり、美味しいんですよ、この細麺の「塩そば」。

食べ逃したくないですからね。


そう思って、もう一度だけと「細麺」でいただきました。


で、美味しく完飲完食、満足していたのですが・・・


ただ、やはりどうしても「平打ち麺」も食べたくなってしまいまして・・・



たまたま奇跡的にお店が空いていたので、スタッフの方に

「連食してもいいですか?」

と聞いたら、快く承諾してもらえたので「平打ち麺」もいただくことに。






ということで、今回は、「饗 くろ㐂」の「塩そば」の平打ち麺をいただいてきましたので、
そちらの感想の方をレポしていこうと思います。


メニューリニューアル前、ギリギリでもないですが、何とか間に合いました・・・




それでは!





まずは、ビジュアルから。

饗 くろ喜 -- 特製塩そば(平打ち麺)

細麺と変わらずの白いどんぶりで登場。

そして、盛り付けも「細麺」と全く同じです。


ただ、違うのは、「麺」だけ。




では、細かく見て行きましょう。

饗 くろ喜 -- 特製塩そば(平打ち麺)_アップ

まず、スープ。


昔の「塩そば」よりは、やや濁り気味の清湯塩スープ。

それでも、キレイなスープには、やはりそそられます。



で、具材。


これは、全く細麺と同じ。


見るたびに思うのですが、レギュラーメニューでこの懲りようハンパじゃないです。

仕込みが大変そう・・・




まず、チャーシューが2種類。


1つは、豚肩ロースを低温調理したレアチャーシューが2枚ほど。


この前、細麺をいただいたときは、小さめのが3枚だったのですが、今回のは、
割りと大き目のが2枚になっていました。


その上に、のっているもう1つのチャーシュー。

これが、鶏のロールチャーシューで、ものすごく凝っています。



ロールの中には、オリーブが入っていて、その周りにはトマトペーストという。


これだけで料理って感じのもの。




そのチャーシューを囲うようにいろいろとのっています。



まず、ドライトマト。


その上の方には、細かくみじん切りにされた紫玉ネギ。

さらに、「ちぢみ小松菜」という、これも細かく切り刻まれた小松菜。



そして、ワンタンが2つ。

このワンタンも、この前のものとはや違うように見えます。

皮が違うのかな?



で、定番の味玉。



どんぶりの下方には、「小ネギ」が、長めに切られ盛られています。



さらに、表面には見えないのですが、メンマもあります。

メンマは、乾燥メンマではなく、生メンマを使用してるようです。




さて、そして、細麺との違いのメインとなる麺。


見た感じからして柔らかそうな平打ち麺。

とても滑らかそうで、けっこう太めの平打ちですね。



この麺が、細麺と違ってどんな役割を果たしているのか。


まあ、美味しいのは間違いないと思うのですが・・・






それでは、いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



これは、以前も書いたことなのですが・・・


角がとれていて、甘味さえも感じるまろやかな塩味。


舌全体を包み込むような優しさがあり、じんわりと染み入る深さ。



相変わらずの美味しさです。



「魚介」を使わない「地鶏メイン」のスープ。


「甲州地どり」、「丹波黒どり」、「五島地鶏しまさざなみ」の3つの地鶏をベースに
「鴨のがら」、「豚背がら」を使い、たっぷりの野菜も使っているということですが、
厚みがあってホント美味しいです。




そして、独創性豊かといえるのが具材たち。


この具材たちが、また相変わらずの美味しさで。



特にチャーシューは絶品です。


まず、肩ロースの低温調理レアチャーシュー。

しっとりとやわらかく、でも、表面はしっかりと焼かれていて・・・



で、もう1つの鶏チャーシュー。

中央にオリーブがはさみこまれていて、その周りにはトマトペーストまでぬられている
凝りまくったモモ肉のロールチャーシュー。。


やわらかい肉だけでなく、トマトの酸味、オリーブの香りが広がり、独特の
味わいを見せるチャーシューです。



改めて思いますけど、仕込み大変でしょうね。




そして、ワンタン。


基本、同じく海老ワンタンなんですが、なんかワンタンの皮この前と変わったかな?

少し柔らかめになったような気がするのですが・・・



もともとは、柔らかめだったのですが、リニューアルして、やや固め皮に
なっていたような気がするのですが・・・

元に戻ったのかな?


これはこれで滑らかで美味しいですが。



味玉は、文句なしの美味さ。



メンマは、乾燥メンマではなく、生のメンマを塩漬けにして、今度はは塩を抜き、
そして味をつけたもの、


コリコリとした食感と薄めの塩味が美味しいメンマです。



そして、酸味の効いたドライトマト。


トマトって、なぜか塩ラーメンとのマッチングが良いんですよね。

これも文句なく美味しいです。



薬味のみじん切りにした紫玉ネギ、これまたみじん切りにした「ちぢみ小松菜」、
どちらも薬味にしておくのはもったいないくらいの主張で、とてお美味しい。


小ネギも、もはや薬味ではなく具材です。

シャキッとした食感と自然な辛味と甘味。


美味しいですね。




さあ、そして、主役の麺です。



見た感じからもやや柔目な印象を受ける平打ち麺。



いただいてみます。



なんという滑らかさ・・・


平打ち麺だと、もう少しピロピロっとした感じがするのですが、この麺は、
ちょっと違います。



かなり加水が強い麺のようで、すごく口当たりが滑らかで、どちらかというと
ヌルヌルっとした感じで口の中に滑り込んできます。


決して、ヌメリがあるというわけではないです。


麺の表面も柔らかいので、その柔らかさが口に歯にまとわりつくような感じ。



噛んでみると、クニュッとした感じで、いわゆるコシというものは感じません。



正直、今まで味わったことのないような平打ち麺ですね。



けっこう加水が多いので、スープを弾くかなとも思ったら、そうでもなく、
表面が柔いので、スープを麺の表面に纏ってしっかりと持ち上げてくれます。


なので、細麺とはまた違ったスープとの絡み方で、面白い。



けっこうチュルチュルと麺を啜るのが止まりません。




これはこれで美味しい。


オリジナリティーがあって、自家製麺ならではって感じですね。




こうなってくると、細麺か平打ち麺か。

あとは、好みの問題ですね。




お店としては、まずは、細麺をオススメしているようですが、それもわかります。


ほぼ万人に受けそうなのは細麺ですよね。



いきなり平打ち麺はないかな。


まず、細麺の美味しさを味わってから、興味のある人は平打ち麺もってのが
この「塩そば」の麺の選び方のような気もします。




個人的には、平打ち麺も美味しいですが、平打ち麺しか食べずに
細麺を食べていないのは、「未食扱い」といってもおかしくないか・・・


なんて、思ったりも。



ま、あくまでも、僕の見解なので。


平打ち麺が好きな人は、そちらで良いと思うのですが・・・




僕は、そう思いました。




とはいいつつも、この麺も22日からは変わってしまうので、どう食べ比べることも
できないわけですが・・・



もう少し早くにレポしてれば、興味ある人は食べ比べることもできたんですけどね。



僕は、どちらも好きですが、細麺の方がより好きでした。





でも、メニューリニューアルをして、「塩そば」は麺が新しくなるらしいので、
もしかしたら、そこでまた2種類の麺を提供してくれるかもしれないですし。



そうしたら改めて食べ比べてみてレポしたいですね。


そのときは、この記事を読んでくださってる方も食べ比べをしてみても
面白いかもしれないですよ。





ということで、まもなく、「饗 くろ㐂」のメニューが変わります。


「塩そば」はブラッシュアップ。

「味噌そば」は終了。

新たに「醤油そば」が加わって・・・




楽しみですね。



リニューアルしたらなるべく早くに訪問したいと思っています。

饗 くろ喜

[データ]
●店名:饗 くろ㐂
●住所:東京都千代田区神田和泉町2-15 四連ビル3号館 1F
●交通:JR山手線「秋葉原」より徒歩7分
●営業:[月・火・木~土]11:30~15:00・18:00~21:00/[水]11:30~15:00(水曜のみ夜間営業なし)
●定休:日曜・祝日・水曜の夜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント