プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
居酒屋 あす花@水道橋 / 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)
居酒屋 あす花
海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)

[訪問日]
2018年6月22日(金)

[評価]★★★★☆

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)


若き美人店主の明日香さんが居酒屋を間借りして1人切り盛りしていた
「麺処 あす花」が独立店舗として移転オープンして1ケ月以上が経過。


新橋のオフィス街から水道橋の学生街へと移り変わり、以前からの常連客と
新しい層のお客さんとで賑わい、順調のようですね。


僕も、以前よりもハードルが下がって行きやすくなったので、週イチペースで
お邪魔しています。



さて、「麺処 あす花」といえば、以前から通っている人はおわかりでしょうけど、
もう1つの顔を持っていました。


それが、毎月第4金曜日と土曜日に限定営業していた「居酒屋 あす花」です。


1日3回のの入れ替え制、完全予約制で営業していた「居酒屋 あす花」。

新橋時代には、合計14回開催されました。


僕は、そのうち、第1回目を除く13回に訪問しています。



なので、この居酒屋営業には愛着があったので、水道橋に移転したら、
この居酒屋営業はどうなってしまうのか心配でした。


他の常連のお客さんも同じだったと思います。


というのも、お店の構造上の問題だったり、いろいろと新橋時代とは
勝手が違っていましたので。



ただ、新橋時代の「居酒屋 あす花」を知っている人たちは、みなさん居酒屋営業の
再開を期待していて・・・




そんなとき、明日香さんから1本のDMが届きまして・・・




その内容というのが、

「今月の第4週末に、非公式ながら居酒屋営業をやってみようと思う」

というものでして。



そりゃあ、当然賛成ですよね。


みんな待ってたんですから。




そんな1本のDMから、再開が決定した居酒屋営業。


待ちに待った居酒屋営業。


もちろんお邪魔してきましたよ!




ということで、今回は、「麺処 あす花」ではなく「居酒屋 あす花」。


約3ヶ月振りの開催となる「居酒屋 あす花」のレポです。





楽しみですね~!




では、では!





まず、今回の居酒屋営業なのですが、ちょっと今までとは違う形式をとっているんです。



というのも、先ほども言いましたが、新橋時代のように対面カウンターの
構造の店舗ではなくなってしまったため、同じようには営業ができないんです。


ですから、普段の営業も「富士そば」のようなセルフスタイルをとっているわけで。



なので、今回の居酒屋営業も多少スタイルを変えないといけなかったんです。



そこで明日香さんが考えてくれたのが・・・


「コース形式の飲み放題スタイル」


という・・・



新橋時代は、おつまみのメニュー表があって、お好みでおつまみをオーダー、
お酒も個々にオーダーする、普通のスタイル。

そして、最後に割り勘で会計して。



ですが、今回はメニュー表はなく、料理はコース形式で明日香さんにお任せ。


調理をしている間、明日香さんはお酒のサーブをできないので、
客席ホールにお酒のサーバーや冷蔵庫があるので、セルフ方式で
飲み放題のスタイルをとるというもの。


で、会計は、会費制で、あらかじめ徴収。



こんな感じのスタイルで。



なるほど、考えましたね。


これなら、対面カウンターでなくとも、半ば貸切りスタイルでワイワイガヤガヤと
楽しむことができます。



料理ができたら、順番に取りに行って、お酒はセルフで飲み放題。



全然ありですよね、このスタイル。



で、最後には、もちろん、〆の限定ラーメンがあって。




最高だと思います。




てなことで、こんなスタイルで居酒屋営業が催されました。


今回は、その模様をお伝えしたいと思います。





それでは!




まずは、今回のコースを紹介する前に・・・



明日香さんは、厨房の方で調理に専念しなければならないので、とりあえず、
最初の一杯だけ一緒にみんなで乾杯ということで。

乾杯

これまでとは違う形ですが、なんか楽しくなりそうな予感。


では、美味しいお酒をセルフスタイルで自由にいただきながら、居酒屋コース料理を
楽しむことにしましょう!

生ビール


今回のコースは、全くのお任せ。


コースといっても豪華なものではなく、居酒屋で出されるおつまみのようなもの。

それでも明日香さんの手作りメニュー。



きっと美味しいでしょう。



ホントはね、本日のコースという形でメニュー表をもらえると良いんだけど・・・。

それは明日香さんにはリクエストしておきました。



とりあえず、メニューの名前もわからないまま、勝手にネーミングした料理を
紹介していきましょう。



まず、一品目は、これ

まぐろ山かけ

まぐろ山かけ


次は、

枝豆

枝豆


どんどん行きましょう!

焼き茄子の肉味噌のせ

焼き茄子の肉味噌のせ


ネギチャーシュー

ネギチャーシュー


自家製ローストビーフ

自家製ローストビーフ


牛スジ煮込み

牛スジ煮込み




ざっとこんな感じで。


これが順番に出され、僕らは、勝手に生ビールなりハイボールなりをサーバから注いで
勝手に飲んで勝手に酔っ払って・・・


明日香さんは黙々と調理して・・・



ありがとうございます!



おかげで楽しんでます。

ハイボール



これまではね、メニュー表から好きなものを選んで注文していたわけですが、
店舗の構造上の問題とはいえ、今回のようなコース形式でおつまみを出された方が
良いかもしれないですね。


お店的にも、メニューで売れなかったもののロスも減るし、僕らも決まった会費で
料理をいただきながら飲み放題ですし・・・



ベストな居酒屋形態をチョイスしたと思います。



最高に楽しいです。




そして、なんといっても、僕らの最終的なお目当ては〆で出されるラーメン。


普段の営業では、これまでは「冷やし」以外では、限定というものを出していない。

でも居酒屋営業では、毎月違う嗜好の限定ラーメンがいただける。



これは居酒屋営業の魅力の1つです。



で、今回も、そんな特別な限定麺が登場しました。



今回は、凝ってますよ!



今回の限定麺は、


「海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)」


という・・・



これ、なんだかわかります?


「海南鶏飯」と書いて、

「ハイナンジーファン」って読むんです。


シンガポール料理ですね。


僕も初めて知ったんですが、シンガポール料理ではかなりメジャーなものらしいです。



シンガポールって・・・かなりご時勢にあったもので(笑)



で、この「ハイナンジーファン」というのが、どういうものかというと・・・


簡単に言ってしまえば、

「鶏肉を茹でたスープで炊いたご飯に、その茹でた鶏肉がのせ、野菜を添えたもの」

ということになるでしょう。



この「ハイナンジーファン」をサイドのご飯メニューとして添えて、
ラーメンもエスニック調にアレンジしてアジアンテイストに仕上げたのが
今回の限定麺ということです。


中々興味深い。



なんで、こんなのを思いついたのかしら?


と思ったら・・・


なんと、明日香さん、ご自分の彼に作ってあげた料理を僕らにも作ってくれたみたいで・・・


これはこれは、ご馳走様です(笑)



とかなんとか、おっさんみたいなことを言ってますが、その「海南鶏飯風鶏そば」、
どんなものなのかいただいてきましたので、レポしていきましょうかね。






まずは、見た目。

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)

これは、実は、麺だけの単体では見えないもので、写真のようにセットで考えないと。



まずは、ラーメンがあって、ハイナンジーファンっぽいご飯がついて、
それに必ずついてくるソースがあって・・・


これがそろって、今回の「海南鶏飯風鶏そば」になるようです。



「海南鶏飯風鶏そば」とかいってますが、セットのご飯は、まさに「ハイナンジーファン」。

「~風」なんてもんじゃなく本格的ですよね。


なんか、麺よりご飯のほうが主役になっちゃってるような・・・




とりあえず、細かく見てみましょう!




まずは、麺から。

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)_海南鶏飯風鶏そば

パッと見は、なんてことのない普通の塩ラーメンっぽいですね。

キレイに澄んだスープ。


いつものストレートの細麺。


トッピングはシンプルに、鶏の低温調理チャーシューが3枚のっています。

で、その脇にあるのは・・・


パクチーですね。


パクチー苦手な人多いですよね。


僕も食べられますが好きなほうではないです。


でも、このラーメン、パクチーがないと成立しなさそう。



このパクチーは、もちろんキーになってくるんでしょうけど、それだけでは
なさそうですよ。


その点は、後ほど。




さて、そしてセットのご飯。

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)_ご飯&タレ

このご飯は、このタレとご飯がセットになって成立するもの。

なので、まずは、一緒の写真で紹介。



で、最初に、ご飯

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)_ご飯

先ほども言いましたが、これ、まさに「ハイナンジーファン」!


お椀型に盛られたご飯。

タイ米ですね、これ。


ややお焦げ気味で、水分少なめで炊いたって感じのご飯。


このご飯に添えられているのは、茹でた鶏肉。

そして、水菜、ミニトマト、きゅうりなどの野菜類。


僕は、まだ、この「ハイナンジーファン」というのを食べたことがないので、
どんな味なのかわかりません。



ですが、これだけでは成立しないようです。

この「タレ」に鶏肉やご飯をつけて食べるものなんだそうです。

居酒屋 あす花(水道橋) -- 海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)(2018年6月22日(金)居酒屋営業限定)_タレ

僕も酔っていたのでうろ覚えですが・・・


濃い色の方から、「にんにく醤油」、「生姜入りナンプラー」、「スウィートチリ」
だったと思うのですが・・・


この3種類のタレにつけて楽しむようです。





と、まあ、この「パクチー入りのラーメン」と「ハイナンジーファン」が
セットになったのが、今回の限定麺「海南鶏飯風鶏そば(ごはん付き)」です。


ただ、どちらかというと「海南鶏飯&鶏そば」といっても良いくらい本格的な
「ハイナンジーファン」がついてきてますね。




これは楽しみです!






では、早速ですが、いただいてみましょう!





まずは、メインの麺から。




では、スープから一口。




第一印象としては、すごくあっさりした塩味って感じなんですけど・・・


ただ、なんとなくですが、ちょっとクセのある味も感じる・・・



今回の「ハイナンジーファン」というテーマに合わせての味付けなのかな?





結局、何なのかわからず、塩味だと思いこんで食べていたのですが・・・


どうやら、この味の正体は「ナンプラー」だったようで。



「ナンプラー」といえば、エスニック料理には欠かせない調味料ですよね。



やはり、「ハイナンジーファン」を意識した味付けにしようとしたのでしょう。




ただ、カエシをナンプラーだけにしてしまうと、ちょっとキツかったようで、
白醤油を合わせてカエシにしているようでした。




ナンプラーというと、つまりは、魚醤ですからね。



魚醤だけだと塩分も強いですし、特にナンプラーだと、魚独特の香りとかが残りますから、

そこを上手く白醤油でアレンジしたのでしょう。



そして、ちょうど良い塩味で、エスニックさをアシストできる味に仕上げています。





スープのベースは、鶏。


鶏の旨味とのバランスもよく取れていて美味しいです。




トッピングのパクチーとのバランスも、しっかりと取れていて見事なアジアンテイストに
仕上がっています。




明日香さん、素晴らしい感性で!


さすが!







で、麺は、いつものザクザク細麺で相性抜群!




低温調理の鶏ムネチャーシューもしっとりとして美味しい!




盛り付け内容自体がシンプルなのもあって、サクッといただけちゃいますね。





美味しいです!






さあ、そして、付け合せのご飯。




というか、むしろ、これがなければ「海南鶏飯風鶏そば」にはならない、
重要な役目を負ったご飯。




なぜなら、まさに、これが、紛れもない「ハイナンジーファン」だから。


ラーメンなしで、これだけでいただいてもいいくらいかも。





では、いただきましょう。





まずは、鶏出汁で炊いたご飯を。



ご飯は、国産米ではなく、タイ米で炊いてあって・・・

なんとなくパサパサ感があるのは、タイ米のせいですね。



意外にこのパサパサ感好きなんですよね。



普段のお米でも硬めが好きなので、このくらいの水分の具合が良かったり。





このご飯、これだけで食べても鶏ご飯としていただけるのですが、やや薄い。


なので、ラーメンのスープに浸したり、3種のタレにつけたりして食べると美味い!




個人的には、にんにく醤油と思われるタレにちょこんとつけて食べるのが良かったかな。




鶏肉は、これも当然のことながらタレにつけていただく。


スウィートチリは甘酸っぱくピリ辛で。

生姜入りナンプラーは、ナンプラーの風味と生姜の風味の相性が良く独特で。

にんにく醤油は、言わずもがなって感じで。



どれも美味しいです!




口直しにきゅうりやミニトマト、水菜を食べながらいただいて!





いや~美味しかった!




シンガポール料理というのは、初めてでしたが、結構イケますね。




ていうか、明日香さん、いろいろと料理の幅が広くてビックリしました。


まさかシンガポール料理まで登場するとはね!





ま、それよりも何よりも、また、この水道橋の地で、「居酒屋 あす花」が
復活したことが嬉しいです。


僕だけでなく、常連さん皆さん同じ気持ちでしょう。



しかも、いろいろな問題をしっかりと払拭した形で、より楽しめるように
対応してくれていて。



ホント、嬉しいですね。





とりあえず、今回は、テスト形式ということもあったようですが、予想以上に
上手くいったので、次回もまたこの形で「居酒屋 あす花」を月末にやってくれるようです。



またまた楽しみが増えました!



来月も、美味しい小料理と美味しい限定麺を楽しみにしています。





ご馳走様でした!

明日香

居酒屋 あす花

[データ]
●店名:麺処 あす花
●住所:東京都千代田区西神田2-5-8
●交通:JR総武線「水道橋」より徒歩5分/都営新宿線・他各線「神保町」より徒歩5分
●営業:[月~土]11:30~15:00
●定休:日曜・祝日・第1・3土曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■白醤油+ナンプラー(ミックス)らーめん [ 東京/鶏(海南鶏飯風創作) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント