FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)(夏季・数量限定)
麺処 秋もと
冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)(夏季・数量限定)

[訪問日]
2018年8月1日(水)

[評価]★★★★★

麺処 秋もと -- 冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)(夏季・数量限定)(3回目)


「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


僕が最も食べているラーメン店であり、ブログにも最も登場している
お店のうちの1つです。


今回は、2回連続の登場です。



さて、そんな「麺処 秋もと」。


もし、「麺処 秋もと」についての詳細は、下のリンクの記事を参照していただければ、
お店について触れてますので、良かったらどうぞ。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら




で、2回連続となった今回はというと・・・



すでに、記事にもしている「冷やし味噌」です。




「味噌」といえば、「麺処 秋もと」の冬の代名詞でもあるわけですが、
そんな代表メニューである「味噌」の「冷やし」がこれまでなかった・・・


それ自体が不思議なわけですが・・・


ま、「味噌」の「冷やしラーメン」というのが、あまりないのも事実ですが。


結局、あの味噌の旨味、コク、風味を「冷やし」で再現するのが難しいから、
それが一番の理由なんでしょうね。



でも、秋もとさんであれば、やってくれそうなのが、これまでなかったわけで・・・




でも、今季は、満を持しての「冷やし味噌」リリースということで、大盛況に
なっているわけです。

前回の「冷やし味噌」の記事はこちら
 ⇒ 「麺処 秋もと / 冷やし味噌」の記事



で、提供は、水曜日と日曜日の曜日限定の数量限定になっていまして・・・

当初は、4回くらいの提供で終了の予定だったようですが、あまりの反響に
まだまだ続けるようです。


僕も、本当は、冬の味噌のようにパーフェクトを目指したかったのですが、
どうしても都合がつかず、パーフェクトは断念。


そして、今回で4回目の開催なのですが、僕的には、3回目の「冷やし味噌」
ということになります。




さて、では、今回は同じ「冷やし味噌」なのに、なぜ記事アップかというと・・・



今回は、若干、中身が違うからなんです。


今回は、本来のものと「麺が違う」仕様なんです。




本来は、これまで提供してきた「冷やし醤油」と同じ麺で、中細のストレート麺。


ですが、僕が今回いただいたのは、普段レギュラーメニューで使われている
「中太平打ち麺」なんです。



実は、この「平打ち麺」のバージョン。

もともと提供する予定のものではなかったのです。


というのも、「冷やし味噌」提供の初日、あまりにも反響が良すぎて、
午前の営業で麺もスープも売り切れてしまい、食べられない人が続出、
そのため、中休みにスープを仕込み直し、夜営業にも急遽数量限定で
提供したんです。


ただ、麺だけは用意できなかったため、臨時でレギュラーの中太平打ち麺を
使っての提供になったわけです。



ところが、この平打ち麺、かなり好評で・・・



そんなことから、もし希望があれば、平打ち麺でも提供してくれるようになって。




であれば、僕としては、食べないわけにはいきません。


本当なら、2回目に訪問したときに食べても良かったのですが、うっかりしてまして。



なので、今回がぜひにと、中太平打ち麺のバージョンをいただきに訪問したわけです。




ということで、今回は、「麺処 秋もと」の「冷やし味噌・中太平打ち麺バージョン」の
記事です。



早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!





まずは、ビジュアルから。

麺処 秋もと -- 冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)(夏季・数量限定)(3回目)

今回は、秋もとロゴの入った黒の多用丼での登場。


基本的な盛り付けは、前回上げた記事のものとほぼ変わりません。

若干の違いはありますが・・・


相変わらずの美しい盛り付けで最高の丼顔をしています。


美味しそうです。





では、細かく。

麺処 秋もと -- 冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)(夏季・数量限定)(3回目)_アップ

まずは、スープ。



油層がやや薄くなったようですね。


味噌は、淡い色をした、見ただけ風味が漂ってきそうな感じ。

何度見ても良いですね~。




そして、具材。



具材も内容的には変化はありません。



彩りも豊かで美しい。




チャーシューは、2種類盛られています。


ひとつは、鶏ムネ肉の低温調理チャーシュー。

それと、しっかりと炙られた豚バラ肉のブロックチャーシュー。



そして、茄子の揚げ浸し、その上部には、細切れのきゅうりが盛られています。


で、今回の具材の中でも、かなりキーになってくるミニトマトが。

マリネにされていて、ややクタッとしてツヤもあります。


で、その上部には、メンマ。

これは、いつものメンマですね。




そして、これも、今回のキーになっているもの。


この2種類のカラフルなソース。



ほうれん草とじゃがいものから作った緑色したクリーミーなソース。

それと、コーン、マヨネーズ、からしから作った黄色のクリーミーなソース。


これが、味としてけっこうなポイントになってくるんですよね。

見た目的にも目を引きますね。



で、このソースのかけ方が、初日と比べると若干変わっています。

初日は、ソースを下にかけて、その上から具材盛り付けだったのですが、
2回目以降は、一番上からソースをかけるようにしたようです。




トップには、薬味の白髪ネギとスライスした紫玉ねぎが盛られて、その上から、
秋もと特製の香味油がかけられています。



で、お約束の出汁氷ですね。




そして、僅かに顔を覗かせている麺。


中太の平打ち麺。


合わないということは絶対ないと思うのですが、今回のポイントは、この麺。


どんな感じのマッチングになっているのか楽しみですね。






それでは、早速いただいてみましょう!




まずは、スープから一口。



キンキンに冷えた味噌。


変わらずの、暖かいスープに負けないくらいの味噌感。

味噌としての味が上品で香り豊かなのはもちろん、何ともいえない舌触り。


普段の「秋もと味噌」にはない感覚。

この麹感が、今回の「冷やし味噌」の味噌味のポイントですね。


すごく美味しいんです。



で、2回目以降、油を若干減らしたようでして、その分、味噌感がアップしてます。



ますます美味しくなってますね。



ちなみに、使っている味噌は、前回の記事を参照してもらってもいいのですが。


一応・・・



使っているのは、、5月に「ラーメンWalker神奈川2018」の限定麺のときの「味噌」。


小田原の老舗味噌蔵「加藤兵太郎商店」のもの。

通称「いいちみそ」と呼ばれている高級味噌です。


これを、配分、ブレンドしている種類、全て同じにしているようで。


配分こそわからないですが、使っている味噌は、

「白みそ」、「糀つぶ」、「箱根路」、「長期熟成」、「神奈川ブレンド」

の5種類で。



この味噌、かなりヤバイですよね。


「冷やし」でありながらも、上品な香りとコクが出ているのは、やはり、
この使っている味噌にあるのでしょう。




そして、具材。



チャーシューは、炙った豚バラブロックチャーシューと鶏ムネチャーシュー。


ブロックチャーシューは、香ばしく柔らかく。

鶏ムネチャーシューは、低温調理した程好い塩味のしっとりしたもので。


どちらも文句なく美味しいチャーシュー。


冷たい味噌スープに相性抜群です。



今季の「冷やし醤油」から新たに加わった「茄子の揚げ浸し」が、「冷やし味噌」にも
入っているのですが、これがしっかりと出汁が染み込んでいて美味しい。

レギュラーの鶏鰹をベースとしたスープに漬け込んでいるので、良い味出してます。



で、この「冷やし味噌」用に新たに加わったのがきゅうり。

細かくカットされたきゅうりがシャキシャキ、ポリポリといった食感とともに
清涼感を加えてくれて最高に美味しい。


味噌にも合う。


さながら、「冷や汁」のような感覚で。



メンマはいつものメンマで、コリコリとして。



そして、今回の「冷やし味噌」のメイントッピングのひとつといってもいいのが、
ミニトマトのマリネ。


バルサミコ酢とエクストラバージンオイルに3日間漬け込んだもので、
酸味だけでなく甘さも加わっていて、トマトの柔らかな食感と相まって美味しい。

もともとは、はちみつも使っていたんですが、2回目以降は、はちみつは
除いたようです。


このミニトマトのマリネは、トッピングとしても美味しいのですが、スープの味変にも
一役買っていて、最高ですね。


もともとトマトと味噌自体が相性の良いですしね。



さらに、味変アイテムといえば、2種類のソース。


これが良い味変になっています。




で、そのオリジナルなもののひとつが2種類のソース。



緑色の「ほうれん草とじゃがいも」を擦り合わせたポタージュ。

黄色の、「マヨネーズとコーン」を合わせたコーンマヨネーズ。
「コーンマヨネーズ」には、からしも混ぜているようです。


どちらも、段階的にスープに混ぜながらいただくと、良い味変になるんです。


特に「コーンマヨネーズ」。


こちらは、はっきりとコーンの味を感じられ、味噌の味に変化を与えてくれます。

「ほうれん草とじゃがいものポタージュ」は、正直、素材の味の特徴から
味に大きな変化は感じられないですが、ポタージュとしての食感が味噌スープに
加わって美味しいですね。


この味変ソースはヒットです。



そして、薬味の白髪ネギ、スライスした紫玉ねぎもシャキシャキさっぱりと。

秋もとオリジナルの香味油も最高です。




さらに、「秋もと冷やし」定番の「出汁氷」。


食べ進んで、2種のソースやらトマトマリネやらで、いくつもの味変がされていく中、
この出汁氷が溶けていって・・・


すると、次第に「鰹感」が増していって。


もともとレギュラースープを使うことで、鶏だけではなく魚介の旨味も
加わっている味噌スープなのに、そこに輪をかけて鰹感が広がっていく。


最終的には、「鰹」という秋もとさんの一番の特徴へと結びつけて。



さすがです。


お見事な美味しさです。




さて、で、ここまでは、最初に食べたときとほぼ同じ。


今回は、麺が違うというところが一番の違いであり、メインテーマ。




麺が、中細のストレート麺ではなく、中太平打ち麺に。



中細ストレート麺。


これが冷水で〆られてシコシコとした食感で美味しいのですが・・・




今回の中太平打ち麺が、中細ストレート麺に劣らず美味しい!


やや縮れツルンとした平打ち麺、中細麺とはスープとの絡み方が違うのですが、
しっかりとスープを持ち上げてくれる。


そして、何よりも食感。


ものすごいコシの強さ。



冷水でしっかり〆られているのはもちろんなのですが、ツルンとした麺肌、
口当たりも良いのですが、とにかくコシが強く歯応えが良い。



これは美味い!



中細ストレート麺と甲乙つけ難い美味しさ。


もちろん、好みにもよりもますが、僕的には、中太平打ち麺の方が好きかも。




ただ、中太平打ち麺は、あくまでもメインの麺でないので、やはり、これには
中細ストレート麺が合っているのでしょうけれど。



でも、この中太平打ち麺もかなり美味しいです。




ま、いずれにしろ、この「冷やし味噌」は、完璧な美味しさですね。




あと、どのくらい「冷やし味噌」の提供があるかわからないですが、
もし、チャンスがあれば、中太平打ち麺も試してみることをオススメします。





とにかく美味しかったです。




ご馳走様でした!

麺処 秋もと

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜/木曜午後/第一・第三火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■冷やしらーめん [ 東京/味噌(鶏+魚介) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント