FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
麺処 秋もと@市が尾 / 秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)
麺処 秋もと
秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)

[訪問日]
2018年9月12日(水)

[評価]★★★★★

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)


「市が尾」の行列店「麺処 秋もと」。


僕が最も食べているラーメン店であり、ブログにも最も登場している
お店のうちの1つです。


もし、「麺処 秋もと」についての詳細は、下のリンクの記事を参照していただければ、
お店について触れてますので、良かったらどうぞ。
 ⇒ 「麺処 秋もと」について書いてある記事はこちら



さて、そんな「麺処 秋もと」。

約1ヶ月振りの登場です。




つい先日、秋もとさんの夏の定番である「冷やし」が終了。


今夏は、「鶏節と鰹の冷やし醤油」だけでなく、新たに「冷やし味噌」をリリースし、
その美味しさから大いにSNS上を賑わせてくれました。


いや~、あの「冷やし味噌」は稀に見る美味しさでした。

食べた人のほとんどの人が絶賛してましたからね。


ちなみに、そのときの記事は、こちら。
 ⇒ 「麺処 秋もと / 冷やし味噌」の記事
 ⇒ 「麺処 秋もと / 冷やし味噌(中太平打ち麺ver.)」の記事



そして、この夏の「冷やし」が終われば、今度は、冬の定番である「味噌の日」が
始まるわけですが・・・



実は、その前に、昨年から9月の秋の1ヶ月の間に、新しく出していた限定があるんです。

すでに、秋の定番にもなりつつある限定なんですが・・・



それが、「秋刀魚煮干し」を使った「醤油つけ麺」。


「秋刀魚煮干し」という素材は、中々流通していない希少素材なのですが、
それをふんだんに使った、まさに「秋の味覚」的なつけ麺。


これも相当美味しかったです。


またまたちなみに、これが、昨年の記事。
 ⇒ 「麺処 秋もと / 秋刀魚と酢橘の醤油つけ麺」の記事

当初は、ツイッター上のゲリラ限定だったのですが、結局4回ほど提供しました。



そして、今秋。



その「秋刀魚煮干し」を使った「醤油つけ麺」がブラッシュアップされて再度登場。


名前は、ほぼ同じなんですが、

「秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺」

という・・・



これは、必食ですよね。



昨年は、4回全て食べたのですが、今秋は何回やるかわからない。

それに全部食べれるかもわからない。



なので、まずは初回、逃してはならないと、いそいそと出向いてまいりました。



今年も「あの味」を味わえる・・・


嬉しいですね~。




ということで、「麺処 秋もと」の秋の新定番「秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺」を
いただいてまいりました。


今回は、その感想をレポしていきたいと思います。



昨年とどんな違いがあるんでしょうかね~。


楽しみです。





それでは、早速。





まずは、ビジュアルから。

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)

あいかわらずのキレイな盛り付けなのですが、パッと見、昨年のとは
大分印象が違いますね。

今季の方が、よりシンプルになった印象が・・・


ちょっと比べてみます?


これが、去年のです。

麺処 秋もと -- 秋刀魚と酢橘の醤油つけ麺(2017年9月24日(日)ゲリラ限定)

印象が違いますよね。


僕は、今年の方が整っていて好きかな。




とりあえず、細かくみてみましょう。

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)_アップ

まずは、麺の方から。

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)_麺

麺は昨年と同じ麺を使用しているようですね。


今回もストレートの細麺。

しっかりと昆布水に浸かっています。

ただ、去年よりも昆布水の量は少なめでしょうかね。


ま、昆布水はメインではないので。



で、その麺の上には、刻み海苔ととろろ昆布が盛られています。

刻み海苔は、秋もとさんのつけ麺では定番トッピング。


とろろ昆布も、つけ麺をリニューアルしてからは、常に使われてますね。


最初は、麺の下に忍ばせていたのですが、最近はトップに盛られています。



そして、メニュータイトルにも書かれている「スダチ」。

これが、添えられたレンゲの上に置かれています。


昨年は別皿提供だったのですが、この方が見栄え的にも良いですね。


先ほど、写真で見てもらいましたが、水菜とメンマは盛られてません。




そして、つけ汁。

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)_つけ汁

まず、スープ。


これは昨年同様の、「醤油つけ麺」なのですが、色が醤油っぽくない色。


どちらかというと、やや白濁として「塩のつけ汁」といった印象。



スープには、たくさんの具材が盛り込まれていますね。



ただ、見えにくいところもありますが、具の内容がちょっと違うようです。



まず、パッと目に付くところで、グリーンのもの。


昨年、麺の上に盛られていた水菜がなくなったので、つけ汁に入るのかと
思っていたのですが、それも違ってました。


水菜の代わりに三つ葉がつけ汁に盛られています。



それ以外では、薬味は基本的にいつもの刻みネギと紫玉ネギなのですが、
これに加えてスライスしたオニオンも入っているようです。


そして、去年はエリンギだったキノコが、今年はエノキに。


そして、大根おろしも混ぜ込まれていたのですが、今年は同じく大根おろしでも
「鬼おろし」が混ぜ込まれています。

「鬼おろし」というのは、粗挽きの大根おろしのことですね。

この方が、風味だけでなく食感も味わえて面白いんです。



で、細かく切られたチャーシューたち。


今年からは、吊るし焼きした肩ロースも加わっているようですね。


そして、メンマ。




こんな感じの布陣です。



細かいところではあるのですが、けっこう変わってますね。


ただ、細かいところがけっこう影響するんですよね。




もう、これは、作った人のセンスが問われるというか。


やはり、感覚的なものが大きいんでしょうね。



ま、秋本さんのことだから心配ないでしょうけど。





あとは、つけ汁のスープ自体がどんな感じに変化しているか。


あるいは、同じなのか。



そこがポイントになってきますね。




それは、食べてみないとわかりません。






ということで、早速ですが、いただいてみることにしましょう!





それでは、まず、ちょっとだけ麺だけをいただいて。



ま、昆布水をメインにしているわけではないですが、しっかりと味もついていて
これだけでもOKな形になっていますね。


「がごめ昆布」、「羅臼昆布」、これに「塩ダレ」も合わせているようで、
ここら辺も去年とは微妙にアレンジしてきています。



喉越し良く美味しいですね。





では、今度は、つけ汁に浸けていただいてみましょう。





まずは、一口。




あ~、今年も秋刀魚全開だ~!


秋刀魚節ではなく秋刀魚煮干しなので、煮干し特有の風味はあるのですが、
いわゆるエグミというものは全く感じられず、「秋刀魚」の味がストレートに
伝わってきます。



というのも、秋刀魚煮干しでとったスープに、塩焼きした秋刀魚をペースト状にしたものを
一緒に合わせているので、秋刀魚そのもをたっぷりと感じることができるわけです。


しかも、昨年と同じであれば、スープは、秋刀魚煮干しだけではなく伊吹イリコでも
スープをとって合わせてバランスをとっているはず。



スープが醤油味であるにもかかわらず、醤油の色をしていないで濁って見えるのは
秋刀魚ペーストのため。



秋本さんいわく、去年よりもエグミが出ちゃっているような話でしたが、
いやいや、そんなことはなく、去年よりも、むしろ、エグミは感じられず、
秋刀魚の味がストレートに伝わってきて、今年の方が美味しいような・・・




そして、秋刀魚の味とともに感じる醤油感がたまらなく良い感じ。



カエシには、「溜まり醤油」と「生揚げ醤油」をブレンドしたものを使用していて、
キリッと味の立った醤油感で最高です。



「秋刀魚」に醤油かけて食べてる感じですよね。



で、この秋刀魚と醤油というものを、さらに演出しているのが「大根おろし」。



去年は、まさに「大根おろし」で、スープに溶け込んだものだったのですが、
今年は、「大根おろし」でも「鬼おろし」。


感覚的に「大根おろし」と「秋刀魚」という組み合わせは同じで、「焼き魚」を
食べている感覚ではあるのですが、それに加えて「鬼おろし」だと
大根の食感も一緒に味わえるので、さらに美味しさを感じられるんです。




そして、オイルも、昨年と同じであれば、秋刀魚油と鰹油をブレンドしたものを
使っているはずで、秋もとさんらしさを醸し出しています。




この秋刀魚全開、醤油感もたっぷりで焼き魚のようなつけ汁と、スルスルの細麺を
絡めて啜れば・・・





美味い!




昨年の記事でも書きましたが、秋刀魚の塩焼きに醤油をかけてご飯を食べる代わりに、
麺を食べているような感じで・・・



マジ、美味しいです!





で、これに、いろいろと入った具材を絡めれば、さらに美味しい!





特に、グレードアップしたチャーシュー!



鶏チャーシュー、豚バラチャーシューに加えて吊るし焼きした肩ロースも
細かくカットして入っているんです。


この吊るし焼きが香ばしくて美味しいんです!



香ばしさが秋刀魚との相性が抜群で!




あとは、細かいところなのですが、薬味のオニオン。



薬味は、通常の刻みネギと刻み紫玉ネギ以外にも、普通の玉ネギの
スライスしたものが入っています。


でも、昨年は、この普通の玉ネギもスライスではなく刻んだものだったんです。



実は、玉ネギって、切り方でけっこう味が変わるんですよね。


紫玉ネギは、刻んだものでも玉ネギ独特の辛味、苦味、臭みがないのですが、
普通の玉ネギははけっこうそれが出てくるんですよね。

でも、それをスライスにするだけで全く変わってくるんです。


ほぼ玉ネギの嫌味がなくなる。

とても食べやすくなる。


結果、味が馴染んですごく美味しくなるんです。



さらには、水菜の代わりに入れた三つ葉が、良い香りを放ち、良い仕事をしてくれてます。



で、キノコは、エリンギではなく、エノキ。

僕は、このクニュクニュの食感が好きなんですけどね。



ま、歯には挟まりますけど・・・。






いや~、美味い!




ズルズルと意地汚くあっという間に完食してしまいました!





そして、最後の〆は、やはりスープ割り。

秋刀魚煮干しとスダチの醤油つけ麺(限定)_スープ割り

実は、このスープ割りも昨年とは違っていて・・・



で、このスープ割りが今年の方が美味い!


なぜかというと、割っているスープが違うんです。



昨年のは、スープ割りは、麺の使っていた昆布水をスープ割りにして
温め直してもらって・・・



でも、今年のは、なんとレギュラースープで割っているんです。



レギュラースープというと・・・


基本は、鶏と鰹節。


これにアゴだったり、煮干しだったりと複雑にブレンドしたもの。


とにかく旨味が溢れたもの。



これを、秋刀魚煮干しの醤油スープに混ぜて割ってるわけです。



味は、より複雑になったわけですが、それが何ともいえない美味しさに!


当然のことながら、鶏や鰹も加わることで、味は広がって。

すごく飲みやすくなって。




〆まで美味しい!



最高の〆でしたね。



もしかしたら、ご飯で割っても美味しかったかもしれないけど・・・。

ちょっと後悔。



もし、今季、また食べるチャンスがあったら試してみようかな。






それにしても、とにかく美味しかった。

先ほども言いましたが、個人的には、今年の方が昨年より美味しくなっていると思う。



間違いなくブラッシュアップされてますね。




完璧でした!




ご馳走様でした!

麺処 秋もと(2018.09)

[データ]
●店名:麺処 秋もと
●住所:神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1157-1 東急ドエル市ヶ尾アネックスビル 1F
●交通:東急田園都市線「市が尾」より徒歩2分
●営業:[火・水・金~日]12:00~15:00・18:00~22:00/[木]12:00~15:00(スープがなくなり次第終了)
●定休:月曜/木曜午後/第一・第三火曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(醤油) [ 東京/魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント