FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)
八咫烏
骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)

[訪問日]
2018年9月14日(金)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)


九段下の行列店「八咫烏」。



「八咫烏」といえば・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったという・・・


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただきたいのですが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事




そんな「八咫烏」。


最近、僕のブログに頻繁に登場するようになりました。



とりあえず、9月に入ってから2回目の登場となります。






さて、で、今回の「八咫烏」。



「八咫烏」といえば、不定期の限定が頻繁にリリースされ、ラーメンフリークたちの間でも
話題になっているわけですが・・・


今回も、その限定。




ただ、今回の限定は、ちょっとスゴイかも・・・



というか、冒頭の部分でも触れている通り、八咫烏の店主の居山さん、
元々は「魔女のカレー」というカレー店の店主さん。



そのカレーに関しては、もともとスペシャリストである居山店主が、今回は、
「カレーつけ麺」を出してくれるというのです。


ま、これまでも八咫烏では、カレーを使った限定はいくつも出されているのですが、
今回は、ちょっと違う。



今回のは、居山店主が以前からやりたくて仕方なかったカレーつけ麺。


そのため、徹夜してまで仕込みに時間を費やしたほど。



要は、それだけ思いの詰まった力作ということで。




で、どんなつけ麺かというと・・・


「骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス」


というもので・・・




どうやら、この「骨付きチキン」というのがポイントのようでして・・・


この「骨付きチキン」の仕込みに相当な時間を費やした逸品のようです。




これは食べないわけにはいきません。


ちょっとスケジュールを取れそうになかったのですが、無理やり調整して
行ってまいりました。





ということで、今回は「八咫烏」の「骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス」、
コイツをいただいてきましたので、その感想の方をレポしていきたいと思います。





それでは、早速。





まずは、ビジュアルから。

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)

またまたすごいビジュアルです。


毎度のことながら、この丼顔にはビックリさせられますね。

今回は、つけ麺なので丼顔というのもどうかとは思いますが・・・


ただ、このインパクトはやはりすごい。


ホント、いつも目でやられちゃいますね。




では、細かく見てみましょう。

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_アップ

まずは、麺の方から。

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_麺

麺とはいいつつも、この盛られている白い皿の上には、麺だけでなく、
さらに白い椀に盛られた「黄色いライス」がのっています。

「ターメリックライス」ね。

このターメリック、カレースパイスには欠かせないもの。

黄色い色をしたスパイスなんですが、まさにその色がついたライス。


トップには、フライドオニオンと粉末状のパセリが散りばめられています。


で、そのターメリックライスの椀のとなりに、色の白い中細ストレート麺が
盛られています。


印象としては、つけ麺といいつつも、どちらかというと付け合せてきな感じで、
どうも主役ではなさそうな雰囲気。

麺には一枚の海苔と、半月切りした酢橘のスライスがのっています。




そして、つけ汁。

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_つけ汁

これ、つけ汁というより、もはや、「スープカレー」という一品の料理のよう。


まず、器がでかすぎ(笑)。

だって、普段のレギュラーメニューが盛られているどんぶりが使われているのですから。



そして、そのどんぶりの中には・・・


良い感じの色をしたスープカレーがサラリと盛られていて。

その表面には、グリーンがかった鶏油が張っています。


このスープカレーにも粉末状のパセリが散りばめられていて。


で、なんといっても、凄いのがこれ。


中央にドッカリと横たわる「骨付きの鶏モモ肉」。


着丼する前までは、骨付きチキンといっても、ケンタッキーみたいな鶏モモの小さいかと
思っていたのに、このサイズでくるとは、ビックリです。


そして、この骨付き鶏モモ肉には、素揚げした茄子、カボチャスライス、赤パプリカ、
ピーマン、1/2の半熟玉子が立てかけられるように盛られています。

ちなみに、この半熟玉子も素揚げされているのですが・・・

実は、この素揚げ玉子、「魔女のカレー」では定番のものなんですよね。




そして、さらになんですが、本来なら別メニューで提供されているところの
「特製ドレッシングの野菜サラダ」。

これを居山さん、サービスしてくれまして・・・

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_特製ドレッシングの野菜サラダ

これが、レタス、オニオンスライス、ミニトマト、レアチャーシューなどのった
美味しそうなサラダでして・・・



居山さん、いつもご厚意ありがとうございます!





と、まあ、こんな感じで。


ちょっとビックリするようなビジュアルで!



でも、メチャクチャ美味しそう。


これ、ヤバイかもね。






ということで、早速いただきましょう!





まずは、ご厚意でいただいたサラダを食前にいただいて血糖値アップを防いで・・・(笑)


シャキシャキの野菜に特製ドレッシング。

美味しいですね。


居山さん、ありがとうございます!





では、メインの方へ。




どこから食べたらよいやら・・・




まずは、ちょっとだけスープカレーを舐めてみたいですね。


レンゲでちょっとだけすくって口に含むと・・・


ウホッ!

こりゃ美味い!


かなり本格的なスープカレー。


さすがカレー店も営んでるだけいるだけありますね!



これは、期待できる。





では、次に麺を浸けていただいてみましょう。


麺をひとつまみ箸でつまんでスープカレーのつけ汁にチョンチョンと・・・


ズルズルッと・・・




あ~、やっぱり美味い・・・


辛さ云々よりも、カレーのスパイシーさが本格的。

てか、本職ですから当たり前か・・・(笑)


サラリとした舌触りで、しかもコクと旨味がスゴイ。


こんなスープカレーに浸して食べる麺。



すごく美味しい。



だけど、正直、麺が負けてる。


もちろん美味しい。


でも、僕的には、良い意味で負けてる。


最初から、「つけ麺」でありながらも、主役は麺ではないと思っていたのが、
やはりそのとおりだったと思った瞬間。



でも、今回のつけ麺はそれで良し。


僕はそう思っている。


麺は、あくまでも付け合せてきな存在で良い。


このスープカレーを味わえたら、それだけで良いほどクオリティーが高い。



ただ、このスープカレーも単なるスープカレーにしていないところが
やはり、居山さんが、ラーメン店の店主である証拠。


スープカレーでもあるのだけれど、少しでもラーメンに寄せたいということから、
白醤油、生醤油、出汁には、昆布と鰹を使っているという。



一瞬スパイシーなスープカレー、でも、ベースにはラーメンにも使われる和出汁に
カエシが使われているというわけ。



スパイスに負けて気づかないけど、しっかり「ラーメン」になっているんですね。



さすがです。




で、とりあえず、麺をスープカレーに浸けて、ほぼ一気に食べつくし・・・



なぜなら、もっとメインと呼べるものが、今回のメニューにはあるから。

それをいただきたいので・・・



で、それが、「骨付きチキン」。


骨付きの鶏モモ肉。

バカデカイやつ(笑)。



すごいな、これ、ほんとに。


インパクトもあるけど、第一印象は、この大きさで食べにくくないのかなということ。



ただ・・・


食べようと、箸で掴もうとすると・・・


ホロホロ・・・ッと。



あたかも、豆腐か、あるいは、それに類する柔らかい食材でも掴んだかのように
鶏肉がホロホロと崩れて箸から漏れていく・・・


なんですか、この柔らかさは!


ガシッと掴もうとした自分の愚かさに気づきに、今度は、箸から漏れないように
しっかりと摘んで、口の中に頬張ると・・・



ウマッ!


てか、なんて柔らかさ!



こんなにやわらかくなった鶏肉食べたの初めてかもしれない。


スゲー、これ。



大きくて食べにくいどころか、簡単に骨からほぐれてくれるからメチャ食べやすい。


コイツは美味すぎ!




そして、やはり、これが今回の主役だった。


間違いない。



この「骨付きチキン」がなければ、美味しさ半減かもしれない。




そのくらい美味い!



居山さんが以前から作ってみたかったというだけある逸品です。




どうやったら、こんなに柔らかく作れるの?


って、居山さんに聞いた僕がバカだった・・・



一度聞いただけでは憶えられないほどの工程で、思わず、IC Recで録音。



それによると・・・


コリアンダー、ターメリック、チリパウダーなどのカレースパイスでマリネして
真空パックしたものを60度で12時間置く。

それを300度のオーブンで醤油をかけて8分焼く。

そのあとは、また寝かせて、余計な油を落としてたあとに、カレーを75度に設定して煮る。


ということなんです。



そりゃ、仕込みに徹夜するほど時間かかりますよね。



すごいわ。


そうすると、こんなチキンが出来上がるんだ・・・


こんなチキンは食べたことがない。


美味すぎ!




もう、このメインのチキンたべただけで満足。



ま、もちろん、他の素揚げした野菜たちも美味しいですよ。


茄子はしっとり、パプリカ、ピーマンはサクサク、かぼちゃもやわらかく・・・


素揚げ半熟味玉ももちろん!



全てが、チキンを守り立ててくれてます。




いや~、美味い。


すでに麺は食べちゃったんで、チキンと野菜とでスープカレーを楽しんで・・・




そして、〆には、麺と一緒にお椀で盛られていたターメリックライスに、
スープカレーをぶっかけて・・・


〆のスープカレーライス。

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_ターメリックライスカレー

フライドオニオンの食感と香ばしさも相まって美味しい〆のご飯。





最高ですね。


あっという間に完食。

一気食いしてしまいました。




実は、僕、居山さんのもともとのお店の「魔女のカレー」というカレー店で
「カレーつけ麺」を食べたことがあるんです。



でも、そのカレー店としては本家である「魔女のカレー」よりも全然美味しい。



正直に居山さんにも


「これ、魔女より美味いね!」


といったら、居山さん、認めてた・・・(笑)




とにかく、今回の「スープカレーつけ麺」は美味しかった。


もし機会があればぜひ食べてみてもらいたい逸品ですね。





ご馳走様でした!

八咫烏 -- 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス(限定)_メニュー

八咫烏(2018._夜営業)

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西冷えう1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■つけめん(カレー) [ 東京/魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント