FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
くじら食堂 nonowa東小金井店@東小金井 / 特製醤油 + 国産豚ジャンボ焼売
くじら食堂 nonowa東小金井店
特製醤油 + 国産豚ジャンボ焼売

[訪問日]
2018年9月21日(金)

[評価]★★★★★

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 特製醤油(2回目)
くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 国産豚ジャンボ焼売


ご存知、名店「くじら食堂」。


僕のブログでは、すでにお馴染みのお店です。




これまでにも何回か記事の中でお知らせしてきたことなのですが、
くじら食堂が、このたび移転オープンしました。



大分前から、くじら食堂の公式ツイッターでは、

「新店オープンにつき従業員募集」

のツイートがされていました。


なので、そのうち何かあるのだろうとは思っていたのですが、
それが、新店への移転だったんですね。


徐々に内容も明らかにされていったのですが・・・

最初は、もともとの店舗も残しつつ、新たに店舗を増やすというような
ニュアンスのインフォメーションがされていたので、くじら食堂が
2つになるのかと思っていたり・・・


いろいろと情報が錯綜していて、イマイチ本当のところがわかりませんでした。




でも、その後、実は移転だということがハッキリしたわけで。

で、その時期が、9月中旬頃ということも発表されて・・・



であれば、最後に、あの昭和を思わせる独特の雰囲気のくじら食堂で、
あの美味しいラーメンを食べられるのもあと少しなので、食べ納めをしなければと
思い始めてたのですが・・・


ちなみに、食べ納めとかいって、こんなに食べちゃました・・・

くじら食堂 -- 貝そば(限定)
貝そば(限定)

くじら食堂 -- 冷やしラーメン(限定)
冷やしラーメン(限定)

くじら食堂 -- もやしそば・下村スペシャル(限定)
下村スペシャル限定(もやしそば)

くじら食堂 -- 特製醤油(3回目)
特製醤油

くじら食堂 -- 特製塩(2回目)
特製塩

くじら食堂 -- 醤油チャーシュー(4回目)
醤油チャーシュー

くじら食堂 -- 塩チャーシュー(3回目)
塩チャーシュー

くじら食堂 -- 特製油そば(3回目)
特製油そば

くじら食堂 -- 特製醤油(細麺)(5回目)
特製醤油(細麺)

ま、食べ納めですからね(笑)



で、ついに、くじら食堂の最終営業日が9月19日(水)というのが発表され、
新店の方が翌々日の9月21日(金)ということも発表されて。



いよいよ食べ納めということで、何回か通いつめまして・・・




そして、9月21日(金)、めでたく移転リニューアルオープンしたわけです。




これは、行かないはずがありません。


当然、オープン初日に行かなければとお邪魔してきました。






ということで、今回は、新しいくじら食堂の記事です。







さて、良い機会ですので、一応、くじら食堂についておさらいしておきましょう。




店主さんは、しもむーさんこと下村浩介さん。


都立家政の名店「麺や 七彩」でラーメン修行を開始、その後、2011年に
「麺や 七彩」が東京ラーメンストリートに出店して、そちらを本店とし
営業していくことになると、下村さんも東京ラーメンストリートへと移り、
「麺や 七彩」での修行をしてきました。


そして、2013年9月、3年の修行を経てめでたく独立。

開業したのが「くじら食堂」というわけです。



「麺や 七彩」といえば、「自家製麺」が売りのお店。


当然、くじら食堂もそのDNAを継承して自家製麺が売り。

しかも、自ら「麺が主役のラーメン」と謳ってるとおり、くじら食堂の麺は、
他では味わえないほどの美味しさで、多くのファンを虜にしてきました。


僕も、その一人なわけですが・・・

ちなみに、僕は、開店当初はあまり通っていなく、途中から通い始めたんですけど。



で、そんな美味しいラーメンですから、当然、メディアは取り上げますし、
口コミでも広がっていき、あっという間に行列店になってしまいました。



くじら食堂というと、夜営業のみで、昼は土曜日だけ。


それが定着していたのですが、2017年の5月には、昼営業限定の二毛作営業で、
「貝そば専門店」を営業することになりまして。


それが、今となっては幻の名店となった「まるえ食堂」です。


これが、昼営業のみですので、当然ハードルは高く、瞬く間に行列店に。



ところが、この「まるえ食堂」、約1年続いたのですが、今年の4月に閉店、
それと同時に、くじら食堂自体の営業時間も昼営業を開始するようになり、
これまで昼営業しかしてなかった土曜日も夜営業を開始したり・・・


少しずつ変わりつつあったくじら食堂。


このころすでに、というか、大分前から新店の構想はあったのでしょうし、
新店の準備に入っていたのだと思います。



で、ついに、新店オープンへと至るわけです。



ま、もともと、くじら食堂のあった場所は、オープンから5年後に
区画整理の予定になっていて、いずれは、そこから立ち退かなければ
いけない事情もあったようです。


ただ、今現在は、まだ立ち退く必要はないのか、別業態で復活するということに
なっていますが・・・





ちょっと前置きが長くなりましたが・・・




そんなわけで、移転したくじら食堂。



移転とはいっても、場所は、同じくJR中央線「東小金井」。


もとの場所から歩いて数十秒という距離。

しかも、東小金井駅の駅中。


東小金井の駅中にJRが運営する「nonowa」という商業施設があるのですが、
そのテナントに入ることになったのです。



ですから、今まで以上に駅近。

というか、駅の真下なので、近いどころではありません。


最高の立地条件を手に入れたわけです。



「nonowa」に入っているから「くじら食堂 nonowa東小金井店」、これが、
新しいくじら食堂の正式屋号です。



で、この店舗が、これまでのくじら食堂とは打って変わってモダンな造りで、
すごくキレイなんです。


全面ガラス張り。

自動ドアで、暖簾はなく、その代わりにくじら食堂のロゴを象ったLED照明。


店内も、これまで以上に広々として・・・



なんかくじら食堂ではないような・・・


そんな錯覚さえ起こしてしまうほどの変化で。




お店に入ると、左に一段上がったところに厨房があり、そこを囲うようにして
13席の逆L字型のカウンター席があります。

で、右奥には、6人掛けのテーブル席が1卓。


厨房の裏側には、新しく製麺室が設置され、冷蔵庫もその部屋に
置かれているとか。



とにかく、天井も高く開放感があって広く、清潔感たっぷりの店内。



何度も言いますが、これまでのくじら食堂とは全く違います。



店員さんもこれまでよりも増え、大体4~5人くらいでのオペレーション体制。

じゃないと追いつかないくらいの忙しさ。

そして、広さなわけです。




そして、メニュー。


ベーシックなものは、これまとほぼ同じです。


ザッとあげますと・・・


「醤油」、「塩」、「油そば」、「生姜」、「煮干し」、「つけめん(醤油or塩)」
というラインナップ。

これの「特製」、「味玉」、「チャーシュー」というバリエーションですね。


ここまでは、ほぼ変わりなしです。

減ったものとしては「担々麺」がなくなってますね。


ま、ここら辺は、今後限定で出てくるでしょうし。



そして、新たに加わったものもあるんです。



まずは、サイドメニューで、しかもイチオシメニューになっているのが、
「国産豚のジャンボ焼売」。


先日のくろ喜さんでもリニューアルに伴って「焼売」が加わってましたね。

今回、くじら食堂でも「焼売」です。


そして、僕的にすごく気になっていたのが、まだ販売はしていませんが
「ブラック」というメニュー。


「ブラック」といえば、くじら食堂の限定では定番となっていた大好きなヤツ。

これがレギュラー化するとなれば、うれしいことこの上ないので。


すごく楽しみです。



あとは、追加トッピングで、「唐華肉玉」というのがまだ販売してないですが
加わっていました。

ご飯ものでは、「肉みそ付ごはん」に加え、「チャーシューユッケごはん」
というのがラインナップされていました。



そうそう。


「油そば」には、「貝だしスープ」とセットになったものも加わってました。



地味にメニューもリニューアルされてますね。


楽しみがいっぱいです。





で、そんな中、今回僕がチョイスしたのは、「特製醤油」。


「特製」は、滅多に選ばないんですけどね。

今回は、特別。


オープンですし。


それと、新メニューの「国産豚のジャンボ焼売」もたのみました。




さあ、新しいくじら食堂、どんな味を提供してくれるのか。


いくら美味しいのを知っているとはいえ、楽しみですね。






ということで、移転リニューアルした「くじら食堂 nonowa東小金井店」の
「特製醤油」と「国産豚のジャンボ焼売」、いただいてきましたので、
早速ですが感想をレポしていくことにしましょう!




ちなみに、グランドオープンの週の月曜日の17日。


新しい店舗でお披露目レセプションパーティーが催されたのですが、
ありがたく僕も招待いただきまして・・・


お邪魔してきました。


そのときにいただいた、ラーメンも一応載せておきましょう。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- かけ醤油(レセプション試作)





では、まずは、ビジュアルから。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 特製醤油(2回目)

もともとは、白いどんぶりだけだったくじら食堂。

まるえ食堂が始まったときに使い始めた花柄のどんぶり。


そのどんぶりが最近使われてまして、それで登場です。


どうやら、麺の量によってどんぶりを変えているようですね。



で、その丼顔なんですが・・・


とにかく豪華です。



デフォトッピングの「醤油」とは大分違います。

このトッピングだと、味も微妙に変わってくるんですよね。





では、細かく。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 特製醤油(2回目)_アップ

まず、スープ。


割りと控えめな油層が張った清湯醤油スープ。


濃過ぎないほどの醤油ブラウンで、いつもながら美味しそうなスープです。



その中には、太さマチマチの一見手打ち麺にも見える平打ち麺。

太いところ、中太のところ、平たいところなどランダムな形をした麺。


これこそ、くじら食堂の「手揉み麺」で、しっかりと手で揉んで、最後に潰して、
そして手打ち風に仕上がったものです。



で、その上には、大きな炙った豚バラチャーシューが2枚横たわっています。


チャーシューの上部には、薬味の刻みネギといつもの細切りメンマが置かれ、
どんぶりサイドににはパッカンした半熟味玉が縦に並べられています。


そして、大判の海苔が3枚差し込んであって・・・



豪華です。


デフォとの違いといえば、薬味とメンマ以外は全て違います。

チャーシューも全く別のものですし。


海苔も味玉も「特製」じゃないとのらないトッピングですし。


まさに「特製」ですよね。





それと、もうひとつ。


新商品の「国産豚のジャンボ焼売」。

くじら食堂 nonowa東小金井店 -- 国産豚ジャンボ焼売

たしかにジャンボですね(笑)


包んでいる皮は極めて薄く、その分肉餡がたっぷりの大きい焼売。


薬味の刻みネギとからしがついていて・・・


いやいや、これも美味しそうです。





では、いただいてみることにしましょう!




まずは、焼売からいただきましょうかね。


最初は、醤油など何もつけずにそのままいただいたのですが・・・


たっぷりの豚肉の旨味と、たっぷりの肉汁で、何もつずともしっかりと
味がついていて美味しい。

逆に醤油などつけないほうが、素材の味を楽しめて美味しいのでは?


そう思わせるほどに肉餡が美味しい。


からしをつけてピリッと。

ネギも絡めながら・・・


一応、ひとつは醤油をかけていただいてみましたが・・・


もちろん美味しいに決まってます。


でも、醤油なしの方が美味しいかも。



いずれにしても美味しいので、これは、ぜひともお酒が飲めるときは
ビールのおつまみにしていただきたいですね。





では、メインに行きましょう。




まずは、スープを一口。



いや~、染みるなぁ~。


すごく染みる。



優しくもキレのある醤油味が身体中に染み渡ってきます。


鶏魚介をしっくり炊いた清湯スープは、鶏の旨味・コクの上に、節、煮干しが
じんわりと効いたもの。


特に後から追っかけてくる節の風味が最高に美味しい。



油も、鶏油に魚介系の油も加えているのか、鶏油の甘味だけでない美味しさが。



とにかく、動物系、魚介系のバランスが絶妙に良いですよね。



最高に美味しいです。





そして、麺。



コイツが主役です。


今回は、久しぶりに下村さんが手揉みして潰した麺。


ピロピロとした口当たり。

噛めば、中はしっかりとしたコシで噛み応えが抜群。


そして、適度に縮れた麺は、しっかりとスープを絡めとリ・・・



ホント、感動的なウマさですよね、この麺。


旧くじら食堂の最後の10日間くらいなんですが、製麺機を新店舗に
移動してしまったため麺が打てずに、同じく「七彩」出身の製麺屋である
松井製麺所の麺を使っていたのですが・・・


もちろん、これも美味しかったのですが、下村さんの麺には敵わないかな?



個人的な好みもありますが、美味過ぎです。


ヤバイ。





そして、特製ならではの具材たち。



半熟のトロ~リ味玉は、言わずもがなの美味しさ。

これが美味しくないわけがない。



海苔も、ただの添え物ではない存在感のあるもの。


麺と絡めて食べれば、この上ない美味しさ。




で、何といっても、大きな豚バラチャーシュー。



これが、マジ美味いんです。


箸で掴もうとするとホロホロと解れてしまう柔らかさ。


そして、提供前にバーナーで炙っているので、香ばしさが何ともいえないんです。



で、この香ばしさが、スープに移って・・・

チャーシュー自体のタレの味もスープに移って・・・


食べ進めれば進むほど、スープの味にも変化があるんですよね。



この味は、デフォトッピングでは味わえない味です。


「特製」ならではです。



得したきぶんになります。




ホント美味しいので、あっという間に食べ終えちゃうんですよね。


いつの間にか汁完。

一気食いです。




美味しいのはわかっているのですが、改めて実感。


さすがの味です。




これは、また通うことになりますね。


ただ、ひとつ、ネックがあるんです・・・




実は、店が広くなって、駅直結になってしまったのもあり・・・

ものすごい行列なんです。



以前よりもハードルが高くなっちゃったんです。


とはいえ、回転が良いので、待ち時間含めて1時間半くらいで食べられるとは
思うのですが・・・



それにしてもスゴイ行列ですよ。



ヤバイです。



それでも、食べにきますけどね。


とりあえず、「塩」が食べたくなってきたので、すぐにでも再訪して
「特製塩」をいただきたいです。

その後は、順繰りレギュラーを食べていって・・・


そのうち始まるであろう「ブラック」や「限定」も楽しみに待ってます。





とにかく美味しかった。



ご馳走様でした!

くじら食堂 nonowa東小金井店_オープン

[データ]
●店名:くじら食堂
●住所:東京都小金井市梶野町5-1-1 nonowa東小金井
●交通:JR中央線「東小金井」より徒歩1分
●営業:[月~金]11:00~15:00・17:00~25:00/[土]11:00~25:00/[日・祝]11:00~24:00
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント