FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
八咫烏@九段下 / チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)
八咫烏
チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)

[訪問日]
2018年9月27日(木)

[評価]★★★★★

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)
八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)_玉ねぎと青豆の炊込ごはん


九段下の行列店「八咫烏」。


最近、僕のブログに頻繁に登場するようになった「八咫烏」。



さて、「八咫烏」といえば・・・


元々は、調布市仙川にある「魔女のカレー」というカレー屋を営んでいた居山勢さんが、
独学でラーメンも作り出し、カレーとともに二毛作営業をしていたことに端を発します。


それが、カレー屋はスタッフに任せ、居山さんは、ラーメン屋に専念し、「八咫烏」を
オープンしてしまったという・・・


詳しくは、以前取り上げた記事を参照していただきたいのですが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / ラーメン 黒」の記事




そんな「八咫烏」。


9月に入ってからは3回目、前回から約2週間のインターバルでの登場です。




冒頭でも触れたとおり、「八咫烏」といえば、元はカレー店。

「八咫烏」というより、店主の居山さんの元の本業がカレー店。



そんな居山さんが「カレー」に関するメニューを作れば、それはもう本格的。

美味しいものになるに決まってます。



そんな居山さんが、前回の限定で放ったのが「骨付きチキンのスープカレーつけ麺」。


これが、徹夜してまで仕込みに時間を費やしたほどの力作でして。

メチャクチャ美味しかったです。


詳しくは、そのときのブログ記事を参照していただければと思うのですが・・・
 ⇒ 「八咫烏 / 骨付きチキンのスープカレーつけ麺 feat.ターメリックライス」の記事


そんなスペシャルな限定を出したばかりだというのに・・・


時間をおかずして、またまたスゴイのを引っさげてきました。




前回の「骨付きチキンのスープカレーつけ麺」が、「魔女のカレー」よりも
美味しいのではと思わせる内容のもので・・・


居山さん自身も認めていたのですが・・・



その居山さんに、

「また魔女より美味いの作っちゃったよ・・・」

と言わしめるメニュー。



それが、今回の限定メニュー、

「チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん」

というもの。




これは食べずにはいられないですよ。




なんとなく、前回のものに似た感じはするのですが・・・


もしかして、前回の限定をアレンジして作ったもの?



いやいや、そんな安易でチープなことは居山さんはしませんよ。


だからこそ食べたくなってしまうわけで。




なので、今回も時間を作るのが難しかったのですが、なんとか調整。





ということで、「八咫烏」の限定「チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん」、
いただいてきましたので、早速ですが感想の方をレポしていこうと思います。





それでは、まずは、ビジュアルから。

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)

普段レギュラーメニューで使っている赤いラインの入ったどんぶりで登場。


いつになく豪華な盛り付けで、しかも美しい「八咫烏」ならではのもの。


美味しそうです。




では、細かく。

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)_アップ

まず、スープ。



表面に、やや厚めの油層を伴った赤茶色いスープ。

いわゆる黄色いカレー色とは違います。


で、そのスープの表面には、何やらクリームのようなものがところどころに浮いてます。



そして、その中には、普段よりも太め、中太のストレート麺が、いつになく整然とした
キレイな麺線を描いて盛られています。


その上に、たっぷりと盛られ目立つのが、いつもの薬味。


笹切りしたたっぷりの九条ネギと豆苗。

薬味にしてはもったいない豪華なもので。



で、その影には、茄子の揚げ浸しが1/2本がドッカリと立てかけられていて。


その脇には、いつもの豚肩ロースのレアチャーシューが盛られています。


さらに、その脇には、表面に一味唐辛子を塗して焼かれたグリルチキンが。



トップには、素揚げしたレンコンのスライス。

その脇には、ピーマンと赤パプリカが立てかけられています。


そして・・・

縦にカットされた味玉。



とにかく豪華です。




そして、今回は、付属ご飯として「玉ねぎと青豆の炊込ご飯」が。

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)_玉ねぎと青豆の炊込ごはん

一緒に炊き込んだ玉ねぎは、ほとんどご飯の中に溶け込み、ところどころに
混ざりこんだ枝豆がキレイな黄緑色で彩り豊かな仕上がりになってます。

表面には、粉末状のパセリがパラパラと。



このご飯も美味しそうです。




これは美味そうです!


ただのスープかれーではなさそうですね。





では、いただいてみることにしましょう!





まずは、スープから一口。



お!


これは、意外な・・・


というか、カレーとしては意外な味の仕様なのですが、八咫烏としては、
むしろ自然なスープといってもおかしくない仕様ですね。


そう、和出汁のスープカレーなんです。



八咫烏といえば、和出汁のスープがメインですからね。


だから自然な流れではあるのですが、この和のフレーバーたっぷりのスープカレー、
しっかりと鰹出汁を感じられ、スパイシーでありながらも旨味、コクもあって
とても美味しいですね。


この旨味、コクの原因は、魚介だけでなく、しっかりと鶏も使用しているから。

鰹、鶏、椎茸からスープをとっているようです。


でも、メインは鰹と椎茸の出汁。

あくまでも「和」によったチューニングのスープ。



八咫烏ならではで美味しいです。



ただ、この「和出汁」のフレーバー、スープだけのせいではないんです。



それが、スープの表面に浮いていた白いクリーム状のもの。

あのクリーム状のもの、「焦がし鰹クリーム」というオリジナルクリームなんです。


この「焦がし鰹クリーム」が程好く香ばしく鰹の風味を強め、より「和」が
強調された味に変化していくんです。


このクリームを混ぜずにスープを飲めば、和出汁でスパイシーなスープカレー、
ただ、このクリームを混ぜて飲めば、クリーミーさが加わり、鰹出汁も強まり
より旨味、コクも広がって美味しくなるんです。


この「焦がし鰹クリーム」、オリーブオイルで鰹油をとって、そこに卵白とクリームを混ぜ、
乳化させたものだということで。


またまた凝ったものを作りましたね。



でも、今回のスープカレー。


この「焦がし鰹クリーム」がけっこう重要な位置を占めてるんですよね。


このクリームで味がかなり変わります。




そして、麺を啜れば、中太のストレート麺に、このクリームが混ざったスープカレーが
しっかりと絡み付いて口の中に滑り込んでくる。


そりゃ美味いでしょ!



麺自体も、この太さの割りには、パッツンとした食感で歯切れがよく美味しい。


加えて、このスープの絡みですからね。



メチャクチャ美味しいです!




さあ、そして、今回のメニュータイトルにもなっているグリルチキン。



これが、また美味しく、そして、スープにも大きな影響を与える具材になってるんです。



まず、一口食べてみると・・・


柔らかいモモ肉で、表面に一味が塗してあるので、ピリッとした辛味があって美味い!

一口食べれば、二口、三口とかぶりつきたくなるクセになる美味しさ。


肉だけでも美味しいんですけどね・・・


ただ、これだけではないんです。


この一味を塗して作ったグリルチキン。

その一味と肉の香ばしさ、肉汁がスープに流れ出し、これがけっこう影響力の強い味変に。


和出汁のスパイシーなスープカレーに、今度は、和の辛味が加わる。


これが美味しいんですね。



このグリルチキンも、一味を塗しているだけでなく、にんにく、生姜、タバスコなどでも
味付けをしているらしく、唐辛子だけでない香辛料の強いフレーバーな肉になってるんです。


美味しいはずです。




そして、居山さんお得意の茄子の揚げ浸しもしっとりと味が染みて美味しいし、
レンコンの素揚げもピーマン、赤パプリカもサクサク食感で。


当然、いつものレアチャーシューは完璧な美味しさ。



薬味としては、存在感の大きすぎる九条ネギと豆苗もシャキシャキで美味しい!


味玉は言わずもがな!




いや~、スゲー美味かった。


カレーラーメンの中でもトップクラスの美味しさ。




ただ・・・


これだけでは終わらないんですね。




そう、今回のラーメンにはフィーチャリングご飯があるんです。


「玉ねぎと青豆の炊込ごはん」です。



これを〆にいただなければ!




そのまま一口いただけば、枝豆と玉ねぎの甘さが染みた美味しい炊き込みご飯。


でも、やはり、この食べ方が美味しいですよね。

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)_玉ねぎと青豆の炊込ごはん(スープカレーかけ

あえて、せこくグリルチキンは半分と味玉半分を残しておいてご飯にのせて。

そして、スープカレーをザッバーンとぶっかけて・・・


〆のスープカレーライスです!



美味くないわけがありません。



一気食いです。



一滴一粒残らず完食です。




メチャクチャ美味しかったです。





前回の「骨付きチキンのスープカレーつけ麺」は、どちらかというと、
つけ麺ではあるがゆえに、麺とスープと肉とが独立してしまって、それが合わさった
本当の美味しさを味わうことはできなかった。

だけど、今回のは、チキン、麺、スープカレー、全てが交わり渾然一体となって
美味しさが伝わってくる。


ま、あえて比較すれば、ですが・・・


正直、今回のメニューをいただくと前回のが薄れるような・・・


好みで比較するのなら、今回の方が絶対的に美味しい。



そんな気がしました。



ただ、居山さん自身も今回のほうが美味しいと言ってましたが・・・




とにかく、美味しかった。



次の限定も楽しみです。


たまにはレギュラーも食べたいのですが、限定が多いので追いつきません(笑)。


贅沢な悩みですね。




今回もご馳走様でした!

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)

八咫烏 -- チキングリルのスープカレーラーメン feat.玉ねぎと青豆の炊込ごはん(限定)_メニュー

八咫烏(2018._夜営業)

[データ]
●店名:八咫烏
●住所:東京都千代田区九段北1-9-2 中西冷えう1F
●交通:東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:00~22:00(14:00~17:00の間2時間くらい閉めることあり)・[土・祝]11:00~17:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■カレーらーめん [ 東京/カレー(鶏+魚介) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント