FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
天虎@芝公園 / らーめん(醤油) ばり三五
天虎
らーめん(醤油) ばり三五

[訪問日]
2018年10月18日(木)

[評価]★★★★★

天虎 -- ばり三五


大都会に佇む異空間。


なぜかこの場所だけが別空間ではないかと思わせるほどの雰囲気を醸し出している、
それが、「天虎」というお店。



もともと武蔵小山で1994年に創業して、2005年に現在の芝公園に移転してきた「天虎」。

すでに24年の月日が流れ、今や老舗といってもおかしくない貫禄です。



そんな「天虎」。



超久しぶり、約4年振りの訪問です。


なんだか懐かしい気が・・・




有名な話ですが、店主さんは、六本木の名店「天鳳」で修行された方。


「天鳳」といえば、札幌ラーメン横丁に本店を持ち、といいつつも、東京では、
独自のメニュー展開をして行列が絶えない名店です。



そんな「天鳳」出身ということもあって、メニューコンセプトの核となるものは、
しっかりと出身店を踏襲しています。


なので、そのメニューこそが、「天虎」の最大の特徴であり、看板でもあるわけです。




そして、もうひとつの大きな看板となっているものもあるんです。


その話やメニューについては、後ほど触れるとして・・・




久しぶりの登場なので、場所などから紹介していきましょう。




場所は、都営三田線「芝公園」から歩いて4分程度。

冒頭でも言いましたが、オフィスビルが立ち並び、高速道路が走る中に
ポツンと佇む上品な和風のお店なんです。


一見したところラーメン店には見えません。

まるで「料亭」か「小料理屋」のようです。


入り口には、大きな木製の面格子が立てかけてあり、小さな木製の看板が、
その面格子の下のほうに立てかけてあります。


それを目印にするしかないです。


で、その格子の中に入ると、「天虎」の文字が入った暖簾が出てきます。



「和」の情緒たっぷりです。




店内は、間接照明の暖かみのある空間。



右奥に厨房が伸びていて、そこを囲うようにL字型のカウンター席が9席あります。

シックな木調のカウンターで、ホント良い雰囲気なんです。




そして、メニュー。



メニューは、先ほども言いましたが核となるものは「天鳳」を踏襲してます。


4年前にお邪魔したときから変わりありません。



それが、「らーめん(醤油)」です。


で、その「らーめん(醤油)」のバリエーションこそが最大の売り。

そのバリエーションというのが・・・


「麺の硬さ」、「こってりさ」、「味の濃さ」で分けたバリエーション。



これをもとに分けた種類というのが4種類。

「普通」、「三五」、「一三五」、「ばり三五」というものです。


この暗号のようなバリエーション。


意味は、

「一」が「麺の硬さ」、「三」が「こってりさ」、「五」が「味の濃さ」

を表しています。


この数字が書いてないものは、デフォルト、いわゆる「普通」。


で、これが「三五」になると、「ちょっとこってり」、「味濃いめ」になり、
「一三五」になると「麺かたく」、「ちょっとこってり」、「味濃いめ」になります。

さらに「ばり三五」になると、麺がさらにかたくなるわけです。


「天鳳」とは、バリエーションに若干のアレンジを加えてますね。



それが、「三五」と「ばり三五」。


「天鳳」では、「ばり三五」に相当する「めんばり」というのはありましたが、
「三五」に相当するのはなかったですから。



さらに、これに、「4枚ちゃーしゅー」、「8枚ちゃーしゅー」などのチャーシュー増しや
「天虎盛り」なるトッピング増しのバリエーションがあります。


ここら辺も「天鳳」と違うところですね。




で、この「らーめん(醤油)」がメインになるのですが、これ以外にも
いくつかメニューの種類はあります。



「つけ麺」や「味噌らーめん」、「坦豚麺」というのがそれ。

さらに4年前にはなかった「豚ちゃん麺」というのも加わってました。



あとは、追加トッピング各種ですね。




「らーめん(醤油)」以外にもあるわけですが、そして、基本、札幌ラーメンですので、
「味噌らーめん」というのも選択肢としてアリなのですが・・・


やはり、「天虎」といったら、「天鳳」同様に、「らーめん(醤油)」、
しかも「一三五」というのが、定番でしょうね。


てか、苦手でなければ、初めての人は、「一三五」を食べるべきです。




ま、こんなメニュー構成でして。



この「らーめん(醤油)」のバリエーションが最大の特徴。





それと、これも先ほど軽く触れたのですが、もうひとつメニュー以外で、
出身店「天鳳」とは違う特徴があります。



それが、店主の奥様だと思われる白い割烹着姿の美しい女将さんの
とにかく行き届いた上品な接客なんです。


「天鳳」といえば、店主の大きな声の意気の良い接客でしたが、「天虎」は
全く正反対なんです。


お店の雰囲気自体が「和」の上品なものなんですが、加えて、女将さんの
行き届いた丁寧な接客が、さらに輪をかけて上品なものにしてるんです。



席につくと暖かいおしぼりを出してくれて、食べ終わると、キンキンに冷えた
おしぼりを差し出してくれる。

会計の時には、細々とした声で丁寧にサービス券を出してくれる。



この接客を受けると、気分は最高ですよね。



これも「天虎」の大きな魅力のひとつなんです。




てなことで、そんな最高の接客を受けながら、久々に「天虎」をいただいたのですが・・・


当然、チョイスしたのは、「らーめん(醤油)」。


で、もちろん「一三五」と行きたいところなんですが、今回は、ちょっと趣向を変え、
「ばり三五」にしようかなと・・・


「天鳳」でも「めんばり」が好きでしたので、「天虎」でもいただこうかと思いまして。




ということで、久々の「天虎」、「らーめん(醤油)」の「ばり三五」をいただいてきました。

美味しいのはわかってるんです。



ですが、一応、感想の方をレポしていくことにしましょう!





では、早速!






まずは、ビジュアルから。

天虎 -- ばり三五

以前と変わらず、上品な「和」を感じさせる焼き物風の大きめなどんぶりで登場。


明らかにラーメンなのですが、この雰囲気にだまされ、ラーメンっぽく見えない、
和食料理のようにも感じてしまう、不思議なビジュアルです。


つまり、盛り付けとかも含めて「上品」ということですね。




美味しそうです。






では、細かく。

天虎 -- ばり三五_アップ

まず、スープ。


特に、白湯というほどでもないと思うのですが、清湯にしてはやや濁り気味の
茶濁色のスープ。


当然のことながらこってりしていそうです。


ただ、こってりといっても、ドロドロな感じのこってりではなく、スープ自体は、
サラッとした印象のものです。




で、その中に盛られているのが、バリバリの硬そうな中細熟成縮れ麺。

見るからに硬そうです。



そして、トッピングはシンプルです。



しっかりと味が染み込んでいそうな肩ロースのチャーシューが一枚。


他には、メンマ。

ほうれん草も添えてあって、彩りに一役買ってます。



薬味は、刻みネギ。



いたってシンプルですよね。



ただ、上品でキレイな盛り付けは、僕の美学にピッタリ合っていて・・・


それに美味しそうで・・・






では、早速いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。




しょっぱウマ~ッ!


これ、これ。



この豚骨の効いたメチャクチャしょっぱい醤油スープ。

これがホント美味しいんです!


明らかに塩分過多で、しょっぱ過ぎるんですけど、グビグビとレンゲが
止まらなくなっちゃうんです。




で、このスープをガッチリと絡めとってくれるのが、「一三五」よりも硬い
バリバリの中細熟成縮れ麺。


この硬さは、食べてみないとわからない硬さです。


生とかそういうのではなく、とにかく硬いんです。



でも、それが美味しいんです!


「バリ三五」なんで、その硬さはさらにハンパなく、しょっぱい豚骨醤油と
絡まると言うことないくらい美味しい!



好き嫌いはあるでしょうけど、僕は大好きなんです!




チャーシューもしっかり味が染みていて美味しいし、メンマもほうれん草も
美味しいのですが、僕は、正直具材はなくても良いです。


バリバリの麺と、しょっぱく油っぽいスープさえあれば、それでオッケー。


そういうラーメンです。




これは、正直、ご飯必須なんですが、今回は我慢して麺だけでいただきました。



もう、あっという間というか、一気食いとかいうレベルではなく、
瞬く間に、瞬食でした。




相変わらずの美味しさに感動・・・


メチャクチャ美味しかったです。



そして、最後は、女将さんが出してくれる冷たいおしぼりで・・・



最高ですね。




そんなに頻繁に凝れないのが残念ですが、機会を見つけてまた来たいです。


会計のときに、女将さんが、


「お近くですか?」

「よろしかったら、またお越しください」


と差し出してくれるサービス券。



ぜひ、使う機会を作りたいです!





美味しかった。



ご馳走様でした!

天虎

天虎

[データ]
●店名:天虎
●住所:東京都港区芝大門2-9-8 
●交通:都営三田線「芝公園」より徒歩4分/都営浅草線「大門」より徒歩5分/JR山手線「浜松町」より徒歩10分
●営業:[月~金]10:30~16:00※一三五またはスープ売切れ次第閉店
●定休:土曜・日曜・祝日




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 北海道/豚骨(札幌らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント