FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
横浜らーめん 龍馬@四ツ谷 / らーめん 並
横浜らーめん 龍馬
らーめん 並

[訪問日]
2018年11月19日(月)

[評価]★★★★☆

横浜らーめん 龍馬 -- らーめん 並


今月1日にオープンしたばかりの新店「横浜らーめん 龍馬」。


屋号からもわかるとおり「家系」の新店です。

「~家」という名前の屋号ではないのですが「家系」です。


最近多い似非家系とは違って、本格的な家系の新店のようだったので、
興味があって訪問してきました。





では、早速。




まず、こちらの店主さんなのですが、濱龍馬さんという方。

屋号は、お名前をそのまま使っているようですね。


濱さんは、新中野に本店を置く家系「武蔵家」で修行をされて独立されたようです。


「武蔵家」といえば、家系の独立系としては老舗の「たかさご家」系列のお店として
根強い人気がある家系ラーメン店ですよね。



そして、その「武蔵家」出身のお店として有名なのが「武道家」。

で、この「武道家」といえば、早稲田大学のお膝元、早大生にとっては家系聖地、
そんな立地の早稲田通り沿いに本店を置く家系ラーメンのグループです。


その早稲田を本店に、中野の「二代目 武道家」、成城学園の「武道家 龍」、
国分寺の「武道家 口 ~くにがまえ~」、吉祥寺の「武道家 吉祥寺」、
東陽町の「武道家 賢斗」の計6店舗を運営しています。



最近では、この「武道家」の創業者でもあった菊池輝さんが、完全独立して
「輝道家」をオープンさせましたね。



このお店のオープンによって、「武蔵家」出身の独立店といえども、結局は、
「武蔵家」をバックに控えた「姉妹店」的な位置づけにあることがわかったわけで。


似たケースで、同じく新中野系列の「武蔵家」出身の平沢拓也さんが切り盛りしている
大井町の「武術家」という家系のお店があるのですが、ここも似たケースでしょうね。

他にも、「武術家」の姉妹店で戸越銀座にある「家道」や、西小山の「武虎家」、
自由が丘の「渡来武」、分倍河原の「若武者」など、けっこうあります。


慶應大学のお膝元の三田には「武蔵家」の姉妹店「武源家」もありますしね。


最近では、新橋にオープンした「谷瀬家」もそうですね。



完全に独立したお店だと、江古田の「五十三家」ぐらいなんでしょうかね。

ちょっと曖昧ですが・・・




そして、今回の「龍馬」。


このお店は果たしてどうなのか。


おそらく姉妹店扱いだと思います。




ま、それはさておき、「武蔵家」のDNAが盛り込まれているのは間違いなく、
本格的な家系ラーメンのお店であるのは間違いなさそうですね。






そして、この「龍馬」の立地・・・


これが最高の場所で。



最寄は、JR四ツ谷駅。


四ツ谷駅前の交差点を渡ったすぐのところで、しんみち通りという商店街の
入り口にドカンとたっています。


大きな赤い壁に屋号が掲げられているので見逃すことはないでしょう。




ただ、この大きな壁に建物、看板といった佇まいとは違って、店内はとても狭いです。


狭いというか・・・

なんと、このお店、「立ち食い」なんです。



入り口は存在しなく、ビニールのカーテンが引かれているだけで、目の前に厨房がある
立ち食いのカウンター。


良く見かける「立ち食いそば」と同じ感じです。



立ち食いといったら、千駄ヶ谷のホープ軒くらいしか僕は知らないんですけど。




で、そのカウンターに立ち食いで食べれるのは6名ほど。


詰めればもう少し入らなくもないですが、6名で調整しているようです。





そして、メニュー。




これがわかりやすい。

基本は、「らーめん」のみ。


これに、「特撰」と「チャーシューメン」というバリエーションがあるだけ。

それと、それぞれに「大盛り」がありますが。


「特撰」というのは、「味玉」と「九条ネギ」が加わったもの。

「九条ネギ」が数量に限りがあるので、なくなった場合は、チャーシュー一枚に
変更されるようです。



加えて、「味玉」、「ほうれん草」、「のり増し」、「チャーシュー」
といった追加トッピングだけ。




ただ、ライスは、無料で、食べ放題という・・・


若者には嬉しいサービスですね。



家系らしいメニュー、サービスです。



当然、「味の濃さ」、「麺の硬さ」、「油の量」は指定できます。





さて、僕はというと・・・



いつものパターンから、基本の「らーめん」をいただくことに。


ていうか、選択肢がほとんどないですからね。




ま、基本をいただいてお店の味を確認しないと。






ということで、「横浜らーめん 龍馬」の「らーめん」、いただいてきましたので、
早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、ビジュアル!

横浜らーめん 龍馬 -- らーめん 並

吉村家直系とは違いますが、黒の小振りのどんぶりで登場。

やや小さめなどんぶりが家系っぽくて。


てか、どう見ても、どこから見ても「家系」ですよね(笑)。




細かく見るまでもないですが、一応。

横浜らーめん 龍馬 -- らーめん 並_アップ

まず、スープ。


けっこうな粘度を持った濃厚スープですね。


ただ、臭いは、さほど獣臭くはなく、バランスが良さそう。

スープの色も、同じ武蔵家出身の武道家のスープなどとはやや違って、赤くもなく、
ちょうど良い茶濁色のスープで。



これは美味そうだな。

僕の好みかも。



そして、麺。



麺は、これも家系ならではの、中太縮れ麺の短めのヤツ。

家系御用達の酒井製麺ですから間違いないでしょう。



そして、具材は、家系3店セットとでも言いましょうか・・・



肩ロースの煮豚チャーシュー、ほうれん草、大判の海苔が3枚。


もうこれ以外ないですよね。


チャーシューは、吉村家系とは違って燻製ではないです。

煮豚です。



でも、柔らかそうで美味しそうです。



トータルで、みんな同じに見える「家系ビジュアル」ではありますが、
そんな中でも美味しそうだなと思える丼顔ですね。



楽しみです。






では、いただいてみることにしましょう!




まずは、スープ。



フムフム。


予想していた通り。



すごく濃厚で粘度もしっかりあるスープなんだけど、獣臭くなく程よいバランスで、
すごく飲みやすいスープ。


カエシも、家系ならではのしょっぱウマ~ッな感じでバッチリ。



僕の好みのタイプの家系。


個人的には「武道家」よりも好きですね。




美味しいです!




麺もツルモチで程好い硬さで美味い!


僕は、硬めが好きなのでいつも硬めをリクエスト。



ゴワゴワせずに、良い歯応えで良いですね~。



麺も美味しいです。





そして、チャーシューも柔らか!

しっかりと味が染み込んだチャーシューで秀逸です!



ほうれん草は・・・


言うまでもないでしょう!



で、海苔は、スープに浸けて食べてもいいんだけど、パリッとしていて、
そのまま食べても美味しいかも。




家系は、基本的に汁完はしない方なので(することもありますが・・・)、
ただ、けっこう後引くスープで、けっこう飲んじゃいました。


そして、あっという間の完食。




とても美味しかったです。



これは、場所が良いだけに人気店になるかもしれないですね。


上智大学のお膝元ですし、学生の間でも流行るかも。



四ツ谷って本格的な家系なかったから良いかもしれないですね。


楽しみですね。





また機会があったら再訪したいと思います。




ご馳走様でした!

横浜らーめん 龍馬

[データ]
●店名:横浜らーめん 龍馬
●住所:東京都新宿区四ツ谷1-4
●交通:JR中央線・丸ノ内線「四ツ谷」より徒歩2分
●営業:[月~土]11:30~24:00
●定休:日曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■豚骨醤油らーめん [ 神奈川/豚骨+鶏(横浜家系らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント