FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
まこと食堂@喜多方(福島県) / 中華そば
まこと食堂
中華そば

[訪問日]
2018年11月23日(金)

[評価]★★★★☆

まこと食堂 -- 中華そば


さて、喜多方ラーメン弾丸食べ歩きツアーの3軒目。


3軒目は、「坂内食堂」、「源来軒」とともに喜多方御三家と呼ばれる「まこと食堂」に
お邪魔してきました。


御三家と呼ばれてはいますが、実質は、「坂内食堂」と「まこと食堂」の2店こそが
喜多方ラーメンの双璧を成しているといっても過言ではない二大巨頭なんです。


「塩」の「坂内食堂」、これに対し、「醤油」の「まこと食堂」なんて
言われたりもしています。



喜多方に行ったら、絶対にはずせないお店のひとつです。




てなことで、訪問です。




まずは、「まこと食堂」について少々。



創業は、昭和22年。


「坂内食堂」が昭和33年ですから、さらに11年も古いんですね。


創業したのは、佐藤ウメさん。


当時、ウメさんは、うどん屋やお菓子屋、麻雀荘、下宿屋など様々なことをしていましたが、
下宿屋をやっていたころに下宿していた芸者さんから

「東京では支那そばが流行っているらしい」

と聞き、ラーメン屋を始めたのがキッカケだということです。


「まこと食堂」の「まこと」というのは、ウメさんのご主人の名前からとってるらしいです。

「まこと」と平仮名表記をしていますが、看板には「満古登」とう漢字表記で
書かれています。


本来は「満古登食堂」のようですね。


で、佐藤ウメさんが初代として始めた「まこと食堂」もすでに創業から71年。

2代目の初男さん、3代目の一彌さん、4代目、現店主のリカさんと4代に渡って
ウメさんが創った味を守り続けているわけです。




そんな「まこと食堂」。



場所は、喜多方駅から歩いて18分ほど。

喜多方市役所の脇の道を入っていた奥にあります。

「坂内食堂」とも近いですね。


店舗は、一戸建ての民家。

そこに「満古登」と書かれた一枚板の看板が掲げられています。


かなりの達筆な上に、年季が入って擦れているので、わかりずらいです。


ただ、同じように「満古登」と達筆な字で書かれた紺色の暖簾と「喜多方のれん会」と
書かれた紺色の暖簾がかかっているので、それでわかるかもしれないです。



で、なぜ2つの暖簾がかかっているのかというと・・・


この「まこと食堂」、入り口が2つあるんです。


両方とも白木の引き戸の入り口なんですが、向かって左側に「満古登」と書かれた暖簾、
向かって右側に「喜多方のれん会」と書かれた暖簾がかかっています。


で、店内はというと、左側の入り口から入るとテーブル席の並ぶ店舗と厨房があり、
右側から入ると靴を脱いであがるお座敷席になっています。


元々は、テーブル席の方だけだったようなのですが、人気が出てきてので、
客席を増やそうと、母屋だった方の座敷も開放したようです。


一応、厨房がテーブル席の方にあるので、行き来できるようにつながってはいるのですが。




で、左側のテーブル席の方には、4人掛けのテーブル席が4卓と2人掛けのテーブル席が
1卓の合計18席あります。

さらには、ここにもお客さんを入れるのかどうかわかりませんが、テーブル席の奥に
囲炉裏の脇に小さな座卓を置いた小上がりもあります。


そして、右側のお座敷席。

こちらもけっこうな数を収容できる広さの座敷で、40席はあるようです。

日本人形が飾られた床の間や神棚がある座敷は、昭和の民家のたたずまいそのままで、
良い雰囲気を醸し出しています。



全部合わせると60人弱は入る大きな店舗です。

「坂内食堂」といい「まこと食堂」といい、東京の個人店のラーメン屋などからは
想像もできない大きさのお店です。


ま、田舎ならではって感じでしょうか?



で、僕が案内されたのはテーブル席。

2人掛けのテーブル席に案内されました。




そして、メニューなんですが・・・



テーブルの上に置かれたメニュー表。

そこには「舌代」と題してメニューが書かれています。

中々粋な感じですよね。


で、麺類は、基本的に2種類だけ。

「中華そば」と「チャーシューメン」のみ。

これが、それぞれ大盛りにできるだけのラインナップです。


ただ、これ以外に「煮込みカツ丼」、「ソースカツ丼」、「カツライス」、「玉子丼」
というどんぶりものがあります。


で、この「煮込みカツ丼」、「ソースカツ丼」、「カツライス」には、ライスなしの
「煮込みカツ皿盛」、「ソースカツ皿盛」、「カツ皿」というのもあります。

もちろん、「ライス」だけや「半ライス」もあります。


僕が勉強不足で知らなかっただけなんですが、「まこと食堂」では、「ソースカツ丼」も
名物みたいなんですよね。

けっこう注文している人いました。

僕も次回は食べないと・・・



ただ、今回は、他のラーメン屋にも行かなければいけなかったのでラーメンのみ。



そして、「まこと食堂」で注文したのは、もちろん「中華そば」。

二択だったので、当然といえば当然だったのですが・・・





さて、ということで!



「塩の坂内」、「醤油のまこと」と喜多方の双璧を成す「まこと食堂」の「中華そば」、
いただいてきましたので、感想の方をレポしていくことにしましょう!






それでは、まずは、ビジュアルから。

まこと食堂 -- 中華そば

オーソドックスな中華どんぶりに盛られての登場です。


オーソドックスとはいいつつも、雷文模様は黄色、赤、青といった原色のカラフルな色で
そこには、「満古登」という達筆文字のロゴもあしらわれています。


で、ここに盛られたラーメン。


「ザ・中華そば」といった感じの丼顔で。


ただ、同じ「中華そば」でも東京のそれとは違います。


違うのは、もちろん・・・






では、細かく見てみましょう。

まこと食堂 -- 中華そば1_アップ

まず、スープ。


やや濁りのある半透明な醤油スープ。

清湯ではあるのですが、滓が浮いたやや濁り気味のスープです。


そして、その中にどっしりと沈んでいるのが、喜多方の平打ち縮れ麺。

この麺こそが、東京のいわゆる「中華そば」とは違うところですよね。


太めの多加水縮れ麺は、その食感だけでなく、スープとの絡みも
抜群ですからね。



で、その上に盛られている具材。


チャーシューは、3枚ものっています。

豚バラが2枚とモモ肉が1枚。

モモ肉はやや小さめではありましたが、デフォ3枚チャーシューは嬉しいです。


あとは、メンマとザックリと刻まれた薬味のネギ。



盛り付け的には、シンプルな内容ですね。




でも、美味しそうです。






では、早速いただいてみましょう!





まずは、スープから一口。



お~!


けっこうガツンときますね~。

どちらかというと荒らしい煮干しの風味が飛び込んできます。


ただ、そこには苦味とかそういったものはなく、奥深い出汁の旨味とコクがあって、
厚みすら感じる。

さらには、その煮干しの風味を下支えするかのようにどっしりと感じる豚骨。


それにしっかりとした醤油味が合わさってくる。


荒らしさや厚みを感じながらも、仕上げ油によるまろやかさも加わって・・・



田舎の美味しい「中華そば」のスープって感じではありますが、かなりハイレベル!



美味しいです!



聞くところによると、「まこと食堂」のスープは、「豚骨煮干し」なわけですが、

「朝は煮干しが強めで、徐々に豚骨が強めになっていく」

ということで・・・



僕が食べたのが、大体13時頃だったから、豚骨が強めになってきている頃なのかな?


であれば、朝ラーで食べると、もっと煮干し感が強いということになりますね。


僕の食べた時点でも、けっこう煮干しは強かったですけどね。



ま、でも、「まこと食堂」の「中華そば」のひとつの楽しみ方にもなりますね。




そして、麺。



これは、もちろん喜多方ならではの「平打ち手揉み多加水縮れ麺」。


とはいいつつも、お店によって微妙な違いはあるものです。


「坂内食堂」とかと比べると、平打ち感が少なく、やや太く感じる。

でも、ツルツルモチモチといった食感は、似た感じのものがあり、歯応え良く美味しい。


この麺あっての「喜多方ラーメン」ですからね。


これが美味しくなかったら元も子もない。



好みの問題ではありますが、僕は、「坂内食堂」の麺の方が好きだったかな?




でも、美味しかったですよ。




そして、具材。


2種類3枚のチャーシューは、かなり煮込まれているようでメチャクチャ柔らかい。


いずれも煮干しスープで煮込んでから醤油に漬けているそうで。


噛めば噛むほど旨味が染み出てくる、ホロリと柔らかい美味しいチャーシュー。

モモ肉が小さかったので、もう少しお起きのが良かったな・・・(笑)



メンマも、コリコリと味も染みていて良い仕事。



ネギは、ザックリと切りすぎのような・・・

もう少し細かく切ってくれると僕的に嬉しかったかな・・・


でも、サッパリと薬味の仕事をしっかりとしてくれていて美味しかったですけどね。





ということで、「醤油のまこと食堂」、喜多方の双璧のひとつ「まこと食堂」、
しっかりといただきました。


美味しく完食です。


この日、四杯目のラーメンだったので、あっという間というよりものんびりゆっくりの
完食ではありましたが・・・



で、この「まこと食堂」、食べ終わるとどんぶりに「当たり」と書かれてるものがあるそうで。

この「当たり」が出ると景品がもらえるそうなのですが、僕はハズレでした・・・。



なんか、「ムタヒロ」みたいです(笑)。




ま、美味しくいただいたので「ハズレ」でも「当たり」のようなもんですけど。





ご馳走様でした!





さて、ということで、ここまで、三軒巡って、四杯のラーメンをいただきました。


「喜多方御三家」のひとつ「坂内食堂」で二杯いただいて。

次に、老舗ではないけれど、一気にトップに上り詰めた超人気店の「喜一」で一杯。


そして、「喜多方御三家」の中の「まこと食堂」で一杯。



今回が始めての喜多方ツアーなので、「喜一」は別として、僕の中でのミッションは、
まずは、「喜多方御三家」を食べて見るということでした。


すでに、「喜多方御三家」野中の2つ、しかも「喜多方の二大巨頭」をいただきました。



なので、残すところ食べるべきは、ただひとつです。


「喜多方御三家」にも数えられつつ、「喜多方ラーメンの発祥」といわれるお店です。


そうです。

「源来軒」です。


最後に、「喜多方ラーメン」の元祖である「源来軒」をいただかなければ!




ということで、次回は、「喜多方ラーメンツアー」最終の訪問店、「源来軒」です。


これで、最後です。

他にも行ってみたい店はありましたが、五杯が限度です・・・




それでは!

まこと食堂 -- 中華そば

まこと食堂

[データ]
●店名:まこと食堂
●住所:福島県喜多方市小田付道下7116
●交通:JR磐越西線「喜多方」より徒歩18分
●営業:[火~日]7:30~15:00
●定休:月曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 福島/豚骨+煮干(喜多方らーめん) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント