FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば きなり@新所沢 / 醤油そば
中華そば きなり
醤油そば

[訪問日]
2018年12月10日(月)

[評価]★★★★☆

中華そば きなり -- 醤油そば


言わずと知れた名店「麺処 きなり」。


その「きなり」が、11月の下旬に新所沢という新たな土地で「中華そば きなり」として
新規オープンしました。



「きなり」といえば、「銀座 篝」出身の土橋健司さんが2015年に駒込に独立開業したお店。

2018年のミシュランガイドではビブグルマンに選出されるほどの名店です。


ですが、諸事情で、2018年の5月に東中野の「bistro trios trios 33」跡に移転し、
親交のあった「トワトワ」店主の越川一彦さんと共同経営という形で営業することに。


東中野での屋号は「メンドコロ Kinari」。


ですが、ここでの営業に携わるのも約4ヶ月強。

共同経営者の越川一彦さんに「メンドコロ Kinari」を譲り、レシピも渡し、
越川さんに引き続きお店を営業してもらうことにして土橋さんはお店を離れることに。


そして、新所沢の地に、屋号を「中華そば きなり」に改め、新規オープンしたわけです。



東中野に移転する前にもすでに埼玉への移転は考えてたようなんですけどね。

ただ、ビブグルマンに選出されたばかりですし、その後の東中野の「メンドコロ Kinari」も
引き続き2019年ミシュランガイドではビブグルマンに選出されてますし。


中々埼玉に移転することができなかったのでは?




そんな形で、再スタートをきった「中華そば きなり」。


訪問しないわけにはいきません。



ということで、早速訪問してきました。





場所は、さきほどから出てきている新所沢。


西武新宿線の「新所沢」です。



駅からは歩いて2分程度の好立地。

ではあるのですが、駅周辺としては開けていない方の東口でして。


ま、それは、お店の評判が良ければ関係のないことですが。




で、お店は、こじんまりとした居抜き物件。



隣には居酒屋が入っているレンガ張りのテナントに藍色の暖簾がかかった、
どことなくひっそりとした佇まいの外観。



中は、左に厨房があって、それを囲うようなコの字カウンターなのですが、
厨房前のストレートカウンターのみ使用した6席のみ。


どことなく駒込時代を彷彿とさせる雰囲気で、東中野よりは、「きなり」っぽく
良い感じだと思います。



厨房は、土橋店主のワンオペ。






で、メニュー。




メニューは、絞りに絞ってます。


基本は、3種類のみ。

「醤油そば」、「塩そば」、「赤味噌そば」の3種類。


これにそれぞれ、「味玉」、「肉増し」、「味玉肉増し」のバリエーションが
あります。

ただ、「赤味噌そば」は、数量限定なので早くなくなる可能性大です。


ご飯ものは、「炊き込みご飯」、「肉増し炊き込みご飯」、「鴨肉炊き込みご飯」。


あとは、追加トッピング各種と、追加の「豚肩ロース」、「鶏むね肉」、
「鴨むね肉」があります。


で、お酒は、「ビール」と「八海山」。



こんな感じの構成です。





で、僕はというと・・・



本当は、初訪ルールを破って、「赤味噌そば」を食べたかったのですが、売り切れ。

なので、従来どおりの基本の看板メニュー「醤油そば」をいただくことに。

もちろん、デフォトッピングで。




新たなスタートを切った「中華そば きなり」。

味のクオリティーは間違いないわけですが、新たなお店の味。


楽しみですよね。




ということで、新規オープンした「中華そば きなり」の「醤油そば」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!






まずは、ビジュアルから。

中華そば きなり -- 醤油そば

これぞ「きなり」という「和」の雰囲気満載のどんぶりとトレードマークの
青い模様の入ったレンゲ。


これは、駒込時代、東中野時代と変わりなしですね。



いつになく美味しそうです。





では、細かく。

中華そば きなり -- 醤油そば_アップ

まずは、スープ。


駒込のときと比べると、やや濃い目になったような気がする醤油清湯。

油分は控えめで、やはり感じるのは「和」の雰囲気。


上品ですね。



そして、麺は、ちょっと見え難いですが、全粒粉入りの中細ストレート麺。

加水は低そうで、食感が良さそうですね。



具材は、低温調理した「豚肩ロース」と「鶏ムネ肉」のチャーシューが1枚ずつ。


どんぶりの縁にそって置かれているのは、数本の穂先メンマ。


チャーシューの脇には、ほうれん草が置かれていて。



トップには、薬味の刻みネギ。


どんぶりサイドには大きな海苔が一枚。




うん。


やっぱり美味しそうです。



駒込の頃とは、チャーシューだったり、青ものだったり、海苔だったり、
微妙に違っていますが、ベースになっているものは一緒でしょう。







では、いただいてみましょう!





まずはスープから一口。





あ~、じんわり染みますね~。



丸鶏の柔らかい優しい旨味と煮干しの香り立つ風味が、バランスよく調和し、
まさに上品な「和食」のような味わいで口の中に広がっていきます。


どんどん「和」の世界に引き込まれていきます。


「中華そば」と謳うのが憚れるほど。



そして、醤油のキレ。


温度変化とともにどんどんキレが増していき醤油感が強くなっていく。


その醤油感と上品な鶏煮干しスープが合わされば、これは文句ないでしょう!




メチャクチャ美味しいです!


気のせいか、駒込時代よりも美味しくなっているような気が・・・




そして、麺。



全粒粉入りの中細ストレート。


加水低めで、噛むとサクッとした食感が印象的な麺。


スープをしっかりと吸い上げて持ち上げる相性の良い麺。



麺も美味しいなぁ・・・。




具材も当然のごとく美味しい。



しっとりとしたレアチャーシュー。

しっかりと味が染み、適度な肉感がたまらない豚肩ロース。


やはりしっとりした鶏ムネ肉も申し分ない。



サクサクとした穂先メンマ。

僕の大好きな穂先メンマ。


これも美味しいに決まってる。



ほうれん草も良い箸休めになって。





いや~、美味しかった。


気付いたら、スープもなくなってましたよ。

あっという間の完飲完食でした!



さすがの味にうっとりです。



これは、「塩そば」、「赤味噌そば」も早いところ食べにこないと。


駒込よりは、自宅から来やすいので、訪問の機会が増えるかも。



とりあえず、今回食べ逃した数量限定の「赤味噌そば」をたべないと
いけませんね。



近々再訪したいと思ってます。





美味しかった。



ご馳走様でした。

中華そば きなり

[データ]
●店名:中華そば きなり
●住所:埼玉県所沢市松葉町13-17  
●交通:西武新宿線「新所沢」より徒歩2分
●営業:[月~日]11:30~14:30・17:30~22:00
●定休:不定休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+煮干(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント