FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
らぁ麺 いしばし@阿佐ヶ谷 / 塩らぁ麺
らぁ麺 いしばし
塩らぁ麺

[訪問日]
2019年1月21日(月)

[評価]★★★★☆

らぁ麺 いしばし -- 塩らぁ麺


今年の1月に入ってオープンしたばかりの新店「らぁ麺 いしばし」。


いろいろと噂を耳にしたので気になり、早速、訪問。



こちらのお店、店主さんの出自はあまりわかっていません。


ただ、わかっているのは、個人経営ではなく、2人での共同経営だということ。



その2人というのが、「石毛さん」という方と「橋本さん」という方。


屋号が「らぁ麺 いしばし」となっているので、当然個人店で「石橋さん」て方が
開業されたお店かと思っていたのですが違ったんですね。


なんと、先の「石毛さん」と「橋本さん」の共同経営で、お二人の名前の
「いし」と「はし」をとって「いしばし」という屋号にしたようです。


もう閉めちゃいましたが、野方にあった「麺処 今川」みたいな感じですね。



それと、石毛さん、橋本さんのどちらかはわからないのですが、実は、
新宿の名店「麺屋 翔」の「超」が付くほどの常連さんだったみたいなんですね。


趣味が高じてラーメン屋になっちゃったってパターンなのでしょうか?


僕がお邪魔したときはすでに片付けられてしまってましたが、「麺屋 翔」の
大橋店主から祝花も届いていたようですし。


なので、「麺屋 翔」出身なのかと思いきや違ってたみたいです。



でも、もしかしたら、簡単な手解きは受けてるかもしれないですね。


ちなみに「麺屋 翔」公式ブログでも紹介されてます・・・





そんな形でオープンした新店「らぁ麺 いしばし」。


だもんで、一部では話題になっていたんです。





さて、そんな「らぁ麺 いしばし」。





場所は、JR中央線の阿佐ヶ谷にあります。


阿佐ヶ谷駅を出ると、中杉通りがあるのですが、そこを渡るとすぐに
「阿佐ヶ谷パールセンター」というアーケード商店街があります。

この商店街、青梅街道まで続く長い商店街なのですが、この一角にあります。


駅からは歩くと、5分くらい。

南阿佐ヶ谷からだと3分くらいなので、こちらの方が便利かも。


いずれにせよ、立地的には最高の場所にありますね。




お店は、白地に「らぁ麺 いしばし」という黒の立体文字で屋号が刻まれた
看板になっていて、全面ガラス張りのお店なのでわかりやすいかと思います。



店内は奥に長く伸びていて、右側に広々とした厨房があって、そこを囲うように
凹型のカウンターが広がっています。


ただ、現在は、そのカウンターも2辺しか使用されていなくて、逆L字の
16席のみになっています。



カウンターは、ちょっと狭いのが玉に瑕ではありますが木製の雰囲気あるもの。



全体的に明るくお洒落な感じで、女性一人でも入れそうなお店。



それに、共同経営とはいえ一個人の新店にしては、かなり設備投資されていて
お金がかかってるなぁって感じ。

一瞬、資本系列を感じてしまうほどのお金のかかりようです。





そして、メニュー。




メニューは、基本的には3種類。



「塩らぁ麺」、「醤油らぁ麺」、「鶏白湯つけ麺」の3つです。

で、それぞれにトッピングバリエーションがあります。


「味玉」、「鶏チャーシュー」、「ワンタン」、「全部のせ」の4種類。

ただ、「つけ麺」だけ「ワンタン」がありません。


そして、現在は、とりあえず「らぁ麺」のみの提供になっていて、
「つけ麺」は、2月くらいからの提供になるようです。



ご飯ものは、「白ごはん」「鶏節茶漬け」、「鶏ムネチャーシューご飯」、
「鶏モモチャーシューご飯」があります。


後は追加トッピング各種とおつまみ各種。


おつまみがあるということは、お酒もしっかりと用意されています。


そして、お店の看板メニューにもしている「餃子」。




こんな感じの構成ですね。




で、この中でも一番に推しているのが「塩らぁ麺」のようで。



修行こそしてないとはいえ、「麺屋 翔」の超常連さん。

ここは、やはりイズムを感じますね。



ということは、最初にいただいてみるべきは「塩らぁ麺」となるでしょう。


なので、「塩らぁ麺」をデフォでいただくことに。




さてさて、印象としては、かなり期待値が高いのですが、どんなお味なのか。

「麺屋 翔」を感じることはできるのか。



楽しみですね。





ということで、オープンしたばかりの新店「らぁ麺 いしばし」の「塩らぁ麺」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!







まずは、ビジュアルから。

らぁ麺 いしばし -- 塩らぁ麺

まるで庇があるかのような、ものすごく口径の広い、なのに器自体の容積は
少ない特殊などんぶりで登場です。


しっかりと屋号が印字されていて、とてもお洒落なオリジナルな器。



パッと見も美味しそうな丼顔をしています。






では、細かく。

らぁ麺 いしばし -- 塩らぁ麺_アップ

まずは、スープ。


かなりの透明度の澄んだ薄い黄金色のスープ。

底まで見えそうですね。



で、その中には、全粒粉入りの中細ストレート麺。

キレイな麺線を描いて盛り付けられています。



トッピングには部位の違う鶏チャーシューが2枚。


ムネ肉の低温調理レアチャーシューとモモ肉のローストチャーシュー。

美味しそうです。



メンマは、やや太めのしっかり味付けがされていそうなのが2本。



薬味には水菜が添えられていて、ネギは色紙切りされたものがスープ上に
散りばめられています。



で、トップには、削り節。


削り節といっても「鰹節」ではなく「鶏節」です。

「鶏節」をトッピングにするというのも珍しいですね。



そういえば、看板には「鶏節らぁ麺」と書かれていましたね。

スープにも「鶏節」を使っているのかな?



ま、それはいただいてみればわかること。




とりあえず、見た目はとてもキレイな盛り付けで美味しそうな顔をしています。



楽しみですね。






では、いただいてみることにしましょう!





まずは、スープから一口。



鶏の旨味が濃厚・・・


けっこう鶏の旨味がストレートに来ますね~。




これは、「鶏節らぁ麺」とはいってますが、スープには一切「鶏節」は使ってないですね。

実際に、お店の説明書きにもありましたが「鶏と水」のみのようです。



山梨の「信玄鶏」の丸鶏とガラをメインに、岩手の「あべ鶏」もブレンドして
スープを炊いているようです。


じっくり5時間かけて炊いたスープ。


濃厚なはずです。



ですが、これは、「塩らぁ麺」で使っているタレのせいで「鶏と水」とはいいつつも
もっと深い味がします。




塩ダレには、「赤穂の塩」、フランスの「ゲランド」、内モンゴルの「天外天塩」の
3種類の塩を使っているそうで、そこに鶏節、鯖節、鰹節、煮干し、日高昆布、
干し椎茸などの乾物類をブレンドしているようです。


なるほど、ここで「鶏節」登場ですね。



ただ、スープは、「鶏節感」はほぼ感じられず、鶏の旨味を中心にほんのりと
節や煮干しなどの魚介系乾物が感じられるものになっています。




美味しいですね。


それほど「麺屋 翔」のイズムは僕的には感じられませんでしたが、いくら常連客として
舌が肥えているとはいえ、独学とは思えないクオリティーになっています。


「石毛さん」、「橋本さん」、やりますね!





麺は、中細のストレート麺。


全粒粉入りの麺で、「春よ恋」、「きたほなみ」をブレンドしたものを使用してるとのこと。


小麦の風味が良く、ホクホクとしたふっくら食感で美味しい麺です。



加水は低めなので、しっかりとスープを吸い上げてくれて、相性が良いです。





そして、トッピング。



メインは、部位の違う鶏チャーシュー2種類。



まずは、ムネ肉を低温調理したレアチャーシュー。


鶏わさとまではいかないまでも、肉の内側はかなりレア感があって、しっとり、
しかも、しっかりと味がついていて美味しい。


真空パックする機械まで導入していて、作ったチャーシューはすぐに
真空パックしてしまうほど。



もうひとつのモモ肉をローストしたチャーシュー。


これも美味かった。


香ばしく焼かれた皮付きモモ肉は、タレがしっかりと塗してあって濃い目の味で、
肉は柔らかく仕上がっていて美味しい。


これは、チャーシュー増しもオッケーかもしれないですね。



中々のハイクオリティー。




やはり、独学とは思えないほどで。




メンマもサクサクとした食感で、味もしっかりと染みていて美味しい。



水菜は瑞々しく良い口直しに。



で、トップにのった「鶏節」。


これも「節」の良い風味付けになっていて良いですね。

ちょっと量が少ないかな。


追加で「鶏節」を増量することもできますが、デフォでもっとのっていた方が
味に特徴が付いてもっと個性的になるような気がしました。




でも、美味しかったですけどね。




けっこう口径の大きな器なんですけど、内容量は多くはないので、あっという間の完食。


麺を食べ終えるころには、自然とスープもなくなっていてちょうど良い8感じ。

しっかりと汁完。




とても美味しかったです。



これは近々「醤油」も試してみたいですね。

「醤油」の方が「鶏と水」の感じが明確になると思うので、ぜひ試してみたいです。




こちらのお店、立地的にも良いですし、お店の雰囲気も明るく活気もあって良いし、
常連さんがつけば、繁盛するでしょうね。


飲み客が意外に多くなりそう。




楽しみですね。





とりあえず、美味しかった。


また近々来たいと思います。





ご馳走様でした。

らぁ麺 いしばし(塩らぁ麺)

[データ]
●店名:らぁ麺 いしばし
●住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-32-8
●交通:JR中央線「阿佐ヶ谷」より徒歩5分・丸ノ内線「南阿佐ヶ谷」より徒歩3分
●営業:[月~日]11:30~22:00※スープがなくなり次第終了
●定休:無休




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■塩らーめん [ 東京/鶏(清湯) ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント