FC2ブログ
プロフィール

ZUCKY

Author:ZUCKY
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
インデックス
港区
北区
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中華そば 大井町 和渦@大井町 / 重ね出汁醤油
中華そば 大井町 和渦
重ね出汁醤油

[訪問日]
2019年2月12日(火)

[評価]★★★★☆

中華そば 大井町 和渦 -- 重ね出汁醤油


大井町の人気店「中華そば 大井町 和渦」。


ずっとお邪魔しようと思っていたのですが、中々チャンスを得られず未訪のまま放置。

今回、ようやく訪問することができました。

約3年経ってしまいました・・・


しかも、移転のため、3月中旬に今の店舗は一旦閉店するというから、
ギリギリセーフでした・・・





ということで、「大井町 和渦」。



こちらのお店は、2016年5月に、それまで「チーズラーメン」で一世風靡した
恵比寿の人気店「九十九ラーメン」で20年近く修行をされてきた高橋宏幸さんが
満を持して独立開業したお店。


高橋さんは、「九十九ラーメン」では、一時期、津田沼店にもいらしたそうですが、
独立するまでの10年以上、恵比寿の本店で店長を任されていたそうです。



そんな高橋さんが開いたお店。


当然、「九十九ラーメン」のような濃厚とんこつだったり、風変わりなラーメンを
売りにするのかと思いきや、まったく違う路線だったり・・・



実は、今現在のメニュー構成とオープン当初のメニュー構成とは、内容的に
大分違ってきているようなのですが・・・


ベースにあるのは、鶏をベースとした淡麗スープのラーメン。


「九十九ラーメン」のような濃厚なものではありません。

ただ、最初のころは、淡麗ものでも、やや変わったものをメインにしていたようですが。


残念ながら、そのころの味は知りませんし、今となっては味わうことはできない。

ちょっと残念。

後悔先に立たずですが・・・



訪問するのが遅過ぎました。



ちなみに、当初、どんなメニューを出していたかというと・・・

「醤油そば~牡蠣のアヒージョ添え~」
「塩そば~甘エビの和風アメリケーヌ海の恵み~」
「焼きチーズとトマトの塩そば~ジェノベーゼを漂わせて~」

という、ちょっとイタリアンを感じさせるもので、なんとなく出身店を
彷彿とさせるものがあるメニューでした。


それが、オープンの翌年にメニューをリニューアルしまして。

今度は、「鶏100%と水のみ」を謳った「醤油」と「塩」のみに。

しかも、使う鶏の銘柄は日替わりという・・・



そして、さらに、現在のメニューへとリニューアルするわけですが・・・



今のメニューは、後ほどご紹介するとして・・・


いろいろとメニュー変遷があったようですね。





そんな、「大井町 和渦」なんですが・・・



まもなく移転してしまうのですが、現在は、名前の通り「大井町」にあります。


駅から歩いて6分程度。



どちらかというと、路地裏にひっそりと佇んでいるタイプのお店ですので、
ちょっとわかりにくいかもしれないですね。


大井町のもうひとつの人気店「ajito ism」の近くです。



青いテントの間口の狭いお店なのですが、そのテントに屋号等は書かれていなく、
入り口のドアに大きな日除け暖簾のような白いシートが張り付けてあって、
そこに屋号が書かれているのですが、お店がオープンしていないとわかりません。



店内は、ちょっと狭い空間。


左側に狭い厨房があり、その前にカウンター席が6席だけという狭いお店。

そして、狭いせいか、ものすごく暑い・・・


厨房の熱気がもろ客席カウンターに直撃していて、もう少し涼しければ
良かったのになぁとか思いましたが・・・



厨房には高橋店主が一人。

ワンオペ体制ですね。


それでも十分間に合いそうなほどの狭さです。





そして、メニュー。



先ほど、ちょっとしたメニューの変遷を紹介しましたが・・・


現在は、もともと鶏100%の「醤油そば」、「塩そば」だったものに、
新たに加わったものがあります。


それが、「重ね出汁」というもの。


要は、「鶏」+「和出汁」のスープのものです。


その「重ね出汁」と「鶏100」の2種類のスープを基本に「醤油」と「塩」の
2種類の味を用意したベーシックメニューになっています。


で、それぞれデフォトッピングに加え、「特製」がバリエーションとして
あるだけのシンプルな構成。


あとは、追加トッピングが少々。



そして、このお店には、ある種名物的なメニューがあるんです。


それが、「丼もの」で「選べる丼」というもの。

で、最大の特徴が、値段がたったの「10円」というところ。



「選べるランチ丼」と「選べるディナー丼」といった具合に昼夜の営業で
内容が違っています。


「選べるランチ丼」は・・・

「鶏おろしポン酢丼」、「鶏ラー油マヨ丼」、「鶏バター醤油丼」、
「奥久慈卵の玉子かけご飯」の4種類。


「選べるディナー丼」は・・・

「鶏タルタル丼」、「鶏ガーリックバター醤油丼」、「奥久慈卵の玉子かけご飯」、
「コロチャー炙り丼」の4種類。


これが、麺類オーダーに各1品だけ注文できるシステムになってます。

もちろん、この値段dえすから、サイズはミニです。


そして、「白ご飯」もあります。



すごいですね。

いくらなんでも10円は安すぎですよね。




と、まあ、こんな感じの構成で。




で、僕はというと・・・



実は、こちらにお邪魔するまでは、メニューは「鶏と水」のものというように
聞いていたので、そのつもりで行ったのですが・・・

蓋を開けてみたら「重ね出汁」というのもあって・・・


しかも、券売機上では、「重ね出汁」が左上に・・・



なので、とりあえずは、これをいただくべきかなと思い、「重ね出汁醤油」を
デフォでいただくことにしました。


「選べる丼」は、オーダーしても良かったのですが、今回はなんとなく
やめておきました。





ということで、まもなく移転、初訪の「中華そば 大井町 和渦」の「重ね出汁醤油」、
いただいてきましたので、早速ですが、感想の方をレポしていきましょう!







まずは、ビジュアルから。

中華そば 大井町 和渦 -- 重ね出汁醤油

白い受け皿にのせられた白いどんぶりに盛られての登場。


そして、確か、「醤油」を頼んだはずなんですが・・・


なんとなく、パッと見、「塩」に見えなくもない印象で。

というのも・・・



ま、細かく見てみましょう。

中華そば 大井町 和渦 -- 重ね出汁醤油_アップ

まず、スープ。


キレイに澄んだ清湯スープなんですが・・・


これが、なんとも醤油に見えないんですよね。

色的にも、どちらかというと黄金色タイプのもので。


普通だったら、絶対に「塩」と間違えそうな感じのスープの色で。



でも、「醤油」みたいなんですよね。



で、そのスープの中には、けっこう細いストレートの麺がキレイに盛られています。



そして、中央には、ややレア感のある肩ロースのチャーシューが2枚、
どっしりと盛られています。


その上には、刻みネギと三つ葉が置かれていて。


あとは、どんぶりの縁に沿うように穂先メンマが1本。



これだけ。


盛り付けは、いたってシンプルです。

チャーシューこそ2枚のっているので豪勢ですが、かなりシンプルですよね。




さて、では、一見したところ「塩」に見える「醤油」。



どんな味がするのかいただいてみましょう!





では、そのスープから一口。




あ~、なんかじんわり来るなぁ~・・・


この「じんわり」というのが、なんというか、「出汁」による旨味が
染みてくるような感じ。


予想していた通りというか、色が淡く薄い色合いで、醤油っぽくないスープは、
やはり「醤油」の主張は抑え目で、「タレ」よりも「出汁」の旨味で
食べさせるような感じのスープ。


なので、味は薄め。


鶏出汁と昆布、鰹節、煮干し等の乾物系魚介からとった魚介出汁が前面に出たもの。


鶏は、以前は日替わりで鶏の銘柄を変えていたようなんですが、現在は、
「比内地鶏」、「ハーブ鶏」と絞っているようですね。




好みにもよると思いますけど、優しく広がる味わいは、素材の味を活かしていて
とても美味しいです。




味が薄いといっても、しっかりと醤油ダレは使われています。


「日本一生揚げ醤油」、「小豆島生絞醤油」、「本桶三年熟成再仕込醤油」など
12種類をブレンドしているとのことで。

これだけの醤油をブレンドして、あの淡い色合い、逆にどうやって出しているのか
不思議な感じもしますが・・・

「白醤油」とか多めなんでしょうかね。


とにかく控えめで、それでいて、出汁の旨味を引き立てている。



美味しいスープです。





麺は、けっこう細めでしなやか。


啜り心地の良い麺ですが、やや柔目なので、食感はあまり楽しめないですね。


でも、スープとの絡みは良く、しっかりスープを持ち上げてくれるので、
スープとともに味わうことはできます。





そして、トッピング。


シンプルながら豪勢にチャーシュー二枚。


若干厚めに切られた肩ロースチャーシューは、レア感もありつつ、
しっかりと肉感も味わえる美味しいもの。

一瞬、燻香のような香りを感じたので吊るし焼きなのかと思ったのですが、
煮豚のようですね。


これが二枚。


中々美味しくて贅沢ですね。




穂先メンマはサクサクとした食感で良い感じ。



三つ葉も良い香りを漂わせてました。




出汁の旨味を感じ、優しくに美味しかったのは確かなのですが・・・

これといったインパクトには欠けていたのが正直なところでね。


やっぱり、「醤油」の風味、旨味をもう少し感じたかったかな。

もしかしたら、「塩」の方が美味しいのかも。


あるいは、「鶏100」のスープ?



いずれにしろ、何回か別のメニューを試してみる必要がありそうですね。

移転後は、メニューにも変更がありそうなので、できれば移転前に
行きたいところですね。




ま、とりあえずは、美味しかったです。



ご馳走様でした!

中華そば 大井町 和渦

[データ]
●店名:中華そば 大井町 和渦
●住所:東京都品川区大井1-41-1
●交通:JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町」より徒歩6分
●営業:[月・火・木~土]11:30~14:30・18:00~22:00/[日・祝]11:30~15:00
●定休:水曜




人気ブログランキング
応援よろしくお願いします!!




【ZUCKYの麺ログ/トップページ】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【ZUCKYの麺ログ/トップページ】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・評価別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【★★★★★】
【★★★★☆】
【★★★☆☆】
【★★☆☆☆】
【★☆☆☆☆】

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・地域別インデックスはこちら】
 ↓ ↓ ↓
千代田区中央区港区新宿区文京区台東区墨田区江東区
品川区目黒区大田区世田谷区渋谷区中野区杉並区豊島区
北区荒川区板橋区練馬区足立区葛飾区江戸川区
東京多摩地区東京首都圏地方各地

【ZUCKYの麺ログ/ラーメン店・50音別インデックス】はこちら
 ↓ ↓ ↓
【あ】【か】【さ】【た】【な】【は】【ま】【や】【ら】【わ】




■醤油らーめん [ 東京/鶏+魚介 ]
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

人気ブログランキング
ブックマーク
Twitter
最新記事
リンク
最新コメント